2017年04月20日

2017年04月19日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

2017年04月18日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国トランプ政権を乗っ取った好戦派(CIAネオコン)は、シリア・アサド政権の攻略を急ぐだろう:自衛隊と韓国軍が米軍傭兵として引き摺り込まれる可能性が大

t02200198_0399035912980709411.png
米国トランプ政権を乗っ取った好戦派(CIAネオコン)は、シリア・アサド政権の攻略を急ぐだろう:自衛隊と韓国軍が米軍傭兵として引き摺り込まれる可能性が大
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/4/17(月) 午後 0:04
技術経営
中東情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




3

.



新ベンチャー革命2017年4月17日 No.1659



タイトル:米国トランプ政権を乗っ取った好戦派(CIAネオコン)は、シリア・アサド政権の攻略を急ぐだろう:自衛隊と韓国軍が米軍傭兵として引き摺り込まれる可能性が大



1.米国を乗っ取る米国戦争屋CIAネオコンを嫌う米国民に支持されたトランプは早くも、米国民を裏切ったのか



 ネットジャーナリストの田中宇氏は最近、『トランプ革命の始動』と題する新著を出版されたようですが(注1)、そのアプローチは、2017年3月中旬までの情報に基づいているそうです。ところが、その後に起きたことは、それまでと大きく異なっています。そのため、せっかくの新著が出版直後に陳腐化してしまったようです。



 さて、本ブログも、米国トランプ政権のあまりの豹変振りに戸惑いました(注2)。



 ところで、昨年の米大統領選は結局、トランプとヒラリーの一騎打ちとなりましたが、米マスコミの予想を裏切って、トランプが当選しています。この選挙で、ヒラリーではなく、トランプに投票した米国民の多くは、ヒラリーが米国を乗っ取る米国戦争屋の傀儡であることを嫌い、トランプは米戦争屋の傀儡ではないと観て、トランプに投票したと推測されます。



 本ブログも、そのような観点から、トランプを支持していました。そして、有名なネット・ブロガーのリチャード・コシミズ氏もトランプ支持でした。



 ところが、有名ブロガーを裏切って、トランプは米国戦争屋CIAネオコンの軍門に下ったのです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



 上記の米戦争屋に関する新定義を参考に、トランプの豹変というか、米国民への裏切りを観ると、トランプは新・米戦争屋ボス・ジョンRF四世の意向に従う一方、旧・米戦争屋CIAネオコン(好戦派)にも従っていることがわかります。



 しかしながら、選挙中は、旧・米戦争屋CIAネオコンのエージェント・マケインなどは、ヒラリーを支持しており、アンチ・トランプだったのです。



 そこで、CIAネオコンにウンザリしている米国民の厭戦派はこぞって、トランプを支持したのです。にもかかわらず、今のトランプはCIAネオコンを嫌う米国民を完全に裏切っています。



2.トランプ政権を乗っ取った旧・米戦争屋CIAネオコンは、自分たちが米国民から嫌われていることを承知している



 旧・米戦争屋CIAネオコンは、米国を乗っ取って、米国民を戦争に引き摺り込み、戦争ビジネスで米軍事産業を儲けさせると同時に、イスラエルの国益を最優先する勢力ですが、一般米国民は、彼らを嫌っています。そのため、CIAネオコンは米国民に対してステルス化しています。



 そして、昨年の米大統領選では、当初、CIAネオコンは彼らの傀儡・ジェブ・ブッシュを担ぎましたが、トランプに敗れました。そこで、次ぎに、同じく、彼らの傀儡・ヒラリーを担ぎましたが、これも失敗したのです。要するに、米国民はネットで覚醒し、CIAネオコンの正体を見破ってしまったのです。そのため、CIAネオコンはやむなく、トランプ政権の乗っ取りを画策し、今のところ、それが成功しているということです。



 CIAネオコンはトランプの娘婿・クシュナーを利用して、トランプ政権の乗っ取りに成功したのです。この現実を、覚醒している米国民はすでに認識しているでしょう。ところが、米マスコミはことごとく、CIAネオコンの息が掛かっていますから、米国内でアンチCIAネオコンの声が高まることはないのです。



3.トランプ政権を乗っ取ったCIAネオコンはシリア・アサド政権攻略を当面のターゲットとしている



 CIAネオコンに乗っ取られたトランプ政権は、米国民への公約を吹き飛ばして、いきなり、シリア・アサド政権への先制攻撃に踏み切りました。



 CIAネオコンとつながる米マスコミの世論調査によれば、シリア先制攻撃に賛成が過半数となっていますが、まったく、信用できない数字です。トランプ政権支持率は30数%だそうですが、トランプが公約を破っている以上、今後、もっと支持率は下がりそうです。



 トランプ政権を乗っ取ったCIAネオコンはトランプ政権支持率にはまったくおかまいなしに、今後、どんどん、シリア戦争の準備を推進するでしょう。



 ただし、トランプ政権にはまだ、アンチCIAネオコンも潜んでいるでしょうから、政権内では好戦派と非・好戦派の暗闘が繰り広げられているはずです。



 いずれにしても、シリア戦争が始まったら、日本の自衛隊と韓国軍が米軍の同盟軍(実際は傭兵)として、参戦を余儀なくされるでしょうが、日韓国民の防衛とは無関係の動員となります。



注1:田中宇“トランプの見事な米中協調の北朝鮮抑止策”2017年4月16日

http://tanakanews.com/170416korea.htm



注2:本ブログNo.1655『米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない』2017年4月13日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36650918.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

2017年04月17日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドマンファミリー=ロス茶 森友解散 戦乱→極右軍拡 南北統一 米露中英 米破産 汚職 予言


81VHuY8+piL.jpgコブラ1ポイントレッスン復習
管理人から このアカウントのツイートはNow Creationさんと夜明け前さんからの転載です。

http://nowcreation.jimdo.com/  http://ameblo.jp/space-wanderer/  いつもありがとうございます♪

https://twitter.com/cobraportaljp/status/830009938336309249

リン:世界中の王族同士が血縁関係にあります。そして常に戦争し合っているふりをして権力支配を絶えず固めています。どのようにして王族システムは終わるのですか?

コブラ:彼らは、イベントと大量逮捕のプロセスに対して、権力を放棄するように強いられます。




イベントの後、私たちは動物を殺したり食べたりするのをやめて、本当の彼らを認めるようになるでしょう



健康の為に、毎日できる限り多量の水を飲み、その水は可能な限り純粋なものにすること。アユールベーダでは個人の水の摂取量を旨く説明しており、日々1リッ トルから2リットルの間である。



善意の銀河連合はいかなる悪しき動機も計略も持っていません。彼らは単純にみんなに自分たちの経験を共有したいだけです。彼らはその宇宙愛と宇宙経験を銀河全体に広げて共有し、ここにあるような異常を癒やしたいという傾向を自然に持っています。これは彼らの第一の動機です。






銀河全体が光に満ちあふれる時代についての古い銀河予言があります。光の銀河ネットワークが完成を迎えるとき、一番最後に光の銀河ネットワークに加わる場所は地球と太陽系と伝えられているのです。そして、ここでその転換が完了するのを、みんなが待っているのです。


実のところ、「対立」とはある種の異常です。銀河の大部分にとってここ地球で起きていることは純粋に狂気です。彼らは愛に溢れる現実の中で暮らしています。愛情に溢れる銀河の大海で暮らす彼らにしてみれば、私たちの現実はただの狂気でしかありません。


どの生き物も、まず自分自身を大事にしないと、他者を助けることは出来ません。 カギは、自分に必要なものを大事にしながら、他人を助けるというバランスです。


銀河全体は一つの生き物です。それは生きている生命体であり、銀河生体の中にあるすべての細胞はつながっています。もし、一つの細胞がガンに侵されたら、 銀河全体の完全な進化は阻まれます。同様に地球の状況が解消されない限り、銀河内のどの種族も完全な進化を遂げることは出来ないのです。


質問 - プレアデス人はこの惑星と太陽系をなんと呼んでいますか?

COBRA – 彼らはこの惑星を「青い宝石」と呼んでいます。



小声で「小日本ファースト」を主張してみれば?

http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/52172243.html


ウェルズリー大


昔から日本は実質的に世界最大で最悪のテロ支援パヨク国家
http://tokumei10.blogspot.jp/2017/04/blog-post_70.html
2017年3月5日日曜日
現代版ジハードとイスラム自爆テロの原点は大日本帝国と玄洋社・黒龍会のアジア主義
http://tokumei10.blogspot.com/2017/03/blog-post_17.html
北朝鮮の本体は日本のイルミナティ、即ち薩摩とロシアとSCG家@毒英とバチカン内汚腐乱巣派人脈
site://tokumei10.blogspot.com 北朝鮮 本体 - Google 検索 via kwout
北朝鮮のフェイク・ミサイル
http://tokumei10.blogspot.jp/2017/04/blog-post_44.html

中国・ロシア駐在の北朝鮮大使、現地での「太陽節」祝賀行事を欠席 平壌に一時帰国した可能性
http://tokumei10.blogspot.jp/2017/04/blog-post_47.html
米中露による日本こと北朝鮮の本体をも含むキムチ包囲網 via kwout

◆シリアと北朝鮮の攻撃騒動、トランプ暴走の裏事情

http://benjaminfulford.jp/

≪2017/04/17 VOL411≫

【 プエルトリコの破産危機 】

皇室に近い右翼筋によると、先週「ゴールドマン・ファミリー」と名乗る欧米勢が天皇陛下に手紙を送り、今年の4月末までに安倍晋三政権を小沢一郎政権に置き換えるよう要請したという。

また、今週アメリカのマイク・ペンス副大統領とウィルバー・ロス商務長官が来日する際にも、それぞれ日本の国家権力中枢に対して同様の要請がなされる見込みだ。

しかし欧米権力が混乱している今のうちに、日本の国家権力が勇気を出して外国勢からの要請を拒否する姿勢を打ち出せれば、日本は再び「真の独立国家」になれる。また、それによって日本から外国勢へと不当に渡っているおカネの流れも止まり、世界中のテロの根源である連中が人類を苦しめることもなくなるのだ。



何故に 彼らが今年の4月末までに「小沢政権」を誕生させたいのかというと、下記リンクのニュース記事でも報じられている通り、アメリカ自治領(コモンウェルス)であるプエルトリコの破産危機が間近に迫っているからだ。
https://www.yahoo.com/news/puerto-rico-seen-sliding-toward-bankruptcy-deadline-nears-070022952–sector.html

昨年の6月、米議会は「プエルトリコ監視・管理・経済安定化法」(PROMESA)



300人委員会のトップに関するフルフォード氏と板垣氏の情報の矛盾の解説

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=126424



フルフォード氏の言う「ゴールドマン・ファミリー」と板垣英憲氏の情報 〜今上天皇とエリザベス女王の意向が強く働く「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)」〜

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=126567





各地の大型施設が「耐震化」でピンチに……身売りするリゾートホテル、閉店する百貨店も

https://twitter.com/naoyafujiwara/status/853829887597072384

https://twitter.com/naoyafujiwara

佐川理財局長の答弁を完全に崩壊させる新資料が発覚!



「森友報道」の過熱に怒りの安倍官邸――放送局が恐れる「報復」を画策



ロシア、北朝鮮の緊張に対して抑制を促す

北朝鮮、ロシアとの関係発展を計画

ロシア艦船が韓国・プサンに寄港

ロシア、韓国へのTHAAD配備に反対

韓国国防部「THAAD、速やかに運用の立場変わらず」

北朝鮮の羅津とロシアのウラジオストックの間の定期フェリー航路、今月運航開始予定 http://en.portnews.ru/news/236966/

ロシア、エジプトで起きたコプト教会テロ事件で、英国がテロ組織を支援していると非難

トルコのロシア製高性能地対空ミサイルS-400購入は最終段階



安倍政権が自衛隊を対北朝鮮戦争に! 直前にカールビンソンとの訓練計画、武器使用の指針まで策定していた



北朝鮮危機で右派錯乱! 百田尚樹は朝日新聞にテロ宣言、小籔千豊は米国に「何を守ってんねん」と逆ギレ



大丈夫なのか?? 米空母 25日ごろ朝鮮半島東の海上に=対北抑止へ武力誇示 「計3隻の空母が朝鮮半島の戦区(軍事作戦区域)に位置することになる」

ペンス副大統領、北朝鮮の挑発は米軍にリスクを与えている



トランプ政権のインサイダー、トランプ外交は機能している。 要するにトランプは世界を舞台にISと全面戦争を始めたわけだ。公約どおり。軍隊もサイバーも。オバマはできなかった。

米空軍司令官、大変なことになりつつあると予算カットに警告

米軍がアフガンで「大規模爆風爆弾」を使用、一部の子供たちが聴力を消失



シリアのIS、この2日間で2度目の化学兵器攻撃


米軍の直接的シリア攻撃を続けさせるために資金提供を申し入れたサウジ国王と露上院議長が会談

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704170000/

4月7日の攻撃でアメリカ軍は駆逐艦のポーターとロスからシリア軍の航空基地に向けて59発のトマホーク巡航ミサイルを発射、ロシア側の主張によると、23発が目標に到達した。攻撃の直後、サウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジズ・アル・サウド国王はドナルド・トランプに電話し、さらなる攻撃のための資金提供をアメリカ政府に申し入れたとイランでは伝えられている。

2007年3月5日付けニューヨーカー誌で調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュはアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの「三国同盟」がシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラに対する秘密工作を開始した書いている。その秘密工作が顕在化したのが2011年春だった。

ハーシュによると、工作の中心にはリチャード・チェイニー米副大統領、ネオコン/シオニストのエリオット・エイブラムズ国家安全保障問題担当次席補佐官、ザルメイ・ハリルザド、そしてバンダル・ビン・スルタンだという。

シリアの場合、この3カ国だけでなくカタール、トルコ、イギリス、フランス、イスラエルなども侵略に参加している。2012年8月の段階でアメリカ軍の情報機関DIAは反シリア政府軍の主力がサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIであり、そうした勢力を西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているとバラク・オバマ政権へ報告している。。

オバマ政権は「穏健派」を支援すると主張していたが、そうした「穏健派」は存在しないと指摘し、その政策を続ければシリアの東部(ハサカやデリゾール)にはサラフ主義者の支配国が作られる可能性があるとも警告していた。それはダーイッシュという形で現実のものになる。

この警告を発した当時のDIA局長がマイケル・フリン中将で、トランプは国家安全保障担当の補佐官に指名した。アル・カイダ系武装集団やダーイッシュを危険だとトランプ大統領は認識していると見られたが、2月に辞任に追い込まれた。

フリンの後任はデビッド・ペトレイアス元CIA長官の子分と言われているH. R. マクマスターで、このコンビはシリアへ数万人とも15万人とも言われる規模のアメリカ軍をユーフラテス川の渓谷へ侵攻させようと目論んでいると報道されている。シリアへアメリカ軍を侵攻されればロシア軍と衝突する可能性が高い。イラク侵攻の時もネオコンは甘い見通しを振りまいていたが、シリアの場合はイラクで必要だった戦力で済むとは思えない。

オバマ政権の政策によって勢力を拡大させたアル・カイダ系武装集団やダーイッシュにとってアメリカが行った巡航ミサイルによる攻撃は精神的な支えにもなっているだろう。そうした武装勢力を資金面から支えてきたのがサウジアラビアやカタールのようなペルシャ湾岸産油国にほかならない。

本気で中東の「テロリスト」を根絶する気持ちがあるなら、サウジアラビアを押さえ込まなければならないのだが、石油産業が見え隠れするトランプ政権には難しいだろう。基軸通貨のドルを発行する特権でアメリカは生きながらえているが、サウジアラビアはドルを吸収する仕組みに組み込まれているということも無視できない。サウジアラビアは世界が抱える最大の問題だともいえる。

そのサウジアラビアをロシア上院のワレンチナ・マトビエンコ議長を中心とするグループが訪問、サウジアラビア国王は「国際テロリズム」と戦うために協力する必要性を確認したという。「テロリスト支援」を続けているサウジアラビアをロシアが押さえ込めない場合、世界はきわめて危険な状態になるだろう。



悪の悪は善?

http://ameblo.jp/bluenewt/entry-12266353153.html

そしてまたホワイトハウスが16日(アメリカ時間)に予定されている攻撃のためにダマスカスに化学兵器を搬入したことをVTが暴いている。現在のところ事件は報道されていない。ホワイトヘルメットの救助は殺人を意味する。以前紹介した子供の心臓に長い針を刺して殺すビデオはCIAのマイク・ポンペオ監督がチームを編成してイドリブで撮ったもの。あれはサリンではなく塩素ガスだった。





【緊急警告】今週中にアメリカ史上最悪の大事件発生か? これまで「4月15〜21日」に大事件が起きていることが判明!

http://tocana.jp/2017/04/post_12941.html

トランプ弾劾の危機
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-770.html
◆朴槿恵に次ぐ大統領弾劾ですか。米国は新共和国への移行が始まるのかもしれませんね。
▼トランプが半島に関わったので、法則が働いたんじゃあニャイか?www
Picture7.png



ジョージ・ソロスは、2.5億ドルでクシュナー兄弟のベンチャーCadreを後押しした
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12266352420.html



クシュナー氏がホワイトハウスを指揮っています!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52006214.html
トランプのせっかちなシリア攻撃ゲームは、つじつまが合わない
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-f19c.html

米国トランプ政権を乗っ取った好戦派(CIAネオコン)は、シリア・アサド政権の攻略を急ぐだろう:自衛隊と韓国軍が米軍傭兵として引き摺り込まれる可能性が大

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36658418.html

リーク情報:米軍特殊部隊が金正恩暗殺の訓練を実施中!

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52006208.html



インスタント食品は危険?がんや脳腫瘍が多発!!

http://ameblo.jp/zeusu69/entry-12266318678.html



サムスンVSファーウェイのスマホ戦争

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8628.html



中国版マルサ「人民の名義(人民の名において)」

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8627.html



預言(ネビーイーム)と国際関係

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8626.html



北朝鮮が米国との対話に応じるサイン

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8624.html

北朝鮮問題は鎮静化へ向かうのか?

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8623.html



再掲 日本人が誰も知らない北朝鮮の真実!から 〜北朝鮮は日本陸軍諜報員(金策)こと畑中理(はたなか、おさむ)が建国した

http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/5cea1108a00368ca4d490ea989d52972

   

金策(畑中 理)                    横田めぐみの祖母 母   横田めぐみ 金 正恩



いよいよ残り3日!カウントダウン!今こそ(IISIA原田武夫)

http://archives.mag2.com/0000228369/

⇒“今日の焦点”はズバリ:  「トルコで改憲の国民投票が可決」です。
⇒その理由は……: ─今起きていることの本質。それは太陽活動の激変を前提とした気候変動の激化です。
 ―その結果起きているのが諸民族による国盗り物語なのです。それで全て説明がつきます。
 ―一見何気ないことの様に想えるのです。外見だけでは米欧の合理主義で説明できるように思えます。
 ―しかし究極においては陣地取り合戦なのです。なぜならばルールが変わるからです。
 ―ただそれだけのことなのですがなかなか見えません。見えている者だけが本当のリーダーシップなのです。

トルコで改憲の国民投票が可決されました。エルドアン大統領の権限が強化されます。

「独裁」との呼び声も強くなっています。特に西側社会ではそうです。
なぜそうなのでしょうか?そこまでしてなぜ「独裁」をトルコは選択しているのか。
その理由はただ一つ。国盗り物語は「戦乱」だからです。
そして戦乱、戦争の時に必要なのは単一の権力による決断なのです。
だからこそ「独裁者」が合法的に登場しなければならないのです。
いよいよ始まりました。「次のフェーズ」です。
分かり、ますか?
1470367710208.jpg
posted by rio at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

2017年04月16日のつぶやき










posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

2017年04月15日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

2017年04月14日のつぶやき




















posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

2017年04月13日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない

t02200198_0399035912980709411.pngt02200289_0457060013072139748.jpg
米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/4/13(木) 午後 0:19
日米関係
アメリカ情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




5

.



新ベンチャー革命2017年4月13日 No.1655



タイトル:米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない



1.北朝鮮は米国軍事産業をスポンサーとする米国戦争屋の敵役傀儡国家であるという認識をみんな持つべき



 本ブログは戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米トランプ政権の最近の動き、すなわち、国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆など、米国民のみならず、世界の人々に脅威を与えている動きはすべて、背後で米戦争屋が関与していると観ています。世界一の経済大国・米国は同時に、軍事大国でもあり、米国経済は実質的に米軍事産業によって支えられていると言って過言ではないでしょう。したがって、米国を動かしているのが米戦争屋である限り、世界が平和になることはなく、常に世界のどこかで紛争や戦争の絶えることはないのです。



 そして、極東でも、米戦争屋は北朝鮮を敵役傀儡国家にして、常に極東の緊張を維持し続けており、日韓国民は、米軍事産業から高額兵器を買わされる破目に陥っています。



 韓国民同様に、われら日本国民も常時、北朝鮮脅威に晒されていますが、北朝鮮は米戦争屋の敵役傀儡国家であるという認識を持つべきです、さもないと、日本人はいつまでも、米戦争屋の手のひらで踊らされ続けることになります。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



2.日本国民を手玉に取り続けてきた旧・米国戦争屋のボスであったデビッドRFが死去した後、米国戦争屋はどう変わろうとしているのか



 本ブログでは、上記、旧・米戦争屋のボスをデビッドRFとみなしてきましたが、デビッドRFは2017年3月20日に死去したと発表されています(注1)。



 本ブログでは、デビッドRFの死去が発表される前から、デビッドRFは実質的に無力化していたことを察知し、米戦争屋の覇権が、デビッドRFの長男ではなく、RF財閥の正統なる後継者であるジェイRF(ジョンRF四世)に継承されたのではないかと観てきました。そして、RF財閥の番頭・キッシンジャーが、ジェイRFと結託して、今の新・米戦争屋を牛耳っていると観ています(注2)。



 上記、新・米戦争屋に関して、2016年12月17日付けの本ブログNo.1560に、定義していましたが、その当時、デビッドRFはすでに、無力化しているという前提に立っていました。



 しかしながら、そのときはまだ、デビッドRFの死は不明だったのです。そこで今回、デビッドRFが死去したという前提で、新・米戦争屋の定義を見直します(注3)。



 そして、米国戦争屋に隷属してきた悪徳ペンタゴン日本人勢力の定義も見直します(注4)。



3.デビッドRFが死んだ今、トランプ政権に入り込んだ旧・米国戦争屋CIAネオコンのボスは誰か



 本ブログでは、新・米戦争屋のボスは今は、ジョンRF四世(ジェイRF)であり、その番頭はキッシンジャーと観ていますが、トランプ政権に突然、入り込んだ旧・米戦争屋CIAネオコンのボスは、どうも、ジェイRFでもなく、キッシンジャーでもないと観ています。



 それでは最近、トランプ政権に入り込んだ旧・米戦争屋CIAネオコンのボスは一体誰なのか、残念ながら、まだ見当がついていません、ネットにはヒントがありそうですが・・・(注5)。とりあえず、新・米戦争屋および、米戦争屋に隷属する悪徳ペンタゴン日本人勢力の定義を下記に示しますが(注3、注4)、今後、必要に応じて見直しします。

 

注1:本ブログNo.1636『戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争勢力のボスであったデビッド・ロックフェラーが死去:今後、日米関係に大きな変化が起こる可能性が大』2017年3月21日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36607549.html



注2:本ブログNo.1560『戦後日本を属国支配してきた米国戦争屋勢力のボスがジョン・ロックフェラー四世に代わったとすれば、来年以降の日米関係は大きく変わる』2016年12月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36416631.html



注3:新・米国戦争屋とは(2017年4月13日更新)



本ブログがこれまで定義してきた旧・米国戦争屋とは、米国最大の財閥であるRF財閥のボス・デビッドRFが実権を握ってきた軍産複合体勢力または米国寡頭勢力を指していた。そして上記、米国戦争屋は、RF財閥を頂点に形成されてきた米国の軍産複合体を中核に据えて米国および日本を闇支配してきた。なお、米国戦争屋勢力は過激な好戦派ネオコンおよびCIAの中の謀略工作部隊を含んでいる。



 さて、上記、デビッドRFは2017年3月20日に、その死去が発表され、上記、米戦争屋ボスとしての地位が失われたことが確実になった。その前提で、新・米戦争屋ボスのポジションは、RF財閥の番頭・キッシンジャーとともに、ジョンRF四世(ジェイ)によって継承された可能性が非常に高まっている。にもかかわらず、2017年4月23日現在、RF財閥から正式に、ジョンRF四世がRF財閥の覇権を継承したという公式発表は一切ない。したがって、新・米戦争屋のボスはジョンRF四世というのはあくまで、本ブログの推定である。



 これまで、本ブログでは、ジョンRF四世配下の新・米戦争屋は、米戦争屋好戦派(CIAネオコンを含む軍産複合体系)と米戦争屋・非・好戦派(石油ガス利権屋系)に分裂すると推定していた。なぜなら、ジョンRF四世は、故・デビッドRFと違って、強大な軍産複合体を支配する覇権力を持たないとみなしているからである。



 ジェイRF配下のRF財閥は、欧州寡頭勢力との連携を強化すると思われる。なぜなら、ジェイはデビッドRFに対抗するため、欧州寡頭勢力からの支援を受けてきたからである。欧州寡頭勢力は第三次世界大戦を企てる米戦争屋好戦派を弱体化する方向に動こうとするので、今後、米戦争屋の好戦派は逆境に陥るであろうと、これまで本ブログでは観ていた。



 このような新体制にて、逆境に陥った旧・米戦争屋好戦派(CIAネオコンを含む)がトランプ新政権下でどのように悪あがきするかは、これまで未知数であったが、2017年4月6日、トランプ政権は突然、シリア先制攻撃を実行した事実から、上記、旧・戦争屋CIAネオコンは巧妙にトランプ政権に食い込んだことが判明した。



 この結果、ジョンRF四世が率いていると推測される新・米戦争屋の存在は現時点では影が薄い状態に陥った。ただし、この先どうなるかは不透明である。



 一方、上記、旧・米戦争屋CIAネオコンはトランプ政権下で復活したとみなせるが、そのボスはジョンRF四世ではないと思われる。しかし、残念ながら、しぶとく生き残った旧・米戦争屋CIAネオコンの陰のボスが誰か、現時点では不明である。



注4:戦後日本で、のさばってきた悪徳ペンタゴン日本人勢力とは(2017年4月13日更新)



悪徳ペンタゴン勢力とは元・早稲田大教授・植草一秀氏の造語である。日本に蠢く一部の(1)政治家、(2)官僚、(3)マスコミ人、(4)財界人を指し、日本国民の利益より、米国寡頭勢力のうち、特に、日本を闇支配する旧・米戦争屋の利益(私益)を優先する(あるいは優先させられる)買弁家的日本人、および(5)旧・米戦争屋系ジャパンハンドラー(買弁日本人をコントロールする戦争屋系米国人)を指す。上記、旧・米戦争屋ジャパンハンドラーを除く悪徳ペンタゴン日本人勢力は、今後も完全には消滅しないと思われる。そして、新・米戦争屋による対日支配下で、しぶとく生き残るであろう。



 ちなみに、上記、悪徳ペンタゴン(5者の呼び名)を本ブログでは、悪徳ヘキサゴン(6者の呼び名)と呼ぶときもある。悪徳ヘキサゴンの6番目は旧・米戦争屋CIAの極東謀略部隊の下請け組織を指し、半島系宗教団体や日本の親米右翼・ヤクザがそれに該当する。とりわけ、半島系宗教団体は日本の政界に深く浸透してきた。この旧・米戦争屋CIA配下の極東謀略部隊は基本的に、金欠になって弱体化する運命であるが、彼らが牛耳る麻薬シンジケートの闇収入で謀略工作資金は今後も確保できるだろう。



 新・米戦争屋のボスにジェイRFが就いたと仮定すると、まず、旧・米戦争屋ジャパンハンドラー(R.アーミテージやM.グリーンなど)は一掃されたはずである。そして、彼らが外務省や防衛省の官僚とともに構築してきた日米安保利権体制も大幅に変更され、いわゆる日米安保マフィアのパワーは弱体化される方向であるが、依然、先行き不透明である。



 ところで、新・米戦争屋ボス・ジェイRFは、若い頃、日本の国際基督教大学(ICU)に留学しているが、これは、RF財閥が、ジェイに日本を支配させる予定だったからと本ブログでは観ている。そうなれば、ジェイは好戦派ではないので、旧・米戦争屋のつくった日米同盟も日米安保体制も大きく変更される可能性が出る。



 日本の新ボス・ジェイRFは、対米支配を復権させる欧州寡頭勢力の意向に沿って、対日闇支配すると思われるので、中露との融和、日韓朝の融和を優先しそうである。そして、極東米軍を縮小・撤退させ、憲法改正によって日本の自衛隊が日本軍に昇格させられる可能性が出る。そして、自衛隊が日本軍となった後、現在の日米同盟が見直されて、新たな新・日米同盟(独立国同士の対等の同盟)が再締結される。いずれにしても、日米の同盟関係は基本的に維持されると思われる。



 しかしながら、トランプ新政権内に突然、旧・米戦争屋CIAネオコンが入り込んできて、トランプ政権は彼らに影響を受け始めている。



 そして、トランプ政権の対日戦略が今後、ジョンRF四世(ジェイRF)に牛耳られるのか、それとも、トランプ政権に入り込んだ旧・米戦争屋CIAネオコンのボスXに牛耳られるのか、現時点では不透明である。



 ちなみに、日本と違って、米国の組織は集団指導体制とならず、必ず、個人のボスが存在するが、そのボスはステルス化することもある。


注5:State of the Nation“Who Really Owns and Controls the Military-Industrial Complex?”2016年3月31日
http://stateofthenation2012.com/?p=34801



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

2017年04月12日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

2017年04月11日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

2017年04月10日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済貧国・北朝鮮はなぜ、高度なミサイル技術や核技術や化学兵器技術をもっているのか:にもかかわらず、米国戦争勢力やイスラエルは敵国・イランやシリアと違って、北朝鮮を攻撃せず泳がしてきたのはなぜか?

81VHuY8+piL.jpgt02200198_0399035912980709411.png
経済貧国・北朝鮮はなぜ、高度なミサイル技術や核技術や化学兵器技術をもっているのか:にもかかわらず、米国戦争勢力やイスラエルは敵国・イランやシリアと違って、北朝鮮を攻撃せず泳がしてきたのはなぜか?
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/4/9(日) 午後 1:53
技術経営
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




9

.



新ベンチャー革命2017年4月9日 No.1652



タイトル:経済貧国・北朝鮮はなぜ、高度なミサイル技術や核技術や化学兵器技術をもっているのか:にもかかわらず、米国戦争勢力やイスラエルは敵国・イランやシリアと違って、北朝鮮を攻撃せず泳がしてきたのはなぜか?



1.なぜ、北朝鮮には大量の高性能ミサイルが存在するのか



 ネット情報によれば、北朝鮮は莫大な数の高性能ミサイルを保有しているようです(注1)。



 ここで素朴な疑問があります。なぜ、経済貧国・北朝鮮は身分不相応の高性能ミサイルで武装し、また核実験をやれるのでしょうか。極めてアンバランスな国です。しかも、このような北朝鮮の脅威に対し、米国がなぜか、黙認しているのです。



 その米国は中東では、シリアを先制攻撃していますし、イランの核施設はイスラエル経由で空爆して破壊しています。



 さて本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋にとって、反米イスラム国・イランやシリアはホンモノの敵国であるのに対し、北朝鮮はニセモノの敵国、すなわち、米戦争屋にとって北朝鮮は敵役傀儡国家と観ています。まさに露骨なダブルスタンダードです。



 上記の見方に従えば、北朝鮮の核施設もミサイルも、そして化学兵器もすべて、米戦争屋が密かに供与していると推測されます。



 以上の推測から、北朝鮮は米国戦争屋およびイスラエルの核実験場であり、ミサイル実験場ではないかと本ブログでは観ています(注2)。



 さらに、北朝鮮のミサイルは、主に対日攻撃用と観ています。その狙いは、米戦争屋CIAネオコンが、日本の核武装を警戒していて、もし、日本が核武装すればただちに、北朝鮮経由で対日攻撃できるようスタンバイしておくことではないかと本ブログでは観ています(注3)。



 その意味で、米戦争屋にとって、極東における真の仮想敵国は北朝鮮でもなく、中国でもなく、実は日本なのではないでしょうか、なぜなら、世界で唯一の原爆被爆国・日本は、スキあらば、いつかのその仕返しをしてくるはずと米戦争屋の深層心理で警戒されているからではないかと本ブログでは観ています。



 ちなみに、日米同盟は、決して対等の同盟ではなく、日本を乗っ取る米戦争屋にとって、日本を絶対に単独で核武装させないための足かせ条約と本ブログでは観ています。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



2.旧・米国戦争屋ネオコンが地球上でもっとも欲しがっているのは核実験場とミサイル実験場



 戦後から90年代初頭まで、核技術を支配してきた旧・米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)は米国内や太平洋などで核実験をやれていましたが、今は、簡単にできなくなっています。一方、ロシアはシベリアなどで、核実験もミサイル実験も容易にできます。



 そこで、旧・米戦争屋ネオコンは、北朝鮮を敵役傀儡化して、北朝鮮経由で堂々と核実験やミサイル実験をやっているのではないでしょうか。そして同時に、北朝鮮経由で、対日攻撃できるようスタンバイしているのです。



 そして、旧・米戦争屋は毎年、米韓合同軍事演習をやって、北朝鮮を挑発するフリをして、北朝鮮に核実験やミサイル実験をやらせているのではないかというのが、本ブログの見立てです。



ところで、かつて、南アフリカと南極の中間海域にて、ナゾの海底核実験が強行されていますが(注4)、本ブログでは、旧・米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の仕業と観ています。



 また、2011年に起きた3.11地震津波も、日本の核武装に対する恫喝に加えて、彼らの海底核実験という副次目的があったと本ブログでは観ています。



 ちなみに、3.11事件発生後、2011年3月29日から4月10日まで、イスラエル医師団50人が、震源域に近い三陸町に来ていましたが(注5)、何らかのウラ・ミッションを帯びていたはずです。



 さらに言えば、このとき、米空母・ロナルド・レーガンが2011年3月12日から4月30日まで、震源海域の三陸沖にてトモダチ作戦を実施していましたが、こちらも、何らかのウラ・ミッションを帯びていたと推測されます。



3.北朝鮮とシリアやイランがつながっているという情報はプロパガンダ



 2017年4月9日の朝のフジテレビ報道番組では、北朝鮮の化学兵器がシリアに渡ったという情報を流していましたが(注6)、本ブログでは、北朝鮮は旧・米戦争屋ネオコンの敵役傀儡国家と観ていますから、北朝鮮の化学兵器技術はネオコン(イスラエル・ネオコン含む)から供与されていると疑っています。



 また、北朝鮮のミサイルにはイランの技術が使われていると、イスラエルの専門家がわざわざ述べていますが(注7)、この情報がほんとうなら、ネオコンは北朝鮮をイラン同様にただちに、攻撃しているはずです。



 上記の情報から推察できるのは、日本人を含む世界の人々は、経済貧国・北朝鮮が単独であれだけ高度なミサイル技術を開発できるはずがないと疑っているのではないかとイスラエル・ネオコンが勘繰って、世界の人々の対・北朝鮮疑惑がイスラエルに向かうのを否定しているわけです。



 筆者個人の見方では、弾道ミサイルの中でも断トツに高度な技術を必要とする潜水艦発射弾道ミサイル・SLBMを北朝鮮が単独で開発したとは到底、信じられません(注8)。



 もし、北朝鮮が旧・米戦争屋CIAネオコンにとってホンモノの敵国であったなら、こんな高度の先端技術兵器をもつ北朝鮮を放置しておくはずがないのです。上記、イスラエル専門家は、北朝鮮のSLBM技術もイランから密輸したと言いたいのでしょうか。



 ところで、2012年、北朝鮮のミサイルの運搬台車が中国製と判明して、旧・米戦争屋CIAネオコンが大騒ぎしたことがあります(注9)。



 この事実を逆手に取って言えば、北朝鮮のミサイル技術や核技術が、イランではなく、中国やロシアから提供されていたら、当然ながら、旧・米戦争屋CIAネオコンのみならずイスラエルも大々的に、中露を非難しているはずです。中露もそれがわかっているからこそ、安易に北朝鮮にミサイル技術や核技術を供与できないのです。



 上記、イスラエル専門家が北朝鮮のミサイル技術はイランから提供されていると述べたことから、筆者個人は逆に、イスラエルこそが、水面下で北朝鮮とつながっているのではないかと睨んでいます。






 そう言えば、かつて、米国発のイスラエルの貨物船が根室沖で日本の漁船に当て逃げしたことがあります(注10)。





ちなみに、北朝鮮は英国(NATO経由で旧・米戦争屋とつながる)と国交がありますし、国連にも加盟していて、NY事務所をもっていますから、北朝鮮が水面下でCIAネオコンとつながっていてもおかしくありません(注11)。



 もしそうなら、先日の米軍によるシリア先制攻撃で判明したように、遂にCIAネオコンに乗っ取られたトランプ政権は、CIAネオコンの敵役傀儡国・北朝鮮を簡単には先制攻撃できないことになります。



注1:情報速報ドットコム“北朝鮮が日本に向けているミサイルの数は1100基以上!スカッド800基、ノドン300基”2017年4月8日

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16228.html



注2:本ブログNo.1292『米国戦争屋ネオコンの敵役傀儡国・北朝鮮はイランと違って核実験やっても攻撃されないのはなぜか:ネオコンにとって絶好の新型核兵器実験場だから?』2016年1月7日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35577934.html



注3:本ブログNo.1481『北朝鮮は200基もの対日攻撃ミサイル(ノドン)を持たされ、その核弾頭の実験が成功:日本が密かに核武装したらただちに全滅できるようスタンバイされていると知れ!』2016年9月10日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36199213.html



注4:島村英紀“「極秘核実験」探知した日本の地震計”2013年11月15日

http://shima3.fc2web.com/yuukanfuji-column27.htm



注5:逝きし世の面影“イスラエル軍医療団の置き土産、被災地南三陸町に2100万円の請求書”2011年6月22日

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/443bc74ed1b28b5e96cf417b1d5ed9aa



注6:JCCテレビすべて“北朝鮮女工作員・生出演・サリンで繋がる!?シリアと北”2017年4月9日

https://jcc.jp/news/12102407/



注7:デイリーNK“「北朝鮮のミサイルにイランの技術」イスラエルの専門家”2016年4月20日

http://dailynk.jp/archives/65362



注8:本ブログNo.1469『北朝鮮が単独で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)や潜水艦(SSBN)をつくれるはずがない:日韓にPAC3やTHAADといった陳腐化したミサイル防衛システムを売りつけるためのCIAによるマッチポンプ演出に過ぎない』2016年8月25日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36162366.html



注9:ニューズウィーク“北朝鮮「新兵器」は中国製か”2012年6月7日

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/06/post-2572.php




注10:reference archives“根室沖「当て逃げ」 釜山入港の大型船か イスラエル籍、左舷に衝突痕”2005年10月1日



http://hogetest.exblog.jp/1216248/







注11:本ブログNo.1274『米国テレビ番組にて、キムジョンウン体制の北朝鮮にはCIAが駐留している疑惑が判明:日米安保マフィアは北朝鮮脅威を口実に防衛予算増額を要求できる』2015年12月13日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35508123.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

2017年04月09日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速報 米第7艦隊が北朝鮮軍事基地にトマホーク発射、同時に金正恩斬首特殊部隊が38度線を越えて突入

[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
速報 米第7艦隊が北朝鮮軍事基地にトマホーク発射、同時に金正恩斬首特殊部隊が38度線を越えて突入



2017-04-09 23:15:22NEW !
テーマ:ブログ


魔堕ぁ?



【緊迫】韓国にアメリカ軍が結集、核再配備が浮上!GPSの異常報告が多発!北朝鮮から飛行機が消える

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16265.html

s_ice_screenshot_20170409-195123.jpeg
s_ice_screenshot_20170409-193010.jpeg



米国の核なんぞ配備した日にはThaadですらご機嫌斜めの宗主国さまが・・・(爆w

http://tokumei10.blogspot.jp/2017/04/thaad.html

未だに米国大使不在の韓国の板挟み外交ワロス!(爆wwwwwwwwww
ベスト・シナリオは・・・
→ 韓国に米国の核配備
→ 南北で核戦争
→ 朝鮮半島が更地に
→ 在日の特別永住許可廃止
、、、(爆wwwwwwwww



米軍の北朝鮮侵攻作戦で、日本国内で「テロ勃発」!!

http://ameblo.jp/zeusu69/entry-12264209761.html

トランプ大統領は、中国を壮大な軍拡競争に引き込み最終的には中国経済に致命的な被害を与えて、旧ソ連のように中国を分離独立国家に解体するための高等戦略なのです。



トランプ大統領の「シリア攻撃」は、キッシンジャー博士の発案、パキスタンをはじめイスラム諸国は、大歓迎している

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4f5a52c9b49ec8f608f0234106563b64



トランプのシリア攻撃で、一番ビビっているのは、金正恩である。

https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/04/09/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%94%bb%e6%92%83%e3%81%a7%e3%80%81%e4%b8%80%e7%95%aa%e3%83%93%e3%83%93%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af/





シリア問題

https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/04/09/%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e5%95%8f%e9%a1%8c/



BF氏は、やっぱり、FACTで言っていた「トランプがハザール・マフィアから脅迫を受けている」説ですね。脅されて、シリア攻撃をしたと。

12歳の少女と「いたしている」動画をとられている?

ハザールマフィアは、これを契機に第三次世界大戦を企んだが、失敗するとも?

BF氏は、ペンス副大統領が昇格すると予測していた。それからが本番だと。

さて、どうなるか?



米国の国連大使はさらなるシリアへの攻撃を準備していると発言、ネオコンはトランプ政権を賞賛

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704080000/

これまでロシア政府はアメリカ側の挑発に乗らず、自重してきた。そこで侮っているのかもしれないが、それはいつか限界がくる。今回、ロシアの国防省とアメリカのペンタゴンとを結んでいたホットラインは切られた状態のようで、地中海に入ったロシア海軍のフリゲート艦「グリゴロビチ提督」もアメリカ海軍の艦船と対峙することになるだろう。このフリゲート艦に積まれたカリブル巡航ミサイルは亜音速から最終的にはマッハ2.5から2.9という超音速で飛行、アメリカの艦船にとっては脅威になる。

ところで、アメリカによる巡航ミサイルの攻撃に対し、シリア側の防空システムは機能していない。目標になった空軍基地にS-300やS-400は配備されていなかったというが、イスラエル空軍による攻撃に対しても稼働していない。役立たずなのか、スイッチが切られているのだろうが、スイッチが切られていたのなら、今後は侵入機を撃墜する可能性がある。



ネオコンの圧力に屈したトランプ政権のシリア攻撃、背後にイスラエル 〜 イヴァンカさんらにとって霊的な危機

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125920





ブラックリストシーズン4 1話〜10話

http://mhometheater.com/2017/04/drama/68945.html

第9話ミサイル誘導チップ 字幕版 http://streamin.to/embed-pj635doicvy1-852x460.html#


『ブラックリスト』シーズン4
81SvS1mlxYL.jpg
posted by rio at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

2017年04月08日のつぶやき




























posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍氏はなぜ、日本の国益と無関係の米国のシリア先制攻撃を支持するのか:日本国民を防衛すべき自衛隊がシリアで米国のために参戦させられる可能性浮上

81VHuY8+piL.jpg
安倍氏はなぜ、日本の国益と無関係の米国のシリア先制攻撃を支持するのか:日本国民を防衛すべき自衛隊がシリアで米国のために参戦させられる可能性浮上
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/4/8(土) 午前 11:26
日米関係
中東情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




5

.



新ベンチャー革命2017年4月8日 No.1651



タイトル:安倍氏はなぜ、日本の国益と無関係の米国のシリア先制攻撃を支持するのか:日本国民を防衛すべき自衛隊がシリアで米国のために参戦させられる可能性浮上



1.トランプは早くも、米国戦争屋に屈して、シリア先制攻撃を実行に移した



 本ブログ前号(注1)で、米国のシリア先制攻撃の可能性を危惧しましたが、その記事をアップしたのと同時タイミングで、米国はシリアへの先制攻撃を実行に移しました。トランプは早くも、日本のみならず米国をも乗っ取る米国戦争屋に屈してしまいました、非常に残念です。トランプを支持してきた米国民もがっかりでしょう。



 さて、本ブログは、日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今回、トランプが米戦争屋に屈したことで、今の米国がいかに米戦争屋に侵されているかがよくわかりました。



 今の米国では、誰が大統領になっても、変わらないわけです。トランプがこれ以上、抵抗したら間違いなく、ケネディ兄弟と同じ目に遭わされるということです。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



2.いまだに首相の座に居座り続ける安倍氏は米国のシリア先制攻撃を支持するとすぐに発表するとは、もう唖然!



 上記、トランプ政権下の米国がシリア先制攻撃に踏み切ってすぐに、安倍氏は記者会見で、これを支持すると発表しました。安倍氏は本心から、これを支持しているのでしょうか。率先して、ヌケヌケとこんな発表する安倍氏に筆者は強い違和感を覚えました。



 いずれにしても、シリアが米国に何か、脅威を与えている事実はまったくありません。まさに、因縁をつけて、先に手を出したのは横暴な米国の方です。



 それに比して、あれだけ、米国を挑発している北朝鮮には、米国はいまだに先制攻撃を実行していません、ずいぶん、違うものです、なぜでしょうか。



 本ブログの見方では、シリアは米戦争屋にとって、ホンモノの敵ですが、北朝鮮はニセモノの敵、すなわち、旧・米戦争屋の敵役傀儡国であるからです。



 いずれにしても、上記のような米国の横暴をヌケヌケと支持する安倍氏のアタマはいったいどうなっているのでしょうか。



3.なぜ、旧・米国戦争屋はシリアを目の仇にするのか



 戦後の旧・米戦争屋は中東に眠る豊富な石油・ガス資源を狙って中東産油国に介入してきました。そして、欧州寡頭勢力配下の石油資本と中東石油ガス田の争奪戦を繰り広げてきました。その結果、サウジやカタールやクウェートなどを旧・米戦争屋の支配下に置いています。戦前まで欧州寡頭勢力の配下にあったイランも戦後は一時、旧・米戦争屋の支配下に入っていましたが、イラン革命(欧州寡頭勢力が暗躍した可能性も否定できない)が起きて、反米イスラム勢力にイランの石油利権を奪い返されています。また、イランの隣の産油国・イラクもフセイン時代は反米産油国でしたから、旧・米戦争屋は湾岸戦争およびイラク戦争を仕掛けて、反米独裁者・フセインを絞首刑にして、今はイラクを旧・米戦争屋支配下に入れています。さらに言えば、中東産油国・リビアもかつて反米産油国でしたが、反米独裁者・カダフィが惨殺されて、今は、旧・米戦争屋支配下です。そして、旧・米戦争屋が今後、支配したいのがシリアであり、シリアの反米アサド政権を攻略した後、イランの石油利権の奪還を狙っています。究極的には、中東の石油ガス利権をすべて、旧・米戦争屋が握って、彼らの真の同盟国・イスラエルに中東全体を統治させようとしています。その意味で、イスラエルは旧・米戦争屋の中東支部なのです。



 さて、現在の旧・米戦争屋の当面の攻略ターゲットであるシリアはアサド政権が強くて、その攻略に手こずっていますが、この8年、アンチ・米戦争屋のオバマ政権が二期も続いて、シリア攻略ができなかったのです。さらに、ロシアがアサド政権支援に乗り出して、旧・米戦争屋にとって、彼らのでっち上げた傀儡武装集団・IS(イスラム国)を使ったシリア攻略は失敗続きだったのです。



そこで、彼ら旧・米戦争屋は、2016年の大統領選では、初め、旧・米戦争屋の傀儡・ジェブ・ブッシュを次期米大統領候補に擁立しようとしたものの、伏兵・トランプに邪魔されました。そこで、次は、ヒラリー(米民主党候補だが、旧・米戦争屋の傀儡)を支援しましたが、結局、トランプに敗れました。そのため、旧・米戦争屋はトランプに対し、副大統領をペンス(旧・米戦争屋の傀儡)にするよう強制し、トランプが逆らったら、暗殺してペンスを大統領に昇格させるつもりでした。このような旧・米戦争屋の魂胆をトランプは知っています。だから今回、トランプは旧・米戦争屋による暗殺を回避する必要もあって、やむなく、旧・米戦争屋に妥協して、シリア先制攻撃に踏み切ったと本ブログでは観ています。



4.安倍自民が政権に居座る今の日本も、凶悪な旧・米戦争屋に闇支配されている



 上記、旧・米戦争屋にとって、日本は産油国ではないのですが、彼らにとって戦後日本は日米太平洋戦争の戦利品なのです。そのため、戦後から今日まで、日本は旧・米戦争屋に乗っ取られて闇支配されてきたと本ブログでは観ています。



 今の安倍氏は、2007年に、旧・米戦争屋から無能視されて、一回、引き摺り降ろされましたが、旧・米戦争屋のポチに徹すると誓って、二度目の首相にしてもらっています、なぜなら、安倍氏は祖父・岸信介の旧・米戦争屋CIAエージェントのDNAを持っているはずと、旧・米戦争屋CIAから、みなされているからです。



 その結果、旧・米戦争屋の要求はなんでも受け入れると誓わされて、今も、首相の座に居座っています。だから、今回も、真っ先に旧・米戦争屋によるシリア先制攻撃(国際法違反行為)を支持させられています。



 このまま行くと、次は、旧・米戦争屋から、自衛隊を米軍傭兵として差し出せと言われるのは間違いありません。もし、旧・米戦争屋が米地上軍をシリアに派遣したら、彼らは自衛隊を米軍傭兵としてシリアに派遣するよう要求するでしょう。そうなれば、自衛隊はシリア軍と戦闘させられます。



 こうして、自衛隊はわれらの血税にて、日本国民の利益と無関係なシリア戦争に参戦させられるのです、まったく大義のない戦争で日本人が犠牲にされるということです。安倍氏がなぜ、安保法制の改悪、憲法改悪、共謀罪法案強行に血道を上げるのか、国民はみんな気付くべきです。



注1:本ブログNo.1650『シリアでのサリン偽旗テロの黒幕に協力する米国トランプ大統領:米国戦争勢力がシリアに米地上軍を派遣するという合図か、それなら自衛隊も米軍傭兵としてシリアに送り込まれるだろう』2017年4月7日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36638819.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

2017年04月07日のつぶやき
































posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

2017年04月06日のつぶやき






















posted by rio at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする