2018年06月22日

2018年06月21日のつぶやき


posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

2018年06月20日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

2018年06月19日のつぶやき






posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

米朝融和と並行して、米国は日本のプルトニウム保有量削減を要求:米国戦争勢力にとって、極東における真の仮想敵国は北朝鮮などではなく、実は、隠れ核武装派が蠢く日本なのだとみんな気付け!







新ベンチャー革命2018年6月17日 No.2046



タイトル:米朝融和と並行して、米国は日本のプルトニウム保有量削減を要求:米国戦争勢力にとって、極東における真の仮想敵国は北朝鮮などではなく、実は、隠れ核武装派が蠢く日本なのだとみんな気付け!



1.このたび、米朝融和が簡単にできたのは、北朝鮮脅威は元々、米国戦争屋CIAネオコンがでっち上げた偽脅威だからと、日本国民はみんな気付くべき



 先日の米朝首脳会談にて、北朝鮮の核・ミサイル実験は廃止される見通しが出ていますが、本ブログの見方では、北朝鮮脅威はすべて、日韓朝を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンによってでっち上げられた偽脅威と観ています。



 なぜ、今、極東偽脅威の一時休止が志向されているかというと、これもすべて、米戦争屋CIAネオコンの都合によるものと本ブログでは観ています。



 今回の北朝鮮偽脅威の一時休止のほんとうの理由は、親イスラエルの米トランプ政権が、近未来、イスラエルのために中東戦争勃発を計画しており、極東偽脅威を一時的に凍結しておく方が、ベターと彼らが判断したからに過ぎません。すべて、彼らの都合なのです。近未来に彼らが起こす予定の中東戦争に米軍勢力を集中させるため、極東偽脅威を一時的に休止させようとしているに過ぎません(注1)。これで極東に平和が訪れると期待するのは早計です。狡猾な米戦争屋CIAネオコンはそれほど甘くないとみなすべきです。



2.北朝鮮は米国本土攻撃用のICBMを廃棄しても、日韓に向けられた中距離・短距離ミサイルを廃棄しないのはなぜ?



 米朝首脳会談実現後の北朝鮮は米国本土攻撃用のICBMの開発や、その核弾頭の開発は止めるでしょうが、日韓に向けられた200基から300基の中距離・短距離ミサイルは廃棄しません。これらのミサイルは、極東米軍基地攻撃用と、われら日本国民は考えているかもしれませんが、もしそうなら、極東米軍基地に、大量のミサイル迎撃システムが設置されているはずです。しかしながら、現実にはそうなっていません、なぜでしょうか。本ブログの見方では、北の中・短距離ミサイルは、実は、日本の原発攻撃用だからと観ているからです(注2)。



 今回の米朝首脳会談にて、米トランプが、北の中・短距離ミサイル廃棄に言及していないのは当然なのです。われら日本国民はこの点を見逃してはいけません。



3.極東において、日韓朝を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとって、中露を除く極東における真の仮想敵国は北朝鮮ではなく、実は日本なのだ



 われら日本国民は、日本は日米同盟を結んでいるから、米国は日本の友好国と思わされているかもしれませんが、この日米同盟には数々の密約があって、現実は、日本の対米従属条約であると本ブログでは観ています。



 戦時中、日本と戦争した米国戦争屋にとって、日本は今も、潜在的な仮想敵国なのです。彼らが極東において、もっとも恐れるのは、北朝鮮の核武装ではなく、実は、日本の隠れ核武装なのです。



 その証拠に、日朝融和が決まるのと並行して、米国は早速、日本のプルトニウム保有量削減に言及しています(注3)。



 われら日本国民は、日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンが、常に日本の隠れ核武装を警戒しているという現実に覚醒すべきです。



4.日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとって、日本の原発の真の目的は、彼らのために核兵器用プルトニウムを生産させることにある



 米戦争屋CIAネオコンに牛耳られている安倍政権は、原発反対の米山氏(前・新潟県知事)を下ネタで引き摺りおろし、強引に原発再稼働に走っているのは、彼らCIAネオコンから急かされているからと本ブログでは観ています。



 日本の原発は決して、電力生産の経済性のために存在するではありません。



 原発はまさに悪魔の技術であって、廃炉の際、膨大なコストがかかるとんでもない制御不能技術なのです。現に、東電の老朽原発廃炉には、22兆円もかかるそうです(注4)。



 日本を闇支配する米戦争屋CIAネオコンは、米国内の原発を廃止し、代わりに、彼らの属国・日本の原発で彼らの核兵器用プルトニウムを生産させる魂胆なのです。



 それと同時に、彼らは日本が隠れ核武装することを極度に警戒しています、なぜなら、彼らにとって、極東では日本が潜在的仮想敵国だからです。



 そこで、日本がもし、密かに核武装を実行したら、北朝鮮に配備したミサイルで、日本の原発を攻撃するつもりなのです。だからこそ、米朝融和が実現しても、北の中短距離ミサイルは廃棄されないということです。



 一方、安倍政権の背後に控える大日本帝国主義信奉者勢力は、スキあらば、自前の核武装を企んでいます。そして、その密かな魂胆を、米戦争屋CIAネオコンはすでに、見破っており、必要とあらば、いつでも、北朝鮮の中・短距離ミサイルで日本の原発や核施設を攻撃できるようスタンバイされているのです(注2)。



