2015年05月30日

郵貯 円安 雇用 戦死 癌 噴火 人工地震 FIFA AIIB ADB 米中露 WWV 鬱 日韓


t02200164_0626046712861109611.jpg


2015-05-30 00:55:35NEW !
テーマ:ブログ

元ゴールドマン役員起用へ ゆうちょ銀、運用責任者で
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201505/article_149.html




量的緩和の見直しへ
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/270529.htm
円安を止めるために、量的緩和を縮小へ

悪化する就業者の質
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4881042.html

海外派遣の自衛官54人自殺って幾ら何でも多過ぎる!〜戦闘で死亡した自衛官も何割かいるだろう!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12032335225.html


アメリカでもヨーロッパでもガン治療の主流が「代替医療」か「治療しない」ことによってガン患者の死亡率がどんどん低下している中で日本は…
http://oka-jp.seesaa.net/article/419794428.html

【訃報】俳優の今井雅之さん、末期がんで死去 女流漫才師の今いくよさんも胃がんの闘病中に急死 
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6649.html



口永良部島が爆発的噴火と安保法制と緊急事態省
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/05/29/7658225

2015年5月29日(=5.11)の口永良部島の大噴火はハックアタックか:国会での陳腐な戦争法案審議は日本国民の戦争観を戦前のままに据え置く心理操作と知れ!
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34969409.html



1.口永良部島が大噴火、3.11大地震と関連するのか



 2015年5月29日午前10時頃、鹿児島県の口永良部島が大噴火したようです(注1)。このところ、日本列島の火山活動が活発化しています。地震専門家によれば、M8クラスの巨大地震が起こると、数年内に必ず、火山の大噴火が起こるそうですが、この大噴火は3.11大地震と関係あるのでしょうか。



 桜島でも5月7日に比較的大きな噴火が起きています。この火山は今年に入って大小合わせて500回もの噴火を繰り返しています(注2)。



 このように日本では地震や火山噴火のみならず、記録破りの気象異変も多発しています。また日本のみならず、地球規模でも、このところ自然災害が多発しています(注3)。そのため、われわれは知らず知らずに心理的不安に陥れられています。



2.ハックアタック時代が演出されているのか



 本ブログのメインテーマは米国戦争屋のウォッチですが、そのボス・デビッドRFの仕切ってきたRF財団は2010年から2020年の10年は災害の頻発する“最後の審判”の時代であり、RF財団はそれをハックアタック時代と名付けていますが、極めて不気味です(注4)。なぜなら、RF財団の予言どおりに世界が動いているからです。



なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



 上記、RF財団のハックアタック・シナリオが示唆しているのは、2010年代には地球規模でさまざまな自然災害が起こされるという事実です。



 その予言どおり、2011年に日本では3.11大地震津波が起こされています。



 ところで、上記、ハックアタックとは、沈黙の兵器(注5)を意味していると想像されます。この言葉の語源は1995年に出版された故・太田龍氏の著作(注6)だと思われます。



3.戦前回帰の安倍氏が米国戦争屋から強制されている集団的自衛権行使容認(自衛隊の米軍傭兵化)はまったくの時代遅れ



  このところ国会では、安保法制審議(戦争法案審議)が行われていますが、このような陳腐な議論に日本国民の注意を引き付けていること自体が、日本国民の戦 争観を戦前のまま据え置くためと思われます。日本国民の戦争観を古臭いままにしておく一方、米戦争屋は日本国民をハックアタック(ステルス攻撃)し続けて います。しかしながら、日本国民はそれを攻撃とは思っていないのです。だから、彼らは何度でもハックアタックを仕掛けてきます。



 われら日本国民は気付くべきです、上記、口永良部島の大噴火は、HAARP攻撃(注7、注8)によるハックアタックの一環かもしれないと・・・。



  戦争のプロである米戦争屋の構想する次世代の戦争コンセプトは、火力兵器によるドンパチではなく、まさにそれは“沈黙の兵器”であり、その攻撃法はハック アタックなのです。ちなみに、ハックアタックの特徴は、被害者は何者かに攻撃されたと思わない点と、攻撃されたとわかっても、その加害者が誰かわからない 点です。これは“ハラスメント”と言い換えることができます。



 攻撃される側は、自分の周辺で起こる地震津波も火山噴火も自然災害と思い込んでおり、まさかそれらが沈黙の兵器によるハックアタックかもしれないとは思いもよらないのです。



 さて、上記、米戦争屋の中の過激派を本ブログではネオコンと呼んでいますが、彼らはカバラ数にこだわるという特徴があります。ちなみにカバラとはユダヤ教の終末論を意味するようです。



 世界的寡頭勢力もカバラ数にこだわり、彼らの黙示画(注9)では第二の3.11事件は2015年5月11日と示唆されていました。もっとも可能性の高かった第二の3.11事件、すなわち、2015年の5.11事件は箱根もしくは富士山の大噴火と予想されていましたが、実際、その大噴火は起きませんでした。



 この5月11日の11(十一)は、カバラ数秘術(注10)では11=2+9に分解でき、5月29日も5.11に該当するそうです。そして、その5月29日に箱根ではなく、口永良部島で大噴火が起きました。


  カバラ数とハックアタック発生日時に関係がありそうなのは、それが意図的なのか、偶然なのかは依然、不透明です。にもかかわらず、今世界で起きているテロ や自然災害はまず、ハックアタックではないかと疑う習慣を身につけるべきです。さもないと、ハックアタッカーは何度でもステルス攻撃を仕掛けてきます。

なぜか、FIFA(国際サッカー連盟)を米国司法当局が裁こうとしているのですが、何の権限があるの??
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/05/29/7658209

米欧の大手銀行、FIFAの汚職構造に関わっていた 続きを読む
http://jp.sputniknews.com/politics/20150529/392912.html#ixzz3bX2cUsxF
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/604270466304376832

わはははは(大笑) マケイン氏、FIFAに対する軍事作戦の開始を呼びかけ 続きを読む
http://jp.sputniknews.com/us/20150529/394138.html#ixzz3bX2o6m7F
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/604270658474745857

FIFAからイスラエルを追い出せとスイスのチューリッヒでデモ
http://www.timesofisrael.com/protesters-in-zurich-call-to-kick-israel-out-of-fifa/
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/604195887988908032

わお、FIFA本部に爆破脅迫があったことをスイスの警察が発表。米国のマケイン上院議員による軍事作戦か(大笑)?
http://rt.com/news/263137-bomb-threat-fifa-congress/
https://twitter.com/naoyafujiwara


海上保安庁hp平成27年3月12日から5月8日までの表面水温情報の誤りで削除だそうです。なんで??
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/05/28/7657568

英米の蜜月は終わり、中国の暴走が始まった。 (05/29)
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-136.html
◆ロスチャイルドとソロスは完全に中国へ寄生して、気象兵器を使い、米国の国土とインフラ、そして経済を破壊しようと企んでいますが、傘下の英紙フィナンシャル・タイムズが米国を攻撃する記事を掲載しています。


--------------------------------------------------------------------------------
米国が「AIIB」に敵意!? 誤解を招かないための最善策は・・・「自らの誤りを認めて『AIIB』に参加すること」と英メディア社説で=中国メディア


AIIBとADBの競争の陰で、株価は、日本でも中国でもすごいことに。
http://www.k2o.co.jp/blog2/2015/05/aiibadb.php
中国の株式市場の急上昇は、 どこかから資金が流入したもの。 その正体は何か?
 そして、 5月に入って、イスラエルで、また、ガザ攻撃が始まってしまったこと。

 さらに、アメリカと中国が、スープラ諸島でも揉めだしたこと。 しかも、日本の国会で、集団的自衛権の審議。

 大きな流れは、 日本は、「平時」から、「非常時」への切り替えです。 

 何かが起こる予感。  とり急ぎここまで。   

 



NATOは第三次世界大戦の準備をしています。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51960166.html



中国と米国の激突確実
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/270545.htm
12海里以内に侵入した米軍偵察機に中国が実力行使をすると米中戦争に
   

05/28のツイートまとめ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-439.html



これはメルマガに詳しく書いた。また5月30日の講演会でも詳しく話す予定だ。
05-28 12:54

「ウクライナ政変」を工作したヴィクトリア・ヌーランドのチームや、「カラー革命」を演出したジョージ・ソロスの「オープンソサイエティー協会」などはす でにマケドニアに入り、政変を工作している。ちなみにマケドニアは、「シルクロード経済圏構想」や「ターキッシュ・ストリーム」の要衝のひとつ。
05-28 12:54

The Color Revolution in Macedonia Is Underwayhttp://t.co/OG4xG9G2iO
05-28 12:54

A tiny European country is making Russia extremely nervoushttp://t.co/nZS28T7w7g
05-28 12:54

どうも中国を刺激して米中の軍事衝突の危機を演出したのは、別の工作から関心を逸らせる目的があるようだ。米軍産複合体とネオコンによる「シルクロード経 済圏構想」や「ターキッシュ・ストリーム」、そして中露同盟の本格的なたたきつぶしがバルカンのマケドニアで始まった。
05-28 12:53




本当に気持ち悪い日韓トンネル推進鳥取結成4周年大会 全国民が反対しなければ!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51960209.html




うつ病は精神病ではなく炎症に対するアレルギー反応だそうです。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51960179.html



売上急落でもホームレスには販売しません・・・マクドナルド社のおかれた厳しい環境
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12032642301.html


アメリカ中央情報局(CIA)が「気候データの公開を停止」した地球では今日も粛々と「1種類ずつの大量死」が続いている
http://oka-jp.seesaa.net/article/419729252.html

集まるなといってるのに・・
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/52106372.html


東京都心部に集中するな。
突然の大地震で、瞬時にすべてのインフラは停止する。
大量の群集が陸の孤島に残される。


大涌谷はとっくに穏やかです
http://my.shadowcity.jp/2015/05/post-7151.html
九州で大噴火で、箱根はすっかり忘れられてますw もう、収束するみたいです。まぁ、伊豆箱根はいつも、こんな騒動です。伊東の群発地震も、結局は騒いだだけ。口永良部島も、怪我人は一人だけのようで、火砕流に呑み込まれたという割には被害が少なくて良かったです。
ガス、一時的に岩でブロック 箱根山活発化の原因か


埼玉県北部で地震 震度5弱など関東地方一円で揺れ
http://ameblo.jp/gideon-144000/entry-12030898023.html



追加しました! ・・・ 閉幕式で堕天使ルシファー(ベルゼブブ)崇拝を示すハンドサインあり

https://www.youtube.com/watch?v=OIM0ePu3BXU  「日本愛知博覽會開幕唱」





    





     

左より 「愛知万博」キャラクター  冷凍ユカギルマンモス     キンポウゲ

     
(*゜▽゜ノノ゛☆。o○ あ!この年(2005)は、告知された重要な一年だったんだね〜




「311東日本大震災」は、米国の支配階級筋よる一方的な人工地震攻撃との説が多く視られますが、個人的な見解として 安倍政権の擁立と活発化する北米プレートの地殻変動から、日本列島を含む環太平洋地域への天変地異被害を幾らかでも少なくすることがその出来事に秘められていたように感じていますし、これから意図的に分断された南北朝鮮半島統一を前にして「2020東京五輪」も計画されており、万一 首都圏を脅かす程の地殻変動が想定されているのであれば、日本列島を取り巻く地殻プレートの一部を意図的に破壊して被害を最小限にする科学技術を駆使するものと 思います。


また、私たちの暮らすこの日本列島は、創造主なる神が避難地として2,700年以上も前より導かれたノアの長男でありイスラエル12支族の始祖セム族の末裔が世界の中でも多く居住している土地でもあり、人為的なモノより大きな過分なご加護があることでしょうし、不安が増す時代の中、私たちも日頃より十分な危機管理は怠らないように致したいものです。

0002849_3M.jpg
posted by rio at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

値上げ 円安 不況 ドローン 米中台朝鮮 人工地震 気象庁 ダム 猫


0002792_2M.png



2015-05-26 22:27:47NEW !
テーマ:ブログ

【速報】一ドル123円を更新!1日で2円も急激に円安方向へ!再び値上げラッシュの恐れ・・・
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6622.html




総崩れ(FX)と円安
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4879545.html





二けた減少が続出した白物家電出荷額(4月)

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4879424.html






荒れる地球


http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4879410.html


地震⇒関東エリアは更に注意が必要!〜大気イオン観測データの表示が13日からストップしている!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12031317315.html


昨日の震度5弱の地震について
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1898.html



ドローンを殺人兵器のように報道してきた報道機関は「ドローンを積極的に使用できる」様に政府に要請
http://sayuflatmound.com/?p=12208


522南シナ海の深刻な事態を受けて中台が歩み寄り、主権争い棚上げへ
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/05/26/7656258


舐めきられた米国 (05/26)
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

コピーライトマーク REUTERS 米が主張撤回しなければ戦争も、中国国営紙が南シナ海問題で警告



朝鮮人は超えてはならないラインを越えています。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959947.html




火傷を負った猫が他の動物たちに愛情を注いでいます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959939.html

posted by rio at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

拡散希望!ブレイク・アウェイ文明が明かされた。陰謀「論」を超えて進行中の真のディスクロージャー!




t02200164_0626046712861109611.jpg

2015-05-25 23:21:00NEW !
テーマ:ブログ


拡散希望!ブレイク・アウェイ文明が明かされた。陰謀「論」を超えて進行中の真のディスクロージャー!
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/b4dde15201c3794139f078dbccc3a973
非常に重要な記事になります。

Breakaway Civilizations: ブレイク・アウェイ文明。

皆さん、この言葉の意味をご存じですか? 今後、否応なしに、私たちが向き合わされる言葉になります。

Breakawayとは、離脱・分離。離脱・分離している文明、という意味合いになります。

私たちは、知らなかったのです。知らされていなかったのです。私たちが知る、この今の地球の文明と平行して、先進的なスペース・プログラム(宇宙計画)を有する、はるかに進んだ高度な文明が既に始まっていたことを。いえ、古代から、とっくに存在していたことを。地球で、です。私たちには隠されてきたのです。

この、同じ場所にありながらも、主流の、表向きの文明とはまったく離脱・分離して、(秘密裡に)発展していく文明を、ブレイク・アウェイ文明、と呼ぶようです。

地球にも、まさしくそれがあったんですね、、古代から、そして、現代も。私たちの日常生活の裏側で。

驚くべき情報です。まさに、ディスクロージャーです。カバルなら、そんなことをやっていそうだ、、それは、何となく想像がつきますよね。しかし、カバル・イルミナティに属するものだけではなかった、それが驚きです。

私たちが教科書で知っている地球の歴史(現代史も含めて)、それは表向き。裏には、普通にETたちと交流し、取引をし、先進技術を手に入れ、UFOを作 り、フリーエネルギーを利用し、地球人を誘拐して奴隷として交換し、月・火星・土星を含め、太陽系の惑星やそれぞれの月の空洞内部にコロニー(植民地)を 作り、地球製のUFOで飛び回っている地球人のグループが存在していたのです。現在も、です。まさに、スターウォーズの世界そのものです。

極めて厳密に秘密が守られてきました。完全な Need to know basis で、階層が違えば、まったくアクセスを許されずに来ました。ですから、米軍トップの者でも、知らない者はまったく知らなかったようです。

戦後、NASAが手掛ける月面着陸などの宇宙計画はほとんど隠れ蓑で(計画に関与する軍や研究所の関係者にも知らされていない)、そこから予算を流用し、 また、戦争を喧伝して軍拡に走って、この極秘の宇宙計画を遂行するための費用を捻出してきました。私たちの税金で支えられていたのです。

この極秘の宇宙計画はいくつも存在し、ナチスからの流れ、イルミナティ・闇の世界政府が闇のエイリアン(ドラコ・グレイ)と共に管理するもののみならず、 各国が単独であるいは協同で実施しているものもあるとか。そして、それぞれが、いろいろなET種族、あるいは連合体と協力し合っている。アガルタも含まれ ます。

Solar Warden、太陽系の見張り番・巡視隊、とでも訳せばいいでしょうか、これについては、聞いたことがある人もいるでしょう。

これも、米国の極秘機関として、実在するんですね。太陽系内に侵入するエイリアンたちを監視する役目を、本当に担っているのです。マジに。。実際に、地球人が(米国人が)、地球製の宇宙船で、これを行っていた、ということです。

そして、今、地球・太陽系を含むこの宇宙領域のアセンションを支援に来た、極めて高い次元の光のET種族、「青い鳥人族」、「スフィア・ビイング・アライ アンス」の到着を迎えて、Solar Wardenを始めとして、カバルの側から完全に手を切る・寝返る、地球ベースの極秘宇宙計画グループが増えています。彼らも、カバルの人類削減計画には 本来、我慢ならないのです。しかし、闇のETの協力があるカバルたちとはテクノロジーの差があった。

ところが、到着したスフィア・ビイング・アライアンスから、Solar Wardenには、防御のみに使える先進テクノロジーが供与された。それは、カバル側から仕掛けられる攻撃を止めるのに、役立てられているようです。例 の、核兵器や戦場の武器が使用できなくなるというテクノロジーは、そういうものだったんですね。既に、地球人の手に渡されているのです。他にも、地球人の グループは、彼ら独自で、私たち庶民からは夢と思えるスーパーテクノロジーも、既に開発しているようです。

ただ、彼らのマインドセットは、軍。「戦いで解決」。そのため、この4月に、離反した者たちがカバル側へ攻撃をしかける事件が起こり、アライアンスの会議 で問題になったそうです。(火星とカロライナ海底のカバルの基地を攻撃し、中にいた無実の人質が多数、犠牲になった。)「青い鳥人族」は、決して、戦いに よる勝利は勧めていません。(ですから、5/31のCobraの「コロニー解放瞑想」でも、闇の勢力を、力で排除するビジョンを持ってはいけないようで す。)

にわかには信じられないでしょう。。これまで、「陰謀論」情報を多く耳にしてきた私でさえそうなのですから、私たちのみならず、いずれ、これが公になった時の一般人のショックは計り知れないでしょう。

今、私がこれをお知らせしている理由は、少しでも先にこのことを知っておいて、私たちが一般人のショックを和らげる役に回らなければいけない、と思うから です。クッション役が居なければ、一般人のショック、怒りは、どれほどのものになるでしょうか。せっかく高まってきている人類の波動にまた、揺り戻しが起 きてしまう。

このブログの以前からの読者の方は、私が1年程前から、「自分の内に入ることが大事」、「アセンションは、自分の変容から始まる」と主張して、3次元情報をあまり載せなくなったことをご存じかと思います。

特に、陰謀「論」からは遠ざかりました。「論」である限り、議論しても答えは出ない、そこに意識を合わせ続けるのは私たちのエネルギーの無駄遣いであることを確信したからです。

そう。これまでは、言ってみれば、大きな象を囲んで、目隠しをされた人たちがその身体のあちこちを触り、「象とはどういうものか」を議論していたようなも の。しかも、触っているのが本当に象ならまだしも、象ではない他のものを触らせられて、「それは象だから」と騙されて、ああでもない、こうでもないと空し い議論を続けているようなもの、でした。(って、過去形ではないけれどネ。(-_-;)(;-_-) )

しかし、それは、今後、変わります。

いよいよ、非常に高いレベルのインサイダー情報、目隠しのまま象にさわるのではなく、上空から、象の全身を、その周りの環境も含めて眺めるような包括的、 かつ根源的な秘密情報の暴露が始まっています。これは、スフィア・ビイング・アライアンス、天界が望むディスクロージャーなのです。天の介入です。高次エ ネルギーの津波は、既に到着しています。私たちは、今まさに、シフトの真っただ中にいるのです。

天は、この情報が速く拡散していくことを望んでいます。人々の覚醒に繋がるから。そして、多くの人が覚醒すればするほど、「ハーベスト」、今回の高次エネ ルギーの流入に耐えて、ニューアースへと進める人数が増えるから。彼らは、できるだけ多くの人々を「ハーベスト」したいがために、球体装置で、高次エネル ギーを和らげ、プロセスがゆっくりと進むように、舞台裏で働いてくれています。

というわけで、これまでは断片として散らばっていた情報、地球・太陽系の歴史や、現在、私たちに何が起きているかを説明する情報が、トータルな形で、私たちに明かされ始めました。

これは、先にお伝えした「青い鳥人族」、ラー文書やウイングメーカーの「セントラル・レイス」、現在、太陽系に入って来て、私たちが生き残れるように高次 エネルギーの分散を行ってくれている球体、「スフィア・アライアンス」、彼らに関する情報のリークが、その発端となっています。

「青い鳥人族」のコンタクティーで、MILAB(軍にアブダクトされた人)の一人として長年、地球のSSP(Secret Space Programs・秘密の宇宙計画)の内部で直観力を使うサイキックとして雇われていたGoodETxSG。 彼がもたらした驚くべき情報に信ぴょう性を認めているのは、David Wilcockだけではありません。ExopoliticsのDr.Salla、プラネットX・レジスタンスムーブメントのCobra、アンドロメダ・カ ウンシルのTolecなどが、続々と支持を表明し始めています。GoodETxSGが暴露した情報の中には、おそらくは、シェルダン・ナイドルの銀河連邦 も含め、主なチャネリング情報、その発信元となっているスペース・ファミリーがどのような立ち位置にいるか、ということも、含まれてきています。

これまでは、高次からもたらされた情報・メッセージ同士がぴったりと符号することは少なくて、それぞれ一致しない部分があり、ライトワーカーの間でも、 「こっちが本物、あっちが偽物」という争いを生んできたわけですが、、今回はいよいよ、「細部の違いは今は追求せず、不和になるのはやめよう」、「光とし て協力し合おう」という気運が生まれています。そうですよね、当然です。本当に光のために活動している者たちだったら、識別力が働くはず。お互いに非難し 合ったり、些細なことで、離合離散するのはおかしい。とても大きなイベントを様々な方向から手探りで探っているのですから、少々違っていても仕方ない。そ れよりも、いつか真実がもっとはっきりする時まで、お互いを邪魔せずに、認め合って、それぞれの道を進めばいいだけなのです。

さて、既に膨大な情報がリークされていますが、全体を詳細にご紹介する時間が取れません。今、私が急いでこれを書いているのは、5/31にCobraが呼 びかけている「コロニー解放瞑想」にも、直接、このディスクロージャーが関係しているからです。私がここでご紹介している「ついに始まった地球の真の歴史 のディスクロージャー」と、Cobraのいう「コロニー解放」は、密接な繋がりがあります。Cobraがこれまで述べてきた、太陽系にあるコロニー、そこ で奴隷として働かされ、人質のようになっている地球人たち、、それに関しては、私も含め、本当なの?と首をかしげてきた人も多かったことでしょう。しか し、残念ながら、本当のようです。

これまで、私は、こういう類の噂話が嫌いで、無視してきましたが、ついに、ハートの識別力が「これは本当である」と、告げています。そして、「ネガティブ になる(不安・恐怖・怒り)必要はない。ただ、地球人類が真実を知ることが、闇を統合し、そして手放して、先へ進む原動力になる」と。

この1年の間、外界の騒音をシャットすることで、自分の中へ深く入り、本当の自分を思い出し、波動を整えた人も多かったことでしょう。これからは、揺るが ない光の自分として、「NOW」にしっかりと立ち、ニューアースの建設のために、積極的に社会に関わりたい。。そう、私自身は感じています。次元上昇に必 要な力のすべては自分の中にある。これからは、その力を、既に形を取り始めたニューアース・コミュニティのために生かしていきたい。

大急ぎで書きました。まとまりが悪いですが、今日はとりあえずここまで。

リンクを載せておきますので、今後、真のディスクロージャーを求める方は、地球の真の歴史とはどういうものだったのか、今現在、何が起きているのか、ぜひ お読み下さい。必読です。大量なので、例えば、googleのページ翻訳を利用するなどして、正確な意味は取れないにせよ、出てくる単語や概念だけにでも 馴染んでおかれることをお勧めします。

世界のライトワーカーの間で、この情報は常識になりつつあります。できるだけ早く、日本のライトワーカーたちの間にも拡散し、この真実のディスクロー ジャーが共有されてゆくことを望みます。「情報のリーク」が、津波のように始まっています。何か「具体的なできごと」が始まってから、慌てないようにした いものです。(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

Whistleblower reveals multiple secret space programs concerned about new alien visitors
(内部告発者が明かす。多くの極秘の宇宙計画は今、新しいET訪問者に関心を向けている。)

Analysis of Dr. Michael Salla's GoodETxSG Q and A from May 12th 2015, And Data From DIA Insider | Insider Corey GoodETxSG
(GoodETxSGとのQ&A)

Analysis of Dr. Michael Salla and Corey GoodETxSG Q and A Part 1: May 20th 2015 | Corporate Bases on Mars and Nazi Infiltration of US Secret Space Program
(惑星間複合企業の火星基地とUS極秘宇宙計画へのナチスの侵入)

Analysis Of Part 2 - Multiple Moon Bases & U.S. Military Space Shuttles As Cover Programs Dr. Salla Q and A May 20th 2015 | Corey GoodETxSG
(多数の月の基地と、隠れ蓑としてのスペースシャトル計画。)

David Wilcock が、2月に行ったコンフェレンスでは、一番最初に、太陽系や地球に文明を築いたET(巨人族)の説明、その証拠が明かされています。
David Wilcock (Consciousness Life Expo Video and Mp3's) 2-7-15… “Secret Space Program Disclosure”

続いて、4月に行ったコンフェレンスでは、イルミナティによる支配の歴史、そして、スフィア・アライアンスが支援に訪れている現状までを説明しています。ここには、講演の要点が詳細にまとめられていますので、非常にわかりやすくなっています。
David Wilcock Major Update: History of 'Old One's', Draco's, SSP, Plan for Disclosure in 2015, Cabal Surrender, Sphere Beings, and Much More
(13血族の頂点、ドラコの歴史、SSP(秘密の宇宙計画)、2015年のディスクロージャー計画、カバルの降参、スフィア・ビイングス、等)
0002585_3M.png
posted by rio at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

中間層の没落 米国債 人工地震株価 原発利権 新聞 金融 安保デモ 都構想オスプレイ 噴火すき家


t02000200_0200020012350485103.jpg



[Infoseek NEWS]アベノミクスがもたらす中間層の没落で、日本はアメリカと同じ道をたどる?
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=90157


米 国が実情に合わない利上げを行いますと、投資家たちが米国債の買いに移りますが、これは罠です! このような作為的な利上げを行い日本国にも米国債を大量 に買わせて、また日本国から資金を奪うのです! 夏場に悪夢が始まります! 米国債は、ただの紙です! 買い戻さないし、利息も払いません!
https://twitter.com/susanou666/status/598889960725315584


運命の 2015年5月11日の日本時間正午前後、北極圏から強烈な地磁気が発生していた?箱根の異変とネパール地震はELF(超長波)励起によるのか
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34926081.html

事件です〜511後に株価急変!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12026614576.html

横田基地導入予定のCV-22オスプレイですが、長距離特殊戦活動、不測事態作戦、脱出および海洋特殊作戦に用いられるってありますけど。。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633967

野次馬 (2015年5月15日 00:00) | コメント(3)
http://my.shadowcity.jp/2015/05/post-7054.html#comments



日本の金融不安を煽る者がいるが、安全な日本にアジアの資産家たちが資金を移動しているのでありえない! なぜそんなことがわかるのか? 私がハンドラーだから・・・(笑) 西日本に移住用の施設をたくさん作ります!
https://twitter.com/susanou666/status/598880996381970432

操作された株の暴落が、始まろうとしていますので個人投資家は一時的に避難することを進めます! 大損されられても知りませんぞ!
https://twitter.com/susanou666/status/598888735015510018

関東の不動産価値は、ゼロになる日が来ますが、税金は今のままですぞ!
https://twitter.com/susanou666/status/598887095365554176


事実を伝える新聞があるらしい
http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12026266221.html


安倍晋三首相は、「安全保障法制の関連法案」を閣議決定するも、「東アジア外交」は「四面楚歌」状態だ
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/77acaafa195f4de26e4f8698bcaaa3ee
生活の党の山本太郎代表が、「国会周辺に100万人のデモ隊を集めて、反対運動を行いたい」旨、発言!


[リテラ 他]都構想で劣勢の橋下徹が創価学会取り込み逆転へ!? 菅官房長官の仲介で学会幹部と談合
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=90144


大阪都構想は、夢のまた夢! 「福岡都構想」が正しいかも・・・・!
https://twitter.com/susanou666/status/598887656165019648

橋下引退、維新解散、民主合流でワンセット
http://my.shadowcity.jp/2015/05/post-7055.html

この会社あってこの店員あり
http://my.shadowcity.jp/2015/05/post-7058.html


日本じゃ道路と●は警●の物
http://my.shadowcity.jp/2015/05/post-7057.html
格安裏ビデオ工場摘発 販売容疑の男ら逮捕 警視庁

箱根山が噴火したら、富士山が噴火して、関東直下型の地震が起こり、東南海大地震へとつながりますが・・・・!まだ大丈夫です!
https://twitter.com/susanou666/status/598888252527935488

予兆?箱根山で目撃された“謎のかげろう”
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1885.html
posted by rio at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国経済は八方塞がり? AIIB ゴードン・ダフ  アムトラックの脱線事故はテロ?






0002585_3M.png


アムトラックの脱線事故について

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959073.html
<アムトラックの脱線事故はテロ攻撃?>
http://kevbakershow.com/amtrak-train-derailment-accident-or-crash/
(概要)
5月13日付け
なぜFBIは、アムトラック脱線事故5日前に鉄道を脱線させるテロ攻撃の危険性があると警告を発したのでしょうか?


中国経済は八方塞がり!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959081.html





中国はこれ以上、自国経済を誤魔化すことはできなくなっています。今や、何をやっても悪循環に陥り八方塞がり状態です。中国経済を助けるために設立した AIIBも中々前に進みません。中国から多くのエリートが逃げ出しています。中国人(特にエリート)はグローバリストです。彼らは平気で自国を捨て海外に 移住します。今後、中国に残るのは貧乏人だけ。。。しかも環境破壊が悪化し健康被害も悪化。。。

ところで、中国と朝鮮半島情勢を最もきちんと把握・理解しているのが日本だと思います。中国と朝鮮半島の記事はやはり日本発でないと信用できません。
欧 米のジャーナリストなどが書いた中国や朝鮮半島についての記事は全くあてになりません。彼らは表面的なことしか見ていないため、中国を経済大国として尊敬 の念で観ています。そして今後は米ドルが崩壊し中国元が準備通貨になるなど、中国は世界経済や金融市場をリードしていくなど・・・とんちんかんな記事を恥 ずかしくもなく書いているのです。全く笑っちゃうレベルです。

たぶん、ロスチャイルドがパペット・ジャーナリストにそのような、(すぐに 嘘だということがばれるほど)低能な記事を書かせているのでしょう。なぜなら、ロスチャイルドはアメリカを崩壊させた後、中国やインドを経済活動=犯罪活 動の拠点として選んでいますから、世界中の人々に中国がいかに大国であるかを洗脳したいのでしょう。
そんな記事を読んでも動かないのが日本人です。欧米シオニストのジャーナリストは盛んにロスチャイルドのプロパガンダを続けています。しかし日本では通用しません。
だから日本はAIIBにひっかからなかったのです。
可哀そうに。。。やっぱり中国やロスチャイルドのプロパガンダ・マシーンだったベンジャミン・フルフォードさん。。。日本がAIIBに参加しないことでかなり憤慨しています。また、安倍総理に激怒し激しく貶しています。
やはり。。。親中左翼=ロスチャイルド+シオニストに洗脳された人々は批判対象が同じですから面白いです。非常に分かりやすいです。
最近、ベテランズ・トィデー(様々な秘密情報や真実の情報をリークしている)のメンバーの一人のゴードン・ダフ氏が他のメンバー(元支援者)に非難されています。そして多くの支援者がゴードン・ダフ氏から離れて行きました。
な ぜなら、ゴードン・ダフ氏が嘘の情報(真実の情報の中に嘘の情報を含める)を流していることがバレたからです。彼らはダフ氏がエリート側の工作員として嘘 の情報を流し人々を困惑させようとしているのではないかと言っています。また、ダフ氏は情報を流すだけで反エリート、反権力活動を一切しないため、お金儲 けのためにメディアで活動しているだけだとも言っています。

そして驚いたことに、ベンジャミン・フルフォードさんは次期大統領選にゴードン・ダフ氏が出馬し大統領になるのが一番良いなどと言っていました。結局、フルフォードさんもダフ氏もロシアや中国=ロスチャイルドの回し者だったということでしょうね。

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150515/ecn1505151140003-n1.htm
(転載)

中国はこのほど、昨年11月以来3度目の政策金利引き下げに踏み切った。この利下げは景気ばかりでなく経済政策自体の八方ふさがりの表れであり、自滅のシグナルである。

  不況に陥った国は利下げにより内需を刺激すると同時に、利下げによって誘導される自国通貨安によって輸出をてこ入れする。中国の場合、当局は人民元相場を 安くするどころか、逆に上昇させている。利下げで景気を暖めながら、為替政策で冷や水をかける。実に矛盾に満ちている。

 金融市場が自由化されていれば、市場原理が働く。外為市場では利下げと同時に人民元が売られて相場が下落するのだが、当局が介入して外為相場をコントロールする「管理変動相場制」の中国はあえて元相場を引き上げざるをえない。なぜか。

 まず、北京当局が元を切り下げると、かねてから「元は安すぎる」として元切り上げを求めている米議会を怒らせ、対中貿易制裁の機運に火をつけかねない。

 北京はしかも、元を国際通貨基金(IMF)の仮想通貨「SDR(特別引き出し権)」の構成通貨に加えるよう、IMFに働き掛けている。SDR通貨になれば、元はドル、ユーロ、円と同様、国際通貨として認定されたことになる。

 これに対し、IMF理事会で拒否権を持つ米国は時期尚早とみている。そんな中で、元を切り下げると、米国の猛反対で元のSDR通貨化の望みは完全になくなる。

そ れ以上に、切実なのは、資金の対外流出である。グラフを見ていただこう。中国の外貨準備は昨年6月末をピークに減り続け、ピーク時に比べ昨年12月末で 1500億ドル減、今年3月末2630億ドル減となった。中国は国際金融市場からの銀行借り入れや債券発行で合計年間3000億ドル前後のペースで外貨を 調達しているが、それでも外準が大幅に減る。

 「世界一の外準保有」を誇っていてもみせかけに過ぎず、内実は外貨窮乏症に悩まされている。だからこそ、多国間銀行であるアジアインフラ投資銀行(AIIB)の看板を掲げて、国際金融市場からの借り入れを容易にしようという算段なのだろう。

  利下げは通常、資金流出を加速させる要因である。金利の低い元預金を取り崩して、香港経由で外貨資産に切り替えるというのが、中国の特権層や富裕層の常で ある。それを食い止めるためには、元を切り上げ続ける必要がある。金利は下がっても、為替レートが強いままで変わらないとなれば、元建て預金は外貨預金に 比べて目減りしないという期待が生まれるからだ。

 もちろん、「強い元」だけでは資金流出は止まらない。不動産相場が下落基調にある中で は、やはりカネが逃げる。不動産がダメなら、株がある。党主導で上海株式市場に資金を誘導し、株価をつり上げる。利下げでさらに株価を引き上げる。半面 で、上場企業の収益は悪化が止まらないので、株価は実力とはかけ離れるばかりだ。 (産経新聞特別記者・田村秀男)
posted by rio at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

消費増税不況 金融システム 捏造された事件 米中南シナ海争奪戦 慰安婦問題 ダイヤモンド





t02200164_0626046712861109611.jpg


悪影響は「想定以上」=消費増税―黒田日銀総裁
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201505/article_64.html
消費増税で消費低迷、所得減少の結果を生むことはやる前からわかっていること。それが目的の消費増税。


足らぬ足らぬはおカネが足らぬ
http://my.shadowcity.jp/2015/05/-201448-2015.html
足らぬ足らぬはもおカネが足らぬ。そらそうだ、みんな定額の給料で生活しているわけで、税金が3%増えれば、自動的に消費を3パーセント減らすしかない。 それ以外に何の方法があるというのか? サラ金から借金するのか? だからおいら、延々と主張している。日本の長い不況は、消費税導入から始まった。それ 以来、一度も好景気になった事がないw

悪影響は「想定以上」=消費増税―黒田日銀総裁
黒田総裁は2014年4月の8%への消費税率引き上げについて「経済に想定以上の影響を与えたのは事実だ」と指摘。駆け込み需要の反動減や実質所得の減少による消費の低迷が「やや予想を超えた大きさだったと認めざるを得ない」と語った。

高額所得者は、所得税が減税されているので、どんどん手取りが増える。いくら所得が増えても、メシを三人前は食えない。そのカネが投資にまわるんだが、金持ちの代わりに汗水流して稼いでくれる人というのもあまりいないので、金利は下がりっぱなしw 


BF氏 金融システムに何か起こる可能性を示唆、捏造された事件の真相、世界情勢など
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201505/article_62.html


金融大混乱がユダ金崩壊と世界の夜明けの序章となるのでしょう。
Xデイは近いですね。
2015/5/14 09:07
BF氏 金融システムに何か起こる可能性を示唆、捏造された事件の真相、世界情勢など
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=73673
世界で、油だ金、必死にちゃぶ台返し中? 西側の金融システムの操作された崩壊が差し迫っている 〜出来れば1年分の食糧を備蓄しておいた方が良い〜   ???
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=90077

米軍がテキサス州を占領?うわさ広まり騒動に、知事が...


南シナ海争奪戦開幕
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/270514.htm
リムランド同盟国軍が動き始めている


慰安婦問題に関するダデン氏らのプロパガンダ的主張は全面的に退けられた形となった
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/95af9ed1b298a7c6e74cb843f5307313
◆歴史学者187人の声明は反日勢力の「白旗」だった 大きく後退した慰安婦に関する主張 5月13日 古森義久


報道(日本に眠る3兆円?のダイヤモンド)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4873212.html

AD
posted by rio at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

通貨発行権 TPP 和民 ブラック企業 過剰労働 海底隆起 携帯電話


t02200136_0530032811887460614.jpg


最新TPP情勢から
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/04/25/7619165


和民に行く奴はこいつの支援者
http://my.shadowcity.jp/2015/04/post-6933.html
ワタミが漁師を月給15万でこき使おうという話なんだが、漁師ってよく死ぬので、15万じゃ誰もやりません。


羅臼の海底隆起が500メートルに
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4862495.html


【悲報】ガラケー完全終了!従来型のパカパカ携帯電話、2017年以降の生産は全て終了へ!ネットには惜しむ声が相次ぐ!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6278.html



国が通貨発行権を取り戻した
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=303378
通貨発行権を取り戻すことは不可能ではない。

以下「人類史上空前の快挙、通貨発行権を取り戻したハンガリー」(リンク)からの引用です。

国家が国家運営のために自国の中央銀行から借金させられるというユダヤによる通貨発行権簒奪式財政運営が、いずれ必ず破綻することは、アメリカそして我が国を見れば明らかです。
アメリカ国家は、天文学的な負債を中央銀行にあたる連邦準備銀行(FRB)から負っています。日本国家も国債発行による負債が1000兆円を超えました。 これらは返済できるレベルをはるかに超えており、さらに、今後利息の支払いが加速度的に増加することを考慮すれば、破綻する以外に道はありません。

日本やアメリカだけでなく、ロスチャイルド中央銀行がある国々では国家財政が赤字だらけです。
恐ろしいのは、そうした国では殆どの人が、それが国家の放漫財政によるものだと思い込んでいることではないでしょうか。

国家を運営するにはお金が必要ですが、それは必要経費であり、必ずしも戻ってくる性質のものではありません。必要なときは、ケチらずに注ぎ込むのが正しい と言えます。しかし、ユダヤはメディアを使って財政赤字があたかも悪いことであるよう喧伝します。国家財政が赤字であるか黒字であるかなど、実はそれほど 重要でなはないと思えてなりません。
そして、不足する財政をずーっと借金して賄おうとさせるから巨額の負債を負うことになってしまいました。

永続的に借金に頼る財政というのは根本的に間違ってないだろうか?
では、どうすればいいのか?

簡単です、政府がお金を発行すればいいだけです。
政府が発行したお金で国を運営する、何か問題がありますか?
発行量をきちんと制御する仕組みを作れば、できないことではありません。

元々、通貨を発行する権利は国家に帰属すべきです。通貨の信頼は、国家の信頼に基づいているので当然のことです。
そんな当然のことが当然でなくなっているのが、ユダヤの簒奪システムに取り込まれた自由主義国といわれる実は自由ではない国々です。

かつて、通貨発行権という国家が持つべき当然の権利を行使した為政者がアメリカにいましたが、いずれも殺されています。直近ではJ.F.ケネディさんです。
ユダヤの力の源である通貨の権利に触れる者は、何人であれ悲惨な目に遭います。
自由主義国家で最も触れてはならないタブーの中のタブー、それが通貨発行権です。

シリアにはロスチャイルド中央銀行がないそうですが、ユダヤが今必死になってシリアを落そうとしている最も大きな要因は、シリアにユダヤ支配の中央銀行を設立して、金融で国を乗っ取る為ではないかと想像されます。
奴らにとって、ユダヤ簒奪システム以外で上手くやっている国は放置できません。シリア攻略が上手くいけば、次は必ずイランを攻めるでしょう。このまま、奴らの蛮行を許せば、本当にNWOが実現してしまいます。

しかし、世界がユダヤ簒奪システムに覆い尽くされようと言うこのご時世において、果敢にも反旗を翻す国がありました。

関連引用

●ハンガリーは銀行の足かせを自ら開放した(リンク)

●ハンガリーは銀行の足かせを捨て去る(リンク)

何気に凄いニュースです。そして、久々に良いニュースです。
ヨーロッパのど真ん中で謀反を起こされたユダヤは怒り心頭に違いありません。恐らく全身全霊で潰しにかかるでしょう。
しかし願わくば、これが世界中に飛び火して、1% VS. 99%の戦いがいたるところで発生して、ユダヤ簒奪システムが大崩壊を起こすことを祈ります。

以上 引用終わり
posted by rio at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

日銀が完全民営化されるとき、日本政府は乗っ取られる




t02000200_0200020012350485103.jpgt02200164_0626046712861109611.jpg

日銀が完全民営化されるとき、日本政府は乗っ取られる
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3570.html

日銀が、完全に民営化されたとき、日本という国家そのものが国際金融資本家の手に渡ってしまう。
ヨーロッパ、アメリカの人々は、戦うべき本当の相手を知っているが、日本人には、まだ見えていない。

メルマガ最新記事=とんでもなく長いので誰も読まないでしょうから要点のみ。(全体の4分の1程度)


戦うべき相手を知っている欧米人、それを知らない日本人

--------------------------------------------------------------------------------

ロイターが、近づくギリシャの「Xデー」と題して、第一生命経済研究所の主席エコノミスト、田中理氏の記事を掲載しています。
ギリシャの債務危機が叫ばれてから5年。今度は、とうとう年貢の納め時と、多くのエコノミストが悲観的な見立てをしています。

・・・それでも、ロシアのプーチンが、ロシア産の天然ガスを黒海経由でトルコに供給するパイプライン建設プロジェクトをギリシャに持ち掛け、救済を試みたものの、ギリシャは、「いかなる経済的支援もロシアにしていない」と、UE加盟国の顔を立てることを忘れていません。

一方、欧州中央銀行(ECB)も、2月からギリシャの銀行に資金繰り支援を継続するか検討を重ねてきましたが、一昨日、支援の縮小を検討している旨の発表がありました。

・・・この女性は、「ヨーロッパの人々は、本当に戦わなければならない連中の正体を知っている。それも、人生経験の少ない私のような若者でさえ」というメッセージを、体を張って全世界に発進したのです。

ドラギの顔に紙吹雪を投げつけた、この女性の表情は輝いています。




ヨーロッパの若者たちが、しっかり認識している「本当の敵」とは、これです。
それは、この女性に紙吹雪を投げつけられたドラギが総裁を務めている欧州中央銀行(ECB)。




ドイツのフランクフルトにある、この欧州中央銀行(ECB)の敷地はロスチャイルド財閥が所有しています。
ヨーロッパの若者は、自分たちの将来が、このロスチャイルド財閥の私設銀行である欧州中央銀行に支配されていることを知っているのです。

・・・これは、警官がデモに参加しているのではなく、市民が怪我をしないようデモを先導しているのです。ヘルメットを取ると、警官が市民の敵ではないことが分かってデモ抗議者たちが冷静になるからです。

アメリカ経済はシティーの支配者にコントロールされている

--------------------------------------------------------------------------------

・・・そう、ウォール街はシティーによって、ずっと長い間、遠隔操作されているのです。
そのシティーの中心的な支配者は、やはりロスチャイルド財閥。
ヨーロッパ人もアメリカ人も、自分たちの共通の敵を知っているのです。

アメリカが英国の金融資本家に支配されるようになったのは、1791年、アメリカの初代財務長官、アレクサンダー・ハミルトンの提唱によって合衆国第一銀行( First Bank of the United States)が設立されたときからです。




ペンシルベニア州フィラデルフィアにある合衆国第一銀行。国定歴史建造物に指定されている
・・・(ざっくり割愛)

・・・合衆国憲法では、「通貨発行権は連邦議会に属する」と明記されているにもかかわらず、ごり押しで憲法違反の中央銀行が誕生してしまったのです。
これに慌てた国際銀行家たちは、南北戦争が終結した直後の1965年、リンカーンを暗殺したのです。

ただし、リンカーンの暗殺については謎が多く、メルマガ101号(パート2)にイルミナティーの告白として書いたように、別の説があります。それが以下の囲みです。一つの参考として、さわりだけご紹介しておきます。


エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)暗殺の真相

リンカーンはジョン・ウィルクス・ブースに殺されたのではありません。
リンカーンは、使い捨ての駒として大統領の職に就かされたに過ぎなかったのです。

イルミナティーは、もしリンカーンが大統領に選ばれれば、南は分裂することを知っていました。
南北戦争は、北をとてつもなく豊かにしました。
それこそが、南北戦争が起こることを許されたという唯一の理由でした。

もし、イルミナティーが南北戦争を引き起こすことで豊かになることが分かっていなければ、奴隷制度は、それからもアメリカで続いていたでしょう。南北戦争が起こったのは、奴隷を解放することで、イルミナティーがますます豊かになることが分かったからなのです。

リンカーンは、南北戦争を引き起こすためだけに大統領職を与えられたということです。
つまり、リンカーンは取引をしたのです。
彼は、ひとたび戦争が終われば、大統領執務室から追い出されることに納得していました。

これは、にせの暗殺を通して引き受けられたことです。彼は、余生をメキシコの地下要塞で過ごしました。

・・・1862年のリンカーンの奴隷解放宣言も、本当は国際銀行家の計略を隠すためのものであったのかもしれません。

・・・確かに、奴隷制度が廃止されて黒人は自由の身になりました。

その代り、今度は連邦準備制度(FRS:連邦準費制度理理事会など包括するアメリカの銀行制度の全体を表す)の新設によって、アメリカ国民全体が奴隷となったのです。

奴隷解放は、あくまで結果であり、南北戦争の本当の狙い−英米の国際銀行家の手に通貨発行権を取り戻すこと−を覆い隠すことに使われたということです。これが歴史の真実。

アメリカの支配者がWASPから国際銀行家に代わった

--------------------------------------------------------------------------------

・・・ついに1900年、金本位法を発効させることに成功し、ロンドン・シティーやモルガン、ロックフェラーによるアメリカ金融制度の支配が始まったのです。

・・・さらに、1945年、第二次世界大戦終戦直前の混乱に乗じて、国際銀行家たちが二ューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で、金本位性(ブレトン・ウッズ体制)を確立したのです。
・・・しかし、このブレトン・ウッズ体制も、1971年8月のニクソン・ショックによって終了し、米ドルと金の交換は停止されたのです。

その後は、固定相場によってしばらく安定していましたが、国際銀行家は2007年から始まったサブプライム・ローン破綻の総仕上げとしてリーマンブラザーズを倒産させ、2006年から始まった量的金融緩和にいっそう拍車をかけていったのです。

それからは、ヘンリー・ポールソン、ティモシー・ガイトナーと、財務長官が代わっても、ひたすら債務上限の引き上げを行って借金を作り続けてきたアメリカ。

この間、アメリカの中央銀行に当たる連邦準備理事会(FRB)の議長は、アラン・グリーンスパンが務めていました。
グリーンスパンの師匠は、リバタリアンの教祖であり、フィリップ・ロスチャイルドの愛人であったアイン・ランドです。(メルマガ第6号に詳述)

今、リバタリアニズムと闘っているのがロシアのプーチンです。
反リバタリアニズムは、ある点だけを切り取れば、アンチNWOと言い換えることができます。

連邦準備理事会(FRB)議長が、グリーンスパンからイエレンに代わってから、アメリカは量的金融緩和の終了宣言を出しました。
今は、利上げの時期を探っているところです。金融関係筋の話では、「年内には実施するとの観測が合意形成されている」とのことですが、これは分かりません。

連邦準備理事会(FRB)の下位には全国を12に区分した各準備区ごとの中心地に連邦準備銀行が置かれています。ヨーロッパのいくつかの国の金(ゴールド)を保管しているニューヨーク連邦準備銀行も、そのうちの一つです。

しかし、この連邦準備銀行には、アメリカ政府は1株も出資できないようになっています。
これらをすべて統括している金融システムともいうべき連邦準備制度(FRS)のすべてが政府と無関係の民間人で構成されているのです。

アメリカは、つまり連邦準備制度(FRS)が創設された1913年を境に、それまでの本当の支配層だったアングロサクソンのWASPの手から、国際銀行家の手に渡ったのです。

アメリカで、いったい何が起こっているのだろう

--------------------------------------------------------------------------------

アメリカは、独立戦争以来、再び英国にコントロールされるようになった、ということです。
しかし、それは完全ではありません。

アメリカの近未来には、グローバリスト国際銀行家が世界を手中に収めるためのイベントが用意されています。

もし、オバマが、これをうまく乗り越えられず、国際銀行家のために成果を出せなかった場合は、国内で暴動とテロが起こります。オバマが自動小銃などの軍用レベルの銃規制に乗り出したのも、そういうわけです。

これが、国際銀行家たちによるアメリカ完全乗っ取りの最後のチャンスです。
これに失敗した場合は、世界支配層は第三次世界大戦に舵を切り、ハルマゲドンに突き進むことになるでしょう。

今年の夏から秋にかけて、アメリカの各州でジェイドヘルム(Jade Helm)と呼ばれる大規模軍事演習が行われることになっています。

この目的は、アメリカの完全乗っ取り計画であると言われていますが、実は去年から行われているのです。

去年は、2013年9月25日から11月13日にまたがって、FEMA(合衆国連邦緊急事態管理庁)とDHS(合衆国国土安全保障省)が、合同で9つの一連の災害準備演習を実施しています。

また、装甲車などの軍用車両が、それまで長閑だった地方警察にまで配備されているのです。まるでデモンストレーションであるかのように、街中を走ることさえあります。

今年も、それが実施されるということです。

以下の13の州の都市は、FEMAの活動拠点となっていますが、ここに大量の加熱食セットと大量の飲料水、大量の医薬品などが運び込まれています。




これは、パンデミックや宇宙からのEMP攻撃、巨大地震のときのパニックを想定した訓練です。
(メルマガ第78号・パート1に詳述)

なぜ、安倍内閣が、集団的自衛権の行使が可能になる国にしようと焦っているかといえば、そのときまでに米軍と自衛隊を完全一体化させておく必要があるからです。

・・・それは、日米軍事同盟などという距離感を感じさせるものではなく、そのものずばり日米軍事一体化です。

それでも、オバマ(=ブレジンスキーとNWO設計スタッフ)の計画はうまくいっていない、と微笑ましい感想を述べている人々がいます。私には、とてもそのように見えないのです。オバマの計画はまったく精緻に進行しています。

日銀が民営化される日は、日本が買われる日

--------------------------------------------------------------------------------

さて、これはブログのほうですが、日本の株式市場は、2012年暮れあたりから2013年の初めに、勢いよく上昇すると書いてきました。

これは、私の見立てではなく、元外務官僚の原田武夫氏の記事に書かれていたことです。状況を見ると、半信半疑ながらも「十分ありえる話」として書いておいたのです。そのとおりになりました。

これは、アベノミクスの下で異次元の量的金融緩和によって進められていることです。
上がったものは、必ず下がる。これは原理です。

いつかは日本株の暴落が起こります。それは証券会社のアナリストも否定できないでしょう。

日銀の中にも目利きがいて、日銀の金融政策の維持にただひとり反対している審議員がいます。木内登英という人です。
彼は、バズーカを解除せよ、と孤高の戦いを続けています。

これから木内登英氏のような人は、一人二人と増えていくでしょう。それでも安倍・黒田連合は、量的金融緩和を続行するはずです。

・・・政府は、これからも膨大な量の国債を発行し続けます。私たち国民は、この瞬間も膨大な借金を背負わされています。
国債とは、借金証書のことですから、「金利が発生しますよ」と書いてあるようなものです。

量的金融緩和を続ける、ということは政府が金利を負担することになりますから、それを政府は国民に押し付けようと考えます。
アベノミクスで株価が上がって、見かけ上、企業の収益が上がったように見えても、物価が上昇し、その上、見えない借金まで負わされているのが国民なのです。

こんなことをやってはいけない、と言っているのが木内登英審議員ただ一人だというのです。

アベノミクスの先導役、浜田宏一という人は、確かに素晴らしい頭脳を持った学者です。しかし、彼はグローバリストの刷り込みの犠牲者でもあるのです。彼の経済学は、グローバリスト国際銀行家の支配のための経済学なのです。

日銀は半分以上が政府の出資によって運営されています。

・・・「日銀の独立性を取り戻せー」、「政府の言うことは、二度と聞くなー」とキャンペーンを展開するのです。

その時、日本のマスメディアは、官邸の大臣の言うことなど歯牙にもかけないでしょう。
たった、スシをふるまわれただけで、事実を報道しないような連中ですから。

誰の言うことを聞く?
もちろん、日本のグローバリスト、つまり海の向こうから無国籍の資本によってコントロールされている日本の経済界です。

そして、日銀法は根底から改正(改悪)されるでしょう。
「アメリカの連邦準備理事会のように、政府の資本をゼロにして、完全民営化すべきだー」と。

金融の「きの字」も分からない日本の総理大臣が、そうする、とおっしゃっていますから、あながち考え過ぎだとも言えないでしょう。
そうなれば、日本は完全にグローバリストの軍門に下るのです。

んっ? そうでもないか。財務省、外務省、経済産業省・・・留学組は、とっくにグローバリストに洗脳されて帰って来た人たちだから、アメリカの財務省が通貨の発行権を保持しようと国際金融資本家と暗闘を繰り広げたときのような気骨なんてないだろうし。

でも、「日銀の完全民営化」・・・この言葉が新聞、テレビに出てきたら本当に日本の最後。
しっかり記憶しておいてください。

0002849_3M.jpg
posted by rio at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

フルフォードレポート英語版(4/20) 米企業政府は4月17日に倒産も、認めることを拒否


0002849_3M.jpg




フルフォードレポート英語版(4/20)
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12016875123.html
米企業政府は4月17日に倒産も、認めることを拒否

ア メリカ合衆共和国内の飛び地ワシントンDCに拠点を置くThe UNITED STATES OF AMERICA CORPORATIONアメリカ株式会社は3月31日の支払いに失敗し、4月17日までに商品で支払う期限にも支払えなかったと、中国政府とCIA情報源 は言う。その理由で米企業政府は倒産したと情報源は言う。しかし、ワシントンンの皆さんは静かに去るつもりはなく、まだ生き残るために戦っている。

こ れは世界中の統一喧伝政府通信社の4月16−18日にワシントンで行われたIMFと世界銀行の会議についての報告の中で確認できる。一般大衆向けニュース 報道は倒産という単語を使っていないが、所謂20ヶ国のうち19カ国は米国が世界銀行とIMFの拒否権を放棄しないことを怒っているような言い方をしてい る。言い方を変えればG20のうち19ヶ国のリーダーによって米政府は公式に否認された。

現状の米国の状況は私の母が話してくれた、軍隊パレードを見ていた女性が「見て、私の息子は唯ひとり足並みをそろえて行進している」という古いジョークを思い出す。

表面下でも、新金融システムの出現において様々な人々が優位な位置につくべく、高額債、個人情報盗難、殺人と秘密の交渉を含む多くのスパイ映画のようなごまかしが横行している。

白 龍会と中国共産党政権との新会合が先週終了し、中国の新システムにおける投票権のシェアは20%を取得し、中国は世界覇権を求めていないことを基本合意し た。議論された多くの案件もあるが、安全保障上の理由で公にできないが、人類の大半を強力に支援する計画を含んでいる。

また、WDSとイ ラン、中国、日本と韓国の王室の代表を含む交渉もあった。各場合において、歴史的金塊財宝の正当な相続人はWDSに、彼らの親戚の多くは殺された、そして 彼らもまた命に対して恐怖を感じていると話した。多くの場合において、正当な韓国、ペルシャ、中国などの王室としてなり済まそうとした徒党メンバーは逮捕 されたと、日本軍情報機関と他の情報源は言う。イタリアのキアッソで間違って逮捕され、数十億ドルの価値の債権を盗まれた日本皇室代表の山口明彦もまた、かってこの著者に少なくとも4人の人間が金融機関に彼を装おうとして逮捕されたと話した。

これらすべての異なる情報が言う話はハザールマ フィアが巨額な金額の金融商品を裏打ちに世界中の色々な王室の金塊を使う権利を獲得したということである。このニュースレターで前にも言ったように、ブ ラックヒース卿は2012年に英国貴族院でそのようなケースを詳細に説明した。まだ彼の証言を見ていない人は、あなたの時間を11分頂いて、このリンクを 見てください。

ブラックヒース卿が説明したことはインドネシア王室が所有する700tの金塊を使って750,000tの価値の証券を作り、それは2008年のリーマンショック後のFRBを救済するために15兆ドルを作る為に使われた。
ブラックヒース卿が言うように、今は他の王室も同じハザール人やFRB詐欺師によって彼らに発行された理論的には数兆ドルの価値のある紙の証明書をもって表に出てきている。

ペ ルシャ/イランの相続人は45兆ドル相当のそのような債権を持っていると主張している。この相続人の兄弟、彼の両親と多くの他の親戚のうち二人が、その債 権の現金化やこれらの債権を裏打ちしている王室の金塊権利を求めることを防ぐためにハザール人によって殺されたと、ペルシャ王室は主張する。

ま た、満州/韓国/中国の王室家族は第二次世界大戦前とその間に、韓国、満州、中国連邦を作るために使われるという約束と引き換えにアメリカ人に彼らの金塊 を渡した詳細な記録を作成していた。その代りに、金塊は欧州と日本を再建する戦後マーシャルプランの資金に使われ、他の人々は寒さの中、外に残された。

言 い換えれば、米国と欧州の戦後の繁栄はほとんどが古代非欧州の王室家族から不正に取得した金塊によって賄われた。これらの家族は彼らの金塊を取り戻すこと を要求してきたが、その金塊とともに現れることはできなかったが、その結果4月17日に米企業政府の倒産につながった。欧州王室は自らのために、世界の他 地域の相当者と融通に到達した。これが英国、フランス、ドイツ、イタリー、スイス等が米企業政府の反対を無視して中国提案のアジアインフラ投資銀行へ参加 した理由です。

我々はまたIMF専務理事のクリスティーヌ・ラガーディア発行の登録公共確認書に大きな金がリリースされると言ったことを持っている。ここにワシントンにおける先週のIMF会議で彼女が言ったことがある。

「アジアインフラ投資銀行は、そこの大規模重要に現実に対応する地域の新顔です、それはインフラ融資である。人々は数十億ドルを話しているのではなく、アジアにインフラ融資に必要な数兆ドルについて話している」

「だ から、もしその期間がそこで重要な需要に融資するならば、それは成長を押し上げ、そして我々も協力できる。もし我々も一緒に仕事ができるならば、それは素 晴らしいニュースだ。我々自身はこの見通しを非常に支持するし、そして喜んで協力し、この新機関の役に立つまで貢献してゆく」

言いかえれ ば、彼女は放出されようとしている数兆ドルのいくらかのシェアを取れるという見通しに口によだれを垂らしている。世界銀行総裁のジム・ヨン・キムもまたこ れらの数兆ドルが正当な所有者に戻される時にやってくる予想される新しい行動のいくつかに関われると世界銀行の見通しによだれしている。

「これを背景として、最近米国で非常に多くの急進的活動が起こっていることを理解できる。そのような話の一つに、NORAD軍司令部によって公表されたロッキィー山脈の地下の棚上げされたシャイアン基地を電磁波攻撃に備えて再開する計画がある」

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3031041/Why-military-moving-Stargate-base-deep-Rocky-Mountains-decade-abandoned.html#ixzz3Wod66mbE

彼らが公にこの基地を再開すると公表した事実は、デンバー、コロラド、ワシントンDCやそのほかの新しい地下基地はホワイトハットによって差し押さえられ、そして徒党支配は排除されたことを確認できる。

また、米軍基地の近くに位置するウォールマートストアの支店が突然閉鎖された理由について多くの憶測がある。

http://money.cnn.com/2015/04/16/news/companies/walmart-closing-plumbing/

CIA 情報源は、これらの店の地下にはエリートが隠れられるように地下の倉庫が設置されている。しかし、国防総省の情報源はウォールマートは銀行システムの シャットダウンと再立ち上げの準備として食料品と必需品の物流拠点として準備されていると言っている。これらの情報のどちらが正しいことを言っているか、 時が教えてくれる。

他の奇妙は出来事は、ニューヨークのFRBがその基本機能をシカゴへ移動するという計画である。我々は前からシカゴの 連銀がその窓をコンクリートで塞いでいることに注目してきた。我々はまた、財務相が浄水器、緊急食料備蓄、緊急毛布等を買いだめしていることを指摘してい る。これは通常の金融危機の間に必要な材料ではない。

しかし、妄想を持たないでください、連銀はいるからといって、これは世界の終わりではなく、むしろ詐欺的な不正な金の世界の終わりです。我々99.99%の人類にとって、これは古代ヒクソス負債奴隷から偉大なる解放の時になる。


例えば、バチカンは4月28日にこれと他の形の奴隷を止める議論をするため、専門家による特別会議を開催する。

http://www.casinapioiv.va/content/dam/accademia/booklet/booklet_earth.pdf

こ の公開フォーラムに加えて、今月末に秘密の会議があり、前向きな件の議論をする。特に、議論されることは、まもなく発行される数兆ドルが妖精の塵にならな いよう、現実世界の現実の改善に繋がることを確実にする詳細な機構である。それが現実に意味するところは突然、強大な発表の代わりにゆっくり、しかし、指 数関数的に大きくなって行く小さな雪だるまとなるであろう。最初に数百万ドルが人材獲得に使われ、そして数億ドルがスタッフ採用と本部設立に使われ、試し プロジェクトとして数十億ドル、そして数兆ドルが注ぎこめれ始めるだろう。

心に留めておくべき重要なことは、我々が始めようと準備してい ることは地上に天国を作ることで、復讐を求めて新しい地獄を作ることではない。過去の犯罪に対して復讐を求めることは新しい復讐の負の循環に繋がるだけ だ。ハザールマフィアも素直に降参することが最良の選択であることを思い出す必要がある。


---------------------------------------------------
一年前もこんな話をしていた気がするが、今回は本当のようだ。
「アメリカ株式会社は倒産しました」

確かに一般紙の新聞記事は
日米欧と中国など新興国で組織する主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は17日、世界経済の成長強化に向け、インフラなどへの投資を促進することを柱とした共同声明を発表して閉幕した。


金を転がしてゆく方法もすごいね。700トンの金塊が15兆ドルになって行く。
しかし、今もこの方式は毎日採用されている。株の信用買いである。保証金は20%でいい。
これを繰り返せば、いくらでも金ができる。インチキ、この時点もインチキです、株式は。

春だ!春だ!春だ!

posted by rio at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

AIIB  日本人が知らない「ダボス会議の時代の終わり」 (連載「パックス・ジャポニカへの道」)


t02200136_0530032811887460614.jpg




原田武夫です。最新コラムを公式和文ブログでアップ。間違いなく・・・AIIBに米国はある日突然、「入る」と言い出しますね。日本は大騒動だ。
http://haradatakeo.com/?p=58011  #AIIB #B20
https://twitter.com/iisia/status/589391193349484544

日本人が知らない「ダボス会議の時代の終わり」 (連載「パックス・ジャポニカへの道」)
http://haradatakeo.com/?p=58011




4月15日より米ワシントンDC入りし、16日から17日まで同地で開催された「B20」にメンバーとして出席した。 B20の分科会(タスクフォース)は2月から3月にかけて議長国トルコが音頭を取る中、次々にイスタンブールで開催されたが、その後、3月後半に電話会議 を実施。そして世界銀行(World Bank)総会の機会をとらえ、G20財務大臣・中央銀行総裁会合が行われるのと合わせ、「B20」も実施されたというわけなのである。



この様に書くと、「B20とは、そもそも何なのか?」と読者は必ずや思われるはずだ。それもそのはず、このB20について、いやさらに言えばG20 そのものについて正しい意義付けが我が国で報じられてはいないからである。正直言うならばかくいう私も、B20のメンバーとなってフル・コミットメントで このプロセスに参画するまで、「なぜこの様なプロセスが行われているのか」について全く理解してはいなかった。そこで今回はまずはこの点から書いて行きた いと思う。



まずはG20について。―――G20はそもそも、リーマン・ショック(2008年)に象徴される今次金融メルトダウンに対処するにあたり、「もはや 先進8か国(G8)だけでは無理だ」という認識の下、エマージング・マーケットの雄たちをも巻き込む形で始められたものである。そのため、いわゆる先進国 だけではなく、サウジアラビアやトルコ、そしてロシアや中国に南アフリカ、さらにはアルゼンチンといった地域大国がまたぞろこれに加わっている。



しかし事態を少々ややこしくしているのは、このG20がこうした成り立ちであることから参加各国において「財務省マター」として認識されているという事情があるからだ。金 融メルトダウンに対して「何とかしなければならない」と動くのは、我が国の霞が関でいうと当然のことながら財務省・日銀ということになる。したがって G20は「金融問題について話し合う場所だ」という風に考えられるようになるわけで、このことが我が国では外務省が真正面から所管している「G8サミッ ト」とは大きく異なっているのである。



更に事態を複雑にさせているのは、このG20会合には民間セクターを巻き込むために、数多くの補助プロセスがあるという点である。これまた我が国で はほとんど聞かれることがないが、グローバル・ビジネス・リーダーたちが寄り集う「B20」を筆頭に、30代以下の若者たちを集めた「Y20」、女性リー ダーたちの集まりである「W20」、労組リーダーたちの会議体である「L20」といった会合が次々に立ち上げられ、活発な活動を行っている。



大変重要なのは、これらの会合が単に“おまけ”として政府間会合であるG20に関与しているわけではないということにある。それぞれの会合はむしろ G20に「先立つ」形で、しかも「通年」で開催されている。そしてまず、その年にG20で話し合うべき内容についてトーン・セッティングを行い、具体的に G20の首脳レヴェルで決議すべき政策メニューを話し合うのは「B20」を筆頭としたこれら民間レヴェル会合の方なのである。すなわち「政官が民を指導する」のではなく、「民が政官を誘導する」という仕組みがそこでは創り上げられているというわけなのだ。



それではこうした会議プロセスは自然発生的に始められたものなのであろうか。―――答えは「否」である。とりわけB20がG20を先導し、後に述べ るとおり、政府サイド(G20)がきっちりとそこでの決議内容を履行しているかどうかを監督するプロセス(advocacy)を民間サイド(B20)が廻 していくことを決めたのは2010年に開催された世界経済フォーラム(WEF)なのである。そう、あの「ダボス会議」である。



なぜ「ダボス会議」がこうした決定を行い、徐々に「B20」という形で政府(G20)を凌駕する立場を築き上げようとしているのかといえば、それは 本家本元である「ダボス会議」が完全に“社交の場”になってしまっているという事情による。確かに毎年1月に実施されるこの「ダボス会議」には各国の政治 家やグローバル・ビジネス・リーダーたちが参加している。我が国からも気まぐれであるかのように総理大臣を筆頭に政治家たちが出席してみたり、あるいはメ ディアで有名になりかけた若いセレブリティたち(勝間和代、橋下徹など)がそこに招待されたりしてきた経緯がある。だがいかんせん、それは「民間レヴェル での会合」に過ぎないわけである。



これに対して「B20」は通年のプロセスであり、G20という政府レヴェルでのプロセスに密接に関与している。このことの「意味」に気付いた個人・組織・企業から順番に、積極的にその場で活動を行い始めている。何 せ、形骸化した「ダボス会議」に代わって、今度はまずもって国際社会全体をリードするフレームワークを「B20」などの補助プロセスがまずは提示し、それ を政府レヴェル(G20)が政治的に決定・採択し、実施する。しかもその状況を再び民間レヴェル(B20)が監督していくというプロセスが始まっているの である。正にグローバル利権の獲得競争の場なのであって、そこに絡まないという選択を真のグローバル・ビジネス・リーダーであればしないわけがないのであ る。事実、こうした重みをもっていることから、今回のB20会合にもラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事といった政治リーダーたちも出席をしていたと いうわけなのである。


大変興味深いのは、例えばこのB20に出席するために「カネを払えば良い」のかというと、全くそうではないという点である。ちなみにB20の参加費はゼロ円である。高 額なフィーを求められるダボス会議とは大きく異なっている。しかしその分、シビアに判断が下されていることも事実なのだ。なぜならばそこで問われるのは、 このプロセスで議論を行い、しかもそこでの決議内容を現実にしていく(implementation)にあたり、出席を希望する者が果たして意味がある存 在なのかだからだ。つまり社会的にインパクトがあると議長国の側から見て判断されなければ出席を認められることはないのである。無論、グローバルな意味で の(日本国内だけで通用するというのとは全く違う)プロフィールも必須だ。しかも「そうした実績を持っていること」をきっちりと表現できなければ果たして 何者であるのか、認識されることすらあり得ないのである。その意味で審査プロセスは厳しいものであると言える。(ちなみに渡航費は完全に「自腹」である。 それでもプロセス全体に出席するだけの意思と財政面も含め能力が求められているのだ)



さて、この様に行われているG20プロセスを誘導する「B20」であるが、今回のワシントンDCでの会合においてどの様なテーマで議論が行われていたのかを簡単に書いておくことにしたい。結論を言うならば、そこでの主たるテーマは「包含性(inclusiveness)」「中小企業(SME)」「インフラ投資」であった。



我が国ではいわゆるLGBT、すなわち性的な差別を受けてきた者たちの権利擁護を求める論調が俄かに高まってきているが、そのことだけをとらえて 云々することは実は間違っている。「国際社会が直面している事態はもはやそれどころではない、だから、これまで排除してきた多くの人的集団をあえて巻き込 むことによって、そこにある知恵をも取り込み、かつ彼らを仲間=消費者とすることにより、マーケットを少しでも活性化させたい」という狙いが根底にはある のだ。つまりデフレ縮小化に進む中で一人でも多くマーケットに参加させることにより、徐々に失われ、崩落していくその流れを少しでも食い止めようという議 論、それが「包含性(inclusiveness)」の議論なのである。我が国ではそうした大局的な観点から論じられることが皆無であるため、単にこれま で世の中で阻害されてきた集団をハイライトすることだけが自己目的化してしまっているように思えてならないのである。女性の社会進出を促進せよという議論 についても全く同じである。



そしてこの延長線上にあるのが「中小企業(SME)」を巡る議論なのだ。今回、ワシントンDC会合に出て非常に驚いたのは、そこでの議論に大企業の 陰が全く見られないという点であった。無論一部に米欧の有名大企業の幹部たちも混ざってはいたものの、それがメインというプロセスではないのである。その 代りにむしろ中心としてとらえられ、「世界の救世主」とでも言わんばかりの扱いを受けたいのがSmall and middle sized enterprise, すなわちSMEであった。



日本語で「中小企業」というと今やある種の悲哀すら感じられてしまうのが実態だ。だが、米欧を中心とした国際社会の最前線では大企業によって押しや られてきたこれらのSMEこそ、今後、様々な優遇措置を講じることによって「世界を救う存在」になることを期待されているというわけなのだ。クラウドファ ンディングや、ネット上でSMEが客観的な企業情報(スコアリング)に基づいて自らの情報を開示するシステムが今やつくられようとしていることなどは、全 てこうした基本的な情勢認識に端を発しているのである。ところが我が国では相も変わらず、例えば円安誘導をすることによって「輸出系大企業」に対する露骨 な利益の供与が続けられていたりもする。だが米欧の統治エリートたちはというと、もはや身動きがとれなくなった大企業には未来を託さず、SMEにこそ、今 後は賭けたいと公言しているというわけなのだ。ここに明らかに「グローバル」と「我が国」とをくっきりと分ける大きな隔たりがある。



もっとも大企業、そして国家がやるべきことが無いのかというとそうではない。今回の会合で支配的な論調はというと、「インフラ投資の推進」だった。 当然そうした規模での投資は中小企業(SME)の出番ではない。国家レヴェル、そして大企業が行うべきものということになってくる。とにかくデフレ縮小化 を前提とすれば、ありったけの資源を総動員しなければその動きを食い止めることは出来ないのだ。「どこまでもインフラを整備し、もって経済の崩落を食い止 めるべき」という至上命題の下、もはや背に腹は代えられないとばかりに、これまでならば絶対に認められなかったことも認めるという流れが既に出来上がって いる。実はこの文脈でアジアインフラ投資銀行についても語られ、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事、そしてジム・ヨム・キム世銀総 裁共々「アジアインフラ投資銀行とは協力関係を構築していきたい」と公言して憚らなかったのである。このこと一つだけとっても、いかに我が国という「コッ プ」の中で揺れている議論が狭小であり、無意味なものであるかが分かるはずだ。



今回のワシントンDC会合で大きくトーン・セッティングされた「B20」のアジェンダは、次に5月の電話会議を経て、6月に今度は欧州勢との調整を 行うべく、経済開発協力機構(OECD)との調整の場に挙げられることになる。そして最終的には11月のB20サミット=G20サミットまでこの一連のプ ロセスは続くと言うわけなのである。



私たち日本人がイメージしてきた「ダボス会議」はもはや終わったのだ。そうではなくて、全く違う発想の下、世界統治のための新しい枠組みが今、目の前で創られようとしている。例によって同胞=日本人が皆無である会議場を見渡しながら、今回もこう思わざるを得なかったのである。――――「何とかしなければ」と。

2015年4月18日 米ワシントンD.C.にて

原田 武夫記す
posted by rio at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盗聴法 NHK 株 原発再稼働 避難 イエメン 原油価格サウジ 米中 地震 人口 世界の終り 諺









0002585_3M.png

2015-04-18 14:13:02NEW !
テーマ:ブログ

陰謀編世相チェックしとります。
イエメン情勢で、また、原油高騰は、やめて欲しいね。

袴田事件で静岡県警が盗聴!滅茶苦茶ヤバイ盗聴法が国会に提出へ!盗聴法・刑事訴訟法等改正で合法的な無差別盗聴が可能に!?
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6168.html


安倍晋三首相が、「原発再稼働、原発新増設」「普天間飛行場の辺野古への移設」に固執する本当の理由
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2c3d76731ba82eb72c19225aa4c8f39f
安倍晋三首相が「生への執念」から、昭恵夫人の強い勧めで開始するという「統合医療」とは何か?


エリート達が何かを準備している。世界の終りの絵とリンゼー・ウィリアムズ氏彗星との類似点
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1852.html



自民党がNHKとテレビ朝日の関係者を呼んで話を聞くそうですが、むしろその動きは「遅すぎた」
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/3e7c22e21e75535e0e36b6e48c602fc8


タワーマンションは縦割り長屋
http://my.shadowcity.jp/2015/04/post-6890.html
 地方の人口が減り続けている。


急落したヨーロッパ株といつ暴落しても不思議ではない金融市場
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4858805.html

日本をだしに中国の台頭を誘発する
http://tanakanews.com/150416china.htm
【2015年4月16日】 米国が日本に引っ張られて中国敵視を続けるほど、他の国際社会は中国を敵視することに不利益を感じ、米国の制止を振り切って中 国に接近し、米国の覇権喪失と中国の台頭、世界の多極化が進む。それが米国側の真の目的であり、日本はだしに使われているだけだ。

中国バブル崩壊20周年
http://my.shadowcity.jp/2015/04/20-4.html
ネトウヨが必死こいて、中国バブルは崩壊だ、中国はオシマイだ、と騒ぐんだが、そう言い続けて20年、相変わらず銀座では中国人観光客が群がってショツピ ングですw つうか、こないだはワサビ相場が21600円まで下がったんだが、今日は24840円まで回復してますね。ワサビは季節要因とか、天候要因が 少なくて、主に景気動向に相場が左右されるので、景気指標としては優秀ですw

第1四半期中国GDP、前年比+7.0%に鈍化 6年ぶり低成長
中国国家統計局が15日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比で7.0%だった。需要の低迷が響き、昨年第4・四半期の7.3%から減速し、6年ぶりの低成長となった。市場予想とは一致した。
中国バブルについては、おいらも散々書いて来たんだが、「ただいま絶賛、バブル崩壊中」なんです。いつ崩壊するかではない。指導部のアタマが良いので、ブ レーキの効かせ方が絶妙w バブルを再燃させるのは簡単だが、今は引き締めるべき時期だと判断しているのだろう。


中国の輸出が15%減少(@w荒
http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/52424949.html



イエメンでサウジが苦戦に
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/270418.htm
「Iran defense minister: Saudi Arabia will fail in Yemen」がal-monitor誌に掲載されている。

イランとサウジアラビアは、今、イエメンで今までにない対決の状態にある。サウジとアラブ連合軍は3月からイエメンのイラン支援のフーシ派に対して、空爆をしている。

しかし、イラン国防相Hossein Dehghanは、サウジが空爆で目標を達していないし、地上軍は崩壊の危機にあると述べた。

この中東地域(アフガン、イラク、コーカサスなど)のスンニ派原理主義を財政的、補給的に、サウジは支援しているが、この地域全体でも目的を達していない。サウジとイランは、2つの宗派の管理をしているが、サウジは失敗していると。

そして、サウジは、イエメンに利益があるし、特に南イエメンに影響力を持っているが、イランはフーシ派を支援しているが、イエメンに直接的な利益はない。

しかし、イエメン爆撃で、ハディ大統領派ではなくアルカイダのグループが勢力を伸ばしている。

イランは空爆を中止して、停戦の協議を提案しているが、サウジは拒否している。宣伝戦をイランとサウジで行っている状態である。
とした。

同じ趣旨が、ニューヨーク・タイムズでも記事になっている。

アルカイダが拡大しているので、サウジとハディ派は石油地帯を守るようである。イエメンもシリア化してきた。

サウジは、大きな荷物を背負ったようである。このため、石油価格を上げて、戦争の費用を捻出する必要になって、石油価格の上昇が必要になっている。

このため、サウジと米国は結託して、シェールオイル生産の縮小を宣伝して、価格上昇を目指し始めた。このため、原油価格が60ドル付近まで上がっている。

米国のサポートが少なくなったサウジが苦しそうである。

さあ、どうなりますか?


現在オバマ政権が中東で行っている政策の本質(@w荒
http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/52424180.html
ウクライナ情勢が一服したことを見据え、ロシアを叩くための原油価格引き下げを止めてシェールオイル企業の連鎖倒産による金融危機を回避するために原油価格高騰を試みているのだとをもっている(@w荒

日本の原発には【メルトダウン】に備え、放射性物質を閉じこめる「コアキャッチャー」がない! 欠陥原発であった!
https://twitter.com/susanou666/status/589243327284785154

国は避難計画を放棄?
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/e9147d47cd8cfc9f27887bdf5efc3d8d

巨大地震は、いつ起こる!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/005bc84fef91e5fea9e202c9a6181b1a

バカバカしいけど面白いことわざビデオwwwww (04/18)
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-93.html
◆近年は諺(ことわざ)を使う人が激減していますが、これは深い人間観察、洞察から生まれたもので長く世人に伝えられ、心の機微を表現するにはもってこいのツールです。今日はその動画に諺をつかってもましょう。

posted by rio at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

フルフォードレポート英語版(4/14)


t02200136_0530032811887460614.jpg




フルフォードレポート英語版(4/14)
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12014461151.html
元国家情報局長官デニス・ブレアは日本の暴力団の為に働く

時 には、それらを信じるために物事を見る必要がある。今日、私は元米国家情報局長官(すべての米国情報機関を統括する)かつ元米太平洋軍司令官のデニス・ブ レアの名刺を手に入れた。彼は今は、米国笹川平和財団の理事長兼最高経営責任者であると言われている。言い換えれば、彼は日本のヤクザ操作する男、笹川陽 平の為に働いていると、この著者に話した情報源も仲間のヤクザである。ここに笹川良一についての機密指定を解かれたCIAの報告書へのリンクがある。

ここで、日本のヤクザについてよく調査された本からの引用です。



だから分るように、ヤクザの前衛へ引退した米高級将校。彼は共同喧伝新聞に対して忠実に現在のワシントンDCの基本方針を展開した。この著者は繰り返しブレアに質問する機会を拒否されたので、ここに我々の質問を掲載します。

「ブ レアさん、あなたは笹川陽平の為に働いている。彼はインドネシアとフィリピンの洞窟に隠された伝説の財宝によって裏打ちされていると不正な主張により薄い 空気から金を作り出している男である。残念ながら、あなたの欧州の同盟者と世界中の他の者も笹川とその仲間の暴力団の話はもはや誰も信じておらず、代替の 金融システムを構築している。あなたへの私の質問は、あなた方は現実を受け入れて、現在の世界の人口統計と経済の現実を反映する為に国際的な地政学的な金 融構築を交渉することに合意するのはいつか?」」

私の続いての質問は、「合衆国憲法は明らかにお金を作り出す権利は合衆国の国民政府に属すると述べているので、米軍がFRBを国有化し、アメリカ国民を負債奴隷から解放することで憲法の誓いを維持するのは何時か?」

私がこれらの質問をする機会を拒否された事実は、記者会見のような演出されたイベントを支配する徒党によって使われる巧妙な手口の一つが基本方針に沿う記者のみに質問が許されるということ改めて確認させられた。

いずれにしろ、ブレアによって述べられた基本方針を聞いていると、ワシントンDCとその日本奴隷子会社の政権の中で起こっていることへのいくつかの重要な洞察が与えられた。ブレアが言った最も重要なことは、

イ スラエルの首相ベンジャミン・ネタニヤフによる米議会と上院に対する演説は、「かわいいものではなく」そして彼は米国内政に「口を挟もうとした」。共同記 者会見における、とりわけイスラエルに関するこの自然な一般の意見は、非常に強い言葉を構成している。従ってブレアは、この著者の国防総省とその機関の情 報源が話した、つまりイスラエルのネタニヤフとサウジアラビア政権を取り除くために進んでいる協調した活動があることを確認させた。サウジ政権はエジプ ト、パキスタンと他のイスラム国家に助けを求めたが、すべてが拒否した。国防総省の情報源は、中国、ロシアとネタニヤフ自身の支持者さえ第三次世界大戦を 始めようとする悪夢のようなシオニストの計画を終わらせるために彼を逮捕しようとねじ伏せていると言っている。

サウジ政権とネタニヤフ政権の多くのメンバーはこれらすべてが終了したときに戦争犯罪として裁かれると、国防総省は情報源は約束している。さらに、彼らは大規模金融補償を支払わされるだろうと、情報源は言う。

従って、米国軍産体制がシオニストとサウジに背を向け始めたことは今、明らかであるので、現在の指導部が将来につてい非常に小さな短期的なことしか考えていないことも明らかだ。

ブレアが述べた世界に戻ると、彼は米国政府が持っている最良の友は日本であり、つまり彼が言ったように、「日本は米国と同調する数少ない国の一つである」米国側は彼らの「アジアへの軸足」の要として国防総省が日本軍と効果的にその力を統合できる法律の通貨を推進している。

日 本の奴隷首相安倍信三は今月末向かって米国を訪問し、米国とヤクザの操作者によって慎重に準備されるであろう合同議会に対して演説を読み上げる。その中 で、彼は中国対抗の均衡としての大きな動きの鍵として日米同盟を強調するだろう。彼らはまた、安倍にTTPの最終合意を発表させるであろう。

安 倍とその操作者にとって残念なことに、英国、ドイツ、フランス、イタリアとスイスは中国提案のアジアインフラ銀行へ参加を希望する50カ国に入っているこ とは安倍をアジアの強力なリーダーとし中国の代替とするシナリオは全く失敗したことを意味している。欧州が世界金融構造の米国指導を公に拒否していること が事実である。安倍は、背後に隠れるいつものワシントンの人形使い(シオニスト抜き)にとっては白人でないただの日本のオバマである。

笹 川陽平のようなファシスト日本の黒幕と安倍の背後にいる米国にいる日本の操作者はパラダイムシフトに直面しており、少々の変更では今までのようにはビジネ スができなくなっている。たとえ安倍がワシントンへ行き、そこに集められた傀儡に対して操作者の演説を読んだところで、ワシントンがもはや世界舞台の中心 ではないので、彼はもはや関係がない。

ブレアが言ったことで注意すべきもう一つは、米軍産体制の刃先を代表して、明らかに誠実に、米国経済は急落下ではなく回復にあるとあからさまな統計上の嘘を信じているということである。希望的観測は真剣な知識仕事の一部であってはならない。

軍 産複合体の特権階級のトップの公けの行動を見ていた分ったことは、インターネットが彼らが知っていることと、公けに報道されたことの間の古いファイヤー ウォールは全く破壊したということを理解していないということである。彼は大衆公開は洗脳された協調記者たちに対する経済の真の状態のようなことに関して 虚偽を通じて制御できていると信じているようである。事実は、ネットは得るものと同等もしくはそれ以上に多くの公開情報説明の考えを与えてくれる。

言 及する価値があるとしてブレアが言ったことの一つは、2013年に中国が米国と日本からそれぞれ300億ドルと200億ドル相当の企業秘密を盗んだという ことである。これが示していることはインターネットは人間の生活圏あるいは世界共有知識に変化しており、そこでは全ての情報は見え、共有化される。そのよ うな世界においては、喧伝、秘密技術や軍事力で他社を支配しようとする古い考えは意味がなくなっている。中国はすでに米国の11倍もの鉄を作っており、非 常に多くの彼らの知的財産に対する公開窓口を持っているので、もし彼らが彼らができる強大な近代的軍隊を作ろうとしても、彼らはそれは選ばない。そのよう な環境下で、彼らを敵よりも味方にした方が良い。

そのために、白龍会は先週、世界経済企画庁の統治機構に対して提案をした。提案は中国に 20%の議決権、欧州と北アメリカにそれぞれ17%、日本と韓国に14%、そして他の国々に32%を与える呼びかけをしている。これは東西に同等にそれぞ れ34%の投票を与え、議決権は南に与える。

アジアインフラ投資銀行はこの提案とは別個に存在するが、そのすそ野を広げ世界インフラ投資銀行を目指すべきである。

いずれにしても、現存する世界構造を更新する方法につていの交渉が小康事態のため先週はニュースが遅れている。ギリシャ危機はこの影響で5月まで放置される。事態は今月末に向かって再び勢いづく。



-------------------------------------------------------------------------------------------------
集団的自衛権は日本から米軍完全撤退であるならば、まだ意味がありそうであるが、その辺が見えない。そうであってもそれこそ独立国家になるのだから不要であるが。カーター国防長官が何を話したかが気になっている。

いずれにしても安倍のアホなんか関係ないではなく、何とかして欲しいと説に思う日本国民である。
まぁ、確かにどんより停滞しています。
posted by rio at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

通貨制度 不正選挙 人工地震 TPP 陰陽師 末期癌生還 天孫降臨 核爆発 習粛清 ヒラリー子猫


0002585_3M.png





世界各地で通貨制度に対する革命的な動き★
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12013449962.html


統一痴呆選、どうやら大規模不正をやらかしたようですね。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_84.html


ユダヤ金融馬鹿のみなさん、「東海地震」は諦めていないのですか?「三重で地鳴り」が話題になっていますよ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_82.html


[田中宇氏]安倍首相の訪米演説は “TPPをまとめるための演出”〜 金融システムの崩壊とともに終わる米国官僚機構の思惑
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=88303



竹下雅敏氏からの情報です。

 この論考は、大変よく出来ていると思います。安倍首相の訪米および議会での演説の目的が、“TPPをまとめるための演出”だというのは、その通りだと思いました。

 米国に隷属して利権を貪る官僚機構の思惑と、それが金融システムの崩壊で終わりになることが述べられています。この通りではないでしょうか。米国の崩壊は確定していると思いますが、やむを得ないことだと思います。


(竹下雅敏)




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【資料メモ2】 田中宇の国際ニュースから


転載元より抜粋)

街の弁護士日記 15/4/12











習近平は本気で粛清をすすめる。日本では誰が蚊柱どもを粛清できるのか?
http://www.k2o.co.jp/blog2/2015/04/post-1365.php


長年、兵器密売に従事してきた、女性大統領・候補
http://alternativereport1.seesaa.net/article/417210529.html


陰陽師の謎 18 再び聖徳太子の光と影
http://ameblo.jp/yippee-happy/entry-12013563147.html
(クリック拡大)
(若き日の弓削道鏡)


余命3ヵ月 末期癌から生還した人の絵本
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1853.html


天孫降臨の真実
http://ameblo.jp/calseed/entry-12011274950.html
結論から言いますと、瓊瓊杵尊の項目に関してだけは、竹内文書と上記が間違えているのです。それは、記紀のような意図的な改竄ではなく、編者の思い込みによる書き間違い、ミスだったのです。


いまの日本は 毎日が3.14
http://grnba.com/iiyama/index.html#ss04121
これは↓核爆発である。



子猫を飼い始めました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51956448.html
posted by rio at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

コブラ 世界情勢のショート・アップデート


0002792_2M.png



2015-04-07 20:24:05NEW !
テーマ:ブログ

来年の1/1って、ほとんど、来世に感じますが。
とりあえず、参考ですね。

世界情勢のショート・アップデート
http://nowcreation.jimdo.com/2015/04/07/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%83%85%E5%8B%A2%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88/
4月6日付

A Short Planetary Situation Update









世界情勢のショート・アップデート






米国以外の主要国が、新たに中国の率いるアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加盟するので、東方連合は、特に金融の分野で良き進展を遂げています。



http://finance.yahoo.com/news/us-isolated-allies-line-join-075105032.html



AIIBは、世界規模の重要なインフラ計画をサポートします。



http://sgtreport.com/2015/03/all-aboard-the-de-dollarization-bullet-train/



https://www.bullionstar.com/blogs/koos-jansen/this-is-what-the-aiib-is-about/



東方連合はまた、進んだテクノロジーをいくらか世に出すために、まとまった資金を放出します。



http://thebricspost.com/russia-to-sign-brics-pact-on-science-and-innovation/#.VSLov44oSVK



東方連合は2016年1月1日を金融リセットの目標日に定めました。



http://philosophyofmetrics.com/2015/03/25/when-will-china-end-the-dollar-peg/



提示された日付は、本当のリセット日になるかもしれないし、ならないかもしれません。



ここで述べられている新金融システム(特にシナリオ3)の基本的な構成が、



http://philosophyofmetrics.com/2015/03/28/sdr-fundamentals-future-announcements/







私が3年前に公表した情報と極めて近いことが、分かるでしょう。



http://2012portal.blogspot.com/2012/04/normal-0-microsoftinternetexplorer4_28.html

(日本語はこちら)



私は以前、ラテンアメリカで活動している秘密のポジティブグループに言及したことがあります。彼らの主な目的の一つは、キメラが支配している米軍基地を、南米大陸に寄せ付けないことです。



http://www.veteranstoday.com/2015/03/27/why-latin-america-rejects-us-military-presence/



随分、(東方連合に)進展はあったものの、まだ為すべきことがたくさん残っています。



第一に、BRICSを率いる国々――特に中国とブラジル――の行政機構に、依然として多数のカバールが潜伏しています。



http://www.thenewamerican.com/world-news/asia/item/20601-with-western-help-chinese-communists-build-new-world-order



第二に、現在地球上の奴隷の数は、人類史上最多となっています。



http://www.alternet.org/civil-liberties/there-are-more-slaves-today-any-time-human-history?



特にインドでは。



http://www.globalslaveryindex.org/country/india/?gclid=CKqf_ZDZn8MCFSvJtAodfUcAcA









イベントに近づいているので、東西世界の最善のものを残してそれ以外は捨て、東西間で真のバランスがとれている必要があります。



http://benjaminfulford.net/2015/04/07/chinese-bid-to-take-over-the-world-fails-despite-support-for-chinese-development-bank/






イベント時には、次の資料が役立つかもしれません。



http://prepareforchange.net/basic-practical-steps-to-prepare-for-the-event/



http://eventreference.org/2015/03/29/an-open-letter-to-corporate-executives-what-the-event-means-for-humanity-and-you/



ブレイクスルーは近い!
posted by rio at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

日本政府はAIIB(アジア投資銀行)不参加を決定:日米同盟で米国某勢力に義理立てしても、彼らはこっそり舌を出していると知れ!ほんとうに愚かな日本政府だ

0002769_3M.png



新ベンチャー革命2015年4月2日 No.1097



タイトル:日本政府はAIIB(アジア投資銀行)不参加を決定:日米同盟で米国某勢力に義理立てしても、彼らはこっそり舌を出していると知れ!ほんとうに愚かな日本政府だ



1.日本政府、中国主導のアジアインフラ投資銀行への参加を見送る



 2015年4月1日、日本はAIIB(アジアインフラ投資銀行)への参加見送りを発表したと報道されています(注1)。この日本政府(財務省)の決定に、国内では賛否両論、真っ二つです。中国を仮想敵国とみなす人は賛成、中国を貿易相手国とみなす人は反対です。



 財界は安倍政権を支持していますが、AIIB不参加は賛成しないでしょう。なぜなら、財界人は自社の儲けしか考えないジコチューが多いからです。



 本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマにしていますが、今の日本は、米戦争屋の奴隷のような国に成り下がっています。米戦争屋は中国を仮想敵国視していますから、日本が中国主導のAIIBに参加するはずがありません。



 一方、現在の米国はアンチ米戦争屋のオバマ政権であり、オバマ政権は中国と友好的ですが、AIIB参加を見送っています、なぜでしょうか。



 本ブログの見方では、オバマは親中派であっても、2014年11月に中間選挙でオバマが敗北して以来、米戦争屋に押され気味です。現在の米議会は上院下院ともに、米戦争屋が主に寄生する共和党の過半数ですから、オバマは米戦争屋の意向に従って、AIIB参加を見送らざるを得なかったのでしょう。ちなみに、AIIBは、米戦争屋ボス・RF財閥の仕切る世銀とライバル関係になる可能性があるので、米戦争屋がAIIBを快く思っていないのは確かです。



なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



2.米国の友好国・英国はなぜ、米国に逆らってAIIB参加を決定したのか



 今回、AIIBへの参加国が45ヶ国と予想以上に多かったのは、親米国家と思われていた英国が米国に逆らって参加を決めたからなのは間違いないでしょう。だから、欧州主要国も参加しやすくなりました。その結果、世界各国がドミノ倒し的に参加を決めたのでしょう。



 それではなぜ、親米の英国は米国に逆らって、AIIB参加を決めたのでしょうか。それは、今の英国は、欧州寡頭勢力に牛耳られているからです。欧州寡頭勢力は、米戦争屋と呉越同舟の世界的寡頭勢力を構成していると本ブログでは観ています。そして、米オバマ政権も欧州寡頭勢力に牛耳られていると観ています。



 その欧州寡頭勢力の対中戦略は、端的に言うと親中主義です(注2)。



 米戦争屋と欧州寡頭勢力の世界戦略の相違点で最大のものが、対中戦略であり、米戦争屋(軍産複合体・オリゴA)が中国を脅威(Threat)として捉えるのに対し、欧州寡頭勢力(国際金融資本・オリゴB)は、中国を機会(Opportunity)と捉えています。このことがわかれば、なぜ、英国がAIIBに参加したのかがわかります。



 一方、米国も、米議会をオバマ政権が握っていれば、AIIBに参加を決めたはずです。



3.なぜ、45ヶ国もの国がAIIBに参加を決めたのか



 さて、世界の覇権国・米国がAIIBに参加しないのに、なぜ、45ヶ国もの国がAIIBへの参加を決めたのでしょうか。上記のように、英国が参加を決めたからなのは確かですが、他にも理由があります、それは、米国NIC(国家情報評議会)の2025年世界シナリオ・レポート(注3)と2030年世界シナリオ・レポート(注4)を観れば、明らかです。



 米国政府は、すでに、2025年から30年までには、中国とインドが経済大国になることを明確に予想しているのです。その一方で、日本は衰退すると予想しています。



 このことは、欧州寡頭勢力の経済誌・エコノミストの表紙(2015年の世界)(注5)からも明らかです。



 AIIBに参加を決めた45ヶ国は、この現実をすでに認識していることを意味します。



 近未来、中国とインドは、欧米や日本以上の経済大国になるとみられていますので、人口大国の両国は膨大なインフラ投資を行うはずです。それは、世界各国の企業にとって、大きな事業機会となります。今回、AIIB参加を見送った日本の企業は、中国・インドで行われるはずの多くのインフラ投資事業プロジェクトへの受注で非常に不利になるということです。



 衰退の避けられない日本で営業する日本企業はこんな愚かな決定をした日本政府に抗議すべきでしょう。この決定は、まさに日本経済の自殺行為です。



4.米国は異なる二大勢力で構成される国家であることがわかっていない日本政府の愚鈍



 上記のように、米国は一枚岩の国家ではなく、経済面は欧州寡頭勢力が牛耳り、軍事面は米戦争屋が牛耳っています。しかも米国企業は世界でもっとも、グローバル化が進んでいます。したがって、オモテムキ、米国はAIIBに参加していなくても、中国やインドの投資プロジェクトにはあの手この手を使って、食い込むでしょう、バカを見るのは、われら日本です!



 米国にとって、経済面では、日本は米国と競合関係にあります。したがって、日本勢が中国・インドの投資プロジェクトに参加できないのは、米国にとってむしろウェルカムなのです。だから、日本政府がアメリカ様にお伺いを立てたら、AIIBに参加するなと言われたのでしょう、米国に有利で日本に不利なTPPは強要してくるにもかかわらず・・・。



 その意味で、日本政府はほんとうに愚かそのものです。



 さて、筆者は16年半、米国シンクタンク・SRIインターナショナルで働きましたが、その経験から言えることは、日本がいくら、アメリカ様に義理立てしても、それは、まったく通じないということです。



 日米同盟を守れと脅かされて、日本政府が米戦争屋にいくら義理立てしても、彼らはこっそり舌を出しているはずです。



5.日本を属国化する米戦争屋はいずれ日中戦争を煽って、共倒れさせようと企んでいるはず:そのくらいのことも読めない情けない日本政府



 米オバマ政権を牛耳る欧州寡頭勢力は中国・インドの投資プロジェクトでしこたま儲けようとしていますが、彼らのハラは、なんとかは太らせて食べるという発想です。だから、中国・インドを無限に太らせようと考えているわけではありません。



 地球の人口削減アジェンダに関しては、米戦争屋も欧州寡頭勢力も意見一致しています。従って、超長期的には、日本と中国を戦わせて、人口削減しようと企んでいます、そのためには、日本に反中国民を育て、中国に反日国民を育てる極東分断統治戦略(注6)は維持するはずです。それにまんまと乗せられているのが愚かな日本政府です、心底情けない!



注1:読売新聞“アジア投銀へ多数参加、日本「外交上の誤算」か”2015年4月1日

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150401-OYT1T50067.html



注2:2025年世界シナリオがグローバルMOT(技術経営)に与える示唆、2010年

https://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/31139/1/WasedaKokusaiKeieiKenkyu_41_Yamamoto2.pdf



注3:NIC“Global Trends 2025: A Transformed World”2008

http://www.dni.gov/files/documents/Newsroom/Reports%20and%20Pubs/2025_Global_Trends_Final_Report.pdf



注4:NIC“Global Trends 2030: Alternative Worlds”2012

https://globaltrends2030.files.wordpress.com/2012/11/global-trends-2030-november2012.pdf



注5:エコノミスト表紙の高精細画像

https://socioecohistory.files.wordpress.com/2015/01/economist_magazine_jan2015.jpg



注6:本ブログNo.199『米国戦争屋の東アジア分断統治戦略を日本人は知っておくべき』2010年9月22日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/18808617.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

世界はターニング・ポイントに差し掛かっている:「AIIB」と「福島第一原発」という2つの問題



t02200136_0530032811887460614.jpg

シリウスからのメッセージ
http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/univasal9.html
平成27年3月28日
多くの人々は、欧州が中国を支持したことで、覇権が中国に移ったと気づきました。

【新井信介:2015年3月の「特別」メッセージ】(2015年3月30日収録)
http://www.k2o.co.jp/blog2/2015/03/201532015330.php
世界はターニング・ポイントに差し掛かっている:「AIIB」と「福島第一原発」という2つの問題
posted by rio at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金詐欺 TPP 未払金 AIIB 自衛隊 イエメン露中印vs以米サウジ 食品偽装 放射能慰安婦


2015年03月31日 | 経済・金融

t02200136_0530032811887460614.jpg

[そもそも総研]そもそも「年金積立金」が失われる以上のリスクはあるのだろうか? 〜 官僚らは年金基金を焦げ付かせた責任を逃れようとしているのでは
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/#post-87497



ブラジル企業(三菱重工出資)で巨額の未払金発生
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4848766.html

中国の狙いは「ADB潰し」どころか、米国を中軸とする国際金融体制への挑戦と見ます。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9acb63a9b02193f797ef8ff35f1a88c9
◆「AIIB」で中国陣営に飛び込んだ韓国 中国の挑戦に揺らぐ国際秩序を真田幸光教授に聞く 3月30日 鈴置高史

福田元首相「中国のアジアインフラ銀行に参加反対する理由なくなった」 参加国は40カ国を超える!デンマークも申請へ! (03/30)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6009.html


福田元首相「AIIB参加反対する理由なくなった」
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201503/article_190.html


師よ、何故、陸自隊員に遺書を強要するのか教えて下さい!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12007964843.html

【集団的自衛権】安保法案の成立、反対が上回る!共同通信世論調査で49.8%がNO!自民党「国会延長して法案を成立させたい」 (03/30)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6007.html


第40回 板垣英憲「情報局」勉強会ご案内
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8288ab8d65ad91ed1512cca8786ca6b4

日本在住のユダヤ人の多くが、「安倍晋三首相は、いつ辞めるのであろうか」と早期退陣を待ち望んでいる

暗殺計画説浮上の習近平氏、万が一に備え「政権代行チーム」=香港メディア
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/03/html/d61124.html
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582408914832003073

全米最大の中国人学生組織が解散 スパイ活動関与の情報も
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/03/html/d77092.html
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582407909599907840

米国人ジャーナリスト:米国の対ロ情報戦は破綻する続きを読む
http://jp.sputniknews.com/politics/20150329/108171.html#ixzz3VovL9uju
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582323527371509760

わお、イエメンにもロシアが出てくる。先日、米軍が逃げ出した国に。イエメン紛争当事者 ロシアに解決への援助を依頼 続きを読む
http://jp.sputniknews.com/near_east/20150329/109929.html#ixzz3Vouw15ni
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582323234097352704

ロシアはイスラエルを仕留めるつもりだ。プーチン大統領、パレスチナ独立達成をうながす続きを読む
http://jp.sputniknews.com/near_east/20150329/108525.html#ixzz3VopUxApt
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582317665877798913

TPP条文案にISD(投資家・国家間紛争)条項 告発サイト公開 米でも懸念の声
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-29/2015032901_02_1.html
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/582407539179933696


03/29のツイートまとめ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-421.html


すでに有名になっていますが、古賀茂明氏の報道ステーションの発言のビデオです。後半にIWJの岩上安身氏による路上インタビューがありますので最後までぜひどうぞ!日本は危機的な状況になっています。http://t.co/0i9pil1bTX
03-29 20:16

TPPは基本的に秘密交渉で、実際の交渉内容は予測するほかないが、3月25日、ウィキリークスによって1月20日にまとめられらTPPの「投資に関する章」がリークされた。ここから全文がダウンロードできる。https://t.co/FIUwOxJXdF
03-29 11:33


中国とインドが急接近している。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302562
近年、ロシアと中国、インドが急接近しているようだ。
日本もそろそろアメリカ追従をやめ、真の主権を取り戻すべきであろう。
大阪日日新聞のコラムから「中国とインド急接近」(リンク)を転載します。


食の安全を脅かす産地偽装食品の恐怖!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/d8d8aeb21b9e85f687aa0791759fa057

台湾に福島の食品を偽造して輸出⇒台湾が大激怒!福島など5県の食品撤去を指示⇒福島県民「侮辱だ」「日本人はしない」 (03/30)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6010.html


トルコ行進曲
http://my.shadowcity.jp/2015/03/post-6779.html
韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、そこでベトナム人女性に売春させていたことが29日、米公文書で明らかになった。

金があるやつから逃げる
http://my.shadowcity.jp/2015/03/post-6777.html
最近、東京の芸能人がローカル局のTVに出るケースが増えているという話なんだが、放射能を恐れて東京脱出が始まっているんじゃないか?とか、勘ぐる向きもあるようでw そういや静岡のローカルでも、最近はかなりビッグネームが出てますね。

13年には岡村隆史(44)が19年ぶりの関西ローカルレギュラー「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ系)をはじめ、昨年10月からはダウンタ ウンの松本人志(51)が21年ぶりに関西ローカルのレギュラー「松本家の休日」(ABC系)を持つなど、"里帰り"が急増中。
テレビ界も東京一極集中時代が終わろうとしている。
芸能人も放射能汚染のひどい首都圏から脱出を始めたということでしょう。
芸能人にとって、全国ネットはひのき舞台、出世の象徴です。
仕事の数もギャラも地方局とは雲泥の差です。
全国ネットに見切りをつけて里帰りすることは、よほどの理由がない限りあり得ません。
自分や家族、仕事仲間の体調不良、老化・劣化、子育てに関する心配などが引き金になっているのだと思われます。

放射能のせいというのもあるんだろうが、「不景気」もあると思う。東京のキー局が広告収入減って、制作費を減らしているので、ベテランの仕事が減る。ギャ ラの安い若手を使い捨てにしている方がコストがかからない。特に、お笑い界はタレントが多過ぎで過当競争。弾かれて、地方でギャラの安い仕事でもないより マシというので、都落ちする芸人が増えているんじゃないか? まぁ、静岡なんて新幹線で行き来できるので、掛け持ちでいくらでも仕事入れられるし。
posted by rio at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

増税不況金融崩壊 洗脳巨人 独機墜落 放射能毒食品 護衛艦 倉木麻衣 Celtic Woman♪




2015年03月26日 | 経済・金融

0002767.jpg






経済情報 金融崩壊は既に始まっている
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1842.html

【アベノミクス】日銀副総裁、緩和策に自信!「これからは多くの人が景気回復と実質賃金の上昇を実感できる」 ネットでは疑問の声! (03/25)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5973.html


マインド・コントロール
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b9ca.html
Children of the Matrix 『竜であり蛇であるわれらが神々 上』 デービッド・アイク 徳間書店                         
 THE BIGGEST SECRET   『大いなる秘密 爬虫類人』  デービッド・アイク 三交社 抜粋

ブルガリアで巨人の骨発見 (03/25)
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
Giant Skeleton Discovered in Bulgaria
ブルガリアで巨人の骨格発見
ブルガリアの都市ヴァルナの考古学者チームが、巨人の骨格遺体を発見した。



メリケル訪日、山本太郎のNHK出演、ドイツ航空機の墜落。9月3日抗日勝利記念日への安倍の招待。もっとも重要なのは3月20日のフクシマ。これがどんな近未来を示しているか?
http://www.k2o.co.jp/blog2/2015/03/nhk93320.php




今の東京の繁栄(これは、まやかしの繁栄です)は、終わります。

 それを隠しながらも、 その日が実際に来るまでに、やっておかなければならないことが多い。

 「問題ない、大丈夫だ」と、洗脳報道を、続けながら、



 @ 大阪 「都」 構想の現実化

 A 首都圏住民が西に流れこんで、パニックを起こすのを阻止。

    情報コントロール・群集制御のシュミレーションと、機動隊と自衛隊の配備計画。

 B 周辺国家に、侵されない準備。 外交と内部画策。

 C 首都圏の大地主たちの、売りぬけ。

 D ・・・などなど。。



今年は、GW明けから、騒々しくなります。 意識が高く、鋭敏な方は、それまでに、動くでしょう。




家族を守るために買い物で、毒を買わない!注意する食品!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/40d1f730b3488426f8c4f306b8c4d96c


【凄い】自衛隊最大の護衛艦「いずも」就役!ヘリ9機を運用可能な空母型対潜駆逐艦!全長は約250メートル、基準排水量は約1万9500トン! (03/25)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5974.html


倉木麻衣 「Reach for the sky」 ♪
https://www.youtube.com/watch?v=St_6IUU9sko


Celtic Woman -- Orinoco Flow♪
http://ameblo.jp/yogi1521/entry-12005790247.html

AD







posted by rio at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

金融崩壊 アジアインフラ投資銀行 米露核戦争 地球が銀河系から落ちてオリオン座の方向に移動中




2015年03月25日 | 経済・金融

t01800240_0180024012862268638.jpg





2015-03-24 21:09:19NEW !
テーマ:ブログ

月はホログラムとか、映画アイランド連想させる、これもまた、ホログラムみたいな説ですが。
英エドワード8世の娘さんがとんでもな い情報を暴露、ってところが、ポイントですかね。暴露か、撹乱か。
宇宙人情報B組にカウントの、コブラ説の1部と、ウイングメーカー・リリカスの、66.6%ぐらいが、これまでの、地球環境の、ネガ系宇宙人に乗っ取られた歴史だと思いますが。



地球が銀河系から落ちてオリオン座の方向に移動中??
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954853.html


何だかとても興味深い情報が発信されました。
ビデオ(Dr.アルフレッド・ウェバーの番組)に登場した英エドワード8世の娘さんがとんでもな い情報を暴露しました。これが真実かどうかを確認する術もありませんが。。。とにかくすごい情報です。もし本当なら。。。地球上で起きているあらゆること が本当にちっぽけに見えてきます。もし嘘なら嘘でSF小説のような面白さがあります。

私たちが知らないことがあまりにも多くありますので、この情報もひょっとしたら。。。本当なのかもしれません。

以前、ご紹介した記事(ビデオ)でも、月や太陽や太陽系までもがイリュージョンでありホログラムだと言っていましたが。。。本当に。。。私たちが生きている世界は嘘だらけです。
なぜなら、世界を支配している連中がメディアや教育機関を通して嘘ばかりついているため、何が真実なのか全く分からなくなっているのです。

地球は悪魔に支配された監獄だと言われています。ただ、エミリーさんによると、宇宙の設計者(神?)は地球を救ったそうです。もしそうなら、悪魔崇拝者達は徐々に地球にいられなくなるのかもしれません。


そういえば。。。夏の間、山に登り、テントを張って夜空を眺めると。。。オリオン座がかなり大きく見えていると感じていました。いつの間にオリオン座があんなに近くに見えるようになったのだろうと不思議に思いました。
同じことを以下のビデオに登場したクリング氏も言っています。
本当にオリオン座が巨大に見えます。なぜでしょう。。。。やはり地球はオリオン座近づいているからなのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/paranormal/2015/03/ets-moving-earth-toward-orion-planet-x-and-astro-planetology-video-2485656.html
(ビデオ)
3月15日付け:


以 下のビデオに出演している専門家らによると、世界中の政府は、今後起こるであろう宇宙に関する大規模な出来事に備えているそうです。以下のビデオ(Dr.アルフレッド・ウェバーの番組)に出演したピーター・クリング氏とエミリー・ウィンザー・クラグさん(英エドワード8世の娘)は、地球が人類にとって好ま しいタイムラインに変わったことを認識しています。地球の次元が上昇する前に起こることになっているポールシフトやニビルの接近に関して、3次元や多次元のツールを使って地球の未来を調査しました。

エミリーさんの調査によると、非常に進化した異次元の生命体=宇宙の設計者が宇宙をデザインしていることが分かりました。彼らは、宇宙の壊滅的な出来事から地球を守るために、地球を太陽系や銀河系の外に押し出し、オリオン座の方向へ移動させているのです。

サイト内の別のビデオでは、プロジェクトキャメロットのケリー・キャシディさんが、銀行家、物理学者、宗教哲学者、そして英政府、イラク政府の最高顧問であるカメラン・ファリー氏にインタビューをしています。
ファリー氏によると、今後2年以内に起こるであろう重大な出来事に向けて世界中の政府が我々になにも知らせぬまま、最高レベルの準備をしているそうです。
ファリー氏は遠隔透視ができますが、彼の遠隔透視でも2年以内に何かが起ころうとしている事が分かりました。


(一部のみ)
途中から・・・
天文学やスピリチュアルについて研究をしているクリング氏&エミリー・ウィンザー・クラグさんによると:

ポールシフトが進行中です。徐々に地球は傾いています。ポールシフトが起こる原因は、地球が同じ方向に回転していると赤道付近が膨らみ形がゆがむため、地球の形を整えるために時々ポールシフトが必要になるのです。

毎年、何万人もの人々が邪悪なエイリアンに拉致され地球外に連れていかれています。彼らは人間を餌としか考えていません。ただ、地球には様々な種類のエイリアンがいます。

2011 年9月26日に地球は太陽系ではなく太陽星団の一員になりました。太陽を観察している人たちは既に気が付いていますが、現在の太陽は、以前の太陽とは違う ものです。現在の太陽は四角い形をしています。この太陽は形を変えることができます。太陽の周りから背景放射線が放出しています。
現在の太陽は、地球の周りをぐらぐらと(意味がイマイチ?)回っているダークマターの陸塊に接したテクノ太陽です。

超次元空間の存在が、地球を太陽系から太陽星団に移動させました。
天体物理学者らがずいぶん前から指摘していたことなのですが、長い間、銀河系は外側に膨張し続けており、もうじき破裂します。銀河系の破裂から地球を守るために、地球は銀河系の外に押し出され、オリオン座の南側に位置するようになりました。

最近、空を眺める人は殆どいません。コンピュータで空の画像を眺めているだけです。しかし先住民の長老たちは今でも空を眺めています。実際の空を眺めていると暗い星のシリウスが益々暗くなっているのが分かります。そしてオリオン座が拡大しているのが分かります。
現 在、地球は元々の太陽の軌道を大きく逸れて全く違う方角へ移動しています。現在の空に浮かぶ小さなテクノ太陽は非常に熱いUV太陽ですから、皮膚を焼きま す。しかし赤道周辺の狭い範囲にしか太陽の熱が届きませんから、太陽の熱が届かない北極と南極はこれまで以上に寒く凍りついています。
最近、夜空のオリオン座が非常に大きく見えるのが分かります。地球はもはや自然現象に基づいて推測できる状態ではありません。

ニビルの接近やポールシフトだけでなく、想定外の事象が地球に起きていることが分かります。
複 数のエイリアンが人類や地球の支配権を得るために互いに戦っています。。暗黒惑星のニビルは既に上空に出現しています。暗黒惑星は透明ですから、夜空では消えてしまいます。ただ、ダークマターでできているため、形を変えることができます。ニビルはエネルギーを発生しています。


宇宙の設計者は地球の周りにタイヤのようなチューブ(空間)を設置し、その中に太陽やニビルを置いたのです。タイヤの穴の中に地球を置きました。ですから太陽は地球を回っています。
な ぜ、宇宙の設計者はこのような配置にしたかというと、ニビルはおうし座にいる生命体にエネルギーを供給ひ、小さなテクノ太陽はおうし座の内部にエネルギー を供給するからです。2012年のはじめにおうし座が地球の周囲を包み込んだ時、地球とおうし座の付加質量により地球は銀河系の重力井戸に落ちてしまいま した。そして地球の真下にあったオリオン座の方向に地球が移動してしまったのです。



地球は古い〇〇?横道に落ちてしまいました。地球は急速に銀河系の横道からはずれ、地球の真下にあるオリオン座の方向へ落下中なのです。
53年後に銀河系が破裂しますので、その時までに地球は銀河系から十分離れなければなりません。



幸い、地球は銀河系が破裂するまでに十分遠くまで逃げ出すことができます。科学者らはこの事実を知っていますが、誰も仕事を失いたくないため真実を語ろうとはしません。これまでも真実を語った科学者はみな解雇されました。
地球を支配している連中(イルミナティ)は偏執症であり、銀河系が破裂するこが死ぬほど怖いのです。そのため、地下に巨大な避難施設を造ったのです。我々は異なるタイムラインを得ました。



しかしバビロニアのマルデゥーク神を信じるイルミナティは、地球人類=ユースレス・イーター(役立たずの生き物)の人口を大量に削減し、彼らにとって役に立つ生命体を地球に住まわせることを計画しています。



しかし人類は彼らの計画を転換させています。イルミナティは魂や霊的な面で人類をみようとはしません。人類はエホバ神によって作られてということを無視しています。





金融崩壊は既に始まった?
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954820.html
一般的に、アメリカ人は、FRBを所有しているユダヤ金融資本に自国をめちゃくちゃにされたために一端現行の金融システムを崩壊させて(米ドルを消滅させ)、新たな金融システムの下で再出発したと願っているのかもしれません。

そのため、アジアインフラ投資銀行が米ドルを崩壊させるならアメリカ人にとったら悪いことではないのかもしれません。

日本人にとったら。。。大量の米国債と米ドルを保有している日本はどうなってしまうのでしょうね。日本政府は米ドル崩壊に向けた準備をしているのでしょうか。大損をする前に保有量を減らせないのでしょうか?

専 門家も、今年中に金融システムが崩壊するのは確かだと言っています。そうなると大混乱が起こるのでしょうか。アメリカの米ドルが崩壊すればその余波が日本にも来るので大きな影響を受けるでしょう。現行の金融システムが崩壊し新たな金融システムに移行するまでの間、世界がどうなってしまうのかは専門家にも分からないそうです。新たな金融システムの支配権を握るのはBRICSとなるのでしょうか。それとも背後では同じシオニストの連中が支配することになるので しょうか。

http://beforeitsnews.com/financial-markets/2015/03/next-crash-already-started-bix-weir-greg-hunter-video-2819982.html
(概要)
3月22日付け:
グレグ・ハンターのUSAWatchdog.com
金融アナリストのビックスウェア氏曰く:

今 年中に金融システムが崩壊するのは確実となりました。たぶん9月ころになるだろうと思いますが、実際は既に始まっているのです。金融が崩壊すると、人々は これまでの嫌な経験から、新しい考え方に転換するでしょう。ATMからお金を引き出せなくなると、人々は、2〜3百年前からアメリカの金融市場を不正操作しアメリカから富を奪い続けた人々に激怒するでしょう。

米政府が警察を使って強引に我々を独裁支配しようとしていると言う人もいますが、そのようなことが可能なのは現行システムが機能している間だけです。

システムが機能しなくなると、世界をめちゃくちゃにした犯人が誰なのかが明らかになります。そうなると、警察は我々の家に乱入し我々を逮捕し家を奪うことなどできません。

それに政府が警察に給与を支払わなくなれば、警察も働かなくなります。警察自体も我々と同じように政府に激怒するでしょう。

ほんの一握りの人々が大きな責任を負わされることになります。犯罪を行ってきた全ての人々に判決が下されることになります。

支 配層の連中は迫りくる金融危機に備えています。善人も悪人も金融崩壊を望んでいます。なぜなら。。。悪人は金融詐欺で儲けた大金を持ってどこかへ逃げるこ とができると考えています。善人は、悪人による金融支配を終わらせ、金本位制度などに戻すためにも金融崩壊は望ましいと考えています。

FRBも米財務省も随分前からアメリカの金融崩壊を計画してきました。
FRBにも米財務省にも善人と悪人が混在しています。ただ、善人も悪人も金融崩壊後に世界がどうなるかが分からず、新しい金融システムに移行させることを恐れています。これまでの金融システムが崩壊すれば、もちろん、全米がカオス状態になるでしょう。

銀行口座は凍結され、デリバティブは機能停止となり、401Kも破綻するでしょう。それよりも人々はどこで食糧やガソリンや水を入手できるかを心配しなければならなくなるでしょう。
現金も不足します。金や銀を所持している人はほんのわずかしかいません。

政府造幣局が造る硬貨はFRBが印刷する紙幣よりも価値が上がります。硬貨は借用証書ではないからです。

硬貨は国の通貨です。FRBの債務証書である米ドル紙幣とは違います。今年中に彼らによる不正操作と金融支配が終わるでしょう。既にヨーロッパでは変化が起きています。

ギ リシャがドイツとの関係を終わらせる(ユーロ離脱)と表明すれば、世界の金融システムが崩壊することになります。アメリカも金融が崩壊します。そして銀行が破たんします。大手銀行のどれかが破たんすれば、ドミノ式に他の銀行も破たんすることになります。そして米ドルも消滅することになります。アメリカは金 融システムを崩壊させ、酷い状況から抜け出したいのです。そして再出発をするのです。



アジアインフラ投資銀行に対するアメリカの態度

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954814.html
アメリカがいよいよ焦り出したもようです。
中国主導のAIIBアジアインフラ投資銀行に西側諸国が次々と参加を表明したことで、アメリカはAIIBをアメリカの大手銀行、世界銀行、IMF、アジア開発銀行に併合させ、アメリカの金融支配を継続させようとしています。

私は米シオニストの金融支配も中国の金融支配もどちらも世界覇権のための悪巧みでしかありませんから、中国主導のAIIBだろうがアメリカ主導の銀行だろう が信用していません。親中派の情報発信者はみなAIIBは米シオニストの金融支配を一掃すると喜んでいますが、AIIBは米ドルを崩壊させ、米シオニスト に変わって中国が世界金融詐欺システムを実行に移すだけだと思っています。

もちろん、その背後にはロスチャイルドがいるのでしょうし、資金を運用するのはいつもの米グローバル銀行や欧米の投資家(もちろん中国人や世界の投資家も)なのでしょうから。。。表の顔が変わっただけで他は何も変わらないと思います。どうせ、シオニストはアメリカを破壊した後に中国に金融支配のバトンを渡し、中国を介してこれまで通りの金融詐欺を行い続けるのでしょう。その後、中国を破壊するのでしょうね。

ただ、本当にAIIBはうまくいくのでしょうか?中国自体が反乱寸前で危ない状態なのに。。。

さ らにおかしなことは。。。アメリカはAIIBに対して柔軟な姿勢(協力的)を見せ始めていますが。。。一方、昨日、アメリカは気に入らない国には核ミサイ ルを発射する準備があることを示すために、カリフォルニアの軍事施設から核ミサイルの試験発射を行ったようです。まるで北朝鮮!

柔軟な姿勢と厳しい姿勢を同時に見せています。一体、どっちなんだ?
日本はあわててAIIBに参加する必要はないと思います。今後、どうなるのか。。。様子見が良いのでは?

http://www.zerohedge.com/news/2015-03-22/washington-blinks-will-seek-partnership-china-led-development-bank
(概要)
3月22日付け


日米主導のアジア開発銀行に対抗する形で中国主導のAIIBアジアインフラ投資銀行にイギリスが参加を表明したことで、複数の西側諸国が参加することを決定したため、アメリカは柔軟な態度を示さざるを得なくなりました。



AIIBの創設は、アメリカの主導権の終焉を意味しており、ホワイトハウスは、G7以外の国が基準に沿った信頼できる銀行を創設できるかどうかを疑問視することさえしませんでした。
これまで35か国がAIBBに参加を表明しています。アメリカは敗北を認めざるを得なくなったようです。



・・・AIIBをめぐり、 オバマ米政権が米国主導の世界銀行やアジア開発銀行(ADB)との共同出資事業を提案したと報じました。



 オバマ政権はAIIBが中国の影響力拡大の手段として運営される懸念があることから、各先進国に参加を思いとどまるよう呼びかけていたとされます。



しかし今月に入って英仏独伊が相次いで参加を表明しており、オバマ政権は共同事業によってAIIB外部から影響力を及ぼす方法を模索しているとみられます。・・・



AIIBに対するアメリカの間接的な支援により、負債の累積、人権侵害、環境破壊を発生させないような基準作りができるとアメリカは主張しています。またアメリカ がAIIBを支援することでアメリカの企業もAIIBの新規プロジェクトに入札することができるようになると考えられています。



つまり、これはいつものアメリカのやり方であり、敵を倒すことができないのなら、敵に加わり、AIIBをアメリカ主導の多国籍銀行にさせるという戦略なのです。

しかし、資本金が500億ドルのAIIBはアジア開発銀行に従属することはないでしょう。
アジア開発銀行の資本金は1600億ドルです。世界中に巨大なインフラ事業のニーズがあります。先進国でも古くなったインフラの整備が必要となっています。アジア開発銀行は毎年8000億ドルの資金不足を抱えています。

http://www.zerohedge.com/news/2015-03-23/us-china-infrastructure-bank
(概要)
3月23日付け
米政府は、米空軍がミニットマンV大陸間弾道ミサイルの発射試験を行ったことを世界に向けて発信しました。

RTによると、月曜日の早朝にカリフォルニアの重要なミサイル司令部のある軍事施設から大陸間弾道ミサイルが試験発射されました。米空軍は、米政府の核戦力を世界に知らせるために、このような試験発射を行ったと伝えています。
つまり、試験発射したミニットマンVは極めて高い精度で世界のほぼ全域を攻撃できるということです。
posted by rio at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

ドル暴落、その前段の円攻略へ向けて、着々と準備が進んでいる



0002769_3M.png


2015-03-22 19:45:39NEW !
テーマ:ブログ

$に変わる金融新体制は、イルミナティを生贄にしてる、バチカンイエズス会ロス茶主導説の、BRICSだそうですが。
3年前の、P+ピーター説だと、それは、囮だとか。
とりあえず、参考ですね。

再掲プレアデスからのメッセージ:今が前進の時! 20120401
http://despertando.me/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%9A%E4%BB%8A%E3%81%8C%E5%89%8D%E9%80%B2%E3%81%AE%E6%99%82%EF%BC%81-20120401/

ドル暴落、その前段の円攻略へ向けて、着々と準備が進んでいる
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2015/03/4907.html


このところドル暴落、その前段の日本攻略へ向けて、着々と準備が進んでいるように見える。ウィリアム王子とメルケルという欧州寡頭勢力代理人の相次ぐ訪日。アメリカのドルを支える日本を標的にした新BIS規制の議論。新BIS規制に震える黒田日銀・・・。
ドルに変わるシステムを構築しようとしている中国はじめ新興国勢、それをバックアップするロスチャイルドと欧州勢。

金融を巡る最近の動き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●欧州バーゼル委員会がBIS規制の強化を検討



●国債市場の死 3月12日NEVADAブログ
日銀保有比率が何と《77.1%》となっている国債があることが明らかにされるのです。
10年物価連動債(第6回)です。

市場で言われている危機は金融緩和を行うのは良いが、本当の危機は買う国債が無くなった時と言われているのです。
即ち、国債市場の死です。
今回の77%の占有ではもはやまともな市場ではなくなりつつあると言えます。




●黒田・日銀総裁が、日本国債に関して、深刻発言 3月13日日刊ゲンダイ
>「昨年末の日本国債の格下げを深刻に捉え、<皆さん、ご存じか知らないが>とバーゼル委で国債をリスク資産とみなす議論が始まっていることに言及。国債 がリスク資産にされると、損失に備えて銀行は巨額増資や融資縮小を求められる。銀行が増資の代わりに保有国債を大量売却すれば長期金利の上昇を招く。<日 本国債は問題ないという考えは、もはや通用しない>と危機感ムキ出しだったようです」(自民党政調関係者)


>そして、日本国債の信用力を担保するため、財政健全化に本腰を入れるよう安倍首相に強く迫ったという。国債暴落に踏み込んだ黒田発言は、市場に悪影響を及ぼすとして議事要旨から削除、出席者に箝口令まで敷かれた。



●新たな国際金融システム (ベンジャミン情報)
先立ってのウィリアムの歴訪は、新たな国際金融システム立ち上げに関係する条約へと調印するためなのだという。情報源らの間でも、その条約の内容は未だ明 らかになっていないが、欧州王族、アジア王族、中国共産党、そして日本の皇族が、この件に関わっていることは確かなようだ。今月来日したメルケル独首相 も、その条約調印が目的だったという。



●ウィリアム王子訪問の本当の「理由」 3月13日 NEVADAブログ
イギリス財務省は12日、アジアインフラ投資銀行に出資すると発表



●日本から約36兆円が米国債にさらにシフトか、利回り追求で 3月16日ブルームバーグ



●アジアインフラ投資銀行(AIIB)参加国 イギリスに続いて、ドイツ・フランス・イタリアも!! 3月17日
続いて韓国も参加表明し、雪崩現象が起きている。



●QEの限界で再出するドル崩壊予測  田中宇
ドルと米国債を頂点とする既存の国際金融システムが崩壊した場合、その後も機能しうる国際決済システムの一つは「金地金」「金本位制」だ。ドルから金地金 へのきたるべき転換を見越してか、欧州やBRICS(中露印伯南ア)の諸国の中央銀行は最近、金地金を買いあさっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここで見られるのは、アメリカドルに変わる仕組みが着々と整えられていること。日本これだけ大勢が固まっても、未だにドル支えのため米国 債投資を続けさせられているということである。ロスチャを始めとする欧州寡頭勢力はFRBの株主でもあり、最大の米ドル債権を持つ日本に負債を肩代わりさ せるシナリオを組んでいるのだろう。韓国でさえ、新興国勢に廻っているが、日本は本当にドルと心中一直線だ。

そして、その後をにらんで世界の王室・貴族系は水面下で何らかの金融システムを構想して動いている。
以上、金融から見ても、アメリカは既に死に体ということだろう。プーチンもこの世界情勢を睨んで、アメリカに対して挑発的に動いている。

(by Hiroshi)
posted by rio at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする