2017年09月26日

2017年10月22日に衆院総選挙が行われる:米国戦争勢力の属国・日本では、政権党は日本の国益より米国戦争勢力の私益を優先する政党しか存続できない!

81VHuY8+piL.jpg[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
2017年10月22日に衆院総選挙が行われる:米国戦争勢力の属国・日本では、政権党は日本の国益より米国戦争勢力の私益を優先する政党しか存続できない!
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/25(月) 午後 5:04
技術経営
選挙
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




3

.



新ベンチャー革命2017年9月25日 No.1802



タイトル:2017年10月22日に衆院総選挙が行われる:米国戦争勢力の属国・日本では、政権党は日本の国益より米国戦争勢力の私益を優先する政党しか存続できない!



1.2009年に誕生した鳩山民主党政権が2010年に崩壊して以降、自民党も民進党(前・民主党)も同じ穴のムジナであり、国民にとって真の政権選択肢はすでにはく奪されている



 安倍氏は今日、2017年9月25日に、衆院冒頭解散権を行使すると宣言したようですが、たとえ、10月22日に衆院総選挙があったとしても、今の日本には、自民と真に拮抗する本来の野党はもう存在しないと本ブログでは観ています。



 ところで、2009年、自民が政権から下野し、鳩山民主党政権が誕生していますが、このときの民主党は、非・親米の対米自立を目指す政党であり、親米の自民党と明確な対立軸を持っており、国民にとって有意義な選挙の選択肢がありました。



 その鳩山氏は民主党政権で首相になる直前、NYタイムズにエッセーを発表していますが(注1)、当時の彼の政治思想は、戦後日本を闇支配してきた米国戦争屋と決別し、日本を対米自立させて日本を真に独立させようというものでした。したがって、当時の鳩山政権はまさに、日本ファーストの愛国主義的政権だったのです。



 そのため、本ブログでは今でも、この鳩山政権の対米自立主義を強く支持しています。



 しかしながら、鳩山氏の思想は、日本を乗っ取る米戦争屋を激怒させ、彼らにとって裏切者でしかなかった鳩山・小沢コンビに対し、ただちに東京地検特捜部(米戦争屋CIAの事実上の日本支部)に命じて失脚工作を展開、鳩山政権の誕生後、1年未満で崩壊させたのです。この鳩山・小沢コンビに対する失脚工作には、東京地検のみならず、日本のマスコミ(悪徳ペンタゴン日本人勢力)が協力していました。



 その後、民主党は菅政権から野田政権に引き継がれましたが、彼らの政権は、米戦争屋の言いなりの親米政権に堕してしまい、同じ民主党政権でも、鳩山政権とは月とスッポンほどの違いがありました。



 そして、今の前原・民進党は、安倍自民と同じく親・米戦争屋の政党であり、本質的に安倍自民と変わりません。



 この意味で、今の日本国民はすでに、政権選択肢を奪われているも同然なのです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.仮に前原・民進党が政権を取っても、安倍自民政権とは五十歩百歩に堕する



 前原氏は、元々、親・米戦争屋政治家であり、今も同じです。民進党には、親米自民を補完するミッションを帯びたトロイアの木馬議員が多数、紛れ込んでおり、前原氏はその典型です。したがって、前原・民進党が仮に政権を取っても、安倍政権と全く変わらないでしょう。それは、過去の菅政権や野田政権を見れば一目瞭然です。



 国民の多くは、民進党も自民党も実態は同じであることを菅政権や野田政権のとき、気付いたわけで、それなら、まだ自民の方がましということで、2012年末、自民が政権を奪還して今日に至っています。そして、安倍氏が総理になっているのは、国民が選んだのではなく、オモテムキ、自民党内の総裁選で安倍氏が選ばれたにすぎません。本ブログの見方では、自民は米戦争屋CIAジャパンハンドラーの傀儡政党ですから、安倍氏は、CIAジャパンハンドラーが認めた総理でしかありません。



 一方、安倍氏は二回目の総理にしてもらう代わりに、米戦争屋に徹底的に隷属しています。



3.民進党の不人気で雨後の竹の子のように新党ができているが、ほとんど国民だましの自民の亜流でしかない



 自民党はその本質が米戦争屋子飼いの親米党であり、国民をだまして、国益より米戦争屋の私益を優先する政党ですから、どうしても、国民に不利な政治をやらざるを得ず、自民に批判的な国民が一定程度、生まれます、そこで、自民に不満をもつ国民の受け皿として維新の会のように、野党のフリをした隠れ自民の別動隊的政党がいくつかつくられていますが、今の民進党も、結局、自民と同じく親米党でしかありません。



 小池新党も、維新の会同様、自民の亜流で、親米政党ですから、自民と本質的に変わりません。



 要するに、今の日本では、親米党でないのは日本共産党くらいのものですが、日本共産党は、共産主義を嫌う日本国民には支持されないので、自民と拮抗する野党にはなれないのです。その結果、愛国主義的な国民にとって、すでに支持すべき政党が存在しないのです。



4.愛国主義的国民の受け皿政党は、米戦争屋CIAによって徹底的に潰された



 上記、鳩山氏は元々、自民党員であり、小沢氏同様に田中角栄の経世会系でした。この経世会は非・親米派であり、自民党内の愛国主義的議員の派閥とみなせます。



 このことを、米戦争屋CIAはわかっており、長い時間を掛けて、自民党内の愛国派(経世会系議員含む)は徹底的に、排除されたのです。



 こうして、今の自民は、経世会があった90年代以前の自民とはまったく別の党に変貌しています。今の自民には日本の国益より、米国戦争屋の私益を優先する人間しかいなくなっています。その筆頭が、安倍氏なのです。



 筆者個人は2004年、日本の政治に関して、親米党と愛国党の対立軸を提案したことがあります(注2)。そして、自民党田中派(経世会の前身)出身の小沢・鳩山コンビが、2009年に政権をとって、愛国主義的政権が実現しましたが、残念ながら、1年未満で、崩壊させられました。



 この結果、日本は依然として、米戦争屋の支配から脱することができない属国のままです。



一方、米国においては、今年2017年、アメリカファーストの愛国主義的なトランプ政権が誕生しましたが、現在は、日本同様に、米トランプ政権も米戦争屋CIAネオコンに完全に乗っ取られてしまいました。



 米国ですらそうですから、日本が米戦争屋の支配から脱するのはもう絶望的です。



 しかしながら、日本国民は少なくとも、今の日本が米戦争屋の属国である現実くらいはしっかり認識しておくべきです。



注1:本ブログNo.16『喝采!:戦争屋=CIAを挑発する画期的な鳩山宣言』2009年8月30日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/521057.html



注2:ベンチャー革命No.089『親米党と愛国党という対立軸の提案』2004年6月23日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr089.htm



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

2017年09月24日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院冒頭解散に固執する安倍氏は、夏休み明けの小学生の登校拒否と同様に、国会答弁拒否症に罹っている:つきあわされる国民はたまったものではない!

81VHuY8+piL.jpg[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
衆院冒頭解散に固執する安倍氏は、夏休み明けの小学生の登校拒否と同様に、国会答弁拒否症に罹っている:つきあわされる国民はたまったものではない!
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/24(日) 午後 3:50
技術経営
選挙
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




4

.



新ベンチャー革命2017年9月24日 No.1801



タイトル:衆院冒頭解散に固執する安倍氏は、夏休み明けの小学生の登校拒否と同様に、国会答弁拒否症に罹っている:つきあわされる国民はたまったものではない!



1.安倍氏が衆院冒頭解散の理由付けの屁理屈をこねればこねるほど、国民の疑念は増す



 2017年9月25日、安倍氏は9月末に衆院を解散することを発表するそうです(注1)。



 多くの国民は、この解散はモリカケ隠しのためと疑っていますから、安倍氏はもっともらしい理由をいくら並べ立てても、国民の疑念は消えません、それどころか、下手な屁理屈をこねればこねるほど、逆に国民の疑念は増す一方でしょう。



 安倍氏は普通人以上に自己中心的性格の持ち主のようですから、モリカケ疑惑を野党から追及されて、その性格が単にオモテに出たに過ぎません。



 それでも、安倍氏が衆院冒頭解散を強行しようとするのは、ムサシによる選挙不正が常態化していることが背景にあるでしょう。



2.安倍氏は普通人以上に、非常にワガママな性格ではないか



 本ブログの見方では、安倍氏はすでに対人恐怖症に罹っており、国会答弁恐怖症を併発していると観ています(注2)。



 この精神状態で今、国会が始まれば、野党によるモリカケ疑惑追及が再開されるのは必至であり、安倍氏はまたまた、恐怖の国会答弁(ウソで固めた答弁)に立たざるを得なくなります。そして、苦し紛れの言い逃れや虚偽答弁を繰り返すことになります。このようなウソで固めた答弁の繰り返しは、相当タフな人にとっても、もう耐えられません。



 その結果、安倍氏は今や、国会開催拒否症に陥っているのではないでしょうか。なぜ、安倍氏は衆院冒頭解散にこだわるのでしょうか、その本音は、安倍氏はすでに、国会答弁拒否症に侵されているからではないでしょうか。



 この症状は、夏休み明けの小学生や中学生の登校拒否症と全く同じ症状です。



 安倍氏はその育ちから、あの年になっても、幼児性が残っており、ある意味、非常にワガママなのではないでしょうか。そして彼の取った行動は、国会開催拒否、すなわち、衆院冒頭解散の発動だったのです。これが、日本のトップリーダーの行動でしょうか、なんと嘆かわしいことです。



3.都議選同様に、安倍氏には応援演説の要請が来なくなる恐れがある



 今年7月の都議選では、自民都議立候補者から安倍氏へ、全く応援要請が来なかったのです。そして、投票日間際に、一度だけ、秋葉原にて応援演説を行ったところ、“こんな人”呼ばわりが祟(たた)って、自民は惨敗しました。



 安倍氏が今度、衆院解散して、選挙期間中、自民立候補者からの応援依頼が来なくなる可能性があります。



 しかしながら、安倍氏の衆院冒頭解散は、安倍氏の国会開催拒否症による衆院解散でしかないので、安倍氏は選挙期間中に、応援依頼が来なくなるかどうかまでの心配までする余裕はないのでしょう。



4.モリカケ逃れの安倍氏に鉄槌を下すには、ムサシによる選挙不正が効かなくなるほど、自民への投票を意識的に回避する必要がある



 安倍氏が今度の衆院選で自民が勝てると見ているのは、ムサシによる選挙不正が今や、常態化しているからでしょう。非自民候補と僅差であれば、自民候補を勝たせることができるのです。



 そこで、われら国民は、ムサシの選挙不正が効かなくなるほど、自民候補への投票を忌避し、自民以外のどこかの政党の候補に投票先を分散させる必要があります。



 いずれにしても、今度の選挙でもし、自民を勝たせたら、今度こそ、日本の軍国化は避けられません。



 われら国民は、今の自民党は、自由民主主義政党の真逆の軍国化政党であることを改めて認識すべきです。



 日本の平和を願う国民なら、絶対に、軍国化政党を支持すべきではありません。



注1:NHK News Web“安倍首相 25日に会見 解散に踏み切る理由を説明へ”2017年9月20日

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148511000.html



注2:本ブログNo.1799『国会で失言と虚偽答弁を繰り返す安倍氏は、国民からの軽蔑視線が怖くて対人恐怖症に罹っている:無用な海外出張を繰り返して血税を70兆円もばら撒いたのはコンプレックスの裏返しか』2017年9月22日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36944693.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017年09月23日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍氏の提灯持ち記者のレイプ事件が不起訴?:コネと裏口で人生を歩んできた人物を総理に選んだ世襲議員の巣窟・自民党の宿痾(しゅくあ)

81VHuY8+piL.jpgt02200198_0399035912980709411.png
安倍氏の提灯持ち記者のレイプ事件が不起訴?:コネと裏口で人生を歩んできた人物を総理に選んだ世襲議員の巣窟・自民党の宿痾(しゅくあ)
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/23(土) 午前 11:12
技術経営
行政
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




6

.



新ベンチャー革命2017年9月23日 No.1800



タイトル:安倍氏の提灯持ち記者のレイプ事件が不起訴?:コネと裏口で人生を歩んできた人物を総理に選んだ世襲議員の巣窟・自民党の宿痾(しゅくあ)



1.モリカケ疑惑関与で窮地に追い込まれている安倍氏の抱えるもう一つの事件・レイプモミケシ疑惑が不起訴になった?



 本ブログでは今、安倍氏に関する話題を取り上げていますが、モリカケ疑惑以外の重大事件は言うまでもなく、あのレイプモミケシ疑惑事件(注1)です。この事件の関与者が安倍氏の提灯持ち記者であり、しかも元TBS関係者だったせいか、なぜか、日本のマスコミは腰が引けています。



 そのレイプモミケシ疑惑事件は、被害者の不服申し立てが行われたにもかかわらず、検察にて不起訴にされています(注2)。まさに、民主主義国家・日本の国民の人権を権力が蹂躙(じゅうりん)しています。



 この事件は、加害者が、証拠を揃えた所轄警察によって逮捕される寸前で、何らかの圧力によって、見逃してもらったというトンデモナイ事件です。この事例から、今の日本はすでに民主主義国家でもなく、法治国家でもなく、縁故主義(ネポティズム)が跋扈(ばっこ)する暗黒国家に堕してしまった証拠です。



 さて、本ブログでは安倍氏は民主主義を否定する国家主義者と観ていますが、同時に、縁故主義者でもあります(注3)。



 そして、上記、レイプモミケシ事件は、安倍官邸に出向していた中村格という警察エリートが暗躍したこともわかっています。



2.安倍氏が総理のときに限って、なぜ、露骨な超法規事件が発生しているのか



 上記、レイプモミケシ事件は、このレイプで被害届のあった事件を捜査した警察が証拠をそろえて、加害者を逮捕できるところまでもってきた事件なのですが、ここまで明白な事件を強引にもみ消したわけですから、民主主義社会では到底、許されません。



 これまで、安倍氏以外の総理の多くは、こういうことは、民主主義に反するので、絶対にやらなかったと思われます。



 いずれにしても、民主主義的価値観を体得した人物が民主主義国・日本の総理にふさわしいのですが、安倍氏は民主主義を否定する人物なので、平気で、アンチ民主主義的行為を実行できるのです。



 さらに言えば、アンチ民主主義者である安倍氏の企む憲法改悪は、戦後民主主義の破壊を目論むものです。国民はみんなだまされないようにすべきです。



3.コネと裏口で人生を歩んできた人物を総理という最高権力者に就けたことが、今回のレイプモミケシ事件をもたらした



 安倍氏は民主主義に則った公平なルールの競争に勝ち抜いてきて、総理に上り詰めた人物ではありません。



 それどころか、これまでの安倍氏の人生は、コネと裏口の連続だったのではないでしょうか。



 日本の政治の世界は世襲制が残っており、とりわけ、自民党には世襲議員が多いのは事実です、そして、安倍氏は典型的な世襲議員です。



 いずれにしても、コネと裏口で人生を築いてきた人物に権力を与えるとこのようなひどいモミケシ事件が起こるということです。



 ちなみに、過去、モミケシ事件を起こした総理は安倍氏の他に、最低、もう一人います、それは中曽根・元総理です。彼は米国CIAの仕組んだロッキード事件(田中角栄失脚工作)で、自分に被害を及ぶことを恐れて、米国(CIA)にモミケシ(MOMIKESU)を依頼した歴史的事実が、米公文書公開によって後年、暴露されています(注4)。



 中曽根氏はその後、日航123便御巣鷹山墜落事件の真相のMOMIKESU工作に協力していますが、ロッキード事件のMOMIKESUへのお礼でしょうか。



注1:MATOMEDIA“山口敬之の伊藤詩織さん暴行疑惑、メール内容や事件詳細まとめ【画像あり】”2017年6月1日

https://newsmatomedia.com/yama-scandal



注2:阿修羅“安倍御用記者・山口敬之レイプ疑惑がまさかの不起訴相当に! 官邸による逮捕もみ消しをうやむやで済ませるのか(リテラ)”2017年9月22日

http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/681.html



注3:本ブログNo.1726『佐川理財局長の国税庁長官抜擢という情実人事で、安倍氏が民主主義者の真逆である縁故主義者であることが証明された:国民はそれでもなお、安倍自民党を支持する気か』2017年7月8日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36812437.html



注4:本ブログNo.78『ロッキード事件中曽根の秘密リーク:東京地検特捜部真っ青』2010年2月13日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/8679646.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

2017年09月22日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会で失言と虚偽答弁を繰り返す安倍氏は、国民からの軽蔑視線が怖くて対人恐怖症に罹っている:無用な海外出張を繰り返して血税を70兆円もばら撒いたのはコンプレックスの裏返しか

無題.png[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
国会で失言と虚偽答弁を繰り返す安倍氏は、国民からの軽蔑視線が怖くて対人恐怖症に罹っている:無用な海外出張を繰り返して血税を70兆円もばら撒いたのはコンプレックスの裏返しか
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/22(金) 午後 2:20
技術経営
国会
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




4

.



新ベンチャー革命2017年9月22日 No.1799



タイトル:国会で失言と虚偽答弁を繰り返す安倍氏は、国民からの軽蔑視線が怖くて対人恐怖症に罹っている:無用な海外出張を繰り返して血税を70兆円もばら撒いたのはコンプレックスの裏返しか



1.安倍氏が唐突に決めた衆院冒頭解散の目的は何なのか、国民に納得できる説明ができるのか



 2017年9月28日から臨時国会が開催される政治日程が組まれていますが、安倍氏は発狂したのか、唐突に衆院冒頭解散を行う考えを国民にすでに示しています。そして、本ブログではこれをすでに批判しています(注1)。ちなみに、2014年の衆院選挙では600億円以上の血税が使われています(注2)。だから国民の納得できない総選挙をむやみに強行することは許されません。



 したがって、これほどの血税を使うからには、納税者である国民の承認を得ることが不可避です。



 さらに、安倍氏のライバル・石破氏は安倍氏の解散作戦を批判しています(注3)。石破氏は自民議員の本音を代弁しているわけですから、多くの自民議員も、石破氏と同じ疑問を持っているのでしょう。



 安倍氏は国連総会に出席して、9月23日には帰国予定ですが、帰国早々に、解散作戦の目的について国民に説明せざるを得ません。



 安倍氏の本音は、もちろん、モリカケ隠し解散ですが、さすがに、そうとは言えないので、また、いろいろ屁理屈をこねるのでしょう。しかしながら、安倍氏のいつものウソと屁理屈に、多くの国民はもう辟易(へきえき)としています。



 国民全員が頷(うなず)くような説明は、もちろん、これはモリカケ疑惑追及回避のためであると安倍氏は正直に告白することです。それならば国民も解散の動機はわかります。しかしながら、そのような安倍氏の本音は口が裂けても言えません、当然ながら・・・。だから、安倍氏はまたもウソの動機を延々と国民に繰り返すことになります。



 いずれにしても、安倍氏がいかに取り繕っても、もはや国民の納得を得ることは不可能でしょう。



2.安倍氏が必要以上に、無用な海外出張を繰り返すのは、日本に居たくないからではないか



 このところ、安倍氏はいろいろな理由をつけて、やたら海外出張を繰り返していますが、彼が海外に行くと、われらの血税を湯水のようにばら撒くだけです。



 安倍氏が首相になってから、海外に行って、ばら撒いてきたわれらの血税の総額は70兆円を超えているという試算もあるほどです(注4)。



 安倍氏にとって、海外出張で訪問する相手国にわれらの血税を気前よくばら撒けば、どこの国も大歓迎でしょうから、われらの血税の浪費と引き換えに、安倍氏はいくらでも海外出張の口実をでっち上げられるのです。



 このように、安倍氏が異常に海外出張をしたがるのは、本音では、日本に居たくないからなのではないでしょうか。



 国内に居れば、国民から彼の学歴や無知がバカにされ、国民から軽蔑の目で見られることにもう耐えられないのではないでしょうか。



3.サイコパスでもある安倍氏は劣等感から、遂に対人恐怖症に罹(かか)っているのではないか



 サイコパスの安倍氏(注5)は学歴コンプレックスの持ち主でもあるでしょうし、一般人に比べても教養が高いとは言えません。



 その結果、安倍氏はすでに二つの大失敗をおかしています。



失敗その1:今年7月の都議選の際、秋葉原で、国民を“こんな人たち”呼ばわりして顰蹙(ひんしゅく)を買い、都議選での自民惨敗をもたらした(注6)。



失敗その2:加計疑惑に対する国会での野党追及であからさまな虚偽答弁をしてしまった(注7)。



 この二大失敗は、安倍氏にとっても大きな衝撃だったと思われます。この結果、元々、学歴コンプレックスの持ち主なので、遂に、対人恐怖症に罹ったのではないでしょうか。



 安倍氏がやたら、海外に逃避出張するのは、その表れではないでしょうか。そして遂に、国会答弁恐怖症を併発したのです。



 2017年9月末、このまま、国会を開くと、またまた、大失敗する可能性が高まっています。安倍氏にとって、今や、国会や予算委員会はトラウマ(心的外傷)そのものなのです。



 こうなると、国会答弁でまたまた、大失敗、大失言をやらかすのではないかと国会答弁恐怖症になって、現実に大失敗を繰り返すのです。



 そして、次期国会で、モリカケ疑惑追及が始まると、もう理路整然としたウソで日本国民をごまかすことにもう自信が持てなくなるのです。



 ちなみに、対人恐怖症と言う病気は、日本人特有のもので、英語でもTaijinkyofusho(注8)と言うようです。



注1:本ブログNo.1796『森友・加計疑惑で窮地に追い込まれた安倍氏にとって、衆院冒頭解散作戦は姑息な悪あがき:もがけばもがくほど国民からの信頼が失われる』2017年9月19日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36939503.html



注2:朝日新聞“衆院選費用、600億円規模 任期満了まで1年以上残し”2017年9月19日

http://www.asahi.com/articles/ASK9M557SK9MUTIL03Z.html



注3:ハフィントンポスト“冒頭解散めぐり、安倍首相に自民党内から苦言 石破茂氏「何のための解散か明確にすべき」”2017年9月21日

http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/21/dissolution_a_23217662/



注4:伊達直人“安倍首相が外国にバラまいた総額は、70兆8119億7000万円”2017年1月14日

https://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12238132993.html



注5:本ブログNo.1741『臨時予算委員会で嘘しか吐かない安倍氏はやはりサイコパス:“こんな人物”が日本のトップリーダーであってよいのか!』2017年7月25日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36842851.html



注6:本ブログNo.1727『安倍自民党の都議選大敗の最大の原因は、安倍氏の一言“こんな人たち”だった?:帰国後、速やかに自民党総裁を辞任するしかないか』2017年7月9日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36814324.html



注7:本ブログNo.1742『都合6年も総理をやってきた安倍氏は、日本をステルス支配する米国勢力の要求に沿って政治を行ってきた結果、国会でウソ答弁するのが常態化し、加計疑惑で大きな墓穴を掘った』2017年7月27日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36845780.html



注8:Taijin kyofusho

https://en.wikipedia.org/wiki/Taijin_kyofusho



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 07:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

2017年09月21日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍による北朝鮮への先制攻撃が実行に移されたら、北はまったくミサイル反撃すらできないまま、北の軍事施設は一日で全滅されるだろう

[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
米軍による北朝鮮への先制攻撃が実行に移されたら、北はまったくミサイル反撃すらできないまま、北の軍事施設は一日で全滅されるだろう
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/21(木) 午後 3:05
技術経営
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




2

.



新ベンチャー革命2017年9月21日 No.1798



タイトル:米軍による北朝鮮への先制攻撃が実行に移されたら、北はまったくミサイル反撃すらできないまま、北の軍事施設は一日で全滅されるだろう



1.米国は果たして、対・北朝鮮先制攻撃を実行に移すか



 本ブログでは、米国が近未来、対・北朝鮮先制攻撃を実行するかどうかについて今、取り上げています(注1、注2、注3)。なぜなら、もし、北朝鮮で戦争が起きたら、米軍基地のある日本と韓国がなんらかの被害を受けることは必至であると危惧されるからです。



 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今の米戦争屋のもっている戦争戦略は二正面作戦(注4)ではないかと観ています。



 具体的には、中東戦争と極東戦争が想定されていると観ています(注5)。



 そして、彼らにとっての本命は中東戦争(シリア・イラン対象)であり、極東戦争(北朝鮮対象)は代替戦略にすぎません。



 われら日本国民にとって、影響が大きいのは中東戦争ではなく、極東戦争の方です。その場合、敵は北朝鮮となりますが、その背後には、中露が控えています。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.米軍が対・北朝鮮先制攻撃を仕掛けるとき、どのような戦争パターンを米国戦争屋は想定しているのか



 ところで、マティス米国防長官は、対北先制攻撃に際しては、ソウルを危険に晒さない作戦をとると示唆しています(注6)。



 このことから、米戦争屋はすでに、北爆作戦(北朝鮮への先制攻撃)の詳細を検討しており、スタンバイ状態になっているとみなせます。



 すでにトランプは、北を破壊すると述べていますから、トランプが米国防総省に北爆命令を下したら、米軍はいつでも、北爆できる態勢が整っているのではないでしょうか。



 上記、マティスの発言から、米国の北爆作戦は、北からの反撃を封じ込めるものと推測されます。



 米国防総省は、軍事衛星などで、北の軍事施設をすべて掌握しているはずです。したがって、米軍の北爆は、北の軍事施設を同時多発的に空襲する作戦ではないかと思われます。



3.米国がその気になったら、北朝鮮の軍事施設は地下施設を含めて、米軍爆撃機による核攻撃で同時多発的に瞬時に全破壊される



 米軍の北爆に先行して、何らかの手段(EMP兵器やサイバー兵器など)で、北の軍事通信網を無力化した後、ただちに、多数のB1爆撃機を北に飛来させ、北の軍事施設を同時多発にB61改良型核爆弾で空襲して一挙に北を無力化する作戦が採用されそうです。



 上記の作戦にて、北の軍事施設は一日で全滅させられ、北はまったく反撃できないのではないでしょうか。



 また、北がミサイルを発射しても、その誘導装置が米国のサイバー兵器などで簡単に狂わされる可能性が大です。



 そう言えば、これまで、北のミサイル実験のいくつかは失敗していますが、これは、米軍のサイバー兵器の実験だった可能性を否定できません(注7)。



 ちなみに、日韓はイージス艦搭載ミサイル(SMシリーズ)やPAC3やTHAADなど高額のミサイル迎撃システムを米から押し売りされていますが、米国はサイバー兵器で北にミサイルを発射させない技術すら持っていると推測されます。



 いずれにしても、北朝鮮を敵役傀儡化してさんざん利用してきた米戦争屋CIAネオコンが、米戦争屋ペンタゴン主流派の対北戦略である北朝鮮脅威の除去に応じてくれるかどうかです。



注1:本ブログNo.1778『米国戦争勢力がB61核爆弾の改良とその実験を強行:米国の対・北朝鮮戦略は二つあることをわれら日本国民は認識しておくべき』2017年9月1日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36907787.html



注2:本ブログNo.1779『米軍がいよいよ、北朝鮮の軍事施設を先制攻撃する可能性があることをわれら日本国民は覚悟すべき:その場合、B61核爆弾改良型が使用される可能性あり』2017年9月2日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36909164.html



注3:本ブログNo.1797『米国トランプ大統領が国連演説で北朝鮮への先制攻撃を示唆したが、米国の好戦派の本命ターゲットは北朝鮮ではなく、実はイランなのではないか』2017年9月20日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36941304.html



注4:二正面作戦

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%AD%A3%E9%9D%A2%E4%BD%9C%E6%88%A6



注5:本ブログNo.1768『トランプ政権を乗っ取った米国戦争勢力による北朝鮮ミサイル・エンジンはウクライナ製という情報リークは、本命ターゲット・シリア侵攻に踏み切るための二正面作戦の一環なのか』2017年8月22日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36890663.html



注6:産経ニュース“ソウルを危険に晒さぬ軍事手段「ある」 マティス米国防長官が言明”2017年9月19日

http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190053-n1.html



注7:現代ビジネス・山田敏弘“北朝鮮のミサイル発射失敗の裏に、アメリカのサイバー攻撃あり?”2017年4月13日

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51466



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

2017年09月20日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国トランプ大統領が国連演説で北朝鮮への先制攻撃を示唆したが、米国の好戦派の本命ターゲットは北朝鮮ではなく、実はイランなのではないか

81VHuY8+piL.jpg[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
米国トランプ大統領が国連演説で北朝鮮への先制攻撃を示唆したが、米国の好戦派の本命ターゲットは北朝鮮ではなく、実はイランなのではないか
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/20(水) 午後 4:45
日米関係
アメリカ情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




1

.



新ベンチャー革命2017年9月20日 No.1797



タイトル:米国トランプ大統領が国連演説で北朝鮮への先制攻撃を示唆したが、米国の好戦派の本命ターゲットは北朝鮮ではなく、実はイランなのではないか



1.米トランプ大統領の国連演説にて、米国による対・北朝鮮先制攻撃が正当化された



 今、国連総会が開かれていますが、米トランプ大統領は、北朝鮮を強く非難し、先制攻撃の可能性を示唆しました(注1)。



 なにしろ、現職の米大統領の発言ですから、公の場でここまで言われたら、北朝鮮のキムジョンウンも震え上がるはずです。



 この演説では横田めぐみさんの拉致事件も引き合いに出され、世界中の人々に、北がいかにひどい国かを強く印象付けましたが、すべて計算された演説でした。



 米国は90年代湾岸戦争時、イラクに先制攻撃を仕掛けたときも、イラクがいかにひどい国かという宣伝(やらせだったことが後にばれる)をやっています(注2)。



 今回、北がならず者国家としてかつてのイラク同様に、悪役化されたので、北はほんとうに米国から先制攻撃を受ける可能性が出てきました。



2.トランプの威嚇は、北朝鮮を敵役傀儡化している米国戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)にも向けられている



 本ブログでは、米国の対・北朝鮮戦略は一枚岩ではなく、以下のように二つあると観ています(注3、注4)。



1)米国戦争屋CIAネオコンの戦略:



北朝鮮を日米韓に対する敵役国に仕立て、秘密裏に、北に核・ミサイル兵器を供与して、日米韓を常時、軍事挑発させる。そして、極東での軍事的緊張を維持させ続ける。さらに、北をCIAネオコンのための核・ミサイル実験場に利用するとともに、日本が核武装したらただちに、北朝鮮から核・ミサイルで対日攻撃できるようスタンバイしておく。



2)米国戦争屋ペンタゴン主流派の戦略:



米連邦政府財政の赤字削減に向けた米防衛予算のリストラの一環として、極東米軍の最前線を日韓からハワイ・グアムまで後退させる。そのために、北の軍事施設を先制攻撃で破壊し、北朝鮮脅威を除去する。



 本ブログでは、トランプ政権のマティス国防長官やティラーソン国務長官は、2)のペンタゴン主流派の対北戦略を支持していると観ています。



 そして、上記、トランプの対北先制攻撃論は、2)のペンタゴン主流派の対北戦略とみなせます。



 しかしながら、これまで、北を密かに敵役傀儡化してきた好戦派・CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)は、北の軍事施設破壊には当然、反対するでしょう。



 したがって、トランプが北への先制攻撃を命令できるかどうかは、北を密かに傀儡化しているCIAネオコンを説得できるかどうかにかかっています。



 一方、北のキムジョンウンが、ライオンを挑発するチワワのように、軍事大国・米国に向かってキャンキャン吠えてこられたのは、米戦争屋内の最強勢力であるCIAネオコンによって密かに守られていたからです。



 そこで、今のキムジョンウンは、今回のトランプの対北恫喝に戸惑っているのではないでしょうか。キムジョンウンは、米戦争屋内のCIAネオコンとペンタゴン主流派の確執を正確に把握していない可能性があります。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



3.日本のマスコミは、米軍が北爆を想定したような核攻撃実験を最近、密かに実行したことを日本国民に報じるべき



 今回のトランプの北爆論に関連して、米軍が今年8月上旬に、ネバダ州の砂漠で爆撃機搭載用の核爆弾実験(B61改良型)を行っている事実(注3)をちゃんと日本国民に知らせるべきです。



 もし、上記、ペンタゴン主流派の対北戦略が優勢になったら、ほんとうに、北爆が実行される可能性は高いのです(注4)。



 今回、トランプは北への恫喝と同時に、CIAネオコンにとってのホンモノの敵国・イランに対しても、恫喝的な演説を行っています(注5)。



 この事実から、米戦争屋内のCIAネオコンとペンタゴン主流派の間で何らかの取引が行われた可能性があります。



 好戦派・CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の中東における最大の敵はイランですから、トランプが米軍による対・イランの先制攻撃を認めれば、CIAネオコンは、米軍による対北先制攻撃を容認するのではないでしょうか。



 その場合、トランプ政権を乗っ取った米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)は、先行的な北爆で北の軍事施設を壊滅させ、その後、シリア攻撃を再開させ、シリア攻撃を起点にイラン攻撃に発展させる計画ではないでしょうか。ただし、ロシアがこれ以上、中東に介入しないという前提で・・・。



注1:NHK News Web“トランプ大統領 国連総会の演説で北朝鮮を強く非難”2017年9月20日

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170919/k10011148411000.html



注2:ナイラ証言

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%A9%E8%A8%BC%E8%A8%80



注3:本ブログNo.1778『米国戦争勢力がB61核爆弾の改良とその実験を強行:米国の対・北朝鮮戦略は二つあることをわれら日本国民は認識しておくべき』2017年9月1日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36907787.html



注4:本ブログNo.1779『米軍がいよいよ、北朝鮮の軍事施設を先制攻撃する可能性があることをわれら日本国民は覚悟すべき:その場合、B61核爆弾改良型が使用される可能性あり』2017年9月2日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36909164.html



注5:産経ニュース“トランプ氏国連演説のイラン言及に仏大統領「合意尊重しないのは無責任」、イスラエル首相は「かつてない力強さ」”2017年9月20日

http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200022-n1.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

2017年09月19日のつぶやき












posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森友・加計疑惑で窮地に追い込まれた安倍氏にとって、衆院冒頭解散作戦は姑息な悪あがき:もがけばもがくほど国民からの信頼が失われる

81VHuY8+piL.jpg[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
森友・加計疑惑で窮地に追い込まれた安倍氏にとって、衆院冒頭解散作戦は姑息な悪あがき:もがけばもがくほど国民からの信頼が失われる
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/19(火) 午後 4:55
技術経営
選挙
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




5

.



新ベンチャー革命2017年9月19日 No.1796



タイトル:森友・加計疑惑で窮地に追い込まれた安倍氏にとって、衆院冒頭解散作戦は姑息な悪あがき:もがけばもがくほど国民からの信頼が失われる



1.安倍氏はすでに判断力が狂っているのではないか:衆院解散の前に、モリカケ疑惑を認めて、素直に首相を辞任すべき



 本ブログでは今、安倍氏の衆院冒頭解散について取り上げています(注1)。



安倍氏が本気で、9月末に衆院解散をやるつもりなら、すでに各方面から指摘されているように、この8月初頭に行われた内閣改造はいったい何のために行われたのか、さっぱりわかりません。



 いずれにしても、安倍氏は行き当たりばったりで政権運営しているのではないかという疑念を国民はまったく払拭できません。



 このザマでは、すでに失われている国民からの安倍氏への信頼はさらに失われるのではないでしょうか。



 なぜ、首相に衆院解散権が与えられているのか、それは民主主義国家では、権力を乱用するような人物が権力者に選ばれることはないはずという前提に立っているからです。



 しかしながら、安倍氏は明らかに権力を乱用しています。マスコミも野党もこの点をもっと強く指摘すべきです。



 なぜ、安倍首相は民主主義国家の権力者として不適格なのでしょうか。本ブログの見方では、安倍氏を実質的に首相に据えているのは、国民の総意ではなく、日本を乗っ取る米国戦争屋だからでしょう。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.安倍氏は、米国戦争屋の傀儡首相としては適格者か?



 かつて、米戦争屋ジャパンハンドラーのひとりであったマイケル・グリーンは非公式の場で、日本の首相は○○しかやらせないとつぶやいたとネットでうわさされていますが、安倍氏はとにかく、米戦争屋の言いなりの政治をやっているのは事実です。



 安倍氏の政治行動を観察すると、安倍氏は国民のことを本気で考えているようには見えません。その代り、米戦争屋の言いなりに動いているに過ぎないことだけはよくわかります。



 したがって、安倍氏は、かつての小泉首相と同様に、米戦争屋に隷属する首相なのです。しかしながら、日本国民のための首相としては不適格と言ってよいでしょう。



 いずれにしても、米戦争屋にとって利益になるような日本の政治は、日本国民にとって不利益になるのが普通ですから、安倍氏は日本国民にとって望まれる首相では決してないのです。



3.安倍氏がモリカケ疑惑の追及から逃れられたら、日本はもう法治国家ではなくなる



 安倍氏夫妻が、森友・加計の補助金詐欺犯罪に加担していることは、いくら安倍氏が否定しても、安倍命のネトウヨ以外の日本国民はもう誰も信じないでしょう。



 すでに、安倍氏は多くの日本国民から信用を失っている日本国首相なのです。



 民主主義国家では、すべての国民は、その地位や出自にかかわらず、何らかの違法行為をやれば、公平に裁かれます、総理大臣だからと言って、罪を免れることはありません。現に、かつての田中角栄首相は、衆院議員現職のとき、ロッキード事件で逮捕されています。



 その意味で、安倍氏および昭恵夫人は、モリカケ補助金詐欺の加担容疑者として田中角栄同様に、官憲の捜査対象なのです。そこに例外はありません。



 検察はいくら相手が首相でも、容疑者ならば誰であろうと、絶対に見逃すことは許されません。森友の補助金詐欺にしても、加計の補助金詐欺にしても、安倍氏夫妻が関与しているのは確かであり、問題は、あっせん利得罪もしくは、あっせん収賄罪が成立しているのかどうかであり、それはすでに官憲の捜査対象です。



 安倍氏は森友からも加計からも報酬やワイロを受け取っていないかどうかは、官憲の捜査によって、明らかにすべき内容です。安倍氏の場合、もうシラを切って許されるレベルではありません。自分の身の潔白は、第三者の捜査機関に証明してもらうべきです。



4.安倍氏はかつての田中首相のように、元首相の犯罪で逮捕されて、おのれの歴史に汚点を残したくないのだろう



 安倍氏にとって、米戦争屋から二度も首相にしてもらい、しかも、二回目は長期政権となっています。だから安倍氏はできれば、このまま、歴史に残る長期政権の首相のままで、辞任したいのでしょう。



 そのような安倍氏がもっとも忌避するのは、かつての田中角栄のように、違法行為容疑者として首相ポストの辞任を余儀なくされるという事態でしょう。とにかく、安倍氏は日本国首相になったという自分の歴史に汚点を残したくないのでしょう。しかしながら、すでに実行した違法行為の容疑を帳消しにすることは不可能です。



 そこで、彼が違法行為容疑者であることを免れるためには、北朝鮮のキムジョンウンのように、独裁者になるしかないのでしょう。しかし、それは、かなわぬ夢です。



 いずれにしても、このタイミングで衆院冒頭解散を強行すれば、安倍氏への国民の疑念は深まるばかりであり、安倍氏にとってはまったくの逆効果しかもたらさないでしょう。また、その事態を事前に読めないところが安倍氏の人間としての限界です。



注1:本ブログNo.1795『安倍氏は森友・加計疑惑の追及をかわすために姑息な衆院冒頭解散作戦を強行しようとしている:国民はみんな、こんなことではもう騙されない!』2017年9月18日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36937371.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2017年09月18日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

2017年09月17日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国戦争勢力がキムジョンウンにやらせている対日ミサイル威嚇は、安倍氏の企む憲法改悪に対する日本国民の妥協を引き出す効果を狙っている:みんな騙されないよう覚醒すべき

[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
米国戦争勢力がキムジョンウンにやらせている対日ミサイル威嚇は、安倍氏の企む憲法改悪に対する日本国民の妥協を引き出す効果を狙っている:みんな騙されないよう覚醒すべき
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/16(土) 午後 2:00
日米関係
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




7

.



新ベンチャー革命2017年9月16日 No.1793



タイトル:米国戦争勢力がキムジョンウンにやらせている対日ミサイル威嚇は、安倍氏の企む憲法改悪に対する日本国民の妥協を引き出す効果を狙っている:みんな騙されないよう覚醒すべき



1.米トランプ政権を盛んに挑発している北朝鮮・キムジョンウンは実は、隠れ親米派なのではないか



 本ブログは日米韓朝を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、彼らは米トランプ政権、安倍一派、韓国・文政権、そして北朝鮮・キムジョンウンの傀儡化に成功していると本ブログでは観ています。



 ただし、北は日米韓の国民を恫喝するための敵役傀儡国と彼らは位置付けていると思われます。



 ところで、昨日から、日本のテレビはそろって、北のミサイル実験を報道していますが、どこかのテレビ局に出演していたゲストが、キムジョンウンは米国製のアップルPCを愛用していると述べていました。



 本件、過去、本ブログでもこの事実を指摘しています(注1)。



 米国のプロバスケット選手がよく訪朝していますが(注2)、過去、グーグルの会長・エリック・シュミットも訪朝したことがあります(注3)。



 このことから、本ブログでは、北のキムジョンウンは隠れ親米派なのではないかと観ています。



 北は平気で、米国を挑発していますが、実は、水面下で米朝はつながっているのではないでしょうか。本ブログでは、今の米朝関係は八百長プロレスと主張しています。ただし、キムジョンウンと秘密裏につながるのは米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の北朝担当であって、トランプ大統領ではないと本ブログではみなしています。



 ちなみに、最近、暗殺されたキムジョンナム(キムジョンウンの兄)の長男・キムハンソルはすでに、米CIAなどが秘密裏に匿(かくま)っている可能性を否定できません(注4)。



 キムジョンウンが将来、キムジョンイルのように、米戦争屋を裏切って中露に接近したら、ただちに、ジョンウンを処分し、その後釜にキムハンソルを据えるつもりでしょう、今の米戦争屋CIAは・・・。



なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.安倍氏もキムジョンウンもともに、米国戦争屋CIAの傀儡(かいらい)に堕している



 本ブログでは日朝ともに、米戦争屋の傀儡国家と観ていますから、安倍氏もキムジョンウンもともに、米戦争屋CIAの傀儡と観ています。



 その観点から、キムジョンウンが盛んに対日ミサイル威嚇を強行させられているのは、米戦争屋CIAの意向であって、その狙いは、安倍一派による日本の軍国化回帰の策動をスムーズに実現させるためと観ています(注5)。



 安倍氏が米戦争屋CIAネオコンから密かに要求されているのは、安保法制改悪と憲法改悪によって、戦後日本の民主主義体制を崩壊させ、今の日本を戦前型の軍国日本に回帰させることであるのは間違いありません。



 ちなみに、安倍氏と違って、隷米ではない福田元総理が、安倍氏を厳しく批判していますが(注6)、恐らく、福田氏は、安倍氏が米戦争屋CIAに籠絡されて、歴史に残る重大な売国行為を行っていることを批判していると本ブログでは観ています。



3.米国戦争屋CIAネオコンは、イラク戦争時、当時の日本の自民党が自衛隊のイラク戦争への軍事参加を頑なに拒否したことを今なお、根に持っている



 さて、JCOMテレビのディスカバリーチャンネルは最近、“ザ・特殊部隊ミリタリー”という番組を放映しています(注7)。



 この番組からわかるのは、米戦争屋CIAネオコンは、彼らの仕掛ける戦争において、米軍兵士の犠牲を最小化するため、常に多国籍軍(注8)を編成する習性を持っているということです。



 ところで、上記、福田氏が現役時代までの自民党は、福田氏の他に、野中氏や古賀氏など戦中派の反戦主義者が実権を握っており、稀代の売国首相であった小泉氏を押さえ込んで、当時の米戦争屋CIAネオコンの対日要求であった、自衛隊のイラク戦争の多国籍軍への軍事参加を頑なに拒否していました。その当時、自民長老は、常に、日本の誇る平和憲法を盾にとって、米戦争屋CIAネオコンによる自衛隊の米軍傭兵化要求を頑なに拒否してきたのです。



 このことを米戦争屋CIAネオコンは今でも根に持っています、そして、彼らは野中氏や古賀氏を自民から追い出し、彼らにとって御しやすい安倍氏を二度も首相に仕立てて、安保法制改悪をやらせ、さらに、近未来、憲法改正をやらして、自衛隊の多国籍軍参加(事実上の米軍傭兵化)を呑ませようと躍起になっているのです。



 要するに、米戦争屋CIAネオコンは、彼らの仕組む戦争時、彼らの属国・日本の自衛隊を米軍傭兵としてタダで利用したいだけです。



 ところが、安倍一派は、安保法制改悪に関して、国民の反対を押し切って、強引に成立させたものの、憲法改悪の方は天皇の反対もあって、そう簡単ではありません。



 そこで、安倍氏を傀儡化する米戦争屋CIAネオコンは、同じく、傀儡の北のキムジョンウンをけしかけて、盛んに対日ミサイル威嚇をやらすようになったのです。



 こうして、日本国民の心理を萎縮させ、安倍一派の企む憲法改悪への国民の妥協を強引に引き出そうとしています。



 日本国民はみんな、このような謀略に乗せられないよう、早く覚醒すべきです。



注1:本ブログNo.737『北朝鮮キムジョンウンはなぜ、アップルPCを愛用しているのか:ヘーゲル新・米国防長官の空爆命令発動が怖くて仕方がないから?』2013年4月1日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31719295.html



注2:CNN“元NBAのロッドマン氏、きょうから訪朝 過去には「バスケ外交」 CNN EXCLUSIVE”2017年6月13日

https://www.cnn.co.jp/world/35102628.html



注3:本ブログNo.741『米国戦争屋と北朝鮮軍部が水面下でつながっている疑惑が米国で暴露された!:シリコンバレー企業が北朝鮮に参入する日が近いか』2013年4月11日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31776600.html



注4:産経ニュース“ハンソル氏が米国入り情報、インドネシア経由か”2017年3月10日

http://www.sankei.com/world/news/170310/wor1703100002-n1.html?google_editors_picks=true



注5:本ブログNo.1792『北朝鮮の対日ミサイル威嚇は日本の軍国化を狙う安倍一派への応援花火にすぎない:森友・加計の補助金詐欺への安倍氏の関与疑惑は決して消えない!』2017年9月15日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36931537.html



注6:阿修羅“速報!国家の破滅を招く 福田元首相が安倍晋三を厳しく批判!”2017年8月2日

http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/179.html



注7:ディスカバリーチャンネル“ザ・特殊部隊ミリタリー”

https://discoverychannel.jp/season/?series=140767&category=%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC



注8:多国籍軍

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%9B%BD%E7%B1%8D%E8%BB%8D



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年09月16日のつぶやき




















posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

2017年09月15日のつぶやき














posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮の対日ミサイル威嚇は日本の軍国化を狙う安倍一派への応援花火にすぎない:森友・加計の補助金詐欺への安倍氏の関与疑惑は決して消えない!

[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
北朝鮮の対日ミサイル威嚇は日本の軍国化を狙う安倍一派への応援花火にすぎない:森友・加計の補助金詐欺への安倍氏の関与疑惑は決して消えない!
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/9/15(金) 午前 11:54
日米関係
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




4

.



新ベンチャー革命2017年9月15日 No.1792



タイトル:北朝鮮の対日ミサイル威嚇は日本の軍国化を狙う安倍一派への応援花火にすぎない:森友・加計の補助金詐欺への安倍氏の関与疑惑は決して消えない!



1.北朝鮮がまたも津軽海峡越えのミサイル発射実験を強行、ほんとうにしつこい国だ!



 2017年9月15日朝、北朝鮮がまたも津軽海峡越えのミサイル発射実験を強行し、お互い、示し合わせたかのように日本政府は待っていましたとばかり、東日本全域にJアラートを仰々しく発令しています(注1)。



 同じことは、先日8月末にも起きていますが(注2)、今回のものも前回と飛翔コースがほぼ同じです。



 前回は、米韓合同軍事演習に抗議する発射でしたが、今回は、国連安保理の制裁決議に抗議する発射と思われ、北がまたもミサイル発射の準備をしていることは偵察衛星の監視で数日前からわかっていました。



 それにしても、今後もこのような対日ミサイル威嚇は繰り返されると思われますが、ほんとうに、いい加減にしてほしいと思います。



2.繰り返される北朝鮮のミサイル威嚇で利を得るのは誰か



 本ブログは日米韓朝を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、北の対日ミサイル威嚇で利を得るのは誰でしょうか。それは以下の通りです、すなわち、



1)日本の軍国化を進める安倍一派

2)日韓にミサイル迎撃システムを売りつける米戦争屋配下の米軍事企業群

3)防衛予算増額の口実ができる日本の防衛省

4)米国防予算を獲得できる極東米軍

5)迎撃ミサイルシステムのメンテを受注できる日本の重工業企業



ネット世論では、これくらいのことはみんな気付いています。非常にわかりやすい米戦争屋の軍事プロパガンダの一環です。



なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



3.北朝鮮が日米韓を乗っ取る米国戦争屋の敵役傀儡国である証拠とは



 本ブログでは、今の北朝鮮は、日米韓を乗っ取る米戦争屋の敵役傀儡国とみなしていますが、その見方に従えば、北のミサイル発射実験はすべて、米戦争屋のアンダーコントロールのイベントとみなせます。



 そして、すべてが、彼ら米戦争屋のシナリオ通りなのです。



 ところで、米戦争屋は今年8月末、米ネバダ州の砂漠にて、米軍に小型核爆弾・B61改良型の実験をやらせています(注3)。



 ところが、不思議なことに、日本のマスコミはこれをまったく報道していません、北朝鮮の核実験は大々的に報道しますが・・・。



 筆者個人が不思議に思うのは、米国の核実験に北がまったく反応しない事実です。上記、米国のB61改良型核爆弾はすぐにでも、北朝鮮の軍事施設破壊に使用できるわけですから、北朝鮮が、米国の直近の核実験を強く非難してもおかしくないのです。このニュースの英語版はネットにアップされていますから、北朝鮮が知らないはずがありません。



 このような北のおかしな態度からも、米朝関係はホンモノの敵対関係ではないことがわかります。



4.北朝鮮の対日ミサイル威嚇は、安倍一派の企む日本の軍国化支援のためではないか



 いずれにしても、北朝鮮が繰り返す対日ミサイル威嚇は、日本の軍国化を企む安倍一派には実に有難い応援花火としか見えません。



 今、安倍氏は森友・加計事件への関与容疑が晴れていませんが、北朝鮮の応援花火は、安倍氏にとって、補助金詐欺への加担容疑を吹き飛ばすのに絶大な効果があります。



 そして安倍氏は、北朝鮮脅威を煽りまくることで、国民からの支持率を回復できるわけです。



 しかしながら、われら国民は、安倍ヨイショのマスコミのみならず、ネットからも情報を取って、北朝鮮の対日ミサイル威嚇は安倍一派への応援花火でもあることを見抜くべきです。



 いくら、北が安倍氏を応援しても、安倍氏の森友・加計事件の補助金詐欺への関与疑惑は決して消えないことをわれら日本国民は改めて強く、認識すべきです。



 みんなだまされないようにしましょう!



注1:産経ニュース“北朝鮮がミサイル発射 襟裳岬の東2000キロに着水”2017年9月15日

http://www.sankei.com/world/news/170915/wor1709150006-n1.html



注2:本ブログNo.1775『2017年8月29日、米韓合同軍事演習のさなか、北朝鮮はまたもミサイル実験強行、米軍三沢基地上空を飛び越える:なぜ、在日米軍は冷静なのかみんな疑問を持て』2017年8月29日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36902576.html



注3:本ブログNo.1778『米国戦争勢力がB61核爆弾の改良とその実験を強行:米国の対・北朝鮮戦略は二つあることをわれら日本国民は認識しておくべき』2017年9月1日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36907787.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

2017年09月14日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする