2015年02月13日

2つの日本(tenkataihei-sama)

 

2つの日本

138992592750637982228_img_1219552_38830850_1



さて、一部で“魔の水曜日”と囁かれた本日2月11日も、案の定何も起こらずに終わりましたが、今日は記念すべき祝日「建国記念の日」です。



初代天皇である神武天皇が即位してから、皇期2675年となる日本誕生をお祝いする日。



全国各地で神社参拝などに行った方も多かったのではないでしょうか。



ところで、そもそも「日本」という呼び名が、一体いつ頃から誕生したかについては、はっきりと答えられる人は日本人の中でも少ないかもしれません。



昔の日本といえば、村のような小国の集合体であり、当時の外国から“倭国”と呼ばれていて、その中心は九州地方の“邪馬台国”であったとか、それらの小国がすべて統一された最初の王朝が“大和朝廷”であり、今の日本は、その大和朝廷の流れを汲んでいるとか・・・。



「では、一体いつから日本と呼ばれたか?」



これについては、実は今から30年も前の1985年に、NHKで日本の歴史を考察する番組が放送されていて、その中で中国の「新唐書」という11世紀頃に書かれた書物から、その謎の手がかりを解くヒントを取り上げていました。



40



日本列島の中の二つの国(NHK歴史ドキュメント@)

(前略)

中国では、日本は倭国という名前で知られてきた。ところが唐の時代になって、日本から遣唐使が中国に行くようになると、彼らは自らの国を「日本」であるというようになったのである。しかし、中国もかつて倭国といっていた国が、なぜ日本と称するようになったか不審であったとみえ、いろいろ調べた。そしてまず、「日本は昔の倭の奴(な)の国である」と記したうえで、なぜその名前が変わって日本となったかについて、次のように説明している。



「日本は倭という名前が卑しい名前であるのに気づき、日本というようになった。使者のいうところでは、国が日の出る所に近いので日本を名としたという。また、もともと日本という小国があったが、倭はそれを併合してしまい、自ら日本と称するようになった



つまり、いまの日本はもともと倭の国であり、それが日本という小国を併合してその名前をとってしまったというのだ。そうすると、この日本列島の中に二つの国があり、その一方の国がもう一方を滅ぼしたことになる。(転載終了)


これによると「日本は倭国から日本になったのだけど、そもそも倭国は昔にあった“日本”を吸収して倭国になった」と書かれています。



「日本 → 倭国 → 日本??」



ややこしいことに、ここで出て来る最初の「日本」と後から出て来る「日本」では、名称は同じでも、それぞれは全然違う別の国家となります。



正確には全然違うというより、最初の日本を仮に「小日本」とするならば、後からの日本は倭国と小日本が合併した「大日本」であり、完全に別の国とは言い難いのでしょうが、ただ「小日本」の領土(ヤマト)と名前(ニッポン)は「大日本」に吸収されましたが、王族や国民の多くは、大日本(倭国)によって滅ぼされる、追われるような状況にあり、大日本の表向きの姿は「日本(大和朝廷)」ですが、実際の中身は倭国、つまりは邪馬台国といっても良いのかもしれません。



それはさておき、問題は倭国よりも前に、すでに“日本(小日本)”という名称の国が大昔の日本には存在していたことであり、この日本については、中国の古書には出て来るのに、学校の教科書はおろか、日本の正統と呼ばれる古文書にも一切記されていません。



「では、一体この“日本(小日本)”とは何なのだ?」



となると、ここでキーワードとなるのが「出雲王朝」「出雲族」という存在であり、そして何よりも「物部氏」「ニギハヤヒ」という登場人物達が関わってきます。



その詳細を語ると長くなるので、ここれではお伝えしません。



ただ、忘れてならないのが「歴史は勝者がつくる」という言葉、むしろ法則であり、どんなに偉大な国や王が過去にいたとしても、敗者となった時点で敗戦国や敗者は歴史から姿を消されることになります。



hinomoto_monument



もともとヤマトの地を治めていた日本という国家があり、その日本を西からやって来た別の国が新たに治め、その新日本の誕生によって旧日本の人々はヤマトの地を追われ、向かった先は、東へ東へ東北(艮=うしとら)の最果てへ・・・。



「日本中央の碑」という石碑が、なぜ本州最北端の青森県(東北町)にあるのか、表向きの史実しか知らない学者には謎のままでしたが、この日本を現在の日本と捉えてしまうと意味が不明であり、これが過去に存在していた今の日本とは別の日本だと知ると、色々な謎が解けてきます。



なぜ、日本の歴史上で文化の中心は西日本、現在でも首都は東京で、東北の地は昔から日本の食料庫としての位置づけで文明の発展が制限されたのか、なぜ、311の地震が東北で発生したのか・・・。



とはいえ、もう統合の時代。あらゆる過去は大でも小でも水に流し、キレイさっぱりに今を大切に生きることが希望の未来へ繋がると言われています。



2つの日本も、今ようやく本当の意味で1つとなって、これから世界をリードするための日本となってスタートしようとしています。



建国記念の日。どの時代の日本を知っていようといまいと、現在の日本がどの日本の流れだろうとも、過去の歴史がどうこうを動機として愛国心を持つのではなく、今この国にいて、単純に自分の国が好きならば、その“今”の国を大切に想う気持ちが重要だと思います。



今大好きな奥さんがいたとして、ある日に、その奥さんの過去が売春婦や風俗嬢だったことを知ったら、いきなり嫌いになる、別れるのは過去に囚われ過ぎで今を生きておらず、今を本当に生きるのであれば、どんな過去を知った上でも今、目の前に愛する人がいれば、すべてを包んでそのまま愛することが今を生きて希望の未来へ繋がるものだと思います。



個人的には、右翼だろうと左翼だろうとも、この地球を大切に想う人ならば、誰でもみんな同朋だと勝手に思って仲良くしています。



でも、やっぱり日本という国も好きなので、この国がより良くなっていくことを常日頃心より願っております。 


posted by rio at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

歴史を学ぶということは、今の社会を捉える軸を創るということ

t01800240_0180024012862268638.jpg




るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=301115
<転載開始>
歴史があまり好きではなかった人も多いのではないでしょうか。
各ゆえ私も、単なる暗記科目として捉えていました。歴史を学ぶ意味はどういったところにあるのでしょうか。
その意義・面白さを考える上で、ヒントになり得る記事を見つけたので紹介します。
大濱先生という筑波大の名誉教授へのインタビュー記事から抜粋です。

以下引用(リンク)
*******************************
〜歴史を学ぶ魅力〜

――― 歴史の学習は、小学校の5年生から学び始めます。
そもそも歴史を学ぶとはどういうことですか? どうして歴史を学ぶのでしょうか?

続きを読む
.
genkimaru1
コメント( 0 )
2拍手






2015年02月12日02:45

カテゴリるいネット医療・健康問題等

万病は血液の汚れから〜反応の諸症状から状況を読み解く〜


るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=301114
<転載開始>
最近、面白く読めた本(「1日1回おなかを空かせば病気が治る」石原結實著)から、意訳・引用紹介したい。

《引用開始》…………………………
◆血液が汚れた時の反応

@嘔吐と下痢

有害物質や病原菌が胃腸に入れば、血液を汚すまいと嘔吐か下痢を起こす。

A発疹

有害物質や化学物質に対してはアレルギー反応を起こして、体表から発疹(蕁麻疹、湿疹、化膿疹)として体外に捨てる。

B炎症

@やAでは間に合わないほどの老廃物や有害物質が血液内に存在する場合は、ばい菌(細菌、真菌、ウィルス)の力を借りて燃焼しようとする。「○○炎」という名の病気は炎症性疾患で、ばい菌によって血液内の老廃物を燃焼している状態。

炎症性疾患の時は、必ず「発熱」と「食欲不振」を伴う。「発熱」とは、血液中の老廃物の燃焼状態。「食用不振」とは、『血液を汚す最大の要因』である「食べ過ぎ」を一時的にストップする反応。
《中断》…………………………

ここからが、面白い。

続きを読む
.
genkimaru1
コメント( 0 )
0拍手





2015年02月12日02:34

カテゴリ中韓を知りすぎた男韓国関連

帰化人は感謝すべき日本人を憎んでいる   2月10日(火)


中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1041.html
<転載開始>
前回よりの続き

日本に害をなす「なりすまし日本人」の正体を暴くべしで、いろいろ調べて
います。今年に入って、屈折した朝鮮脳を歴史を踏まえて分析してきました。

朝鮮族に最大の不幸をもたらした歴史の事例として、新羅の裏切りによって
自ら中国の千年属国に成り下がった事と、極悪非道な利己主義によって500
年間も国を支配した李氏朝鮮の大罪が朝鮮族の意識構造に異常を招く事態と
なったことです。近代に至るまで深刻な悲劇を招いています。

このおぞましい歴史によって朝鮮族の民族性を歪めてしまった精神を、日韓
併合によって朝鮮人は文明の洗礼を受け、やっと人間らしい暮らしを手に入
れることが出来、李朝の呪いから脱する事が出来たのです。

しかし日本が敗戦を迎え、朝鮮から日本人たちがみな去っていった時、李朝
の王家につながる一人の朝鮮人がハワイから戻ってきました。李承晩です。
この男は日韓併合時代中、ずっと米国にいました。そして彼は米国から韓国
初代大統領の座を与えられ韓国を支配したのです。

李承晩政権の12間はまさにおぞましい李氏朝鮮の復活です。李朝時代は
人命も道徳も顧みることがなかったように、李承晩は自らの地位を保つため
にライバル、及び近未来においてライバルになりそうな人物を、情け容赦な
く暗殺していきました。

続きを読む
.
genkimaru1
コメント( 0 )
1拍手





2015年02月12日02:29

カテゴリマスコミに載らない海外記事テロ・暴動関連

我々が行うテロが、我々が受けるテロだ


マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-2743.html
<転載開始>

Chris Hedges

2015年2月0日"Truthdig"


金曜、ヨルダン、アンマンでのISIS反対集会で、殺害されたヨルダン人パイロット、ムアス・カサスベの写真のポスターを掲げる抗議行動参加者。AP Photo/Nasser Nasser

我々は空からミサイルを発射し、家の中で身を寄せ合う家族を焼き殺す。彼らは檻の中で立ちすくむパイロットを焼き殺す。我々は、アメリカの秘密軍事施設で、人質を拷問し、喉にボロを詰めて殺害する。彼らは、汚いあばら家で、人質を拷問し、斬首する。我々はシーア派暗殺部隊を組織し、スンナ派を殺害する。彼らはスンナ派暗殺部隊を組織して、シーア派を殺害する。我々は、アメリカの戦争犯罪を美化する為に『アメリカン・スナイパー』等の大規模予算映画を制作する。彼らは、自らの倒錯したジハードを美化する為、鼓舞のビデオを制作する。

我々が非難している蛮行は、我々が行っている蛮行だ。我々とイラクとシリアのイスラム国 (ISIS)とを区別する違いは技術的なもので、道徳的なものではない。我々は、戦っている相手と同等なのだ。

“暴力からは、暴力しか生まれない”とプリモ・レーヴィは書いている。“振り子の動作で、時間とともに、下火になるのではなく、一層激高するのだ。”
シリアのラッカ付近で乗っていたF-16が墜落した後、ヨルダン人パイロット、モアズ・カサスベ中尉が、ISIS戦士によって焼き殺されたのは、ローマの円形競技場向けに考案された出し物同様に陰惨だ。そして、そういう狙いだったのだ。死は戦争の主要な見世物。もしISISに、アメリカの都市を爆撃する為の戦闘機や、ミサイルや、無人機や重火器があれば、捕獲したパイロットに火をつける必要はなかったろう。ISISも、アメリカがしている様に、数千メートルの上空から人々を燃やすことができただろう。だがISISは戦争の能力が限定されているので、アメリカが中東の人々にやっていることのミニチュア版を世界に放送するしかない。ISISのやり口は、より露骨だ。結果は同じだ。
続きを読む.
genkimaru1
コメント( 0 )
0拍手





2015年02月11日21:35

カテゴリ金貸しは、国家を相手に金を貸すロシア関連

プーチンと金貸しとの戦い(4) 歴史的考察B ロシア革命


金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2015/02/3862.html
<転載開始>

プーチンと金貸しとの戦い(4) 歴史的考察B ロシア革命


<演説するレーニン>

ロシア革命とは何であったのか?いかにして米ソ冷戦構造がつくられたか?、金貸しの戦略の核心に迫ります。

引き続き、参考図書として、「世界を操る支配者の正体」(馬渕睦夫著、講談社)より、歴史の紹介部分を引用します。

続きを読む.
genkimaru1
コメント( 1 )
45拍手





2015年02月11日21:29

カテゴリ宇宙への旅立ち:

後藤&湯川 首切り映像 学校の授業で人気


レプさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/02/blog-post_31.html
画像は載せていません。
<転載開始>







社会科の授業 真実を生徒に伝えたかった





H高校のA先生の話




Aさんは、H高校で社会科を教えている。彼女が湯川の首切り写真を「宇宙への旅立ち」ブログで見たときに衝撃を覚えた。





「えぇぇ?この太った外人が湯川さん? 湯川さんにどう見ても見えないわ…。」





そして彼女は、彼女の家族に聞いてみた。





「ねぇ、これ湯川さんに見える?」





すると、テレビを100%信用している家族は「湯川さんに決まっているだろう!」と面倒くさそうに答えた。




続きを読む.
genkimaru1
コメント( 3 )
17拍手





2015年02月11日21:21

カテゴリるいネット

「子どもを信じる」とは?〜小学生の女の子が教えてくれたこと


るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=301090
<転載開始>
子どもを信じるとは?
「子供自身を信じるんじゃなくて、『自分が育てた子供』という、育てたこと自体を信じているんじゃないか」
この一言にはっとさせられます。
以下、(リンク)より

* * *
この授業参観の中で発表する作文の題材は、「家族への想い」でした。
家族に対しての気持ちを作文にし、発表するというもの。
手を挙げた小学生は、堂々と、作文を読み上げました。

『信じあうこと』

「私は、家族が大好きです。
家族も、私のことが大好きです。
でも、たまに、とても悲しい気持ちになることがあります。

私の家族は、いきすぎだと思うほど、私のことを心配します。
この前、私は◯子ちゃんとケンカをしました。
私は、◯子ちゃんにいやなことをさせられました。
でも、私も○子ちゃんにいやなことをしたと思い、仲直りをしたいと考えていました。

続きを読む
.
genkimaru1
コメント( 0 )
21拍手





2015年02月11日21:11

カテゴリ日本を守るのに右も左もない偽旗作戦

テロ=茶番劇が見抜かれ、特権階級と普通の人々の断絶が決定的になる


日本を守るのに右も左もないさんのサイトより
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2015/02/4774.html
<転載開始>

イスラム国による人質事件については、様々な議論があるが、全体的な見取り図は

A)テロ事件を日本に拡張することで、日本をより統制国家にし、かつ戦争への資金源としたい追い詰められた金貸し勢力の暗躍。軍事利権の拡大を本音としながら、金貸し勢力に乗せられたのか、乗ったのか、は不明だが、完全に使い走りとなり、日本人の生存の安全すら売り飛ばしている安倍自民党政権。

B)他方、安倍政権を批判しながらも、人権派・平和主義のジャーナリストとして後藤氏を支持することによって、金貸しが描く「テロとの闘いか、それとも平和≒テロに屈するか」という対立構図にまんまとはまり、有効な突破口を示せない、左派勢力

C)そんな状況を見ながら、冷めた目でイスラム国のインターネット映像をパロディ化し、クソコラグランプリといったユーモアで笑い飛ばそうとしているネット大衆。

D)実はイスラム国はアメリカによって作られた仮想敵国であり、「テロとの闘い」全体が茶番であると認識し、金貸し→マスコミによる世論操作からの脱却を呼びかける少数のネット世論。

という4つの言論に分類できると思う。Dは勿論、Aとは対立するが、Bのように後藤氏を神聖化する言論には組しない。後藤氏が(自覚的か否かは別として)裏で金貸しにコントロールされている可能性を否定できないし、事実、朝鮮半島系のキリスト教カルトを媒介に、後藤氏と安倍自民党はつながっていると考えるべきだろう。
続きを読む.
genkimaru1
コメント( 3 )
34拍手





2015年02月11日20:12

カテゴリ気象予報士Kasayanのお天気放談

冬型ゆるむも北陸以北はぐずつき気味。ところで、もはや次の寒波は来ないの??(150211)


気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/42725356.html
<転載開始>

 「今季一番の寒気」という言葉が踊った後、昨日の天気予報では一転して「気温上昇」という言葉が連呼されていたと思います

 こんな言葉の使われ方をしていると、「もはや強い寒気はやってこないんじゃないか?」という気持ちになりますけど・・・ホントにそうなんでしょうか?




 これは昨夜21時に観測された北半球上空の寒気の様子。

 今季一番と言われた−42℃以下の寒気の塊が北海道を通過していますが、その後ろ側・・・日本の東には、これといって強い寒気は見当たりません。

続きを読む.
genkimaru1
コメント( 0 )
8拍手





2015年02月11日20:02

カテゴリキチガイ医ワクチン

ワクチンの問題


キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/765416950208727
<転載開始>

ワクチンの問題

なぜこれを取り上げないといけないかというと、ワクチンそのものヤバさの問題もあるが、外資系の製薬会社が精神薬からワクチンに重点をシフトしているからである。まず最も話題になっている子宮頸がんワクチン。海外での動向と添付文書などを参考に、自分たちで子供を守るより方法はない。

@死亡者が続発したインドの事件をきっかけに、今や世界中に飛び火している子宮けいがんワクチンプログラムの停止要求。 犠牲になられた世界中の家族や、ワクチンの有効性に疑問を抱く医師等の専門家が中心となり、真相究明グループを立ち上げている。
http://truthaboutgardasil.org/

A「インドが火をつけた世界に広がるHPVワクチン停止を求める声」 の記事
http://www.americanchronicle.com/articles/view/151324

Bオーストラリアではもはや男子にも投与される。本気でキチガイの世界。

女子だけでなく男子にもHPVワクチンを無料・オーストラリアでワクチン売上倍増
【ブリスベン12日AAP】連邦政府が導入する新たな全豪予防接種計画の下で2013年第1学期以降、ヒトパピローマウイルス(HPV)の予防ワクチン、ガーダシルが12歳と13歳の男子生徒を対象に、提供されることになった。HPVは陰部疣贅や子宮頸がんなど、様々ながんの種類を引き起こす原因とされるが、ガーダシルがHPV4種の感染を防御する安全なワクチンだという。全国で2007年以降、ガーダシルが既に女子生徒を対象に提供されているが、男子生徒も接種されると、HPVの性感染が防御され、現在も国内で罹患率が低下しつつある子宮頸がんに対する予防が一層強化されるという。

Cこれもぜひ見てほしい動画である。海外では子宮頚がんワクチンの危険性を訴える人は、後を絶たないのだ。
http://www.youtube.com/watch?v=ksKm22gYXtE

続きを読む.
genkimaru1
コメント( 0 )
23拍手





2015年02月11日19:56

カテゴリキチガイ医デトックス

解毒のコツ


キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/765362960214126
<転載開始>

解毒のコツ

健康について調べれば調べるほど毒だらけであることがわかり、限界があると考えるようになります。人によっては考える意味なしと思う人もいるようですが、これは個人に任せますし病気になった時自己責任でやってもらえば十分です。しかしそういう人に限って病気になってからさらにクレクレ君になるのがほとんどですけどね♪。で、ここでは入れるモノに限界があるというのはわかるので、出すことについてコツを書いてみたいと思います♪。

社会毒がなにかはここではもう触れませんので、私の本などで勉強してもらえばと思います。解毒という観点で考えたとき、社会毒の多くは脂溶性の毒物であるということ、体の細胞膜や脂肪組織に蓄積していくこと、もう一つの毒としてミネラル毒(放射性物質、フッ素、有害ミネラルなど)を押さえておく必要があります。これらが病気をもたらす根本的物質であり、これに思考法や精神論などが混ざってくることになります。ちなみに現代社会はストレス社会というのは全くの嘘であり、これをいうとさらに逆ギレするクレクレ君でこの世界はあふれています♪。

そして科学的にいう解毒とはこれらの物質を体外に出す行為です。美容などでよくいわれるデトックスもまた、脂溶性毒とミネラル毒を排出しようという行為でもあります。そのために私は低温サウナを推奨していますが、低温サウナでないといけないわけでもありません。よく民間で患者に推奨するものとして、薬石浴(嵐の湯など)、岩盤浴や陶板浴、酵素風呂その他があり、少し方向は違いますが断食も解毒の一種ととらえることが出来ます。

ここで重要なのは出した後に、入れるものを重視する必要があります。汗を書いたり脂肪を燃やしたりした後の油やミネラルには特に注意が必要で、良い質のものを多くとる必要があります。炭水化物が多いような食べ物を食べるなどは体にとって有害です。基本的に科学で述べるなら、消化にいいのは肉であり魚であり、消化に悪いのは植物であるのは常識です。ただ、だからと言って植物がダメという話にはならず、この消化に悪い植物の特性は部分的に健康にも役立つこととなるので、この世界の食の話は単純じゃないわけです♪。

発汗療法や断食は放射能対策にも応用できます。ちなみにホメオパシーも有名は解毒療法ですが、これは全く考え方が違います。ホメオパシーの理論についてはここでは触れませんので、自分で調べてみてください。ここで書いているのはあくまで量子の領域には及ばない科学的、栄養学的な話であり、解毒ひとつとってもどこに作用させるかで変わってきます。古来解毒といえば便と尿で出すといわれてきました。そのことは別に間違っているわけではないのですが、現代の毒は昔と違って脂溶性毒やミネラル毒なので、便と尿では出しづらいことは覚えておきましょう♪。
続きを読む.
genkimaru1
コメント( 1 )
34拍手





2015年02月11日19:41

カテゴリGhost Riponの屋形(やかた)

「どうせ無理」は、ラクしたいから 宇宙へ挑む男が語る、自信の育て方・奪い方


Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11977955766.html
画像を後ろの方に載せました。
<転載開始>
「どうせ無理」は、ラクしたいから 宇宙へ挑む男が語る、自信の育て方・奪い方
http://logmi.jp/25655
夢や目標を語る人々に対し、「どうせ無理だ」と簡単に決めつけてしまう人がいます。植松努氏は、この言葉が多くの人から自信や可能性を奪っているといいます。周囲から無理だと言われながらも、民間での宇宙開発に挑み続ける同氏が語る、自信の育て方とは?(TEDxSapporoより)
【スピーカー】
株式会社植松電機 専務取締役 植松努 氏

「どうせ無理」は、スーパーネガティブなことば。
やる気を殺ぐことば、足を引っ張ることばっすね。
本来は、やってみないと可能かどうかはわかりません。
そういえば、頭ごなしに全否定は、フリエネがそうかもしれませんね(笑)

昔の教えで、間違えられて伝わっているのは、
×「お金を大切にする。」(軍票&戦後ハイパーインフレで地獄見た国民多数)
○「ものを大切にする。作ってくれた人に感謝する。」

「お金で本を買い、知識と教養を身に着ける。」と言うは、ユダヤの教えでもありますね。
お金やものは、身一つで逃げなければならない時には、持っていくことはできない。
知識と教養があれば、場所が変わっても一から事業を起こすことができると。
本当の力と言うのは、知識や教養なのでしょう。


続きを読む
.0002769_3M.png

posted by rio at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

【面白いのは福沢諭吉より義息子・福沢桃介 目には目を、ベルファシにはベルファシを】


t01800240_0180024012862268638.jpgあなたに降る夢 (94米)


【面白いのは福沢諭吉より義息子・福沢桃介 目には目を、ベルファシにはベルファシを】 (02/02)
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-295.html



こんにちは

やはり、予想した通り、イスラム国の人質問題は極東の果ての国、日本が中東まで行って、飛んで火に入る夏の虫的状況になってますね。

911同時多発テロの時と同じようなメディアの動きを感じます。

この事件、日本を発端にして、とんでもない規模になるのではないかと心配しています。

さて、今回はまず、国が経済成長するとき、またはデフォルトするときに何が起こっているのか?

ということから書き始めます。

が、最初に、読者様からのご質問に対する回答を書かせていただきます。

福沢諭吉はシロです。

シロと呼ぶのは非常に失礼なぐらい潔白です。

福沢諭吉は日本の将来を考え、うまく立ち回った人物の一人です。

その為には、列強に利用されることを分かりながら利用するという方法しか無かったと思います。

結局は、福沢諭吉本人ではなく、問題は誰に乗せられて、何をしたのか?なんです。

そういう意味では、日本だけでなく、東アジア全体を良く見渡していました。

正直なところ、あの当時の彼らの心は本人達しかわからない、いや、本人達にもわからなかった可能性は非常に高いです。

少なくとも、私のような人間が福沢諭吉を批判することはできません。

そして、彼の義理の息子、娘ふさの婿養子である桃介は非常に興味深い人物です。

詳細は後ほど。

さて、以前の記事に書いたかもしれませんが、数年前、アメリカのデフォルトが騒がれていた時期がありました。

数字上、アメリカの財政事情は決して良いものではなく、それは現在も世界中で同じことが言えます。

欧州、米国、日本といった、これまで世界経済を回してきた先進国が揃って財政難に陥っていることはある意味(数字では)事実です。

しかしながら、借金ばかり指摘して、破綻だというのはまったくおかしな話です。

国家には、借りたカネもあれば、貸しているカネもあるのです。

ましてや、IMFの資金源となっている各国の出資額は相当なものです。

簡単な話、出資しているんですから、引き出せるわけです。

SDR(Special Drawing Rights)=特別引出権のことです。

出 資比率は2012年現在、1位 アメリカ 17.67%、2位 日本 6.56%、3位 ドイツ 6.11%、4位 イギリス 4.51%、4位 フラン ス 4.51%、6位 中国 4.00%、7位 イタリア 3.30%、8位 サウジアラビア 2.93%、9位 カナダ 2.67%、10位 ロシア  2.49%となっているが、BRIC諸国の比率は高められ、今後中国が3位、インド、ロシア、ブラジルがそれぞれ8位、9位、10位になる予定。IMFへ の出資額が世界第2位の日本がIMFの管理下におかれることはほぼありえない。仮に日本政府が債務不履行になり財政自主権が失われるとは、 財政運営が極度に困難となり財政の自由度が失われる状況であると財務省は定義する[1]。また財務省は日本のような自国通貨建てで国債を発行していて、か つ通貨発行権を有する国が債務不履行になることを否定している。

それよりなにより、通貨の発行量は、保有する金でしか保障できないという事は、金本位制を廃止したと言われているニクソンショック後も続いている事実です。

当たり前といえば当たり前ですよね?

裏付けの無い通貨を好きなだけ発行したらどうなるか?

アメリカドルは世界一の金保有国です。

一方、何の保証もない通貨で経済を回して財政を破綻させそうになる国があります。

これらの国を破綻させるかどうかは、その国がどれだけベルファシに侵食されているか?で決まります。

過去に破綻した国といえば、アルゼンチン、韓国が記憶に新しいです。

アルゼンチンはナチス=緑龍会絡みの派閥が集まっていました。

韓国に関しては言うまでもなくベルファシの巣窟だった・・・大統領が任期を終えて必ず逮捕されるような国ですから、フィリピンと同じぐらい酷い状況です。

日本はこれらの国よりかはマシですが、中枢の腐敗ぶりが知れ渡り、北軍派から干されているのはこのブログのメイントピックの通り。

こういった条件が国家を破綻させるかどうかの基準になっていることなど、我々は全く知りません。

G7が世界経済を回し、それがG20になって、ベルファシのテリトリーが狭められている。

1997のアジア通貨危機で韓国はIMFの管理下になりました。

その直後の1999年、G20入りです。

韓国のベルファシ財閥が諸外国の監視下に置かれた。

こういう実績から見れば、IMFは至ってまともな組織だということがわかります。

国が破綻するときなにが起きているのか??

ベルファシの叩き出しです。

かつて、国際競争力のある家電、自動車を中心に経済成長を成し遂げた日本ですが、それに追いつけ追い越せで韓国製品が世界の家電製品を席巻しそうな勢いで伸びています。

しかし、時代は大きく変化しています。

これから深刻化するであろう消費の縮小。

テレビ、パソコン、スマホと、これまでの製造業で優位な立場にあった先進国の製品に組み込まれる部品がコモディティー化したことにより、立場の逆転が起こっています。

部品さえあれば誰でも製品化できてしまう。

このままでは、日本のデジカメ(コンデジ)はおろか、高性能一眼レフカメラまでもが不要になる時代が迫っています。

残るのは特殊で付加価値のある技術を持った部品供給企業のみになります。

これは、過去何十年にわたり、雇用を創出し続けていた先進国の製造業が吸収できる人員の減少を意味しています。

何度か書きましたが、飛躍的技術の公表は必ずしも良い結果を生むわけではないということです。

水から水素ができるということは、もう半世紀以上前から分かっていることです。

ですが、それをメインのエネルギーにしてしまうことにより、世界の産業全体が消え、失業者を大量に生じる結果になってしまっては本末転倒。

現在、地球の人口全体を吸収できるほどの製造業は存在しません。

ですから、サービス産業を拡大して人員を吸収させているのが現状です。

そういう意味では、日本人という人種はサービス業において、世界最高レベルの人種です。

フィリピンに住んでいると実感しますよ、スーパーのレジ係のスピードの違い。

日本が100%としたら、欧米が70〜80%、フィリピンは30〜50%の速度と精度です。

逆に日本以上のレジ係の速度と精度を私は他の国で経験したことがありません。

日本人の労働生産性は国際的にずば抜けています。

もっとサービス業を海外に展開すれば良いのに・・・

さて、サービス業にもいろいろありますが、中でも吸収人員がある、最先端でない産業を残し、時期を見て入れ替え、福祉制度とのバランスを取るという作業は必要不可欠です。

骨幹製造業(高度精密部品供給)の維持+サービス業の展開=我々の幸せ

こんな感じで良いと思います。

ローカル的には・・・

これがグローバルな話になると、海外、主に発展途上というと失礼なので、新興国の安価な賃金に我々先進国の雇用が奪われているというのが現状です。

そして、その原因を円高に有るとし、円安に持って行ったのが現在の日本。

しかし、これは日本単独でできる話ではありません。

いつもであれば、日銀が為替介入し円安に誘導したとして、欧米に批判されるはずですが、今回は皆無ですよね。

まあ、何をやっても文句を言ってくる国がお隣にありますが、放っておきましょう。

近年、アメリカのQE(量的緩和政策)が3度行われました。

毎回、この法案が可決しなければアメリカはデフォルトだと騒がれていましたね?

これを見て、多くの人たちが、ああ、アメリカはやばいぜ!と思ったことでしょう。

Wikipediaより

量的金融緩和政策(りょうてききんゆうかんわせいさく、Quantitative easing、QE)とは、金利の引き下げではなく中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行う金融政策で、量的緩和政策、量的緩和策とも呼ばれる。

平時であれば金利を下げていけば、経済刺激効果が出て景気は回復するが、深刻なデフレーションに陥ってしまうと、政策金利をゼロにまで持っていっても十分な景気刺激効果を発揮することができない。

そこでゼロ金利の状態で、市場にさらに資金を供給するという政策である。

日本銀行が2001年3月19日から2006年3月9日まで実施していた。

本稿では主に日本について記述するが、この他、アメリカのFRBによるQE1(2008年11月-2010年6月、1兆7250億ドル)、QE2(2010年11月-2011年6月、6000億ドル)、QE3(2012年9月-、月額400億ドル)がある。

各国

テーパリング(tapering)とは、ベン・バーナンキ元FRB議長が使用した言葉であり、量的緩和の縮小を意味する。
経済学者のケネス・ロゴフは、他の国々(日本以外)で量的緩和がうまく機能しなかった主な理由のひとつは、中央銀行が約束を渋ったことにあると指摘している。

アメリカ

FRBは、買い入れ対象としていなかった証券の買い入れ、それを担保する資金貸し出しについて「信用緩和(credit easing)」と称した。「信用緩和」と称したのは、日本銀行の「量的緩和」と区別するためである。

2008 年のリーマンショック時にアメリカは、一時的なデフレ寸前の状態にまで陥り、その後QE1(量的緩和第1弾)・QE2(量的緩和第2弾)と呼ばれる大規模 な金融緩和政策によってデフレ懸念から脱し、その後のインフレ率はまたデフレに陥ってしまうのではないかと危惧されるほど、低位のインフレの状態で安定し た。

2010年11月から2011年6月までの8カ月間にわたって1カ月あたり750億ドルのペースで6000億ドル分の米国債の追加購入を行ったQE2は、株式市場をはじめとする資産市場や実体経済に一定の効果をもたらしたが、雇用創出に大きな影響を持ち得なかった。

2013年現在、リーマンショックが起きた直後FRBは、マネタリーベースを危機前の3倍以上に増やしている。
量的緩和とは何かを正確に知っている一般のアメリカ人は4人に1人程度しかいないことがロイターの調査で明らかとなっている。

2013 年12月18日、FRBは連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的金融緩和策について、2014年1月から購入額を毎月850億ドル(約8兆7500億 円)から750億ドルに縮小すると発表した[100]。ベン・バーナンキ議長は記者会見で「アメリカ経済は緩やかに回復してきた。雇用と物価水準が改善す れば、さらに緩やかに資産購入を減らしていく」「量的緩和の縮小は金融の引き締めではない」と述べている。

2014年1月29日、FRBは連邦公開市場委員会後の声明で、2月から債券購入額を750億ドルから650億ドルに縮小すると発表した。

2014年4月30日、FRBは連邦公開市場委員会声明で、5月から債券購入額を月額100億ドル減らして、計450億ドルにすることを全会一致の決定した。

2014年9月17日、FRBは連邦公開市場委員会後の声明で、同年10月の会合で量的緩和を終了する見通しを明記した。

2014年10月29日、FRBは開催した連邦公開市場委員会で、量的緩和第3弾(QE3)の終了を決定した。

イギリス

イ ギリスはリーマンショック直後の2008年10月にイングランド銀行のバランスシートを一気に3倍近く増やした後、2008年11月から2009年3月に かけて段階的に縮小させていった[106]。その後、2010年4月頃まで緩やかに拡大させた後、2011年末まではほぼ一定水準に維持した。2011年 1月に消費税率の引き上げを実施後、景気が悪化したため、2012年に一旦停止していた量的緩和政策を再開。景気が回復基調に戻った2013年以降は、量 的緩和を停止し、イングランド銀行のバランスシートはほぼ横ばいで推移している。

2013年現在のイングランド銀行のバランスシートはリーマンショック直前から約4倍に膨れ上がっている。

2013年8月8日、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は日本が過去に早すぎる緩和解除を行った誤りをイギリスが繰り返さないことが重要だと指摘している。

スウェーデン

スウェーデン国立銀行はリーマンショック後、通貨発行量を4.5倍に増やした。

ヨーロッパ

2015年1月22日、欧州中央銀行(ECB)は定例理事会を開き、「量的緩和政策」の導入を決めた。

Wikipedia以上

このように、各国が量的緩和政策を行ってきた経緯があります。

アメリカのものと思われてきたQE(量的緩和政策)は日本も実行してきた政策なわけです。

今回の円安はこのような政策の一環であり、各国が協調して調整しています。

アメリカの量的緩和政策の結果、多くの企業が中国から軸足をアメリカに戻しました。

シェールガスによる安価なエネルギー供給もその要因の一つです。

今回の日本による量的緩和政策も日本国内に製造拠点を戻し、雇用を増やすことが目的なのですが、一つ問題があるようです。

日本人が製造業に従事することを好まなくなっているという事。

冒頭にも書きましたが、新興国の労働者は製造業のラインに入り、単純な仕事でも良いから一定の給料をもらえれば納得するのですが、先進国の我々はもはやそれだけでは満足しない。

長年にわたる日本経済の低迷により、雇用条件が見直され、企業側に有利になるような、早く言えば一番割高な人件費を低く抑え、日本の製造業を維持するという目的もあったのでしょうが、非正規労働者が急増しました。

企業の発展と労働者の生活の向上、このバランスを崩すと、やきそばUFOに虫が混入したり、賞味期限切れの食材を使用したことが発覚したり、食中毒が発生したり、ブラック企業と呼ばれる企業が増えるのです。

これは、内部告発により発覚するが多いことが原因でしょう。

外部の人間が企業秘密を知る由もありませんし、実質的に問題がなければ、飾り物も野菜や果物を使い回す多少の”節約”を行っていたのが、一昔前の飲食業界の現状です。

私も少年時代にアルバイト勤務していた飲食店では、ほとんどのお店で使いまわしは常識でしたから、よくわかります。

それが内部告発されることはありませんでした。

私は使い回しを肯定するつもりはありませんし、客として、それがわかれば即刻抗議しますが、現実はそういうものということは理解していますので、パフェに付いてくるさくらんぼは食べません(笑)。

話が逸れましたが、そういう常識化した内部の事情を告発されてしまうほど、経営側と労働者側の気持ちが乖離しているのが今の日本ではないでしょうか?

そして、さらなる問題として、2020年のオリンピックに向けて、大忙しになるであろう現場の労働力が足りないという・・・

今後、日本に多くの外国人が出稼ぎに来なければ、日本の製造業、建設業等々は人手不足になるという皮肉な話です。

国際秩序維持はの方々は、ベルファシとの戦いもさることながら、経済、雇用も考慮しています。

しかし、国家公務員はそのような調整はできないのです。

雇用の調整とか、国家公務員がやったら、国の利益に反したと云う事で罪になるんです。

また、最先端技術は、社会の福祉許容体制と吸収人員のバランスを見て、出していかないと、すぐに世界は失業者で溢れます。

国家公務員は、こうした調整をしてはいけないのですから、裏政府がないといけない訳です。

裏政府と云うと聞こえが悪いから、影の政府とでもいいましょうか。

過去に書いたかどうか忘れましたが、ある会議で米国をデフォルトさせればインドから核をぶち込ませるぞ、とロックフェラーが脅したことがあります。

それがイヤなら、米国に資金を使わせろと言う話です。

で、資金を入れデフォルト回避したと言う話。

ロックフェラーはロスチャイルドより格下で、手下のように書かれているサイトがありますが、全然違います。

ロックフェラーはロックフェラーなんです。

本当の世界経済の動向は影の政府=国際秩序維持派が握っています。

民主党の小沢は、ベルファシの手下どころか、ロックフェラーの嫌う反米主義に走り、中国のと接近したタイミングで切られました。

そして、ロスチャイルドに頼らざるを得なくなりましたから、もうただのベルファシの傀儡政治家です。

この小沢ですが、北一輝の息子と繋がるんです。

北一輝の息子(S)がくっ付いたメーソンは、日本で大丸1大丸1️貴金属店などを使い、ロンダリングをしている一派です。

以前書いたか忘れましたが、金丸が盗んだカネで金塊を密輸入した時も、このルートで、大丸1大丸1️貴金属店に刻印を押させたんです。

小沢が大丸1大丸1️に個人事務所を置いているビルがあります。

このビルに彼らの事務所があります。

北一輝の息子が少し前、タイに言って、軍部が隠している金塊を安く買えると名無し先生に報告してきました。

米国がデフォルトすると仮定して、その後、金本位制に戻った時に備えての下準備です。

ヘッセンは簿外資金置き場を知っています。

もし、基軸通貨発行国であるアメリカがデフォルトすれば金本位制以外信用を失いますから。

冒頭でも書きましたが、当然ながら金の保有量の多い国の通貨が、基軸通貨になります。

ドルをデフォルトさせても、悪い過去の政府を倒した正義の味方の通貨がアメロだと言えば、米国の金保有量が大きければ、アメロが基軸通貨。

金保有量次第で何とでも言えます。

世界は、この基軸通貨の権利を争う為に、裏で金塊の保有量競争をやってるんです。

この資金の後ろにある金塊が世界の9割で、市場に出てるのは10%

で、簿外資金置き場である特別会計の中でも、メーソンは主に大丸1大丸1大丸1大丸1️資金特別会計法を使うんです。


さて、今回のタイトルでもあります、福沢諭吉の娘に婿入りした福沢桃介。

彼はどのような人物だったのか?

普通、ベルファシの家系は子孫もベルファシです。

幼稚で変な書き方ですが、一族で永久に支配しようとするのがベルファシの特徴です。

しかし、福沢諭吉の子女ら、四男の大四郎を除き、誰を見ても大した人物はいません。

そのまま、慶應義塾大学の教授になったり、芸術家の妻になったり、普通です。

まあ、岩崎弥太郎、渋沢栄一といった人物の子孫と婚姻関係で繋がっていることを除けばですが・・・

その中で、際立って活躍した人物がいます。

諭吉の実の息子ではありません。

次女、ふさの婿養子、岩崎桃介です。

(02/02)
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-295.html

下記は福沢諭吉一家のプロファイル

福沢諭吉 (ふくざわゆきち)

【生没】 1835(天保5)−1901(明治34)
【出身】 摂津国(大坂)
【実父】 福沢百助
【実母】 順
【妻子】 福沢錦(妻)、福沢一太郎(子)、福沢捨次郎(子)、福沢三八(子)、福沢さと(子)、福沢ふさ(子)、福沢俊(子)、福沢たき(子)、福沢みつ(子)など
【略伝】
 叔父中村術平の養子となって中村を称するが、後に福沢姓に復する。
  1854(安政元)年より長崎で蘭学を学び、その後、大坂に出て緒方洪庵の適塾に入り、塾頭を務める。1860(万延元)年には軍艦奉行木村摂津守の従者 として咸臨丸で渡米、その後も欧州への使節団などに同行して各国に学び、『西洋事情』などを著す一方、1858(安政5)年に開いた蘭学塾で洋学の普及に 務めた。
 1868(明治元)年には塾名を慶應義塾とし、維新後は教育活動や執筆活動に携わって『学問のすゝめ』など多くの著書を記した。

福沢 錦 (ふくざわきん)

【生没】 1845(弘化2)−(1924(大正13)
【出身】 豊前国(中津)
【実父】 土岐太郎八
【略伝】
 福沢諭吉の妻。
 1861(文久元)年に諭吉に嫁いだ。

福沢一太郎 (ふくざわいちたろう)

【生没】 1863(文久3)−1938(昭和13)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の長男。
 慶應義塾を卒業後、アメリカに留学。帰国後は雑誌「少年」の主幹などを経て、1907(明治40)年に慶應義塾社頭に就任して晩年まで務めた。

福沢捨次郎 (ふくざわすてじろう)

【生没】 1865(慶応2)−(1926(大正15)
【出身】 武蔵国(江戸)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の次男。
 慶應義塾を卒業後、アメリカに留学。帰国後、技師として山陽鉄道に入るが、1901(明治34)年の父諭吉の死により時事新報社の経営を引き継ぐ。
 その後、慶應義塾評議員や理事などを務めた。

福沢さと (ふくざわさと)

【生没】 1868(明治元)−(1953(昭和28)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の長女。
 中村貞吉に嫁いだ。

福沢ふさ (ふくざわふさ)

【生没】 1870(明治3)−(1955(昭和30)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【妻子】 福沢桃介(夫)
【略伝】
 福沢諭吉の次女。
 岩崎桃介を婿に迎えたが夫婦仲はあまり良くなかったようで、後年、桃介は川上貞奴と暮らした。

福沢 俊 (ふくざわとし)

【生没】 1873(明治6)−(1954(昭和29)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【妻子】 清岡邦之助(夫)
【略伝】
 福沢諭吉の三女。

福沢たき (ふくざわたき)

【生没】 1876(明治9)−
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の四女。
 後の産業組合中央会会頭志立鉄次郎に嫁ぎ、東京YWCA会長を務めた。

福沢みつ (ふくざわみつ)

【生没】 1879(明治12)−1907(明治40)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の五女。
 潮田伝五郎に嫁いだ。

福沢三八 (ふくざわさんぱち)

【生没】 1881(明治14)−1962(昭和37)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
 福沢諭吉の三男。
 慶應義塾を卒業後、イギリスなどへ留学。数学を学び、1906(明治39)年より慶應義塾大教授を務めた。

福沢大四郎(ふくざわだいしろう)

【生没】 1883(明治16)−1960(昭和35)
【実父】 福沢諭吉
【実母】 福沢錦
【略伝】
福澤諭吉の四男。
慶 応義塾政治科を卒業後、ハーバード大学大学院へ留学。'08鐘紡から日本製鋼所に入り、対英通信事務主任兼重役付秘書となる。その後、'10日本瓦斯専 務、千代田火災監査役、明正社・日本加工製紙各社長を歴任。 '28(S3)交詢社常議員に選任され時事新報・昭和電力・相模鉄道各取締役、豊国セメント監査役、国際工業代表を経て'31慶応義塾評議員に挙げられ、 '50内山商事社長のち同取締役、ドツヂェンドセイモール社顧問を兼ねる。

福沢桃介 (ふくざわももすけ)

【生没】 1868(明治元)−1938(昭和13)
【出身】 武蔵国(吉見)
【実父】 岩崎紀一
【実母】 サダ
【妻子】 福沢房子(妻)
【別称】 岩崎桃介
【略伝】
 慶應義塾に学んで福沢諭吉の目に留まり、後に諭吉の次女房子を妻に迎え、福沢家に入る(諭吉の養子とはなっていない)。
 その後、実業家として成功し、愛知電気鉄道や大同電力などの社長を歴任して「電力王」の異名をとった一方で、帝国劇場会長、衆議院議員を務めるなど多方面で活躍した。
 妻房子とは不仲だったようで、後年は川上貞奴と暮らした。


繰り返しになりますが、簿外資金置き場である特別会計の中でも、メーソンは主に大丸1大丸1大丸1大丸1️資金特別会計法を使うんです。

原発を日本に作る時のキャピタルもこれを通して入れたんです。

世間では正力松太郎ばかりが騒がれますが、彼は下っ端で、中心的役割は福沢諭吉の息子の桃介です。

福沢諭吉の義理の息子、娘婿、岩崎桃介が電力の鬼とか言われた松永安左エ門を表に立ててやったんです。

関西電力ホームページより(Wikipediaの文章より臨場感があるので)

電力王 福沢桃介

1 慶応義塾へ入学

   桃介が15歳の時、桃介が通っていた中学校が廃校となり、隣人である榎本(役場の下級書記をしている新知識人)より慶応義塾入学を強く勧められました。 この青年は、西洋文化の事にも詳しく、桃介の才覚を高く評価しており、桃介も榎本の勧めにより慶応義塾への進学を決意しました。
進学のため東京に上京した桃介は、ロンドンの目抜き通りに似せた美しい赤いレンガの街や85基のガス灯がきらめく華やかな通りを見ても「なんだ!東京とは、こんなものか」と軽蔑のまなざしでながめるのでした。
当 時の慶応義塾は、1万4千坪もの広大な敷地に建てられた日本一の洋学校でしたが、その慶応義塾を前に桃介は、「これが日本一の洋学校か!心ある若者の的に なっている慶応義塾とはこんな程度か!」とあなどりの声をもらしました。しかし、胸の内では、さすがの桃介も興奮でふるえているのでした。
慶応義 塾の寄宿舎での生活は、士族の子が多いためか、それぞれが肩を怒らせて大言壮語し、ちょっとしたことで喧嘩がおきるありさまでした。桃介は、年少組で、 整った顔つきと華奢な体格から、貧弱に見られがちでしたが、人一倍負けん気の強い彼は、しばしば凄腕の先輩に組み付いては、その負けん気を発揮したことか ら一目をおかれておりました。
上京して2年が経ち、桃介は18歳になりました。貧しいながら充実した学生生活を送っていた桃介ですが、遠慮がちに故郷の両親に余分の送金をお願いし、初めて洋服を購入しました。その洋服姿で桃介はよく演説会を聞きにいきました。
あ る日、浅草橋で演説会を傾聴した帰り、両国橋を渡り、夕陽を浴びながら南本所を堅川沿いに荒川の近くまできたとき、黄昏の林の道で、馬上の女性が十数頭の 野犬にかこまれ、馬から振り落とされそうになっていました。桃介は凶暴な野犬の群に向かって突進し野犬を追い払い助けました。このときの女性が後の大女優 貞奴であり、貞奴との初めての出会いでした。

2 福沢家へ養子を承諾

  品川の海を見下ろす慶応義塾の運動場で、賑やか に体育競技会が開かれました。慶応義塾としては第1回目の体育会でした。長ズボンにメリヤスの純白のシャツを着て出場した桃介に「白っぽいばかりじゃ勢い がない」と絵のうまい学友が、背中いっぱいにたてがみをなびかせ、口を大きくあけて吠えているライオンの首を描いてくれました。
この体育会には、来賓とともに福沢諭吉とその家族が居並んでいました。福沢家では、冗談まじりではありましたが、この体育会で次女お房の婿を見つけよう、という話がなされおり、いちはやく桃介に目をつけたのでした。
福沢家の白羽の矢がたった桃介でしたが、桃介はその結婚話に条件をつけ、洋行の望みと引き換えに縁談を進める決意を固めたのでした。

3 北海道炭礦鉄道へ就職

  洋行中、当時アメリカ最大の鉄道会社 ペンシルバニア鉄道は、鉄道事業のノウハウを学ぼうとする東洋人の福沢桃介に最大級の好意を示してくれました。
洋行途中の桃介に父の訃報が届き、母も他界したという知らせをうけ、両親の相次ぐ訃報は桃介にとって衝撃的な出来事でした。これをきっかけに桃介は洋行の期限を少し縮めて2年8ケ月で帰国し、直ちに、お房と結婚式を挙げました。
その後、北海道炭礦鉄道株式会社へ諭吉の段取りにより入社しました。入社当時桃介の月給は、百円。極めて破格で、この破天荒な待遇は、福沢諭吉の七光であり、先輩や友人からは、「月給泥棒」と呼ばれていました。

4 北海道炭礦鉄道 東京支社開設。買炭係支配人として東京転勤

  房の慢性ホームシックは、妊娠も重なり重症となったある日、開設されたばかりの東京支社へと転勤になりました。(諭吉夫妻の計らいだったのでしょう)翌明治24年1月5日、両親宅で無事長男を出産し、名は駒吉としました。
桃介の東京支社での肩書きは「買炭係支配人」。当時、2部門にわかれていましたが、炭鉱部門が不振で、当時の北海道とその周辺には、石炭を大量に購入する工場がなく、東京支社の開設は、その余剰石炭を東京や関西方面に売りさばき、さらに海外まで輸出することにありました。
桃介は、慶応義塾の大先輩井上角五郎専務の参謀となり、石炭の販売から海外輸出を一手に指揮する猛烈ぶりを発揮しました。こうして桃介の奮闘は、会社の業績を飛躍させ、かつて月給泥棒と皮肉った連中もこの活躍を素直に受け入れ認識をあらためました。
明 治27年7月、日清戦争が勃発、国内輸送は、完全に麻痺、会社は桃介の果敢な奔走により、イギリス籍の貨物船を購入しました。8月初旬、桃介は船の受け渡 し式に出るため、横浜の埠頭に停泊している船の甲板で洋上の入道雲を見上げたとき、軽いめまいに襲われ、のどにあついものを感じ、掌と甲板に真っ赤な血が 飛び散りました。愕然とする桃介。27歳の夏の出来事でした。

5 肺結核療養のため養生園へ入院、在院3ケ月の後、大磯に転地

 桃介は、かなり進行している肺結核と診断され、当時、伝染病研究の権威である北里柴三郎の養生園へ入院しました。入院中、桃介は仕事への責任感の強さから、看護婦の目をかすめて病院を抜け出したりしては、興奮と疲れで病状をぶり返しておりました。
そんな桃介を第一の親友である田端重晟は熱意をもって見守っていました。こうしたことなどをきっかけに桃介は、憑き物が落ちたように素直になり、療養に専念していきました。養生園での入院生活はおよそ8ケ月、その後大磯海岸にて転地療養しました。
入院中、桃介は、福沢家というものの重圧から解放されたいという願いから断固として福沢家の人々のお見舞いを謝絶しておりました。

6 京橋三十間堀で丸三商会経営

  桃介の病は、およそ3年の療養生活で完治しました。桃介は北海道炭礦鉄道を休職の後、退職し、王子製紙の取締役となりましたが2年ほどで辞任しました。そ の後、「丸三商会」を松永安左エ門とともに開業し順調に業績を伸ばしていきました。当時丸三商会は米国の貿易商社アメリカントレードカンパニーの下請け で、中国大連に木材を送るのがおもな仕事でした。
ある日、商社との間で現在の金額にして20億円におよぶ仕事が入りましたがその後、商社は丸三商会との取引を断ってきました。
そ れは、東京興信所の一枚の信用調査書が原因で、丸三商会を破産に追い込むものでした。その後、丸三商会は、桃介に代わって義弟の清岡邦之助が社長となって 再興を計りましたが結局、倒産してしまいました。桃介も、この事で心労と過労と不眠が重なり、肺結核を再発させてしまいました。

7 福沢諭吉先生没す

  明治34年元旦、三田の本邸では、福沢一族が集まり、桃介も妻子を連れて素直に年賀におもむいていました。
数え年で68歳を迎える諭吉は、「いよいよ20世紀になった。われわれは古いことは一切忘れてしまい、これからは覚悟を新たにして、大いに進むことを考えようではないか」と力強く挨拶しました。数日後の1月25日、諭吉は脳溢血の再発で危篤に陥り、2月3日永眠しました。
諭吉の死を境に一門の桃介を見る目も期待にかわり、亡き父を遠く越えられない諭吉二世たちの間にあって、桃介は誰の目にもずば抜けた駿馬に見えました。
偉大なる諭吉の圧力から解放された桃介は、冷静に自分自身を見つめる余裕を持つに至っていました。これが桃介の、おそまきながら「独立自尊」のスタートでした。

8 北海道炭礪鉄道会社に再入社

  桃介は「一歩後退、二歩前進」の考えで、北海道炭礦鉄道に復帰しました。この3度目の復帰は、桃介自身の地に落ちた信用を回復させる絶好の機会となり、退職までの5年間で、株式相場により巨万の富を隠し持っていました。
明 治40年に株価が暴落し、それを予期したかのように桃介は、相場から足を洗いました.その後、桃介の忠告を聞かず、無一文になっていた松永を、関西旅行に 連れ出しました.桃介にとってもこの旅は虚業家から実業家へ転進するステップとなったのです。実業家への転身は、試行錯誤の連続で、暴落成金の評判が広が ると、各方面から事業話が持ち込まれ、会社設立に参加し、権利株により確実な利益を上げたことから、「権利株泥棒」と悪評がたった事もありました。

(管理人コメント:まるでロスチャイルドみたい・・・)

9 名古屋電燈株主名簿に登録

  桃介と松永の九州における鉄道事業成功の後、桃介は名古屋の東京系銀行や在住の慶応閥の要請をうけ名古屋電燈に乗り込みました。当時の名古屋電燈は、名古 屋地方有数の近代企業で、日本の電力事業でも2番目に許可を得た会社でした。しかし、桃介は、名古屋士族との確執から半年で名古屋電燈を後にし、この間に 電力に関するノウハウを蓄積しました。

(管理人コメント:会社乗っ取り疑惑で名古屋の既得権益から弾かれた・・・)

10 「三社合併」と大同電力誕生による木曽川開発

 木曽電気興業、日本水力、大阪送電を合併し大同電力が発足されました。大同電力は木曽川水系の水力を開発し、関西、中京等に電力供給(卸売)することで発展しました。
大 同電力によって開発された電源の主流は、水力発電で、その大半が木曽川水系で占められております。大同電力社長である桃介は、木曽川の電源開発に情熱を燃 やし「一河川一会社主義」のもと、河水を余すことなく、それぞれ適地に発電所を建設し、河水の有効利用をはかりました。そのために、桃介は木曽川の水利権 を獲得しました。
木曽川水系で桃介によって建設された発電所は、賤母、大桑、須原、桃山、読書、大井、落合の7発電所であります。

(管理人コメント:既得権益享受者になった・・・)

11 大井発電所建設

 大井発電所は、わが国初の本格的な高えん堤をもつダム式発電所で後の木曽川水系のダム建設技術はもとより、わが国におけるダム建設技術の先駆的役割を果たすこととなりました。
大 正10年に着工しながらも。大正13年12月の完成までの間、幾度か洪水に見舞われ仮設橋が倒壊したり、また、関東大震災(大正12年9月)に伴う金融情 勢の悪化により建設資金の調達が困難となったため、民間企業としてはじめて米国(ジロン・リード社)で外債を発行し、資金不足を切り抜けるなど、幾多の困 難を克服しての完成でありました。この間の経緯については大井ダムえん堤傍に立つ紀功碑の銅板に深く刻み込まれています。

(管理人コメント:国内金融が途絶し、日本初の米国モルガン財閥や大物からの外債投資を呼び込んだ・・・)

関西電力ホームページ転載以上

この松永安左エ門の孫が亀井静香が金融大臣をやってた時の秘書で、数年前名無し先生に大丸1大丸1大丸1️銀行の頭取の氏家を引き合わせた人間です。

震災復興の為に氏家が間違いなく資金を受け取り、民の為に頑張ると私に言っておきながら、目の前で断られて、面子を潰されたのが、この松永安左エ門の孫です。

話が逸れました。

この福沢諭吉の義の息子、福沢桃介は、日清戦後に株で大儲けし、日清紡績、関西電力、中部電力、東邦ガス、名古屋鉄道、大同特殊鋼、東亞合成、大井ダム等を立ち上げた凄腕ビジネスマン。

正力松太郎のバックに電力の鬼と言われた松永安左エ門がいて、そのバックに福沢諭吉の息子が居たわけです。

ですが、これだけでは彼がベルファシかどうかなんて決められないんです。

要は、彼が何を誰のためにやってきたのか?

結果的に彼の関わった日本、地方、企業、従業員がどうなったかなんです。

仮に彼が相当のワルで、拝金主義であったとしても、福沢諭吉には関係の無い事。

エジソンとも交流があった福沢桃介ですが、エジソン自体、本当は発明家ではなく、テスラが本物の発明家であったわけで、エジソンはビジネスマンだった訳です。

Wikipediaより

桃 介は関東大震災の影響で金融の道が閉ざされた時には、対日感情が悪化しつつあったアメリカに乗り込み、前代未聞の2万5千ドルもの外資導入に成功してい る。彼は前大統領タフト、モルガン財閥の大番頭ラモンドら政財界の大物らを前に、世界最大の富強を誇るアメリカを称えた後で、「しかし、アメリカは、黄金 の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている」と即興の演説を始め、「そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私 は、実は貴国から感謝されていいはずです」とぶち上げ、大喝采を受ける。

Wikipediaおわり

まさにベルファシと渡り合って、日本、特に西日本の骨幹産業を作った人物ですね。

この時代に関東大震災復興資金を調達している実績も含めすばらしい。

私のようなくだらない人間から見ると、やはり福沢桃介は偉大です。

率直に言いますと、岩崎弥太郎、渋沢栄一、安田善次郎、浅野総一郎、福沢諭吉といった、人たちの考えは私には知りかねます。

ただ、当時の日本を列強と比較し、その遅れを率直に認め、当時の日本の周辺国が植民地化される中、それらとは一線を画し、同調しながら日本を西洋人が見た”文明国”になるよう、彼らに利用されつつも、日本を発展させたことは事実です。

当時の列強は、やはり何と言ってもイギリスであり、インドや中国(香港)といった大国を事実上の植民地にしていたわけです。

お分かりのように、マウントバッテンがサッスーンにインドのアヘンを中国に蔓延させ、ジャーディン・マセソンが武器で大活躍をしていた時代。

ベルファシ全盛期です。

彼らが幕末にかけて日本をどのようにしようとしていたか、それは説明する必要はありません。

まさに、世界の中心であるイギリスがフリーメイソンを入れて支配しようとしたとか、その程度の情報しかネットでは流れていません。

そうです、フリーメイソンは存在しましたし、今も存在します。

だから、福沢諭吉の周辺にも当然、フリーメイソンがいました。

常にベルファシを相手に仕事をしていました。

なので、利用され、利用するということは暗黙の了解。

これは現代の商売でも常識です。

それは福沢諭吉の登場以前からの問題ですから。

綺麗事を言う青二才では相手にもされません。

幕末の徳川慶喜の英断が日本が植民地になる運命を変えた?

坂本龍馬が立ち回ったおかげで薩長同盟ができ、それが日本を救った?

以前の名無し先生のコメントで下記のような文章があります。

基地問題に関しては、時間を取れる時でないと、お答えしても誤解を招く事になりますので、今回は差し控えさせて頂きます。

その上で、あえて沖縄に関して述べるならば、外地の中で最も内地に近い存在と言うのが適当と考えます。あえて分かり易い様、外地と言う呼称を使いましたが、これは日本国に編入されていない外地が、他に多く存在すると言う意味で申しております。

そ れらの地に居住する方々は、未だ日本人を名乗る事も出来ず、又は日本人(大和民族)である事に気付きもせず暮しておられるケースも多くございます。この原 因は、米国による間接統治などではなく、日本国内からアジア広域に裏支配権を持つ方々の勢力争い、権益維持に帰する処が大きいと感じております。

こ の影響の及ぶ範囲は、中国、ロシアを含むユーラシア大陸から東南アジアを経て南洋諸島まで及ぶ範囲に広く分布しております。そして時には、欧州、南北米大 陸にも閨閥化し浸食しておるわけです。敗戦後、米国の言いなりになる弱者を演じておりますが、その様な処に真実は無いという意味です。

しかし反面、日本国と言う小さな島国を本拠地に広域を裏支配する層のおかげで、他国と異なる強い経済力を維持してきた事は否定できません。

この恩恵にあずかる事を良しとする者達にとっては、カースト制度の維持こそが愛国心であり、儒教的な意味に於いての忠義心、正義である訳です。

中には大和民族こそが神に愛された特別な種族であるとの言い回しをする者まで現れます。こうした日本列島を中心に展開する、広域既得権益者により現在の沖縄情勢が生まれていると認識しております。

名無し先生コメント以上

福沢諭吉は、脱儒教的な考えを前面に押し出した人物。

それまでの日本は、水戸学にも見られるように儒教的教えがメインだった。

そこへ、英国を始めとする、列強の考え方をもたらした。

それが福沢諭吉の最大の特徴です。

実際に、アヘン戦争で中国は英国に簡単に負けた。

時代は中華思想の時代から、新時代に移行していたのでした。

客家を取り込み、まさに名無し先生のおっしゃるような、その恩恵にあずかる事を良しとし、日本式カースト制度を愛国心と称し安定していた徳川政府にも、一部に異議を唱える者が出てきました。

これが、福沢諭吉であり、その他の維新派の人々でした。

坂本龍馬はフリーメイソンだった!!っていう、短絡的な結論ではなく、誰に乗せられて、何故、暗殺されたのか?

答えは、誰かに乗せられて、途中でその誰かにとって裏切りと取れる方向に走ったから殺されたのです。

英国式を勧めていた福沢諭吉と強引に政変でビスマルク・ドイツ式を日本憲法にした伊藤博文。

明治維新よりずっとずっと以前の時代からイエズス会が日本に幅を利かせていましたし、これが初めての日本裏操作では無かった訳です。

イエズス会はバテレン追放令や禁教令で追い出されます。

その黒幕が新たな裏操作組織、フリーメイソンです。

結果的にイエズス会(フランシスコ会)をバックに伊達政宗が天下を取りに出ることはありませんでした。

背後でヘッセンによる調整があったのかどうかはわかりません。

伊達政宗を最後に、イエズス会は日本での力を弱めていきます。

禁教令の緩和

幕末、開国が始まると禁教令の緩和が取られ始めた。

1859年(安政6年)、幕府は開港場居留地において外国人の信仰の自由を認め、宣教師の来日を許可した。

カトリック教会はパリ外国宣教会を通して宣教師を派遣し、フランス横浜領事館付通訳兼司祭として来日したS・B・ジラールは江戸入りしている。またジラールは1862年1月(文久元年12月)に横浜天主堂を建立している。

その他にも「隠れキリシタンの発見」で有名なベルナール・プティジャンは、1862年に来日し、1864年に大浦天主堂を建立している。

アメリカ、イギリス、カナダ、オランダからはプロテスタントの宣教師が来日している。

正教会からは1861年ニコライ・カサートキンが函館ロシア領事館附属礼拝堂司祭として来日し、後に日本ハリストス正教会を設立している。

ただし、信仰の自由及び、活動が認められたのはあくまで外国人居留地であって、依然日本人に対する布教や日本人の信仰は禁止されていた。

プティジャンは大浦天主堂で隠れキリシタンを発見して密かに信徒として匿ったが、それが結果として1867年(江戸幕府の最晩年)に浦上村の信徒が幕府に発覚するきっかけとなり、大きな問題となる(浦上四番崩れ)。

この一件は間もなく大政奉還によって明治政府に委ねられ、明治政府の禁教令に大きな影響を与えることとなる(後述)。
明治政府による禁教令とその廃止。

明治政府は大政奉還の翌明治元年3月15日(慶応4年、1868年4月7日)に高札・五榜の掲示を出す。ここではいくつかの江戸幕府の政策を継承することが記されており、禁教令もまた、その第三項「切支丹邪宗門厳禁」において継承されていた。

前年の「浦上四番崩れ」への対処は信徒の弾圧という形で継承され、明治政府は信徒を流罪とした(さらに流刑先では拷問や私刑が横行した)。

禁教及び浦上四番崩れは諸外国の反発を招き、明治6年(1873年)に制度としての高札が廃止されるのと同時に明治政府によるキリスト教の禁止も取り止められた(一説には、この諸外国の反発が高札の制度その物が廃止された理由として挙げられている)。

その後、日本人へのキリスト教の布教が行われるようになるが、明治政府としてキリスト教の活動を公式に認めるのは1899年の「神仏道以外の宣教宣布並堂宇会堂に関する規定」によってである。

Wikipediaより。

こうして、日本にイエズス会系、その他のキリスト系の大学が次々と設立。

上智大学

1549 年、イエズス会の宣教師であったフランシスコ・ザビエルが日本での高等教育機関開設を構想したものの、日本の禁教により適わず、改めて1900年代にロー マ教皇ピウス10世が日本での高等教育機関設立をイエズス会に託したことで1913年に設立された。中部地方のカトリック・ミッション校である南山大学と 姉妹関係があるほか、各国のイエズス会系校と提携関係がある。

私事ですが、マニラでホテルを始め、様々な事業をグループ展開する友人(60代・日本人)は、娘をこの上智大学に外人枠で留学させました。

息子は慶応義塾ニューヨーク学院高等学校で勉強(?)中です。

ここだけの話ですが(笑)、お金があれば、受験無しで入学可能です。

その代わり、卒業するには何千万円もかかるそうです(汗)。

多くの日本の芸能人のご子息がいるらしいですよ。

友人から聞いた(本当の?)お話です。

かなり長くなってしまいましたので、いきなり締めますが、時代は流れ、福沢諭吉の思いとはかけ離れたのか、かけ離れていないのか、社交界はこのように発展し続けています。

差別化することにより優越感を得る。

そして、様々な都市伝説が噂されています。

当然です。

彼らは、自分たちは一般市民とは違うのだという、一線を引きたがりますし、それが無ければ、このような大金をはたいてステータスを得ようとしないのですから。

ベルファシとか、そういったレベルじゃないんです。

金持ちの子供は金持ちの世界で・・・みたいな。

これが、福沢諭吉=フリーメイソン、秘密結社という都市伝説の正体です。


本当のベルファシはこんなところにはいません。0002792_2M.png
posted by rio at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

琵琶湖誕生の秘密とアトランティスのカルマ(Tenkataihei-sama)

琵琶湖誕生の秘密とアトランティスのカルマ

20120209124931



びわ湖底の泡は地殻変動関連か

びわ湖の底にあり、40万年以上前には山だったと見られる場所で、泡が吹き出る現象が集中的に起きていることが立命館大学の調査でわかりました。

びわ湖は年々縮んでいて、研究グループは地殻変動の影響と見て、今後、泡の成分を調べることにしています。

立命館大学の熊谷道夫教授の研究グループは5年前、びわ湖の西よりの底で土砂などの堆積物が泡とともに吹き上げられる現象を見つけました。

去年10月には、特殊な装置を使って超音波を湖底に発射して反射させ泡の吹き出る正確な位置を調査していました。

その結果、水深20メートル付近の底にあり湖になる40万年以上前には山だったと見られる部分の東西の斜面に、10か所ほどの泡の吹き出しが集中していることがわかったということです。

びわ湖は地殻変動の影響で年々、東西方向に縮んでいることがわかっていて、研究グルーブは、頑丈な地盤に向かって東西から押し込む力が働き、泡の吹き出しにつながっていると見ています。

熊谷教授は「今後の地殻変動の見通しを探る重要な手がかりになると見られ泡の細かな成分を分析し、地震との関連についても探っていきたい」と話しています。(転載終了)


 昨年12月24日のクリスマス・イヴには、福島県で甲状腺がんの子ども達が増えているというショッキングな内容のニュースが流れましたが、今年の元旦には、それ以上にショッキングというか、背筋が凍る、冷や汗が出るようなニュースが世間に流れました。



「琵琶湖の湖底から泡」



「え?なぜ、これが・・・?」と疑問に思う方が大多数でしょうが、この“琵琶湖の異変”こそが、これから先の大転換期の中で人類が最も気をつけなければならないポイントの1つであります。



この異変によって、これから先に何が起こるかについては、また時期が来てからお伝えしますが、まずは、この琵琶湖の湖底で泡が発生したり、お湯がわき出している状態が数年前から続いていることについて、その原因についてを簡単にご説明しておきます。



そこに隠された秘密は、単なる日本列島の地殻変動では終わらない、壮大なスケールのドラマが太古の昔にあったのです。



Kobayashi_Izanami_and_izanagi



まず、琵琶湖にまつわる話はたくさんありますが、その中でも有名なのが、琵琶湖はその昔、富士山が噴出し、一夜にしてその華麗な姿を現したと同時に、この満々と水をたたえた湖が出現したという伝説です。



「一夜にして誕生した琵琶湖」



実は、これと同じような伝説が残っている場所があり、それが日本の神話で最も有名な国生み神話における、伊弉諾尊と伊弉冊尊の二神が初めに造られた淡路島です。淡路島は、突如、空から大陸が降ってきて一瞬で誕生したとも言われています。



caea4233-s



6ebeb7aa-s



ある日に突然姿を現した琵琶湖と淡路島。もう、すでに多くの方がご存知のとおり、琵琶湖と淡路島の2つは、単なる偶然で同じ大きさと形をしているのではなく、大きな地殻変動によって琵琶湖にあった陸地が吹き飛んだことで淡路島が誕生したようです。



では、なぜ突如、琵琶湖にあった陸地は吹き飛んでしまったのでしょうか?



insekirakka



それは今から1万5000年ほど前、今のポルトガルやスペイン辺りの地域には、古代文明のアトランティスの中心地があったのですが、ある日、この地域へと巨大隕石が落下して文明が滅亡してしまいました。



11792e29-s

※スペイン沖の隕石クレーターと琵琶湖は同じ緯度



近年NASAによって、スペイン沖の海底に巨大なクレーターが発見されましたが、それを見る限り、隕石の衝撃規模はかなり大きく、ポルトガルとスペインのあるイベリア半島が丸々飲み込まれるほどの大津波も発生したようです。



ただ、問題は巨大なクレーターと津波だけでは終わらず、その衝突の際の衝撃波が、同じ緯度の地球の反対側へと伝わっていってしまったことです。



12



その「同じ緯度の地球の裏側」にあったのが、現在の琵琶湖のある日本列島の陸地であり、ここにある時に突然、地表を吹き飛ばすほどの衝撃波が届き、そして淡路島が誕生したようです。



そんな日本誕生にも関わっている琵琶湖の異変。今度は、一体何を生み出そうとしているのでしょうか。

衝撃派の次に、遅れてゆっくりと地中の中を動いてやって来ているものは一体何なのでしょうか・・・。



その内容はあまりにもスケールが大きく、また、この琵琶湖の異変は、琵琶湖だけの問題ではなく、日本全国の近く変動、富士火山帯の活発化、またまた遠く離れたイエローストーンの活発化にも、すべて関わって来ています。



タダでは滅亡しなかったアトランティスの最後のカルマが、ここムーの大地へと最後の試練として立ちはだかっていますが、この琵琶湖から始まっている大きな地球規模の危機をクリアすることで、最終的に地球文明は新たなステージへとシフトすると思います。



それは、まだまだ先のことでしょうが、いよいよ元旦に琵琶湖のニュースが取り上げられるようになったということは、着実に来るべき日は差し迫っているのでしょう。これらの内容は非常にデリケートなため、また講演会等でお伝え出来る範囲で少しずつお伝えします。   

posted by rio at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

御嶽山の噴火やマヤカレンダーが示した「 5000年間」という時代の区切(In Deep)

御嶽山の噴火やマヤカレンダーが示した「 5000年間」という時代の区切りに「日本神話の根源神」は何を私たちに示そうとしているのだろうかと考える




御嶽山の頂上付近にある首が飛ばされてしまった白川大神の像



ontake-shirakawashin.jpg

Daily Mail







この宇宙を作ったとされる神様がそこにいる



噴火した御嶽山は「国之常立神」という神様のいらっしゃる、あるいは祀られている場所であるというようなことを最近、お知り合いから教えていただきました。



まず最大の問題は・・・「読めない……」という悩みでしたが、今の時代はこの「国之常立神」をブラウザにコピーペーストすれば、ウィキペディアという現代神のもとに導かれるわけで、そこにおいて、この神様の「国之常立」の部分の読み方が、



クニノトコタチ



であることを知ります。



国之常立神 - Wikipedia によりますと、



国之常立神は、日本神話に登場する神である。日本神話の根源神として一部神道・新宗教で重要視されている。



神名の「クニノトコタチ」は、日本の国土の床(とこ、土台、大地)の出現を表すとする説や、日本国が永久に立ち続けるの意とする説など、諸説ある。



天地開闢(かいびゃく / 日本神話でこの世ができた時)の際に出現した神である。『日本書紀』本文では、国常立尊を最初に現れた神としており、「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない純粋な男性)」の神であると記している。


というようなもので、室町時代に吉田兼倶によって成された吉田神道という一派では、このクニノトコタチの神を「宇宙の根源の神」と位置づけているのだそう。



先ほどの Wikipedia に掲載されています下の図を見ますと、神世七代(日本神話でこの世界ができたとき生成した七代の神)の最初の神様であることがわかると同時に、色分けでグレーとなっていて、男神でも女神でもない「独り神」という存在であったこともわかります。



god-7.gif





上の表などを見ましても、日本神話を今でもほとんど知らない私あたりは、「イザナギ、イザナミ」あたりで、ようやく、「ああ知ってる、知ってる」という感じになるのですけれど、イザナギとイザナミは、日本の天地創造の最後に出現しているわけですね。



クニノトコタチの神は宇宙を作り、イザナギとイザナミは、日本やその他の自然現象を作り出したというような感じのようです。



それはともかく、その最初の神様が、宇宙の根源神ともいわれる国之常立神(クニノトコタチノカミ)であり、御嶽山にはその神様が祀られている。御嶽山が山岳信仰の最高峰に位置するという意味もわかります。



そして、その御嶽山は、噴火の少し後に書きました記事、



ほんの 35 年前に有史以来初めての噴火を見せた「輪廻転生の門」でもある御嶽山の噴火と共に本格化しそうな環太平洋火山帯の活動

 2014年09月29日



のタイトルの通り 1979年の噴火までは、数千年噴火していなかった火山で、当時は「死火山」とされていました。



そして、日本の火山学からこの「死火山」や「休火山」という言葉を消滅させたのもこの御嶽山の噴火によるものでした。



「すべての火山は、たとえ何万年噴火していなくとも、突然噴火する」



という今の火山学では当たり前の概念をその時に教えてくれたのでした。



上の記事を書いた後になってしまったのですが、現在の地質学でわかっている範囲での、現在までの御嶽山の活動の歴史を Wikipedia で見てみますと次のようになっていたことを知ります。



・約 75万年前から 42万年前に活発な地殻活動により火山形成

・約 42万年前から 10万年前まで 30万年間の活動休止

・約 10万年前から 2万年前まで活発な火山活動




そして、最近1万年の間での噴火は、



・約 1万年前

・約 9,000年前

・約 6,000年前

・約 5,200年前

・約 5,000年前




となり、その後活動が停止した後、



・1979年

・2014年




と、近代の噴火に繋がります。



ここから見てわかることは、



御嶽山は 5000年ぶりに目覚めた


ということです。



それに比べれば、富士山 - Wikipedia の以下の記述で、御嶽山などと比べて、富士山がいかに近代で頻繁に噴火しているかということにも気づきます。



2013年 7月 20日、産業技術総合研究所は、15年分の観測データを調査したところ、富士山が過去 2000年間に少なくとも 43回、噴火したという調査結果を発表した。


単純に割り算をすれば、富士山は過去 2000年の間、46年間に 1度は噴火していたという、非常に活発な火山のひとつのようです。



そういう意味では、規模の大小を別にして、信仰の対象として精神的な存在の意味がとても強い御嶽山の 1979年の噴火が「約 5000年ぶり」であり、そして、この山で祀られている神様であるクニノトコタチの神は、日本神話では、



「現在の宇宙の根源神とされている」



ということを考えると、日本あるいは宇宙を創造したかもしれないこのクニノトコタチの神の山の噴火が示唆することは何なのか、ということを思ったりしてもよいのではないかと思った次第です。



いや、私ごときが考えたところで何か答えが出ることもないだろうことはわかっているのですけれど。









5000年という「時代の区切り」で思い出すマヤ暦



今はすっかり話題に出ることもなくなってしまいましたが、2012年 12月が終わるまでは、「マヤ文明」や「マヤカレンダー」というものが多くの場で取り沙汰されていました。



その主旨は、



マヤ暦には 2012年がこの世の終末だと描かれている



というもので、そういった話が世で喧伝されるようになっていました。



その理由については、過去記事の、



2012年以降の暦が描かれた最古のマヤカレンダーが発見される

 2012年05月11日



にも記したことがありますが、マヤカレンダーの下の3つの種類の暦のうちのひとつの暦が関係しています。



・260日を一周期としたツォルキン暦



・365日を一周期とするハアブ暦



長期暦


という3つの暦があり、このうちの「長期暦」は、



「紀元前 3114年に置かれた基準日からの経過日数で表されている」



というものです。



ここに加えて、マヤ文明では「 13 」という数字に特別な意味があるのだそうで、細かい単位は省略しますが、たとえば、現在の私たちの感覚で「1年」とか、そういう「比較的長い期間を示す単位」に、



「バクトゥン」



というマヤ文明の単位があります。



この単位の「1バクトゥン」が 394年となっています。



そして、394年×13(マヤ文明の重要な数字)= 5112年となり、ここから、



「紀元前 3114年から 5112年後は 2012年となり、そこでマヤ暦は終わっている」



という解釈のために 2012年 12月が「この世の終わり」という概念に結びついたようです。正確な月日まで入れれば、「マヤカレンダーは紀元前 3114年 8月 11日に始まり、 2012年 12月 21日に終わる」という、ひとつの解釈でした。



そして、その 2012年 12月 21日に、マヤカレンダーの言う通りに世界は終わったわけですが(終わってたのかよ!)、まあ、世界が終わるとか終わらないとかいうのは個人的な判断基準でしかないわけで、毎日毎日、「今日で私の世界は終わった」と思う人はいくらでもいますし、世界は個人でもあるというような話もあります。



まあ、このような話の逸脱ぶりはともかくとして、いずれにしても、



マヤの長期暦が始まったのは約 5000年前



となっていて、おおまかですけれど、「未来に対しての 5000年」という時代区分を意識したものであった可能性はあります。



実際、マヤ文明もその頃から始まっているようで、それを思うと、マヤ文明というのは紀元前 3000年から始まり、スペイン人に侵略されて滅亡する 17世紀まで続いた、非常に長い文明であったことにも今さらながらに気づきます。







地球の昼の時代



なお、この「世界の終わり」が囁かれ続けた 2012年 12月 21日は、他の点からも「大きな転換点であったかもしれない」ことが、今から6年前の 2008年 11月のウェブボットの、予測のほうではなく、クリフ・ハイの個人的なエッセイとして書かれています。



少しだけ抜粋します。



ウェブボット ALTA レボート 909 パート 1

クリフ・ハイ 2008年 11月 9日配信



2012年12月21日、午前11時11分に太陽系は天の川銀河の黄道平面を通過する。これにより、太陽と地球は銀河中心と一直線で並ぶことになる。このため、地球にはかつてないほどの量のエネルギーが宇宙から降り注ぐことになるはずだ。



最近の太陽の異変は、約26000年周期の歳差運動のサイクルが2012年に終りに来ていることの証左である可能性が大きい。26000年周期を一日に見立てた場合、過去 13000年間は、太陽系にとって歳差運動のサイクルのちょうどよい期間だったといえる。



2012年12月21日午前11時11分、夜の時期が終り、歳差運動の次のサイクルの夜明け、つまり13000年間続くことになる昼の時期に入るのだ。




2012-1221.jpg



ここに書かれている内容の正確性は私にはよくわかりません。



しかし、このような一種の誇大妄想にも近いロマンを堂々と書けるクリフ・ハイという人の書く内容が私は好きでした。



> つまり13000年間続くことになる昼の時期に入るのだ。



なんてことは、仮に私がそのようなことを思っていても、こんな断定口調ではとても恥ずかしくて書けないですよ。書きたくても。



あと、何か「 5000年」に関して、いくつか記憶のどこかにあるような気がしているのですけれど、思い浮かばないので、 In Deep を検索してみましたら、「 5000 年」という数字がタイトルにつく記事がふたつ出てきました。



下のふたつです。



5000年前から「ソルフェジオ周波数」を駆使していたかもしれない古代人:イタリアのハル・サフリエニ地下墳墓で見出された正確な周波数の共鳴が鳴り響く完璧な設計の部屋

 2014年07月03日



hypogeum-solfeggio.jpg



▲ イタリアのマルタ島にある「ハル・サフリエニの地下墳墓」の第二階層にある「神託の部屋」。決まった周波数の音響による強い共鳴周波数が出るように設計されていたことが最近わかりました。





もうひとつは下の記事です。



ノアの大洪水は紀元前 5000年に実際に起きていた: 黒海の放射性炭素測定によるひとつの実証

 2012年12月13日



nepal-kaseki.jpg



▲ 1960年代にエベレストの 4,000から 6,000メートルの、つまりエベレストの山頂部に近い場所で発見されたアンモナイトの化石。





上の記事は、英国テレグラフの、そう主張する科学者の報道記事を翻訳したものですが、その翻訳記事よりも、むしろ、資料として抜粋しました 2012年 11月 30日のロシアの声の「世界的大洪水は、まさに世界規模のものだったのか?」という長い記事が興味深いです。



そこには、「数日間から数週間で作られたと考えられる木の化石」のこととか、世界中に残る多くの民族の言い伝えの中の「洪水伝説」が一致する確率などについて述べられています。



そこは下のような部分です。



世界中の多くの民族の言い伝えの中に洪水伝説や神話が残っている事を、どう説明できるだろう。民族学者らは、北米の原住民の中に 59、南米では 46、中東で 17、アジアでは 23、古代ヨーロッパでも 31、さらにはオーストラリアやオセアニアにおいても 37を数える、大洪水に関する伝説を採集している。



最も少なく見積もっても、少なくとも一つの特徴的なディテール(ノイ、ヌウ、ノトといった名前の一致を含めた、いくつかの中にあるものではなく)において、213の言い伝えが偶然に一致する確率は、75万1,065分の一のチャンスである。そうした事が偶然起こるとは思えない。


世界各地の洪水伝説は、その詳細に一致する部分があまりに多く、そのすべてが「偶然に」一致する確率は、75万分の 1程度しかないというようなことが書かれています。



fossil_8.JPG



▲ カナダのノバスコシア州にある「破滅の化石」と呼ばれる木の化石。立ったままの状態で「積した地層を垂直方向に貫通する巨大な木の幹の化石」となっている森の木。常識的には大変に長い時間がかかって形成されるこの状態に疑問を持った科学者たちは、これは「突然の何か」によって木々が立った状態のまま化石となったと判断しました。それは「突然の大地の沈降」か、「突然の大洪水だった」と考えられています。origins.org.ua より。





いろいろと横道に逸れながら書いてきましたが、どうやら、御嶽山の「 5000年ぶりの噴火の意味」を探り出すことは、少なくとも私には無理のようです。



しかし、冒頭に貼りました、噴火で彫像の頭部が飛ばされてしまった「白川大神」という神様の破壊された石像が私たちに示しているものは何なのかを知りたいとも思います。



ちなみに、この御嶽山の山頂にある白川大神の像は、噴火以前は、下のようなお姿だったようです。



shirakawa-shin-2.jpg

ちゃみおかの山歩き





ところで、今回書いてきました 5000年という期間は、おおむね、「有史」と一致します。

歴史時代 - Wikipedia によりますと、



人類史としては、初めて文字が発明されたのは約6,000年前である。


とあり、つまりこの 5000年というのは、「文字文明の時期」だったともいえそうです。マヤ文明やインカ文明、あるいは日本のアイヌなど、文字を持たずとも高度な文明を持つ文明は多くありましたが、文字を持たない高度な文明は、ほぼ滅亡させられています(高度の意味合いは様々ですが)。





未来の地球で……。それはそんなに果てしなく未来でもない未来に、



「むかしの地球には文字とかいうものでコミュニケーションしていた時代があったんだね」



と言われる時代こそ、ウェブボットのクリフ・ハイの言う「地球の昼の時代」なのかも。 

posted by rio at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

The ancient beatiful Japan!


 

posted by rio at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

2014年09月13日

欧洲の物質文化は正に崩壊せんとし世界の大動揺大混乱は人類未曾有(みぞう)の一大爆発を生ぜしむる













 

みなさん、おはようございます。戦前現人神大塚先生が「不戦必勝」の「大日本精神」の建白書を時の閣僚他毎回3000通にわたりだされ警告しましたが、当時の軍部は受け入れず、神の道から大きく外れる第2次世界大戦に進みました。その時の欧州の真の情勢を神の眼から看破された建白書の(写経)一部を公開します!これは国会図書館で閲覧可能ですからコピーライトには抵触しません。 

http://nsfs2.exblog.jp/4356911/

★欧州の情勢

欧洲の物質文化は正に崩壊せんとし世界の大動揺大混乱は人類未曾有(みぞう)の一大爆発を生ぜしむる前兆として、其の端(たん)は遂(つい)に昭和十一年スペインに勃発し欧洲は二派にわかれて大戦乱に陥らんとせし時、ヒットラーは英露の弱点を衝(つ)かんとして日本に接近し日独防共協定を成立せしめたる為(ため)、英露をしてその戦乱より退ぞくの已(や)むなきに至らしめ自己の慾望を全うせり。茲(ここ)に於(おい)て其の反動は英露をして支那を使嗾(しそう)せしめアジアを混乱に陥らしめたり。若(も)し其際(そのさい)英露に不安無からしめたれば欧洲はその時既に大乱に陥り、反(かえ)って日支は一兵を衂(ちぬ)らず莫(ばく)大の戦費を消耗せず、平和裡(り)に協和の実を挙(あ)げ得られたるならん。彼は又(また)天津事変を楔機とし日英国交険悪なるに乗じ、且(かつ)露満国境の風雲急なるに附(つ)け入り右に剣と左に利得を以って露に接し、自己の利益以外国際信義なき彼は防共協定を無視し、独ソ提携によって英を無血屈伏せしめんとせしが、英は日独の間隙(かんげき)に乗じ宣戦布告せり。今又ヒットラーは日本を利用し東亜に於ける英を圧迫せしめ、英の独に屈伏の已(や)むなきに至


らしめんとしつつある。万一、英独和議成立の上は再び露英を策動してアジアに襲来せしむること明らかなり。独は自己の利害以外、如何なるものも犠牲にして顧みざる利己主義の権化なり。昨日の敵は明日の敵に非(あら)ず今日の味方必ずしも永遠の味方に非ず敵味方は道の順逆の上にのみ存す。道に闇(くら)くして敵味方に固執(こしつ)することは、悔を千載(せんざい)に残す恐れあり危うし危うし。 良将は山川草木を利して愚将を討つ。世界を敵とする者は自国も亦(また)統一し難し。これ即ち道に闇(くら)くして一切のものを善用し得ざるが故なり。


★指導者に対する希望


現今は政府の云わるる如く実に国家重大時局に逢着(ほうちゃく)し、国民は如何なる命令にも億兆一心に総親和総努力して、一言の不服なき国民の盛衰存亡は一に指導者の双肩にある。この責任の重大なる、死を賭(と)して戦う将士より重きことその比に非ず。故に重責を自覚して慎重(しんちょう)審議努力あり度(た)きものである。又これを推選する方も朝(あした)にきめ夕(ゆうべ)に替えるが如きことなく当初に充分審査して最高人物と目ざさるる方を選定し、その欠点は国民総努力を以って之を補佐(ほさ)すべきではあるまいか。素質如何なる達人と雖(いえど)も朝に定め夕に替えられては充分の活動を為(な)し得られざるは当然である。達人は永き努力の結晶によってのみ得られる。一旦(いったん)万人の最高人物と認めたる者が度々(たびたび)替わることは国家の不経済是(これ)より大なるはなし。優秀、世界に誇る日本丸を作り乍(なが)ら航海不慣(な)れのため羅針盤(らしんばん)を誤り時として難破顚覆(てんぷく)により国民の総親和総努力も水泡に帰するの恐れなしと云い難し。船内装飾整頓に如何程(いかほど)技巧を凝(こ)らすとも、完全なる羅針盤なくては無事彼岸に達し難し。特に今日の世界情勢は出(い)でて益々風浪(ふうろう)激しく暗礁多き航海に際し羅針盤たる指


導者の撰択(せんたく)に優る重大事なし。然(しか)し我が国は幸にして一年半年にして入れ替わりしても推選するに足る人物あり、又受任する自信ある士の多きことは世界にその比を見ず、その点は実に心丈夫な次第であるが、この上(うえ)一層連続錬磨して尽忠(じんちゅう)の功を建ててもらい度(た)い。また欧洲には独裁政治による新興国あるも我国とは全く国状を異(こと)にする故、聡明(そうめい)神の如き明治天皇陛下に於かせられて尚(なお)万機公論に決せられそれを後世に命ぜられたのである。故に常人がこれに反し独裁的行動に出(い)ずる事は御遺訓(ごいくん)に対し奉り実に懼(おそ)れ多いことである。達人ならざる者の独裁政治は真の独裁政治にして破壊政治である。然し達人の独裁政治は、独裁政治に似て超議会政治であることを知らねばならぬ。若(も)し自国の真相を観破せずして他国の制度を模倣する時は恰(あたか)も病源を知らずして投薬するが如く、害あって益少なし。名医が脹満(ちょうまん)の大患を切開手術にて快癒(かいゆ)せしむるを見て素人は名医を模倣して姙婦を割(さ)くの恐れなしとせず。達人は座して万里の外(そと)に勝敗を決し、百年の計を樹(た)つること己が掌中(しょうちゅう)を指すが如くそれにして尚(なお)己が視界内の善事は農夫の一言と雖(いえど)も洩(もら)さず採用善処するものである。故に是れ以上の議会政治はあり得ないのであるが、一見我意を通せるが如く見ゆる所に常人の独裁政治と同一視せられるのである。然(しか)るに常人の独裁政治は他を顧みずして独断的行為に陥るものである。そこに収拾し得ざる国難を招来(しょうらい)し滅亡したることは史上に前例多し。恐るべきは達人に非ざる者の独裁政治である。

  

  

 

posted by rio at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

2014年09月07日

チャップリンの演説

posted by rio at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

最新時事901:邪馬台国の秘密



★前半は山田智之さんの情報ブログです。

デルファンドラのメッセージ

■ゼロ次元界を満たすのは水

2014/08/21 09:00 0

★今私達が住む三次元を含む、全ての次元界は観念的に計算され作り上げられた、特殊な世界と言えるのです。

★空間を超え未知の領域まで入り込み、創造が意識と融合し創作された世界、それが次元界なのです。

★宇宙空間の全てを、三次元で表現する事は、反って混乱を招いてしまい、そこに時間が関与したなら、訳が分からなく成ってしまいます。

★したがって、次元界を明解に説明する事は、不可能な事なのですが、それに挑戦し分かり易くしたのが次元図です。

★そして極め付けがゼロ次元の発見だけでなく、全ての次元が三次元のエネルギーに依存し、成り立っている事なのです。

★また、全ての次元への入口がゼロ次元界に在り、そのニュートラルスペースを満たす物が、水なのです。

★物質界と非物質界との情報の交流は、水に意識が転写され、また水が持つ特別な能力があって始まるのです。


■不安の定義

2014/08/22 09:00
毎日を楽しく、どんなに有意義に過ごしていても、未来の想像や過去の思い出、人の目を気にしながら過ぎる時間、そして世間体。

今を脅かす不安の材料は、其処ら辺に幾らでも、転がっています。
まだ起こっていない未来の出来事に、最悪の状態を想像し、不安を作る事により、今の幸せを感じながらも、壊そうと する意識が存在するのです。

結果が全て思い道理に成らない事など、初めっから分かっていたはずなのに、悪い結果に対して意識を嘆き、不安を作り出す。

不安でいる事に慣れ親しみ、妄想の中で自分の在り方を固定概念に置き換え、意識を動転させ楽しんでいるのかも知れないのです。
全てを受け入れる勇気があったら、対処法を起こる前から考える癖をやめたら、自由な意識は解放されるのです。



★後半は思想家ハラミッタの面白ブログ


■環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している

14/07 /04 17:06

http://wired.jp/2013/11/28/epigenetics/

環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している

親から「遺伝だから」とダイエットをあきらめてしまったことはないだろうか?

受け継いだものは仕方ないと、わたしたちはさまざまなものをあきらめがちだ。
一方で、実際に生活をしていると、環境などの後天的な要因が遺伝子を超越することがある気がしなくもないのも事実だ。
わたしたちは、遺伝子を超えることはできないのだろうか。

「DNA」とは生命の設計図だ。

その答えが「エピジェネティクス」

「遺伝子」とは設計図に書かれた詳細

ひとつ、あなたに質問したい。
あなたを取り囲む環境や経験。つまり文化や社会、そして主観的な強い感情といったものは、細胞内の遺伝子に影響するものだと思うだろうか?

2003年に解読を終えたヒトゲノム計画により、両親から受け継いだ遺伝子は生涯において不変だという考えが一般にも広まった。

確かに設計図の中の約2万2,000ほどの遺伝子は原則変わらない。
しかし同じ遺伝情報をもつはずの一卵性双生児が、まったく違う性格となり、時に片一方だけが遺伝性の病気を患うことがあるのはなぜだろう?

それに2001年に生み出された初のクローン猫『Cc』の外見や性格が、オリジナル猫とはまったく異なっていた事実は、あまりにも有名な話だ。

わたしの身近にある例も、ひとつ挙げてみよう。
わたしには何人か養子として育てられた友人がいる。
そのうちのひとりは、DNAは韓国人であるにもかかわらず、産まれてすぐに祖国から養子に出され、アメリカの片田舎の白人夫婦に育てられた。
彼の女の姿をこの目で見なければ、誰も彼女がアジア人の遺伝子を引き継いでいるなどとは思うまい。
韓国料理店には足を踏み入れたこともなく、箸さえうまく使えない(もちろん“使わない”という心理的なチョイスもあるだろうが)。
アジア系アメリカ人のほぼすべてに、両親から受け継いだ祖国の文化が垣間見られるのに対し、この友人からは韓国文化のかけらすら見出すことはできない。彼女は疑うべくなく、アメリカ北西部のアクセントと白人文化を色濃く受け継いだ、生粋のアメリカンガールなのだ。

もし彼女に一卵性双生児の片割れが存在し、その片方が韓国で育てられていたならば、このふたりは同じ遺伝子を共有していても、まったくの別人となっていただろうことは想像に難くない。
別々の言語を話し、異なる文化に育ち、食べ物も生活習慣も何もかもが全まったく違う環境。
仮に彼女らの遺伝子の“発現量”を比較できたとすれば、そこには大きな違いが見られたはずだ。
では具体的に、ふたりの遺伝子の間にはどのような違いが現れていたのだろうか?

このように環境が与える遺伝子への影響について調査するため、まさに上述の例をミツバチで実験した研究者がいる。
遺伝子の情報によりタンパク質がつくられ体となるのは、人間に限らずどの生物にも共通する仕組みだ。

われわれを形づくる遺伝子の分子構造は、どうやら思っていたよりも環境に影響を受けるらしい。
近年の研究によると、必ずしも遺伝子が運命を決定づけるのではないことが明らかになってきた。
あなたを形づくる膨大な設計図の中の一部が発現するかどうかは、“可能性”に過ぎないのだ。

社会的環境がもたらす生物学的反応:エピジェネティクス米イリノイ大学のジーン・ロビンソン教授は2009年に発表した論文で、“育ち”が遺伝子に与える影響について実験を行った。
彼が注目したのは、非常に気性が穏やかなイタリアミツバチと、集団で人を刺し殺すこともある獰猛なアフリカナイズドミツバチ(以後キラー・ビー)だ。

ミツバチ類は高度な社会性をもつ昆虫で、それぞれの役割は階層により成り立っている。
これらのミツバチの見かけにほとんど変わりはないが、キラー・ビーには自分のテリトリーを守るため、非常に攻撃的になるという性質がある。
そこで研究チームは、それぞれの幼虫を孵化一日目で別種の巣に移し、2種類のミツバチがどのような性格に育つのか、という実験を行った。

ロビンソンの以前の実験で明らかになっていたのは、孵化したばかりの幼虫ならば、別種でもそれぞれの巣に受け入れられるということ。そして“養子”に出されたイタリアミツバチは、養い親のキラー・ビーと同じようにキレやすく攻撃的になり、逆にイタリアミツバチに育てられたキラー・ビーは、育ての親に倣っておとなしくなるということだった。

ロビンソンは、年を重ねたキラー・ビーがより攻撃的になる性質を受け、警戒フェロモンという“環境的な刺激”が、個体をより凶暴化させることに注目。
詳細な遺伝子解析の結果、キラー・ビーの5〜10%の遺伝子は警戒フェロモンに反応し、護衛、兵隊、食料調達などの役割を決めていたことを突きとめた。

驚くことに、キラー・ビーの警戒フェロモンに晒されて育ったイタリアミツバチの遺伝子も、これに影響を受けていたのだ。
生まれもったゲノムの塩基配列はもちろん変わっていなかった。
しかし、イタリアミツバチは警戒フェロモンの影響により「遺伝子のスイッチ」が大きく切り替わって、温厚から獰猛な性格になるように、いたのである。

環境によって変化する遺伝子のスイッチ。
このコンセプトは1942年にコンラッド・H・ウォディングトンにより初めて提唱され、「エピジェネティックス」と呼ばれている。
二重らせんで成り立っているDNAや、DNAが巻き付いているヒストンたんぱく質を、有機分子が後天的に化学装飾(DNAのメチル化やヒストンのアセチル化)するもので、これが親から受け継いだ遺伝情報をオンにしたりオフにしたりと調節しているのだ。

この有機分子はひとたび化学装飾が起こると、長い間、時には一生付着することとなる。
最近の研究では、ライフスタイル、食生活、社会的変化、環境汚染、また心理的な変化によっても、エピゲノムが変化することが明らかになっている。

遺伝子と環境の間。
氏と育ちの隙間。そこにエピジェネティックスが作用する。
そして環境からの情報を取り込むことで生じた一部のエピジェネティクスは、なんと次世代へと遺伝することが明らかになってきたのだ。

エピジェネティクスの後天的な変化には遺伝するものもある豪アデレード大学ロビンソン研究所のトッド・フルストン博士は、マウスを使った実験で、生殖細胞をつくり出す精巣と精子のエピジェネティクスに着目。
マイクロRNAを用いたエピジェネティクス解析で、実験前後で精巣と精子の遺伝子表現型が変化したかを調査した。
マイクロRNAとは、たんぱく質を翻訳するRNAとは違い、遺伝子の発現を調整しているとみられているものだ。

研究グループは20匹の雄マウスを2つのグループに分け、10週間もの間、一方には高脂肪食、そしてもう一方にはコントロールとして普通食を与えた。
その結果、高脂肪食の雄マウスの体脂肪は21%も増え、精巣や精子のマイクロRNAにも変化が認められたという。

そこで肥満となった雄マウスをコントロールの雌と交配させ、子ども世代が肥満マウスの遺伝子表現型を引き継いでいるかを調査。
さらに、子ども世代の雌とコントロールの雄を交配させて、生まれた孫世代にも同様の表現型が遺伝するかを調べた。

すると雌雄問わず子どもたちのすべてに部分的、または全遺伝子表現型が遺伝していることが確認され、特に雌の子どもは67%も肥満率が上昇。しかも父マウスに糖尿病などの代謝疾患が確認されなかったにもかかわらず、糖尿病の前兆であるインスリン抵抗性の上昇が認められたという。
また、雌の子どもが産んだ孫世代の雄も27%肥満が増加し、高脂肪食を与えられて肥満となった父マウスの影響が、2代にわたって伝達することが確認されたのだ。

以下省略

●小山清二さんからの情報論文の後編です。


■続・邪馬台国の場所に関して

★それ故に、フォッサマグマ構造線は、西日本と関東甲信越とを結ぶものであると言うことだ。そして、西日本が回転移動して邪馬台国の地が沖縄の一部として残されていったのは、魏志倭人伝が書かれた後で、弥生時代の女王卑弥呼の時代の頃のようだ。日本列島が回転移動したと言うことは、飛鳥昭雄氏が、「邪馬台国の謎と逆転日本列島」(学研出版)で指摘しているが、恐らく、飛鳥氏は、極秘ルートを通じてアメリカ軍NASAからの海底調査の情報で確信を持って書いたのだろうと思う。アメリカの学者にも、日本列島の回転移動を指摘する者がいるが、同様にアメリカ軍NASAからの情報であろうと思う。現在の陸地をいくら調査しても、海洋で浸食されていて元の陸地が水没している故に解らないものである。この頃から、現在に至るまでに、地球の収縮に伴う海洋からの浸食、海面上昇が進行しているもので、例えば、鎌倉幕府が造ったとされる漁港(船着き場)や沖縄方面の与那国島の海底遺跡などは、建設当時はそれぞれ陸地に近い場所ないしは陸上にあったものだが、現在は見事に海中に水没しているものだ。
なお、邪馬台国の水没の事実は、大羽弘道氏は、著書「邪馬台国は沈んだ」の中で指摘しているが、氏の邪馬台国の場所は、大分県宇佐の近くの瀬戸内海の小島を想定しており、人口7万人もあった邪馬台国とは相容れないものである。それに、ヒツクの神様によると、魏志倭人伝が書かれた後に、西日本が回転移動して邪馬台国が沈没し、その後に九州や四国を隔てる瀬戸内海や豊後水道や紀伊水道が出来たという。また、地質学専門の木村政昭氏は、邪馬台国は沖縄にあったと著書「南海の邪馬台国」で指摘しているものだが、邪馬台国の沖縄説の良いところを付いているのだが、西日本の回転移動の事実を無視したり、ムー大陸と邪馬台国を同じに見ている点で、中途半端な解明に終わっているところが残念であり、時代が錯綜し矛盾しているものだ。
ところで飛鳥昭雄氏は、魏志倭人伝に書かれた事項はほぼ正解であり、邪馬台国を沖縄にあったと比定し、西日本が90度回転移動したとしているのは実に素晴らしい指摘発見であるが、西日本の回転移動後の地理で、西日本に合体されていた沖縄にあった邪馬台国がそのまま回転移動して畿内に行ったとして畿内説を主張しているものである。
飛鳥昭雄氏の見解が、聖心先生やヒツクの神様の宮崎説のご指摘と合わず、氏の説に何処かに誤りがあるのでは無いかと思って分析して見ると、飛鳥氏は、古代の地図を元にして14世紀中国で書かれた古地図の「混一彊理歴代国郡之図」の解読で、朝鮮半島南部の日本列島の一部を九州にしているが、当時の地図をほぼ正解だとして、その大きさ、緯度や経度から言っても、これは西日本全体の一部では無く、もっと小さな長崎県の五島列島に他ならないものと思う。当時の五島列島は西日本を縮小したような形をし、今の2倍位の面積、幅を有していたと、ヒツク系の神様から聞いた次第である。
また飛鳥氏の見解で、不弥国までの位置の設定は良いとしても、魏志倭人伝には、不弥国から南方向に水行して20日の距離に投馬国があるとしているが、飛鳥氏の説では、投馬国が不弥国から日本海側を通って南東方向に行かざるを得ないように設定し、無理矢理に畿内に位置付けるようにしている感が否めない。そして飛鳥氏は邪馬台国があった沖縄を独立した今よりも大きな島とは見ないで西日本の一部にしていたり、更に邪馬台国を沈没したとしないで、そのまま反時計回りに90度に沖縄を回転移動させてして畿内に想定していること、そして、邪馬台国の東に存在した大きな島が西日本のことであるが、北日本の北海道に比定していること、そして、北日本は北に移動こそすれ回転していないのに、北日本も西日本と同様に回転したという点などであろう。
飛鳥昭雄氏は、邪馬台国を沖縄に比定したり、長崎県の北松浦郡、南松浦郡、佐賀県の西松浦郡、東松浦郡などの地名が、九州や西日本を90度回転移動させないと現状と合わないことなどを指摘したり、四国の吉野川と紀伊の吉野川(紀ノ川)との共通性を指摘して、瀬戸内海や紀伊水道などが後で出来たとして、日本列島の回転移動を解明したのは実に素晴らしい大発見とも言える。しかしながら、飛鳥昭雄氏もアメリカ軍NASAも、日本列島の回転移動の事実を解明したり、回転移動する前の元の漠然とした日本の姿や地理に関しては大体の推測・見当は付いているようだが、正確・詳細な元の日本の地形は解っていないのでは無いかと思う。
なお、アメリカは極秘に某目的を持って日本のことを調査していて、既に、地球創生期以来、日本が世界のひな型であることも知っている故に、本来の意図を見破られて察知されないために、株価への影響などを考慮してのことか、意図的・故意に不安を煽るような地球収縮の進行事実や、地球消滅の危機から目を逸らすために、事実を歪曲・隠蔽させて、現状真実とは正反対の、地球膨張の論説をメディアなどを通じて、プレート移動などに便乗して指摘しているものだ。それに日本が回転移動したという驚愕的な重大事実の情報を日本に知られないように、また日本人に目覚めさせないように、大々的に公開していないように思う。仮に公開しても、飛鳥昭雄氏の著作にも見るように、大多数の日本人には無反応・無関心であるのが事実であろう。
それに、ヒツクの神様によると、沖縄にはかつて邪馬台国からのものか、あるいはそれ以前からのものか解らないが、歴史的にも貴重な石版があり、それらを回収・没収するために、アメリカ軍は沖縄に上陸して回収していったという。それ故に、本土では空襲や爆撃があったが、沖縄では貴重な資料の保存や回収のために、空襲は加えられなかったとも言う。それほどまでに、アメリカは日本の歴史を調査していると言うことのようだ。
なおアメリカ軍NASAや飛鳥昭雄氏も、プレートの移動を地球膨張に原因付けているが、ヒツクの神様によると、プレートの移動は色んな原因が錯綜して起こるものであり、必ずしも地球膨張に限ったことでは無く、むしろ当時から地球は縮小しているものだと言う。それに地球の膨張では、プレートの移動にはそれなりに説明が付いたり説得させられる面もあるが、海面上昇などの水没現象の説明が付かないのでは無いかと思わざるを得ない。
ところで、邪馬台国が、現在の宮崎県西都市辺りに存在したと言う説を展開しているのは、原田常治氏が、「古代日本正史」の中で、北九州から東海岸を経て宮崎に至るコースで指摘しており、後は、名前は忘れたが、北九州から出発して、有明海を通って、九州の西海岸から鹿児島に入り、宮崎に至る逆のコースで特定している方もあるが、何れも九州自体が回転移動しているという事実を無視しての、即ち、西日本が回転移動する前に記述された魏志倭人伝の解明でしか無いものだ。
邪馬台国に関する真相などは、人間の学識、知識、常識では解明することなど殆ど不可能であり、正に恩師の聖心先生の仏知恵と、ヒツクの神様の神知恵とを総合してご教示を仰ぎ判断させて頂いたが、日本列島の回転移動・合体の事実を含めて、邪馬台国の沈没・縮小・移動の歴史、そして地理などを良く理解できるものだ。なお、邪馬台国が対岸の現在の九州宮崎に移動した後に、周囲の異民族との葛藤などで東遷して、邪馬台国関係と想われる遺物が多く発見されている畿内地方に移動した可能性は否めないが、詳細は藪の中で解らないままである。ただ、女王卑弥呼は畿内はおろか宮崎にも行っておらずに、西日本の回転移動、即ち、邪馬台国沈没の前に、10年程の統治期間を経て、邪馬台国で人生を終えたようだ。邪馬台国沈没前に記述された魏志倭人伝にも、女王卑弥呼の死亡が記載されているからだ。
また、ヒツクの神様によると、邪馬台国の沈没などの天変地異は、人々の心が招いたものだと言われるが、魏志倭人伝では、国が乱れているところに、卑弥呼が登場して「鬼道」を行使して国をまとめたとあるが、私は正に、この鬼道こそが魔道・魔術・魔法であり、恩師の聖心先生も指摘されたように、触らぬ神に祟りなしで、天変地異の原因にも成ったように思われる。なお、亀島さんがヒツクの神様からご教示頂いた邪馬台国の地理に関する情報・分析を、私のホームページ(http://sinkokka.digi2.jp/)や火付身神示のサイト(http://hifumifude.digi2.jp/)に掲載紹介しているのでご参考にされたい。これを信じるか信じないかは、各自のご判断でしか無いものだ。
ところで、余談であるが、邪馬台国とか、女王卑弥呼などと軽蔑的な名称や言葉で語られるが、これは当時から中国は周辺諸国・民族を呼称する際に、例えば、猶太(ユダヤ)などの卑しい獣編などの付いた差別的、軽蔑的な漢字を当てていたものだ。そこで、当時の邪馬台国はユダヤ政権であることは、先の飛鳥昭雄氏も、「失われた日本ユダヤ王国「大邪馬台国」の謎」(学研)の著作で、日本神道とユダヤ教との共通類似性などを挙げて指摘しているが、私は、当時の邪馬台国政権は、中国と交渉して、別の国名に変更を申し出て、倭国にしたものと思っている。
倭国とは、「人に委(ユダ)ねる」で、ユダヤ政権であることを暗示しているものだ。そこで中国からは、反発するとは生意気だと思われたのか、倭の次に奴を付けられて、「倭奴」とされたのでは無いかと思う。そこで通説では、645年の大化の改新では、中大兄皇子と藤原鎌足とが結託して、仏教の崇拝者の蘇我氏を暗殺し滅亡させたとされるが、真相は、日本からユダヤの色彩を抹消するための政変であり、その頃から国名を倭国から日本に変更していったのでは無いかと思っている。もっとも、日本という名は、邪馬台国が存在していた折に、その東側にあった西日本という大きな島を日本と呼んでいた形跡も窺えるものであり、日本という呼称の由来は何とも言えないものだ。
なお、古来、日本では数え方に幾つかあるが、まずイチ、ニー、サン、シーと数えるのは中国からのイー、アール、サン、スーの数え方から来たものであり、ひふみよいむなの数え方は、神世の時代である世界的な縄文時代から継承されてきたもので、たまたまユダヤに残存していたというもので、ヘブライ・ユダヤ式の数え方である。日本では縄文時代から一つ、二つ、三つ、四つと数える方法があるが、これは神世時代からのひふみよいむなの数え方に、繋げる意味の「つ」を付けて読んだものであり、和歌にも現れる「沖つ白波」のように、繋げる「の」を示す意味でもあり、ひふみ神示の「上つ巻」の「つ」と同じ意味である。
平成26年8月24日              小山清二

追記
邪馬台国が古事記や日本書記から抹消されているのは、邪馬台国が中国領土でもあった現在の朝鮮半島ソウル辺りの帯方群の支配下にあり、実質的には、邪馬台国も中国魏の影響支配下にあり、女王卑弥呼も実質的には中国からの使者であったからだ。それ故に、中国の影響から離別するためにも、邪馬台国の存在自体を抹殺して行ったものであろう。それに、邪馬台国沈没により、邪馬台国そのものの存在を始め、女王卑弥呼が埋葬された墓も海中に没して判らなくなっているからだ。おわり





□■□■□■□□■□■□■□■□■□
posted by rio at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

邪馬台国の場所に関して

小山清二さんからの情報論文です。
前編


■邪馬台国の場所に関して


既に邪馬台国の場所を巡って100年間も論争をしているのが現状である。即ち、魏志倭人伝に記載された邪馬台国の場所を巡って、大きく分けて、京大を中心とする文献資料に基づく九州説と、東大を中心とする考古学的調査に基づく畿内説の対立である。これらの論争で大きく見過ごして誤っている点は、日本列島自体が、魏志倭人伝に書かれた当時と今では回転移動して大きく変化していることであろう。そうした点を見誤ると、方位や距離が合わずに、魏志倭人伝自体に信憑性を置かずに改竄変更して解釈する事態まで出て来る有様だ。
中には、木村鷹太郎氏のように、九州と畿内説の何れも否定し、いきなり魏志倭人伝の世界は地中海地方に他ならないなどとして、邪馬台国の場所をエジプトに比定するような飛躍もあるが、大まかには、九州説と畿内説の二つに分類されるものである。因みに、木村鷹太郎氏の「海洋渡来日本史」や「旧約聖書日本史」などの著作物や、他に「天皇アラブ渡来説」などの著作により、戦前は日本人海洋渡来説などが定説であり、木村鷹太郎氏の著作は帝国海軍の指導書として、山本五十六なども座右の銘にしていたが、戦後はアメリカGHQに強制没収されたようだ。確かに、私も木村氏の著作物を何冊か復刻版として保持しているが、日本語と西洋語との共通性や、日本神話とギリシャ神話との共通性などと良い筋を付いていると思われるが、これは、かつて縄文時代は世界的に存在し、日本が世界の中心であり、日本から言語的にも世界に伝播し、逆に世界から日本に流入してきたものなのに、木村鷹太郎氏は、日本語が、世界特に西洋のエジプトから日本に流入したとして逆の一方的流れしか見ていな
いものだ。
 さて私は、歴史の専門家では無いが、かつて20代の半ば過ぎ頃に出会った恩師の聖心先生に、「邪馬台国の場所はいずれか」と尋ねたことがあった。
聖心先生のことは、私のホームページにも紹介しているが、広大無辺の仏知恵を授持され、過去、現在、未来、そして前世、現世、来世に及んで、あらゆる分野における因果関係等を解明されるほどの偉大な霊顕を会得されるに至った方で、人間を超えて仏身に成られた後には、約10年間にも亘って、深山幽谷の地において、氷の中にも身を投じて、肉体から魂を離脱させて、宙天に至達させて、大宇宙を探査して、空を飛ぶこと以外は何でも出来るほど、骨折や火傷の治療から、地下資源探査などを含めて、およそ50ほどの偉大な法力を会得されるに至った方である。
その聖心先生のお話では、「邪馬台国は宮崎県の西都市を中心に三角形で囲まれた場所であり、海岸付近を発掘すれば集落跡が見つかるだろう」と言うことだった。更に、「邪馬台国が移動したという説があるが」と聴くと、「どうしても生活できないほどの異変に見舞われたのだ」と言うことだったが、私も、せいぜい火山噴火などで埋もれて生活環境が破壊されて移動したという程度にしか理解せずに、それ以上は詳しく聴くことも無かったし、女王卑弥呼の墓は西都原古墳群では無いかと思っていた。実際は、西都原古墳は女王卑弥呼を継承した壱与の墓の可能性が高く、卑弥呼は宮崎までは行かないで、沈没する前の邪馬台国で亡くなって埋葬されたが、卑弥も西都原古墳に合祀された可能性もあるようだ。
そうしている内に、聖心先生亡き後に、20年近く経た際になって出会った亀島さんが、何と地球創生期以来のクニトコタチノミコトの系列の流れを汲むヒツク系の神様と内通し、あらゆる事象の因果関係を解明される不思議な能力をお持ちで、最近、邪馬台国の話題を想い出すように、彼女を通じてヒツクの神様に、「邪馬台国は何れにあったのですか」と質問したら、「元は沖縄にあったが、西日本が、九州の長崎県佐世保市南方付近の諏訪の渦海を中心に回転移動して、一部が沖縄に残り、大多数が今の宮崎県に移動した」と言うことであった。即ち、邪馬台国という現在の沖縄よりも大きな島があり、この西方に現在の九州や四国と一体になった大きな西日本があったと言うことだった。この西日本が反時計回りに回転したために、沖縄の邪馬台国の人たちが、次第に離れていく西方の西日本畿内地方に移動するよりも、近くの北の現在の宮崎県に移動したと言うことだった。もっとも、一部の人は離れていく畿内に逃げた可能性は否定できないが、大多数は近くの対岸の宮崎に逃げたと言うこと
だった。これは聖心先生の言う宮崎県西都市辺りと合致するものであった。聖心先生は
、私からの質問も無かったせいか、それとも未だ解明されていなかったのか、日本列島が回転移動したところまでは言及されなかった。
ヒツクの神様によると、古事記や日本書紀に記載されている地球創生期に関することはほぼ事実であるということであった。即ち、地球の創生期には泥の海であったところに、日本の島々が出来、それが大島(大きく引き延ばされた島)、小島となって、大小二つずつ外国に移写し反映されて世界が出来たというもので、日本をひな型にした大陸や島が移されており、小島に至っては、恐らく、現在のイギリス、ニュージーランド、インドネシア、マダガスカルなどに比定されると思われるが、現在は水没や浸食などによって解らなくなっていると言う。正に日本が世界のひな型であり、ひな型の元の日本と、移写した大小2種類の外国の大陸や小島が当初はあったと言う。つまり、3種類の同じ型をしている大陸(大島)や小島がそれぞれあったと言うことである。
そして世界のひな型になった元の日本は、現在の沖縄よりも大きな島としての邪馬台国と、現在の九州や中国地方を含む西側の西日本と、現在の関東甲信越地方と、そして北海道と東北3県(現在の青森、秋田、岩手各県)が合体した北日本の4個であったようだ。このうち、北日本は回転しないで北へ、西へ東へとジグザクと蛇行して陸地を残しながら移動し、その経緯で、残した陸地が現在の残りの東北3県(宮城、山形、福島各県)が出来ていったと言うことだった。そして西日本のみが反時計回りに90度回転移動し、関東甲信越とに合体化したと言うことだった。なお、邪馬台国は、面積を大きく縮小させて沈没して、その一部が現在の沖縄島になったという。
なお、日本をひな型にして大きく引き延ばされた大島としては、九州をアフリカ大陸に、西日本をユーラシア大陸に、東北3県(青森、秋田、岩手)を南アメリカ大陸に、関東甲信越が南極大陸に、北海道が北アメリカ大陸とグリーンランドとして現れたと言う。多くの方は、四国をオーストラリア大陸に比定するが、四国は独立していないで西日本の一部であり、西日本回転後に、瀬戸内海や紀伊水道などにより陥没して出来たもので、四国に相当するところは世界に無いと言うことであった。また、外国にオーストラリア大陸として現れているひな型の島は、邪馬台国があった元の沖縄島で、現在の沖縄島よりもっと大きな島であったと言う。それが西日本の回転の影響で引き千切られて分裂・離間し、殆どが海中に没してしまい、現在、その一部が沖縄島として現存しているという。
なお、ヒツクの神様によると、地球の歴史46億年の内、殆ど40数億年間は神代の時代であり、日本が最後まで縄文時代を通じて神代の時代が継続していたと言うことであった。数億年前に神世の時代が終わった後に、世界的には地軸の移動やノアの大洪水などの5回ほどの立て直しがあったが、赤道付近にあったムー大陸が現在の南極の場所に極移動で位置し、ムー文明も崩壊したという。また平穏な日本には、邪念波動の蔓延から一掃に向けた世界的な大洪水の影響は比較的少なく、それに縄文時代は何も日本だけの時代では無く、神世の面影を残す時代として世界的に普及して存在していたものであったという。そして日本に長く継続した縄文時代は神世の時代が暫く継続していたもので、何も日本がエジプトや中国文明などと比較して文明史的にも大きく遅れていた旧石器時代という単純なものでは無かったという。正に邪馬台国の時代は弥生時代に入った3世紀の頃であるが、神代の時代の面影が残存していた時代でもあったようだ。
また、ヒツクの神様によると、魏志倭人伝が書かれた事項は正解で、何ら誤りは無く、ただ、魏志倭人伝が書かれた後に、地球の縮小に伴って巨大プレートが移動して、日本列島が、これまで大きくは北日本と西日本と関東甲信越地方、そして邪馬台国の沖縄島の4つあったのが、北日本は回転しないで少し北に移動して、北海道と、岩手・秋田・青森の東北三県の二つに分かれて、西日本が、現在の九州の長崎県佐世保市南方の大村湾近くの諏訪の渦海の北辺りを中心に反時計回りに90度ほど回転移動し、西日本と関東甲信越地方と東北3県とが合体化し、邪馬台国は沈没縮小していったと言うことだった。その外にも、魏志倭人伝に書かれた小さな国や島なども、沈没したり、浸食されたりして、今では必ずしも合致していないようだ。しかしながら、朝鮮半島から西日本に至るまでは、距離や方角がほぼ正解の記載になっているようだ。
正に、聖心先生の指摘した生活環境の異変とは、日本列島の回転移動に伴う水没現象に他ならなかった。今でも当時と同様に、地球の収縮に伴って海水面が急上昇して、海水が溢れ出し、大降水・大洪水、そしてマグマ刺激による地熱の上昇に加えて、南太平洋のキリバス共和国やインド洋に浮かぶモルジブ共和国などは海水面の急上昇による水没の危機に見舞われているようだ。海水面の上昇はアメリカ東海岸などでも発生し、世界的現象にもなっているようだ。
ところで魏志倭人伝にも、邪馬台国は、中国の会稽・東冶(現在の福建省)の東の洋上にあったとされ、帯方郡(現在の朝鮮ソウル辺り)より南に1万2千里(1万2千キロ)に存在したとあり、正に現在の沖縄に相当する地理である。多くの方々は、魏志倭人伝を読めば、九州の遙か南方の沖縄辺りにまで行ってしまい可笑しいと結論づけているが、実は可笑しいのでは無く正解なのである。魏志倭人伝に書かれていることはほぼ正解であり、何ら改竄されたりしているものではなく、方位や距離などの解釈を変えて読まないといけないと言うことは無く、かなり真実と見た方が良いと思う。殆どの人は、日本列島の回転移動の事実を知らないし、知ろうともしないし、理解も出来ないし、理解しようともしないのであろう。それでも、地質学では、伊豆半島は元々、本州にくっついていたのでは無く、南方から漂流して合体化したものだとしているし、千葉県の房総半島も、伊豆七島などと同じ火山島であることも、海岸に存在する溶岩などでも明らかなように、房総半島から離れて存在したのに、南
方から移動してきて房総半島南部で合体化したものであることも解ってきているほどだ
。この現象も、恐らく西日本や関東甲信越地方の回転移動・合体時に生じたものであろう。
また多くの有識者から、東日本と西日本、関東と関西とが、今でも風習や言語、民族性などが微妙に異なり、両者が同じ日本であるのかと不思議な面もあり、日本は元来、二つの別個の島(二本)であったのが、フォッサマグマ構造線で合体化したものであることも指摘されている。
ただ、ヒツクの神様によると、西日本と東日本の二つが合体化したのでは無く、西日本と東北3県の北日本、そして関東甲信越地方の三つが合体化したと言うことである。即ち、正確には、北日本が北海道と東北3県に分裂して北に移動し、移動する途中で青森、秋田、岩手の東北3県の移動跡地がそのまま山形、宮城、福島の東北3県となり、西日本と関東甲信越地方と東北3県ないし6県が回転移動して合体化していったと言うことである。それ故に、フォッサマグマ構造線は、西日本と関東甲信越とを結ぶものであると言うことだ。そして、西日本が回転移動して邪馬台国の地が沖縄の一部として残されていったのは、魏志倭人伝が書かれた後で、弥生時代の女王卑弥呼の時代の頃のようだ。


★栗原茂男さんからの情報メッセージです。


■【緊急抗議】 8月19日(火)カルフォルニア州フラートン市議会 韓国団体が慰安婦記念碑提案

緊急なのに掲載が遅れてしまった。しかし19日(日本時間では多分20日)に提案されても、即採決は無いだろうからとりあえず冒頭に掲載。

--------------------

【緊急抗議】8月19日(火)カルフォルニア州フラートン市議会 韓国団体が慰安婦記念碑提案します
http://nadesiko-action.org/?page_id=6716

※速攻で作成したサイトですので、誤字等ありましたら是非お知らせ下さい。
********************
正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク
なでしこアクション http://nadesiko-action.org
代表 山本優美子
JapanNetwork1@gmail.com

********************

【緊急抗議】 8月19日(火)カルフォルニア州フラートン市議会 韓国団体が慰安婦記念碑提案

米国カルフォルニア州オレンジ郡FULLERTON フラートン市議会

8月19日(火)18:30〜(現地時間)にて、慰安婦像を推進する The Korean American Forum of Californiaが、慰安婦制度
は人身売買の悲劇であるとして

1.2007年米国下院決議121号を支持すること

2.市ミュージアムセンターに平和記念碑を検討すること
を要請することが議題となっています。



★中半はNEBADA情報ブログです。


■法人税を払っていない商社と狙われる個人

日本の大企業は法人税を払っていないと言われて来ていましたが、その実態は恐ろしいものです。

《週刊ダイヤモンドより》

2014年3月期単独

三井物産 マイナス23億円(利益2180億円)

住友商事 マイナス17億円(利益1642億円)

三菱商事 689億円(利益4742億円) 丸紅 25億円(利益696億円) 伊藤忠 42億円(利益1962億円)

見事な会計処理をしているのがわかります。 税金を払っている三菱、丸紅、伊藤忠にしろ税金額は異常に低いのがわかります。

合法的に節税をしているのでしょうが、大企業ほど完璧な節税をしているのがわかります。 大手会計事務所と組んで、完璧な節税を行うからです。

そして取り残されるのが、中小企業と個人です。

取りやすいところから取るというのが国の方針だからです。

今、国税庁は海外に口座、不動産を所有している個人からの送金を全て監視しており、金額の大小にかかわらず一元管 理していると言われており、各地の国税局にエリート調査官を配属して調査していると言われています。

水も漏らさない体制となっているようで、今後海外に口座を所有している個人への調査が徹底して行われるはずです。 時効も撤廃し口座開設時からの経緯を調べているようで、国税庁から調査が入り慌てている人も多いかも知れません。

日本は大企業は守られています。



★後半はふるやの森の情報ブログです。

モンタギュ・キーン8/10,2014:

■2014年は光の勝利の年として歴史に刻まれる

Mother Earth by CORinAZONe

皆さんを引き下ろして活動を妨げようとして数多くの策動が続いています。しかし、それは成功を許されてはいません。彼らは第三次世界大戦を開始して逃げ道を作るために、人々に自分たちが正しい道を進んでいると思いこませようと絶望的なあがきを続けています。彼らが今できることは、時間稼ぎしかないのです。しかし、彼らの終焉は石に刻まれた(すでに決定済みの)宿命であり、もはや生き残ることはできません。

人類を引き下ろしてコントロールするために彼ら(カバール)が仕掛けた仕組みを取り除くには、まだ時間と忍耐が必要になります。彼らは自分たちが入念に準備した計画(実行に移すために何年もかけた計画)が、失敗に終わるとは信じていません。大いなる目覚めが進むにつれて、皆さんは日に日に新しいエネルギーを吸収して、フルコンシャスネス(完全意識)と光明に至る困難な道を歩んでいます。カバールは皆さんの目覚めを遅らせようとしてさまざまな策略を忍び込ませています。彼らの誘導に乗せられてはいけません。

今回の「エボラ熱」騒ぎも、そのような策略の1つです。彼らはただ、恐怖とパニックを引き起こしたいだけなのです。だまされやすい人々がいつものように彼らの策略に引き込まれてパニックを起こしています。皆さんが目にするテレビや新聞は、彼らのコントロールの道具であり、皆さんの心をエボラ熱への恐怖心で満たして、実際には存在しない大流行があたかも起きているかのように宣伝しています。これは完全な「行動のマインドコントロール」戦略であり、これまでにも繰り返して起こされた人工パニックなのです。もう充分に目覚めつつある皆さんは、もうすべてを見通していて、もはや引っかかることはありませんね?

皆さん自身が秘めているパワーに心を開いてください。そして深い眠りから目覚めつつある力強い光の存在として、自分自身を見直してください。

きっぱりとノーと言うパワーを自覚してください。私たちは99パーセントであり、今のような状態が続くことを求めてはいません。私たちは皆さんの世界で続く不当な戦争行為を支持してはいません。

皆さんのすべては平和に生きる神聖な権利を持っています。誰か1人が攻撃を受ければ、それは皆さんのすてに影響を及ぼします。皆さんのすべてが1つの人類だからです。それは火星を追放されて地球に降り立った者たちから始まっています。彼らは東に着陸して人類支配を開始しました。彼らは東から生命が始まったと主張していますが、実際には東から開始したのは、彼らと共にもたらされた人類滅亡のドラマだったのです。彼らは、教育・銀行・宗教などを使って皆さんの惑星をコントロールしてきました。真実を西に求めてください。そうすればそこに見つかります。皆さんの教えられてきたことのすべては誤りです。それは皆さんをコントロールの下に置いておくための陰謀だったのです。皆さん地球人類の真の歴史が明らかになって理解されれば、あらゆることが明確になります。友人の皆さん、それが皆さんの本当の目覚めなのです。

何回もくりかえして指摘してきたように、皆さんと同じように見える者たちは必ずしも皆さんと同じではないのです。地球に降り立って皆さんをコントロールしてきた者たちは外見が同じように見えるだけで、皆さん地球人類とは全く違う種族なのです。

彼らのアジェンダ(戦略)は、彼らのために働くのに必要な奴隷だけを残して、人類を一掃(大量削減)することです。そして、彼らの計画はここまでの所は成功を収めてきました。皆さんの周りを見回してください。皆さんの眼前にその証拠が歴然としています。そして、皆さんはそのことから目をそむけさせられてきたのです。

彼らの種族は地球上に生き続けるつもりはありません。彼らは地球には属していないのです。皆さんの目を開いてください。彼らは皆さんが呼吸する空気を汚染し水を汚してきましたが、皆さんはどうすることもできずにいます。彼らは声を上げて起きていることに疑問を述べる人々を彼らの権力システムから排除してきました。バチカンは大衆を引き下ろして従順にさせて、コントロールしておくために恐怖心を用いてきました。これこそが最大の悪事であるマインドコントロールなのです。

くり返して申し上げます。皆さんがレイライン上のパワースポットで行ってきたライトワークは望ましい成果を収めています。どうかそれを続けてください。さらに、カバールに捕らわれて自分の使命を果たすことを妨げられている人々に皆さんの愛と光を送ってください。マインドコントロール、睡眠遮断、食料の化学汚染、これらのすべては地球上で人類が平和に調和して生きられるように活動を続ける罪のない人々に対して用いられています。私たちもまた、そのような人々を攻撃から解放して、地球上の私たちの活動を前進させていきます。その時に、人類が平和に生きる世界が実現して、ニューエイジが開始します。

もちろん、今、それが困難な活動であることは承知しています。皆さんの苦闘は人類の歴史と人類の心に永久に記録されることで報われるでしょう。友人の皆さん、皆さんはこの活動を行うために選ばれて生まれてきたメンバーなのです。それが、皆さんがこの時に地球に生まれてきた理由なのです。皆さんはその道をリードすることになります。2014年は光の勢力がたたかいに勝利し、闇の勢力が敗北して地球上から永久に追放された年として記録されるでしょう。

闇の勢力の多くはこの地球上から立ち去ることを選ぶでしょう。また多くの者たちは活動力を失って、殺害と破壊行為を皆さんの太陽系宇宙で行うことはできなくなります。彼らはこれまでのような邪悪な方法で他の種族を害することは決して二度と許されないでしょう。友人の皆さん、真実に向き合って必要な教訓をそこから学び取ってください。皆さんの地球が二度と占領されることがないように・・(チャネラーの)ヴェロニカはコンピューターの問題を抱えていて、に送信できずにいます。彼女はMAT Wとコンタクトする必要があります。さらに最近アイルランドを訪れたF S Sにも関心を持っています。これらの皆さんはどうぞコンタクトをお取りください。

アイルランドのセンターに寄金をいただいた皆さんに「両側の世界」から感謝申し上げます。もしできるなら支援の継続をお願い申し上げます。世界各地のセンターは人々のために人々によって運営sれています。これは皆さんを解放するためにたどらなければならないステップです。センターは皆さんが共有するべき情報の交流の場を提供して、人類が光明のニューエイジへ移行するために必要とするガイダンスと支援を提供していきます。共に、真実と光明に向かって進みましょう。平和と愛を語り合うだけではなく、それが生きられる世界へ・・これが私たちの目的です。あなたも共に参加しませんか?

親愛なる皆さん。皆さんが直面している問題のすべては皆さんに課せられた試練です。皆さんはその試練を乗り越える力を備えています。皆さんを支援する友人たちが選ばれて待機しています。確かな知識と光と愛にあふれる尊厳を持って皆さんの道を前進してください。

いつも皆さんの傍らに、敬意をこめて、(訳:古谷)

Montague Keen Message 8-10-14…

he Light won the battle”




□■□■□■□□■□■□■□■□■□
posted by rio at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

明治維新の江戸の無血開城の真の立役者は山岡鉄舟

 

皆さん、おはようございます。今朝のロニ読書コーナーは山岡鉄舟さんの本です。下記サイトにあるように、明治維新の江戸の無血開城の真の立役者は山岡鉄舟様だったのですね・・・・




山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)勝部 真長 (編集)

★内容:慶応4年、駿府の官軍本営に乗り込んで、徳川慶喜の恭順の意を伝え、江戸城無血開城への道を開いた志誠の人山岡鉄舟、その命がけの忠義の姿に西郷隆盛は「稀有の勇士」と讃えたという。幕末から明治という激動の時代を駆け抜けた鉄舟の武士道とは何か。禅によって剣の道を極め、剣によって禅を深める―晩年の鉄舟が、剣禅一致の境地に至って吐露した独特の武士道論に、盟友勝海舟の軽妙洒脱な評論を加えた本書は、歴史的名著であると同時に、日本人の生き方の原点を示唆している。



@勝海舟の言葉

「山岡死亡の際は、おれもちょっと見に行った。明治二十一年七月十九日のこととて、非常に暑かった。おれが山岡の玄関まで行くと、息子、今の直記が見えたから「おやじはどうか」というと、直記が「いま死ぬるというております」と答えるから、おれがすぐ入ると、大勢人も集まっている。その真ん中に鉄舟が例の坐禅をなして、真っ白の着物に袈裟をかけて、神色自若と坐している。おれは座敷に立ちながら、「どうです。先生、ご臨終ですか」と問うや、鉄舟少しく目を開いて、にっこりとして、「さてさて、先生よくお出でくださった。ただいまが涅槃の境に進むところでござる」と、なんの苦もなく答えた。それでおれも言葉を返して、「よろしくご成仏あられよ」とて、その場を去った。少しく所用あってのち帰宅すると、家内の話に「山岡さんが死になさったとのご報知でござる」と言うので、「はあ、そうか」と別に驚くこともないから聞き流しておいた。その後、聞くところによると、おれが山岡に別れを告げて出ると死んだのだそうだ。そして鉄舟は死ぬ日よりはるか前に自分の死期を予期して、間違わなかったそうだ。なお、また臨終には、白扇を手にして、南無阿弥陀仏を称えつつ、妻子、親類、満場に笑顔を見せて、妙然として現世の最後を遂げられたそうだ。絶命してなお、正座をなし、びくとも動かなかったそうだ。



A勝海舟は続けて言う。

「鉄舟の武士道は、仏教すなわち禅理から得たのである。山岡も、滴水、洪川、独園などの諸師について禅理を研究し、かえって諸師以上の禅理を悟り得たものである。」



B南天棒は「山岡の死」と題し、山岡鉄舟の臨終の様をこう描いている。『五十三であった。死にざまもさすが平生の修行じゃ。誠に立派であった。死する前に入浴して、白衣を着、袈裟を掛けて仏弟子たるを証した。端坐して、右左を顧みて一笑してそのまま死んだ。いわゆる坐脱じゃ。とにかく山岡のは、立派であった。彼は常に言うた。命を捨てたほどさっぱりしたことはない。維新のころ、幕府と朝廷の間に立ち、西郷に談判に行った時ほどきれいなことはなかった。からだの底から水で洗ったような気持ちがした。もとより、身命を抛捨してかかった。「身を捨てて浮かぶ瀬ぞあり」を実験したと言いよった。しかし、今少し活かしておきたかった。嗚呼今やなし』と嘆いた。

C鉄舟の弟子の小倉鉄樹は

「給仕でおれなどが師匠の傍に居ても、ぽっと頭が空虚になってしまって、ただ颯爽たる英気に溢れるばかりであった」と語っている。





Dまた、勝海舟は鉄舟についてこんなことを語っている。

「山岡は維新の騒動も片づけてから、駿府に隠退しておったのを、朝廷に人物の必要があるとて召されて宮内省に出仕し、皇室に対し相変わらず忠勤を励んだ。その頃、歌を作ったとておれに読んで聞かせたよ。

 晴れてよし曇りてもよし富士の山 もとの姿は変わらざりけり

 見よ、天地の道を一呑みにして、至誠の侵すことのできないことを言い表しているよ。」



E山岡鉄舟は明治二十一年七月十九日、数え年五十三歳で大往生した。十九日のあけがた、烏の啼くのが聞こえた。そこで「腹張りて 苦しき中に 明烏」と辞世の句を吟じた。午後七時半、浴室に行き、身を清めて、白衣に着替えた。九時、一度病床に正座した後、皇居の方に向かって結跏趺座した。九時十五分周囲のすすり泣きの中、瞑目して往生した。

roni

山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)/角川書店

¥761
Amazon.co.jp
山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)/KADOKAWA / 角川学芸出版

¥価格不明
Amazon.co.jp 

posted by rio at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

posted by rio at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

イエス・キリストが最期を迎えた剣山(鶴亀山)?「全世界の人は阿波踊りを踊るようになる」

みなさん、おはようございます。超有名ブロガー滝澤様の最新ブログで剣山と阿波の神秘が出ましたね・・キリストは青森にもお墓があるという説もあるのですが、阿波に人類の大救世主とし1891年ご降臨された大塚先生からは、「神国日本にはユダヤ人がわたってきている」というお話は如是我聞しております。いずれ全世界の人が大塚先生のご生誕を祝福する日が近いと思います。http://www.nsfs.jp/sousai_sousai.htm

「全世界の人は阿波踊りを踊るようになる」とも如是我聞しております。 







1500-yr-old-gospel



バチカン、トルコでの1500年前の聖書発見に懸念(「イランラジオ」)



バチカンが、トルコで、イエス・キリストが十字架に磔にされたことを否定する、1500年前の聖書のページが見つかったことに激しい懸念を表しました。



プレスTVによりますと、この聖書はバチカンを強く懸念させており、それはこれに「バルナバスの福音書」が含まれているためだとしています。バルナバスはイエスの弟子です。

この書物は2000年に発見され、アンカラの民俗学博物館に保管されているということです。

この書物は皮でできており、イエスが使っていたエラム語で書かれています。この書物の一部のページは時間の経過により黒くなっています。情報によりますと、この書物は専門家によって調査されており、その真正性が認められています。

研究者の一部は、この聖書を調査し、「イエスは十字架に磔刑にされず、さらに彼は神の子ではなかった。イエスは神の預言者だった」と述べています。

この書物の最後には、「イエスは生存しており、彼の代わりにイエスの弟子の一人が磔にされた」と書かれています。

この書物ではさらに、イスラムの預言者ムハンマドの出現が予言されています。

バチカンはこの書物の発見に強い懸念を示し、トルコ政府に対して、カトリックの専門家に調査させるよう、提案しました。

ローマカトリック教会の関係評議会によれば、聖書の内容の一部は検閲され、省略されているということで、おそらく省かれているものにバルナバスの福音書が含まれているということです。(転載終了)


「イエスはゴルゴダの丘で磔にされてなくて生きており、実は磔にされたのはイエスの弟子だった」ということが書かれた1500年前の聖書がトルコで発見され、それを否定したいバチカンとトルコ政府の間で揉めているようです。



10



57



3naijesus



一部、キリストを批判するイスラム側の都合の良いような解釈もあり、この聖書が本物かどうかはわかりませんが、日本でも「キリストの墓」のある青森県の戸来村(へらいむら)では「磔(はりつけ)にされたのはイエスの弟のイスキリであり、イエスは生存していて日本にやって来て生涯を閉じた」という伝説が残っており、この1500年前の聖書の問題は、日本の歴史も含めて簡単には無視できない内容だとは思います・・・。



05



話は少し変わりますが、ここしばらくの間は四国の「阿波」を巡っており、7月20日には日本百名山のひとつ、標高1955mの西日本第二の高峰“剣山”へと登りました。



剣山山頂を神輿が渡御(とぎょ)するお祭りは、祇園祭と一緒で毎年7月17日に行っていましたが、2012年からは、7月17日以降の日曜日に開催することになり、今年は7月20日が山頂でのお祭りの日でした。



10



ここ剣山の山頂からは、地球の中心からエネルギー磁場が宇宙空間にまで吹き出しており、その磁場は熊野にある旧社地「大斎原(おおゆのはら)」と繋がっています。



剣山は、そのエネルギー磁場が地中から天に向かって吹き出しているので、それが天に伸びる縦の虹として肉眼で見える時があり、その虹が剣に見えることから現在の「剣山」という名がついたという話もありますが、この日本有数のパワースポットである剣山を古代の人々は聖なる山として崇めており、多くの聖者と呼ばれる人々が人生最後の時を迎える場所として選んだ地でもあるようです。



24



その証拠の1つとして「剣山の中は空洞で神殿がある」という噂は事実であり、戦後にGHQは血まなこになって剣山を掘りあさり、神殿の発掘だけでなく、100体以上もの古代人の遺体(遺骨)を回収していったようです。



そして、彼らの目的の遺体は2人の古代ユダヤ人であり、1人は「モーセ」と呼ばれた古代ユダヤ人で、もう1人は、2000年以上前に「イサヤ」と呼ばれた古代ユダヤ人。



34



イサヤ、この人物こそが後に「イエス・キリスト」として2000年以上経った今でも世界中で知られている人物となります。



竹内文書や戸来村伝説が伝える「イエスの来日伝説」というのは、GHQも調査するほど極めて真実に近い史実の可能性があり、どうやら一度磔にされたのは事実であったようですが、そこでイサヤは死んでおらず、生きたまま棺桶の中で弟と入れ替わって弟が復活したイエスとしてイスラエルの地に残り、兄のイサヤは遠く離れた東の約束の地「日本」を目指したようです。



エルサレムからユーラシア大陸を移動し、台湾から石垣島などを抜けて、イサヤが最初に上陸した日本の地は、現在の長崎県諫早(いさはや)市



「諫早=ISAHAYA」は、ラテン語では“H”を発音しないので「ISAYA=イサヤ」と呼ぶそうです。



やがて、日本の各地を巡礼したイサヤが、最終的に向かって生涯を閉じた地は、古代ユダヤ人がイスラエルから日本に渡って最初に文明を築いた四国であり、その中でも最大の聖地“剣山”だったと言われています。



26

※キリスト再臨を告げる「ベツレヘムの星=八芒星」が出現したイスラエルの旅



3ヶ月前にイスラエルの旅に出てベツレヘムのイサヤ(イエス)生誕の地を訪れ、今度は日本で生涯を閉じた場所を訪れるのも不思議なご縁ですが、個人的にキリストには様々な想いもあるので、イサヤ最期の地に向かって手を合わせお祈りさせて頂きました。



08



剣山は、かつて「鶴亀山(つるきさん)」と呼ばれた聖なる山であり、この山は大洪水前は標高4000m以上もあって、巨石を自在に操ることのできる身長2.5m以上の前文明の人類は、ここで様々な祭祀をしていたようです。



巨石を研磨して太陽光を活用していた古代人ですが、その証拠となる鏡岩が剣山近辺には隠されています。



その反射力は、まさに驚嘆であり、手をかざせば肌の色だけでなく手のシワまで見えそうなほどで、これを見て自然の岩と思う人もいないでしょうし、人工物でも今の文明では到底無理な加工技術となっています。



縄文やそれ以前の文明を含め、まだまだ古代人から学ぶべきことが現在人には多くあり、特に日本には古代人の叡智が様々な場所で隠されているので、それらをこれから研究していく必要がありそうです。



22



07

※阿波の最後は大麻比古神社へ参拝



元出雲、元伊勢の原点であり、古代ユダヤ人が生み出した日本の原点である阿波。忌部族(古代ユダヤ人)によって日本で大麻文明が開花した中心地でもあります。



いよいよ「鶴(スサノオ)」「亀(オオクニヌシ=ニギハヤヒ)」が統べった鶴亀山(剣山)で阿波にもスイッチが入り、現代日本の1500年の封印が解かれ、まったく新しい「新生日本」の夜明けの時は近いと思います。

roni 

posted by rio at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

日本に帰ってきたユダヤ人:大塚先生は1891年四国阿波にご降臨!

日本に帰って来た古代ユダヤ人

57



旧約聖書(創世記「第8章」)

神はノアと、方舟の中にいたすべての生き物と、すべての家畜とを心にとめられた。神が風を地の上に吹かせられたので、水は退いた。

また淵の源と、天の窓とは閉ざされて、天から雨が降らなくなった。

それで水はしだいに地の上から引いて、150日の後には水が減り、

方舟は7月17日にアララトの山にとどまった


 本日“7月17日”は、旧約聖書でノアの方舟が現在のトルコにあるアララト(アララテ)山へと漂着して神の救いを確認した日であります。



このノア一家が大洪水を無事に乗り越えた記念すべき日を祝うのが、ユダヤのお祭りの1つである「シオン祭」であり、これは、古代イスラエルの7月の祭りで、イスラエルでは“7月17日”の前後に合計で3週間という期間をかけて新年祭という宗教行事が毎年執り行われています。



16

※祇園祭の「山鉾巡行」で「辻回し」される長刀鉾=17日午前、京都市



祇園祭、都大路に華麗な列 山鉾巡行

 京都・祇園祭は17日、見せ場となる前祭の「山鉾巡行」を迎え、きらびやかに彩られた山鉾の祭列が都大路を優雅に進んだ。

午前9時ごろ、祇園囃子が始まり、先頭の長刀鉾が「エンヤラヤー」の掛け声を合図に出発。稚児の平井誠人君(9)が、四条通に張られたしめ縄を一太刀で切り落とした。この日参加した山鉾は23基。

17日午後には、幕末の大火でほぼ焼失し、150年ぶりに復活する大船鉾が、後祭に向け鉾建てを始める。後祭は21〜23日が宵山期間となり、24日に10基の山鉾が巡行する。(「共同通信」より転載)


これと同じく、この“7月17日”を重要視しているお祭りが遠く離れた日本にも複数あり、その中でも日本の三大祭りの1つである京都の「祇園(ぎおん)祭」では、お祭りのハイライトである山鉾巡行がピークを迎えるのが、本日“7月17日”であります。



______



今となっては、もはや否定のしようのない「日ユ同祖論」の考え方からすると、この「ギオン祭」「シオン祭」の訛ったもので古代ユダヤから伝わって来たものであり、祭りの掛け声である「エンヤラヤー」は、古代ヘブライ語の「エアニ・アハレ・ヤー(我はヤーベを賛美する)」であり、祇園祭を最大に特徴付けている数多くの「山車(だし)」は、まさに「ノアの方舟」を象徴しているものだと言われています。



33



そして、この京都(平安京=エルサレム)と同じく古代ユダヤと縁が深い場所が、四国徳島県の修験道の聖地にして霊山である「剣山(つるぎさん)」です。



04



34



58



ここ剣山には、旧約聖書に記されている十戒が刻まれた石板を収めた「契約の箱=失われた聖櫃(アーク)」が隠されているという根強い伝説があり、古代イスラエルの失われた10支族の行方を調査している前イスラエル大使のコーヘン氏をはじめ、イスラエル当局もその信憑性を認めています。



55



この剣山では毎年「神輿祭」が行なわれますが、その日も、やはり「祇園祭」と同じ“7月17日”であります。このお祭りは、契約の箱を剣山に担ぎ上げた当時の再現であると言われています。



a-q



03



遥か遠い昔、ノアの息子であるセムの末裔である古代ユダヤ人が祖国滅亡の危機に際に目指した東の聖地シオンである日本。なぜ、わざわざ彼らは遠く離れた東の果ての小さな島国を目指したのでしょうか・・・。



かつて存在していた古代文明ムーでは、宇宙存在達と共同で猿人に対する遺伝子操作における人類創成の実験は頻繁に行われていたようですが、その現代人類のプロトタイプを生み出す実験場の中心となったのが日本列島であったようです。



最初の人類であるアダムとイブ、そして彼らが住んでいた「エデンの園(高天原)」は一体どこであったのでしょうか。



古代ユダヤの影響が色濃く残る日本文化ですが、正確には古代ユダヤ人が「日本にやって来た」というより、彼らは「日本に帰って来た」という表現が正しいのかもしれませんね。



古代ユダヤ人が地球管理を任せれて2000年、その契約が終わる今年2014年であり、来年から次の地球管理担当に指名された日本人が中心となって、これから2000年かけての地球作りを始めないといけません。



夏至も過ぎ、いよいよ新しい契約の準備がこれから本格的に始まろうとしており、そのための重要な地であるのが今年の剣山となります。 

roni 

posted by rio at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日