 われら日本国民は、日本に多数ある原発に関してとんでもない環境に置かれている現実に気付くべきです。先の新潟県知事選で、露骨な選挙不正が行われた背後には、上記のような、のっぴきならない事情があるということです。



注1:本ブログNo.2043『今回の米朝融和の実現で、当面、極東戦争危機は去ったが、近未来、中東戦争が引き起されて、自衛隊が数千人規模で中東派遣されて、米軍やイスラエル軍の傭兵として利用されることになる』2018年6月14日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37381165.html



注2:本ブログNo.1791『北朝鮮は200基〜300基の対日攻撃用ミサイル・ノドンをスタンバイさせているのに、東電柏崎刈羽原発の再稼働を進める日本の隠れ核武装派:日本国民はみんな彼らにだまされている!』2017年9月14日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36929977.html



注3:日経新聞“米、プルトニウム削減を日本に要求 核不拡散で懸念”2018年6月10日

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31583890Z00C18A6MM8000/



注4:NHK News Web“福島第二原発 廃炉の方向で検討 東電社長”2018年6月14日

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180614/k10011477391000.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 05:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日のつぶやき






posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

幼児性の抜けない安倍氏は、日朝首脳会談を実現させて支持率回復を企んでいるが、モリカケ疑惑で日本国民のみならず北朝鮮からも、すっかり信用を失っている現実を直視できていない







新ベンチャー革命2018年6月16日 No.2045



タイトル:幼児性の抜けない安倍氏は、日朝首脳会談を実現させて支持率回復を企んでいるが、モリカケ疑惑で日本国民のみならず北朝鮮からも、すっかり信用を失っている現実を直視できていない



1.安倍氏が日朝首脳会談をやっただけでは、北朝鮮の日本人拉致被害者は返還されない:一人当たりの身代金は1000億円規模



 非・親米の河野氏(河野・現外務大臣の父)は、日本の対・北朝鮮外交問題に関して、日本が北に対して、戦前の植民地支配を詫びることから始めるべきと主張していますが、安倍支持のネトウヨからこき下ろされています(注1)。



 韓国人・朝鮮人に対して露骨な人種差別意識を持つネトウヨは、安倍氏の支持者でもあります。



 逆に、北朝鮮から見れば、安倍氏は戦前の軍国日本の讃美者であり、大日本帝国主義信奉者であると観られているでしょう。上記、河野氏が言うように、朝鮮半島の植民地支配を実行したのは、戦前日本の大日本帝国主義者なのです。



 しかしながら、安倍氏やその支持者は、そろって大日本帝国主義信奉者ですから、その現実を知る北朝鮮政府が、安倍氏からの日朝首脳会談開催要請をすんなり受け入れるはずがないのです。



 唯一、彼らが安倍氏に妥協するとすれば、それはカネしかありません。



 本ブログの試算では、北朝鮮拉致被害者一人当たりの身代金は1000億円です(注2)。



 北朝鮮にしてみれば、日本人拉致被害者を返還して欲しければ、戦争賠償金の代わりに、一人当たり1000億円払えという話になります。



 2000年代の小泉政権時代、10人の拉致被害者が返還されたのは、小泉首相(当時)の采配で、1兆円の公的資金(われらの貴重な血税が原資)が投入されたからです。具体的には朝銀信組の負債(1兆円プラス4000億円)を公的資金で補てんしたのです。



2.安倍氏は北朝鮮の日本人拉致問題を、日本の軍国化に利用しているだけ



 安倍氏を担ぐ日本会議の連中は、みんな戦前回帰の大日本帝国主義信奉者であり、今の日本を軍国化したいわけです。そのためには、日本にとっての仮想敵国が必要となり、北朝鮮は彼らにとって、絶好の仮想敵国なのです。



 彼ら安倍一派にとって、本音では、北が、日本国民をもっともっと、恫喝して欲しいのです。その意味で、北の核・ミサイル実験は本音では大歓迎だったのです。



 したがって、安倍一派にとって、日本人拉致被害者問題は単に、彼らの軍国化謀略に利用する対象でしかないのです。



 そのことを、拉致被害者家族の蓮池透氏は、すっかり、見破っています(注3)。



3.米朝融和に続いて、日朝融和を実現するには、韓朝を植民地化した戦前日本の大日本帝国主義者を信奉する安倍氏では不適



 安倍氏は、米朝融和の動きに便乗して、日朝融和(拉致問題解決含む)を進めて、支持率回復を目論んでいますが、北朝鮮から、大日本帝国主義信奉者の安倍氏はすでに信用されていません。そして、北は、安倍氏がモリカケ疑惑にまみれて、日本国民からの信用を失っていることを、すでに知っています(注4)。



 日本国民からも信用を失っている安倍氏を、北がまともに相手にするはずがありません。



 一方、安倍氏は、幼児性が抜けないので、自分を客観的に観る能力が欠如しています。



 そのため、日朝首脳会談を実現させて、国内の支持率を回復させようと自己中心的に企んでいますが、北は、そのような安倍氏の身勝手な魂胆をとっくに見透かしています。



 一方、幼児性の塊・安倍氏は、自分が北からどう思われているのか、まったく、理解できていません。



先の米朝融和に続いて、日朝融和を実現するには、日本国民のみならず、北朝鮮からも信用を失っている安倍氏をチェンジするしかないのです。



注1:Girls Channel“「日本は北朝鮮に植民支配からおわびをするべき」河野洋平 元官房長官が苦言”2018年6月16日

http://girlschannel.net/topics/1683116/



注2:本ブログNo.2021『日本を軍国化したい安倍政権は、北朝鮮拉致被害者救出より、日朝関係の悪化を願っている:拉致被害者の身代金は一人当たり1000億円規模か』2018年5月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37329836.html



注3:阿修羅“蓮池透が安倍首相を「いまも北朝鮮との対話をする気がない」と批判!「私も安倍さんから現金を渡された」の衝撃発言も(リテラ)”2018年5月4日

http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/163.html



注4:阿修羅“モリカケ疑惑にトドメを刺された安倍首相の拉致外交 「どんなに策を弄しても、もう終わりである」 天木直人”2018年6月16日

http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/385.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

2018年06月16日のつぶやき






posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

米朝の唐突な融和で、極東軍事脅威は低下するが、自衛隊が韓国軍と同様に、米国とイスラエルのために中東派遣される可能性が高まった






新ベンチャー革命2018年6月15日 No.2044



タイトル:米朝の唐突な融和で、極東軍事脅威は低下するが、自衛隊が韓国軍と同様に、米国とイスラエルのために中東派遣される可能性が高まった



1.今回の米トランプと北朝鮮・キムジョンウンの唐突な融和に対して、北朝鮮を仮想敵国視してきた一部の日本国民はキツネにつままれた気分ではないか



 安倍自民は国民に向かって、日本人拉致事件を起こした北朝鮮を日米の仮想敵国と宣伝してきました。一部の国民はこのことを真に受けて、北朝鮮を仮想敵国視してきたと思われます。また、米国も北朝鮮を敵視しているように見えていましたから、余計に、一部の日本国民は北朝鮮を仮想敵国視してきたでしょう。



 そのような国民は、今回、米トランプと北のキムジョンウンが唐突に、融和したので、仰天すると同時に、キツネにつままれた気分となっているでしょう。



 このような日本人は、日米政府にすっかりだまされているのです。



 今回の青天霹靂の米朝融和がなぜ、唐突に起きたのかを知るには、日本政府の説明や日本政府に牛耳られる大手マスコミの報道だけに依存していたのでは全く不十分です。



2.今回の唐突な米朝融和の謎を読み解くには、米国のみならず日韓朝を闇支配する米国の覇権構造を知る必要がある



 さて、本ブログは、日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしています。



そして、本ブログでは、今の米国がトランプ政権になって、日本を乗っ取る米戦争屋は、CIAネオコン主導の旧・米戦争屋から、米国防総省ペンタゴン主流派主導の新・米戦争屋に移行しつつあると観てきました。



なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



 しかしながら、その米戦争屋は今も、水面下で熾烈な覇権争いを繰り広げていると思われます。その結果、現・トランプ政権は、背後に控える米戦争屋の熾烈な覇権争いに翻弄されている面を否定できません。



 本ブログの見方では、上記、新・米戦争屋は非・好戦派のペンタゴン主流派主導であり、旧・米戦争屋は好戦派のCIAネオコン主導であると観ています(注1)。



 現・トランプ政権はペンタゴン主流派主導の政権ですが、CIAネオコンも巧みに政権に入り込んでいます。最近、政権に入ったボルトンはCIAネオコンのひとりです。



 そのCIAネオコンはさらに、反露中派と反イラン派に分かれているのではないかと本ブログでは観ています(注1)。



 ちなみに、北朝鮮を敵役傀儡化してきたのは、CIAネオコンの反露中派とみなせます。



 ところが、現・トランプ政権は、ペンタゴン主流派主導であると同時に、CIAネオコンの反イラン派に影響を受けているとみなせます。なぜなら、トランプは露骨な親イスラエル派だからです。なお、イスラエル・ネオコンは上記、CIAネオコンの反イラン派と一心同体です。



 そのためか、トランプが米政権を握って以来、トランプはロシアゲート疑惑を執拗に追及されてきましたが、このとき、トランプの足を引っ張っていたのが、CIAネオコンの反露中派だったのです。



 そして、これまで、北朝鮮を敵役傀儡化して極東を闇支配してきたCIAネオコンの反露中派は、ペンタゴン主流派とCIAネオコンの反イラン派に押し切られたとみなせます。



 なお、CIAネオコンの反イラン派と反露中派は、完全に対立しているわけではなく、単に、戦略の重点の置き方が異なっているだけです。



3.米国トランプ政権をステルス支配しているのが、ペンタゴン主流派とCIAネオコンの反イラン派であるとみなせば、トランプの動きがすべて読める



 今回のトランプによる唐突な米朝融和の動きは、ペンタゴン主流派の戦略とCIAネオコンの反イラン派(=親イスラエル派)の戦略に沿うものであると本ブログでは観ています。



 まず、上記、ペンタゴン主流派は、前々から、極東米軍の前線をグアム・ハワイまで後退させようとしていました。そのためには、米朝融和が必須なのです(注2)。



 そして、CIAネオコンの親イスラエル派は、当然ながら、極東戦争より中東戦争を優先しますから、CIAネオコンの反露中派による極東脅威の維持より、中東戦争を優先します。



 したがって、トランプ政権は、米朝融和を行った後、イスラエルのために、中東戦争勃発を最優先し、極東米軍の勢力を、中東方面にシフトしたいのです。



 さらに、トランプ政権は日韓に対して、北朝鮮脅威を除去した返礼に、自衛隊や韓国軍を、中東戦争勃発の際、米軍やイスラエル軍の傭兵として派遣するよう要求してくるつもりです(注3)。



 われら日本国民にとっては、当面、極東戦争は回避されることになり、ホッと一安心ですが、自衛隊は、韓国軍と同様に、中東に派遣されて、今度は米軍やイスラエル軍とともに、戦闘行為をやらされます。



 自衛隊は本来、日本の国土防衛のために存在していますが、今の隷米・安倍自民を支持する限り、自衛隊が、日本のためではなく、米国やイスラエルのために戦闘させられることは避けられません。



 それでも、国民は売国奴の安倍自民を支持するのでしょうか。



注1:本ブログNo1866『米国トランプ政権下で戦争勢力の覇権争いが激化:米朝の敵対関係は八百長、彼らにとっての本命はイラン、北朝鮮危機は陽動作戦、みんなだまされるな!』2017年12月4日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37073445.html



注2:本ブログNo2040『2018年6月12日の米朝首脳会談にて、朝鮮戦争終結が決まれば、近未来、中東戦争が起こる:自衛隊は、米軍傭兵として中東で戦闘行為をさせられる』2018年6月11日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37376473.html



注3:本ブログNo2043『今回の米朝融和の実現で、当面、極東戦争危機は去ったが、近未来、中東戦争が引き起されて、自衛隊が数千人規模で中東派遣されて、米軍やイスラエル軍の傭兵として利用されることになる』2018年6月14日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37381165.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ
posted by rio at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日のつぶやき
















posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

2018年06月14日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島の旧・日本軍捕虜収容所跡地を意図的に選んで、米朝首脳会談が行われたのはなぜ:大日本帝国主義信奉者・安倍氏の率いる日本に罪の償いを求めているからか







新ベンチャー革命2018年6月13日 No.2042



タイトル:東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島の旧・日本軍捕虜収容所跡地を意図的に選んで、米朝首脳会談が行われたのはなぜ:大日本帝国主義信奉者・安倍氏の率いる日本に罪の償いを求めているからか



1.歴史的な米朝首脳会談はなぜ、シンガポール・セントーサ島で開催されたのか、われら日本人は知っておくべき



 2018年6月12日、シンガポール・セントーサ島にて、歴史に残る米朝首脳会談が行われました。



 われら日本人はみんな、今回の米朝首脳会談がなぜ、わざわざ、シンガポールのセントーサ島で開催されたのか、よく考えるべきです。



 さて、筆者個人もかつて、セントーサ島に何度か、行ったことがありますが、ここには戦争記念館があって、戦時中、日本軍がいかに悪の枢軸だったかという視点で、展示が行われていました。われら日本人にとっては非常に、不愉快な場所と言えます。



 今回の米朝首脳会談開催をあえて、この場所に選んだのは、おそらく、トランプの背後に控える米国戦争屋CIAネオコン(戦時中、日本軍と戦った米国戦争勢力の末裔)と思われます。



 トランプも、そして、トランプを操る米戦争屋CIAネオコンも、何らかの意図があって、わざわざ、ここで米朝首脳会談を行ったと思われます。



 さらに言えば、現実に会談が行われたセントーサ島のカペラホテルは何と、戦時中の日本軍の捕虜収容所の跡地に建てられたようです(注1)。



 これらの歴史的事実を計算に入れて、今回、米朝首脳会談がカペラホテルで行われたと、われら日本人は考えるべきです。



なお、上記、米国戦争屋は、今の米トランプ政権下にて、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行していると本ブログでは観ています。その新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.カペラホテルで米朝首脳会談が行われたのは、日本人に対する当てつけか



 さて、今のシンガポール国民から見れば、戦前の日本軍は、ドイツのナチスと同じく、悪の枢軸なのです。



 ところで、筆者個人は、セントーサ島戦争記念館と並んで、ポーランドのアウシュヴィッツ捕虜収容所も訪問した経験がありますが、欧米人や華僑やシンガポール人から見れば、セントーサ島はまさに、東洋のアウシュヴィッツに相当します。



 日本のマスコミは、われら日本人が、欧米人やシンガポール人を含む外人から本音ではどのように見られているか、まったく報じませんが、世界でナチスが悪者にされているのと同様、旧・日本軍も悪者であり、今の日本人は、その子孫とみなされています。



 上記、カペラホテルの開業は2009年であり、同じく、シンガポールのランドマークとなっているマリーナベイ・サンズの開業年・2010年と同時期です。



 後者のマリーナベイ・サンズのオーナー・シェルドン・アデルソンは、米トランプの資金スポンサーであると同時に、上記、米戦争屋CIAネオコンのスポンサーです(注2)。この事実から、今回の歴史的な米朝首脳会談を決行したトランプの背後に、アデルソン(米ユダヤ人勢力のボス)の影がちらつきます。



 ちなみに、アデルソンは東京にカジノをつくり、日本人や中国人からカネを巻き上げようと狙っています(注3)。アデルソン経営のカジノで得たアブク銭は、米戦争屋CIAネオコンの戦争資金に化けるのです。



 米トランプを操る米ユダヤ人勢力に脅されている安倍氏は、カジノ法案の強行採決を狙っていますが(注4)、彼らに急かされている可能性があります。



3.シェルドン・アデルソンなど米ユダヤ人勢力は、安倍一派が戦前賛美の大日本帝国主義信奉者であることを知っていて、故意に、東洋のアウシュヴィッツで、米朝首脳会談を行ったのではないか



 上記、アデルソンなど米ユダヤ人勢力は、米戦争屋CIAネオコンのスポンサーであり、米国で隠然たる権力を握っています。彼らは今、イスラエルのために、中東戦争を計画しています。そのために、米軍のパワーを中東に集中させるつもりです、そして、彼ら米戦争屋CIAネオコンは、自分たちのでっち上げている極東軍事脅威(偽脅威)を一時休止したいだけなのです(注5)。



 近未来、彼らが中東戦争を勃発させたら、彼らは、属国・日本の自衛隊を米軍やイスラエル軍の傭兵として中東に派兵させて、彼らのために戦闘行為をさせようとしています。



 彼ら米ユダヤ人勢力は、戦時中、ナチスによってひどい目に遭わされていますが、戦時中の大日本帝国・日本は、ナチスと同盟を結び、アジア太平洋地域で、ナチスを真似て、残虐行為を繰り広げたとみなしています。



 そこで、その償いとして、今度は、米国を含む世界のユダヤ人勢力のために、中東に自衛隊を派遣させようとしていると思われます。



 そして、大日本帝国主義信奉者の安倍氏を暗に、脅していると思われます。



 今年5月の連休中、安倍氏は米戦争屋CIAネオコンの指示で、イスラエルを訪問させられ、ネタニヤフ首相から、日本は今度こそ、ブーツ・オン・ザ・グラウンド(自衛隊の中東派兵)しろと暗に、脅されています(注6)。



 以上の背景から、米戦争屋CIAネオコンが、意図的に東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島にて、米朝首脳会談をやるようトランプに指示したのは、日本人に対して、償いをしろと教唆しているのではないかと解釈できます。



 この現実を日本のマスコミはまったく無視していますが、どこまで鈍感なのでしょうか。



 最後に一言、今回の米朝首脳会談におけるキムジョンウンはトランプのパペット(可愛いお人形さん)に見えましたが、それは、キムジョンウンが上記、米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡のひとりだからです。われら日本人はみんな、その現実に気付くべきです。



注1:逝きし世の面影“「死の島」の米韓会談、もうひとつの「南京大虐殺」”2018年6月12日

https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/c75331668ef4903a9eec5c7a42974543



注2:本ブログNo.1658『米国戦争勢力のボスだったデビッド・ロックフェラー亡き後、米国トランプ政権を乗っ取ったCIAネオコンの隠れスポンサーはカジノ王・シェルドン・アデルソンか』2017年4月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36656569.html



注3:本ブログNo.1493『豊洲新市場をラスベガス化すれば、東京が北朝鮮ミサイルのターゲットになることもなく、直下型地震が起こされる心配もなくなる』2016年9月23日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36230450.html



注4:ニフティ・ニュース“安倍晋三首相とトランプ大統領がカジノ法案巡り『密約』か 米『カジノ王』は投資公言”2018年6月12日

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-041216/



注5:本ブログNo.2040『2018年6月12日の米朝首脳会談にて、朝鮮戦争終結が決まれば、近未来、中東戦争が起こる:自衛隊は、米軍傭兵として中東で戦闘行為をさせられる』2018年6月11日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37376473.html



注6:本ブログNo.2018『畳模様の敷物に置かれた革靴のデザートを出されてヘラヘラ笑う安倍夫妻は、どこまで鈍感人間なのか:これほど日本人はバカにされている、みんな怒れ!』2018年5月9日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37324860.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ
posted by rio at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

2018年6月12日の米朝首脳会談を見て、安倍政権下の日本が孤立している現実に国民はみんな気付くべき:G7の首脳から安倍氏が軽蔑されている理由はアベトモ・山口某のレイプ事件をモミケシしたからか






新ベンチャー革命2018年6月12日 No.2041



タイトル:2018年6月12日の米朝首脳会談を見て、安倍政権下の日本が孤立している現実に国民はみんな気付くべき:G7の首脳から安倍氏が軽蔑されている理由はアベトモ・山口某のレイプ事件をモミケシしたからか



1.米国を闇支配する米国戦争屋内の覇権移行を安倍氏は読めていないのではないか



 今の安倍氏は、総理になっても、日本の宗主国・米国内の動きをまったく読めず、単に、そのときどきの米大統領の言いなりになってきたに過ぎないのではないでしょうか。そのような情けない安倍氏の正体が、今回の米朝首脳会談の実現で見えてきました。



 安倍氏はこれまで、北朝鮮拉致問題を利用して、自分の存在を日本国民にアピールしてきました。そして、二言目には、北朝鮮に圧力を掛けると吠えてきました。ところが、2018年6月12日の今日、安倍一派が隷属するアメリカ様の代表・トランプがキムジョンウンとシンガポールで固い握手をかわすシーンが全世界に報道されたのです。安倍氏にとっては、まさに青天の霹靂だったのではないでしょうか。



 ひたすらトランプに阿って(おもねって)きた安倍氏のメンツは丸つぶれです。



 なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか、安倍氏は・・・。



 その理由は、安倍一派は、日本を乗っ取る米国戦争屋の中のCIAネオコンにつながる日米安保マフィア連中(米国戦争屋ジャパンハンドラー)とだけ、パイプをつくってきたからでしょう。



 さて、本ブログでは、今の米国がトランプ政権になって、日本を乗っ取る米戦争屋は、CIAネオコン主導の旧・米戦争屋から、ペンタゴン主流派主導の新・米戦争屋に移行しつつあると観てきましたが、安倍一派と一体化する日米安保マフィアの外務省官僚など、米国通を自認する日本人はみんな、米戦争屋内の覇権移動を甘く見ていたと思われます。



なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.米トランプの奴隷と化した安倍氏は、G7クラスの先進国首脳から軽蔑されているようだが、なぜか?



 われら日本人から見ても、こちらが恥ずかしくなるくらい、米トランプに尻尾を振りまくる安倍氏の正体を、G7の首脳はすでに見破っており、彼らから見て、安倍政権下の日本は米国の属国であり、もはや日本は独立国ではないとみなされているようです。すなわち、日本はG7に参加する資格がないということです。



 この現実を端的に示す画像がネットにアップされています(注1)。



 この決定的な画像から、安倍氏がいくら日本国民に取り繕っても、安倍氏はすでに、G7の首脳から“蚊帳の外”扱いされているのがミエミエです。



 日本はもうG7から離脱した方がよいのではないでしょうか。



 G7の首脳は、今の安倍氏をまったく認めていないように見えます。



 G7の首脳が安倍氏を認めていない決定的な理由は、意外にも、アベトモ・山口某の詩織さんレイプ事件を強引にモミケシした事実にあるのではないでしょうか。



 この事件について、日本のマスコミはまったく報じていませんが、欧米マスコミは大々的に報じていますから、G7の首脳はこの事件をみんな知っているはずです。G7の首脳は、レイプ犯のアベトモ・山口某の逮捕を阻止した安倍氏を暗に軽蔑しているのではないでしょうか。



3.G7でのけ者にされた安倍氏は、あわてて、セクハラ対策強化を言い始めたが、もう手遅れ



 歴史的な米朝首脳会談が行われている今日、6月12日、安倍氏は唐突に、セクハラ対策強化を打ち出していますが、もう手遅れです。



 自分の友人・山口某の詩織さんレイプ事件をモミケシしているくせに、それを放っておいて、今さら、セクハラ対策強化を主張しても、国民はみんな白けるばかりです。



 さて、話は変わりますが、今回、知事選を迎えた新潟県民は、安倍自民推薦候補を当選させていますが、ほんとうですか。今回もムサシの改ざんが疑われますが、いまだに安倍自民を支持する国民は、安倍自民が日本を世界から孤立させている現実に覚醒してください、お願いします。



注1:阿修羅“そして誰も信用されず、相手にもされなくなった安倍晋三外交”2018年6月11日

http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/187.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm




テックベンチャー投稿の過去ログ
posted by rio at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

2018年6月12日の米朝首脳会談にて、朝鮮戦争終結が決まれば、近未来、中東戦争が起こる:自衛隊は、米軍傭兵として中東で戦闘行為をさせられる






新ベンチャー革命2018年6月11日 No.2040



タイトル: 2018年6月12日の米朝首脳会談にて、朝鮮戦争終結が決まれば、近未来、中東戦争が起こる:自衛隊は、米軍傭兵として中東で戦闘行為をさせられる



1.米朝首脳会談の実現にて、極東米軍撤退が実行されるのか



 2011年6月9日、米朝首脳会談のため、トランプとキムジョンウンがともに、シンガポール入りしました。そして、明日、歴史に残りそうな米朝首脳会談が行われます。この会談に先立って、国際政治情勢に詳しい田中宇氏は、すでに、極東米軍撤退の可能性に言及しています(注1)。



 われら日本国民の最大の関心事は、在日米軍の撤退があるかどうかですが、本件は、明日行われる米朝首脳会談の結果次第で、その先行きが見えてくるでしょう。



2.極東米軍撤退論は2009年時点にて、米国防省内で検討されていた



 在日米軍を含む極東米軍撤退論は、すでに2009年時点で存在していました(注2)。



 なぜ、米国には早くから極東米軍撤退論が存在していたのか、その背景を知るには、米国を闇支配する米国戦争屋の存在を知る必要があります。



さて、本ブログは米国のみならず、日本をも乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、その米戦争屋は、米トランプ政権下において、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行中であると本ブログでは観ていました。ただし、今は、好戦派・旧・米戦争屋がトランプ政権に深く入り込んで、新・米戦争屋の足を引っ張っていると本ブログでは観ています。



なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



 その米戦争屋は二大勢力で構成されていると本ブログでは観ています。すなわち、戦争中毒の好戦派・CIAネオコンと、非・好戦派のペンタゴン主流派です。



 上記、旧・米戦争屋は好戦派主導でしたが、新・米戦争屋は非・好戦派(主にペンタゴン制服組)主導と観ています。



 そして現・トランプ米大統領は明らかに、新・米戦争屋系の大統領です。その証拠に、トランプ政権のマティス米国防長官はまさに、ペンタゴン主流派の代表です。



 一方、最近、トランプが旧・米戦争屋から強引に登用させられたボルトン補佐官は、好戦派CIAネオコンの代弁者です。



 ここで話を極東米軍撤退論に戻すと、米国防総省の制服組・ペンタゴン主流派は、基本的に、反戦主義者であり、露中との戦争を可能な限り、回避したいのです。



 ところが、露中の核・ミサイル技術が進化して、極東米軍が露中の核・ミサイル射程内にすっぽり入っているのです。そこで、ペンタゴン主流派は、すでに、2009年時点にて、極東米軍撤退計画を検討しており、米軍の対・露中最前線をグアム・ハワイまで後退させたいわけです。



3.トランプが朝鮮戦争の終結に成功すれば、極東米軍は撤退するが、代わりに、自衛隊が米軍傭兵として中東派遣される



 トランプ個人は、マティス米国防長官と同じく、ペンタゴン主流派寄りですから、朝鮮戦争を終結させて、極東米軍の撤退を実現したいのです。しかしながら、北朝鮮を敵役傀儡化して、極東米軍駐留の永続化を志向する旧・米戦争屋CIAネオコンは、極東米軍撤退に猛反対しているのです。そして、彼らの代表・ボルトンが強引に、トランプに同行してシンガポール入りしているのです。



 上記、田中氏は、ボルトンを同行させたCIAネオコン勢力はトランプ路線(極東米軍撤退)にある程度、妥協すると観ているようです、だから極東米軍撤退が実現すると予想しているのです。



 本ブログの見方では、CIAネオコンが、彼らの敵役傀儡国家・北朝鮮を手放す条件は、トランプが、イスラエルのために米軍を中東に派遣して、場合によっては、シリアまたはイランにて、中東戦争勃発を承認することなのではないでしょうか。



 CIAネオコンは、彼らの傀儡・安倍氏をこの5月連休中に、中東に行かせたことから、極東の緊張が一時休止される代わりに、近々、中東戦争が勃発すると予想されます(注3)。



 こうなれば、自衛隊が米軍傭兵およびイスラエル軍の傭兵として、中東派遣されて、シリア軍やイラン軍と戦闘させられる危険が浮上します。



 以上より、近未来、北朝鮮脅威は低下し、日本国民は安全となりますが、自衛隊は中東に派遣され、戦闘させられます。ちなみに、この戦闘行為は、日本国民の防衛のためではなく、CIAネオコンのためにやらされることになります。



 それでも、日本国民は、自衛隊員を嬉々として、CIAネオコンやイスラエルに差し出す売国奴の安倍自民を支持するのでしょうか。



注1:田中宇“在韓米軍も在日米軍も撤退に向かう”2018年6月9日

http://tanakanews.com/180609korea.htm



注2:宜野湾市“「普天間基地のグァム移転の可能性について」_平成21年11月26日”

http://www.city.ginowan.okinawa.jp/pageRedirect.php?url=/2556/2581/2582/37840/37844.html



注3:本ブログNo.2007『朝鮮半島の南北融和と並行して、連休中、安倍氏は中東に行かされる:安倍氏を傀儡化する米国戦争勢力は、われらの血税で中東戦争を始めて、自衛隊の戦地派遣を要求してくる』2018年4月28日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37306412.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ
posted by rio at 05:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日のつぶやき




posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

2018年06月10日のつぶやき
















posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

2018年06月09日のつぶやき












posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまだに、イケシャーシャーと権力の座に居座る世襲議員・安倍・麻生両氏は、多くの国民からすでに嫌悪感を持たれていることにすら気付いていない:もはや人間として、すでに失格!






新ベンチャー革命2018年6月9日 No.2038



タイトル:いまだに、イケシャーシャーと権力の座に居座る世襲議員・安倍・麻生両氏は、多くの国民からすでに嫌悪感を持たれていることにすら気付いていない:もはや人間として、すでに失格!



1.安倍・麻生両氏は醜悪な人間性を持っているからこそ、図々しく辞めないのか



 モリカケ疑惑事件を通じて、世襲議員・安倍・麻生両氏の醜悪な人間性を見てしまったので、筆者個人は、両氏の顔や声がテレビに出ると、咄嗟に顔をそむけます。



 今では、生理的に両氏に対して嫌悪感を抱くようになりました。



 企業勤務の国民は、こんなのが自分の企業のトップに居て、でかいツラをしていたら、ムナクソが悪くなるでしょう。一日も早く、その会社を辞めたくなるかもしれません。



2.かつて、平気で社員にウソをつく社長がいた



 さて、筆者が若い頃、勤務していた企業は、80年代バブル崩壊後、経営が悪化し、45歳以上の社員に対し、希望退職者を募集していましたが、当時、30代であった筆者もその会社に見切りをつけて辞めました。



 このとき、当時の社長は、中堅社員に対し希望退職を求めることに、責任を感じると言い、リストラが終了すれば、自分も責任を取って辞めるから、会社のために是非、協力してくださいと全社員に社内放送で公約しました。ところが、その社長は、リストラ終了後も、会社を辞めませんでした。社員にウソをついたのです。



 このときの社長の裏切りを今も、決して忘れません!



 要するに、よほど、人間ができていないと、いったん権力を握った人間は、権力に執着するということです。



 上記、安倍・麻生両氏がまさに、この事例に該当します。



3.トップの人間性が醜悪な組織は成り立たない



 企業であろうと、国家であろうと、その組織体のトップが、その組織構成員から信頼と尊敬を受けていないと、その組織が機能しないのは常識です。



 今の日本と言う国家も、そのトップが国民からくそバカにされ、まったく信用されていないわけですから、その日本が健全な国家を維持できるはずがありません。



 総選挙における不正選挙システムを手中にした安倍自民が、傲慢になって、腐敗・堕落するのは必然ですが、安倍・麻生両氏は、日頃の態度に、その傲慢さが露呈して、国民からすでに嫌悪の対象になっています。にもかかわらず、アタマの悪いこの両氏は、そのことにすら気付いていないのです。



 このままでは、日本国民は不幸になります。いまだに漫然と安倍自民を支持している国民は、是非とも、今の日本の危機に気付いてください、お願いします。



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

安倍氏は米国にて“日米は完全一致している”と強調している:日本国民の血税を米国戦争勢力のために最優先で貢ぐと言っているに等しい





新ベンチャー革命2018年6月8日 No.2037



タイトル:安倍氏は米国にて“日米は完全一致している”と強調している:日本国民の血税を米国戦争勢力のために最優先で貢ぐと言っているに等しい



1.モリカケ疑惑で窮地に追い込まれている安倍氏は、かつての小泉氏同様に、北朝鮮拉致被害者帰国劇を演出して、支持率回復を企んでいる



 もうすぐ、シンガポールで米朝首脳会談が開かれる予定となっていますが、安倍氏は早速、訪米してトランプと会談しています。そして、急に拉致被害者問題を言い始めています。



 北朝鮮にとって、日本人拉致被害者は、日本から戦争賠償金をふんだくるための人質なのです。本ブログの試算では、人質一人当たり、身代金は1000億円と観ています(注1)。



 安倍氏はかつての小泉氏と同様、拉致被害者帰国劇のヒーローにさせてもらって、支持率回復を企んでいると思われます。



 モリカケ疑惑で窮地に追い込まれている安倍氏にとって、拉致被害者帰国劇が今のところ唯一の頼みの綱なのです。



2.北朝鮮は米国にとってホンモノの敵国ではない



 本ブログでは一貫して、北朝鮮は米国および日韓朝を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとっては、極東支配に不可欠な敵役傀儡国家であるとみなしています。



 トランプ政権の背後に控える米戦争屋勢力は決して一枚岩ではなく、様々な思惑をもった人たちが水面下で蠢いているわけです。



 今回の米朝首脳会談が二転三転したのも、米戦争屋勢力内の勢力争いを反映しています。



今回、米戦争屋CIAによって演出されている北朝鮮脅威を緩和する方向に米トランプ政権が動いているのは、彼らが極東戦争より、中東戦争を重視している結果であると本ブログでは観ています。彼ら米戦争屋CIAネオコンが中東戦争勃発を最優先している間、北朝鮮脅威を軸に演出されている極東緊張を一時休止状態にしておくつもりなのです。



3.安倍氏は日本人拉致被害者を単に利用しているだけと国民は見抜くべき



 北朝鮮脅威は、米戦争屋CIAネオコンの極東支配のために、彼らによってでっち上げられたニセモノ脅威と本ブログでは観ていますが、北の核・ミサイル実験のコストも、実は日本国民の血税で賄われていると観ています。そして、ネットにも、本ブログと同様の見方をする投稿が存在します(注2)。



 この実態を知ると、安倍氏は、彼の宗主である米戦争屋CIAの手のひらで、踊らされているだけであることがわかります。



 安倍氏が米戦争屋CIAから与えられてミッションは、われら国民の血税をいかに、米戦争屋CIAの極東支配のために活用するかなのです。



 安倍氏の視野には、日本国民のための国益最優先という観念はまったく欠如しています。その代り、安倍氏は、日本国民の血税をいかに、米戦争屋CIAの私益のために貢ぐかを最優先しているのです。



 今回の安倍氏の米国での記者会見にて、同氏は“日米の完全一致”を強調していますが、その意味は、日本を乗っ取る米戦争屋CIAのために、日本国民の血税を最優先で拠出するという意味と同義であると、われら国民は解釈すべきです。



 言い換えれば、今の安倍氏は、日本の国富をすべて米戦争屋CIAに差し出すことで、おのれのクビをつないでいるということです。



注1:本ブログNo.2021『日本を軍国化したい安倍政権は、北朝鮮拉致被害者救出より、日朝関係の悪化を願っている:拉致被害者の身代金は一人当たり1000億円規模か』2018年5月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37329836.html



注2:アゴラ“今こそ「朝銀に1兆4000億円投入」の闇を解明すべき --- 山田 高明”2017年4月22日

http://agora-web.jp/archives/2025672.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日のつぶやき


posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする