2018年07月07日

心のお掃除



以前「八ヶ岳の聖者」とご紹介した、森井啓二先生より、現在起こっている世界の異常気象について以下のようなコメントを頂きました。


“=========================
私は、今の異常気象の本当の原因は、人の心の汚染だと思っています。
ほとんどの人は、残念ながら、心によって気象を変化できることを知らない。
気象は、太古からの万物万象の集合意識の波が地球の意識と調和して長い年月をかけて形成されてきたもの。
今の急激な気象の乱れは、私たちの心の汚染による集合意識の乱れが根本原因の一つ。
私たちの精神的混乱は、この世界に混乱や異常気象を作り出し、優しさや愛のある思いは、気候の調和を創出します。
(転載終了)
=========================

人間の心の汚染が異常気象の原因。

これについては、確かにもっともだと思います。

地球人の集合意識の乱れ、不調和が気象現象にも影響を与え、50年に1度、100年に1度、1000年に1度となる災害レベルの様々な出来事を生み出していると思います。

人間の意識と異常気象、自然災害の関係性。

一見、無関係にも見えて、意識がこの宇宙そのものを生み出した万物の源と考えたら、それは決して不可思議なことではありません。

創造主の意識とも連動する人間の意識。

地球の気象そのものが、その惑星に住む住人の意識によって生み出されるのは、意識の視点から見れば当たり前のことかもしれません。

そう考えた場合、これから先の人類の集合意識はどういった方向へ向かうのか。

今の文明社会、資本主義経済、先進国に住む人々のあり方、行動を見ていると、ますます環境汚染だけでなく心の汚染は進んでおり、カオスとなっていく一方かもしれません。

すると、近未来においては、今よりももっと、外の世界において異常気象、異常現象とも呼べる出来事が多発してくることでしょう。

「いよいよ地球もおかしくなってきた」
「宇宙が変化しているので異常気象が起こっているんだ」

ついつい外の世界に今目の前で起こっている異常事態の原因を押し付けようとしてしまいますが、実は1人ひとりの心の中に現実の答えがあるとは99.9%以上の人が気づきません。

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしています

ハワイの伝統的な潜在意識のクリーニング(浄化・掃除)である、ホ・オポノポノにおいては、この4つの魔法の言葉を自分の内側で唱えるだけで、自分の潜在意識、全体の集合意識がクリアになっていくといいます。

心のお掃除、意識のクリーニング。

家のお掃除も大事なことですが、少し時間と気持ちに余裕があれば、心のお掃除も日々心掛けることを実践していきたいものです。

目の前で起こっている現実の問題、世の中の問題も、自分がクリアになっていけばいくほど良い方向へ進むみたいです。

DoingよりもBeing。

行動よりもあり方を大事にし、あり方があっての行動へと繋げたいところです。

ゴミを捨てないのはもちろん、ゴミを拾うこと、砂漠を緑に変えていくこと、どれもとっても大事なことですが、もっと誰もが簡単に、かつ最初にできることは自分の心のお掃除。

心にもゴミをためない、砂漠化となった心に一滴の水を・・・。

まだまだ、これから先に外の世界では起こるべきことが次々に起こるでしょうが、そんな時だからこそ、冷静になって自分自身の内側をゆっくり見つめる時間を持ちたいところです。
posted by rio at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

2018年07月05日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

七夕は太陽がもっとも地球から遠ざかる時





スクリーンショット 2018-07-01 9.35.27

蘇民将来神話

“その昔、旅の途中で宿を乞うた武塔神(須佐之男命)を裕福な弟の将来は断りましたが貧しかった兄の蘇民将来は粗末ながらもてなしをしました。
再訪した武塔神は、蘇民の娘に茅の輪を渡し、武塔神は速須佐雄能神(スサノオ)であると正体を名乗り、茅の輪を身に付けていれば疫病を避けることができると教えました。
以来、「茅の輪」には疫病を祓い除ける力があるとされ、疫病が流行すると「蘇民将来の子孫なり」と口々に唱え「茅の輪」を身に付けるようになりました。

今日から7月。

2018年も半分が過ぎて折り返し地点となりました。

そんな昨日の6月30日は、年に2回ある“大祓(おおはらい)”のうちの1つ「夏越の大祓」。

半年間の罪穢れを祓い落として、残りの半年を健やかに過ごすために、全国各地の神社などでは「茅の輪くぐり」が設置されていたと思います。

この茅の輪は、伝承によるとスサノオがヤマトの地に残したものとあります。

21世紀は、スサノオの再来、イズモとヤマトの統合の時代。

平成終了まで、残り10ヶ月となりました。

2018年の後半は、新たな日本と新世界の始まりに向かって激動の時代となるのでしょうか・・・。

スクリーンショット 2018-07-01 9.37.32

7月の宇宙の動きも確認。

6月29日、6月では初となる関東甲信の梅雨明け宣言もあり、この夏もただならぬ大荒れの気象となりそうですが、7月13日に部分日食、7月28日に皆既月食のある賑やかな1ヶ月です。

注目の1つは、7月7日の七夕の日に起こる「地球遠日点(えんじつてん)」。

8f862692

遠日点とは、1年の中で太陽がもっとも地球から遠くにいる日。

太陽の周りを1年かけて楕円形の弧を描いて1周する地球は、太陽からもっとも近い日(近日点)と遠い日(遠日点)があります。

7月7日は、1年で1番太陽から遠い日となります。

遠日点は大地震とも関連する宇宙現象の1つです。

遠日点を境に今度は遠く離れた太陽が地球に近づく振り子現象が起こり、この遠日点の前後は地球に強烈な重力がかかります。

この重力によって、地球内部の地殻エネルギーに圧がかかり、そのエネルギーの解放によって世界各地で大きな地震や火山噴火が起こりやすくなります。

この重力の影響は、もちろん地球だけでなく地球と相似形になっている人間にも同じような影響を受けます。

体の内部に鬱滞(うったい)しているエネルギーや歪みが調整され、どこかで不調のような形で表に出てきます。

動けなくなったり、発熱したり、痛みが出たり・・・。中には強烈な睡魔に襲われて眠くなる方もいると思います。

このタイミングの前後は不調が出やすいタイミングということだけでも、少し意識しておくと良いかもしれません。

それにしても、この梅雨明けの早さから、今年はかつてないほどの猛暑となる可能性もあります。

水不足も懸念されていますが、一方で集中豪雨ともなる極端な天気が繰り返されそうであり、そして何よりも「記録的な猛暑の夏の翌年に大地震が起こる」という法則があるので、もし今年が猛暑となった場合は、来年の自然災害に要注意です。

これに政権の交代などが組み合わさるとかなり可能性が高まるので、9月の総裁選を含め、政治の世界も注目しておきたいところです。

2c3d371c

7月は21日と22日の土日に、やつはエコハウスにてうさと服の展示販売会。

同時開催でドームハウス見学会を開催しております。

お申し込み等は不要で、両日とも10時〜18時までの間に会場へお越し頂けたらと思います。


やつはエコハウスうさと展&ドームハウス見学会

“日程:2018年7月21日(土)、22日(日)

時間:10時から18時まで

ce87e26c

場所:やつは株式会社エコハウス(山梨県北杜市大泉町西井出6338-1)
 お車でお越しの方は、 Google mapで「やつは株式会社」と検索するとナビが出ます。
   電車でお越しの方は、甲斐大泉駅から開催時間中にピストンの送迎車が出ます。

費用:無料

f04c5e47
9f7f32d8
34c430af

備考:やつは新事務所、およびドームハウス、その他敷地内の見学自由
  :やつはネットショップの実店舗、およびネットでは販売していない商品もあります。
  :ドームハウス建築希望者の相談も是非。
  :八ヶ岳移住の相談ブースもあります。
  :タンク持参で八ヶ岳の湧水をお土産にお持ち帰りください。
  :オフグリッド設備も見学することができます。導入検討の方の相談にも乗ります。

スクリーンショット 2018-07-01 10.48.04

7/ 28「満月会・滝沢泰平氏お話&中野智香子ハープ演奏」

“日時:2018年7月28日 18時〜21時

18時-19時「お食事会」
19時-20時「お話会」 講師:滝沢 泰平
20時-21時「ハープ演奏」 ハープ演奏:ハープ・セラピスト 中野智香子

会場:八ヶ岳さろん星の雫(旧:八ヶ岳サロンBOOTS)
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240の5090

料金:5,000円(演奏・お話し・軽食・ワンドリンク付)
申込:以下リンクよりお申し込みください。

http://yatugatake-salon.jp/request/

7月28日の皆既月食は、八ヶ岳で満月会イベント。

こちらもタイミングがあえば、是非お越しくださいませ。
posted by rio at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日のつぶやき


posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

2018年07月03日のつぶやき






posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

2018年07月02日のつぶやき




posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

2018年07月01日のつぶやき












posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

日本のトップに立つ安倍氏の醜悪さが、日本のサッカー界に伝染したのか:戦前の日本が世界で唯一、核攻撃されたという忌まわしい歴史を正当化する口実を与えた可能性が浮上!




新ベンチャー革命2018年6月29日 No.2057



タイトル:日本のトップに立つ安倍氏の醜悪さが、日本のサッカー界に伝染したのか:戦前の日本が世界で唯一、核攻撃されたという忌まわしい歴史を正当化する口実を与えた可能性が浮上!



1.われら日本のトップに君臨する安倍氏の人間性のあまりの醜悪さに、多くの国民は生理的な嫌悪感すら覚えている



 本ブログ前号にて、2018年6月27日の延長国会での、安倍氏と岡田・元民主党代表のやりとり(注1)について取り上げました(注2)。ネットでも、このときの安倍氏の対応のあまりの醜悪さに生理的な嫌悪感を覚える人が多いようです(注3)。



 こういう人物がエラソーに日本のトップに立っている現実に、もう我慢ならない人が急増しているのではないでしょうか。



 なぜ、こんな人物が総理大臣を6年近くもやっておれるのか、みんな疑問を持っています。



 本ブログの見方では、今の政権党・自民は、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAに完全に押さえ込まれており、自民総裁人事も、実質的には、米戦争屋CIAの意向に左右されていると観ています。周知のように、安倍氏は、小泉・元首相以上に隷米の売国奴首相ですが、安倍氏の宗主サマは、日本国民ではなく、米戦争屋CIAなのです。さらに、安倍氏は、日本を闇支配する日本会議勢力にも、CIAエージェントだった岸信介の孫ということで、担がれているに過ぎません。



 その意味で、安倍氏を総理に選んだのは日本国民ではないのです。だから、日本国民にとって、まったく、国益にならない人物が総理をやっているということです。



2.安倍氏の醜悪さが伝染したのか、6月29日未明のワールドサッカー試合(日本vsポーランドの試合)



 日本時間の6月28日深夜から29日未明にかけて、日本とポーランドのワールドサッカー試合が行われましたが、観客席から大ブーイングが起きたそうです(注4)。



 フェアプレイ精神を至上価値としているワールドサッカー界の常識に反して、露骨なサボタージュ・プレイ(時間つぶしのボール回し:試合放棄的行動)が行われたのです。



 この情景は、ポーランドより日本に大きな悪影響を与えそうです。下手すると、日本がカネを使って、ポーランドを買収したのではないかと、八百長を疑われる危険すらあります。



 ワールドサッカーは米国以外の世界の国々を熱狂させているスポーツですから、世界の人々から注目されているわけです。今回の日本のサボタージュ・プレイは、日本に対する評判を下落させた可能性があります。



 そして、日本は、トップが醜悪(大日本帝国信奉主義者)だから、日本のサッカーも醜悪だとみなされる可能性が浮上しました。



3.戦争もサッカーと同じく、国対国のゲームとみなされている



 今回のサッカー試合で、日本はやはり、フェアでない卑怯な国だとみなされる危険が生じました。



 安倍一派の信奉する戦前の大日本帝国は、真珠湾攻撃というテロ攻撃(スポーツなら反則行為)を仕掛けた卑怯な国と世界中からみなされていますが、今でも、米国人を中心に、世界の人々の対日観の本音はズバリ、日本は卑怯な国、すなわち、アンフェアな国と思われています。そして、米国では“Killing the Rising Sun”(日本を抹殺せよ)という本がバカ売れしているそうです(注5)。



 したがって、ワールドサッカー試合で、日本のサポーターは、あまり日の丸の国旗を振らない方が良いのです。また、ニッポン、ニッポンと叫ぶのも、できれば控える方が良いのです。



今回の日本のサッカーチームの対ポーランド戦にて、世界の人々に対し、日本人はやはりアンフェアだと思われた可能性があります。さらに言えば、世界の人々に、安倍一派が信奉する戦前日本(ポーランドを苦しめたナチス・ドイツと軍事同盟を結んだ国)を思い出させた可能性があります。



 日本人がニッポン、ニッポンと叫んでサッカー試合に熱狂するシーンは、海外の第三者から見ると、戦前日本の真珠湾攻撃の後、日本で行われた提灯行列を連想させる可能性があります。



 いずれにしても、ニッポン、ニッポンと叫ぶ人は、戦前と同様、安倍一派(大日本帝国主義信奉者)に利用される危険があります。



注1:朝日新聞“【党首討論】岡田氏「総理、良心の呵責感じませんか」”2018年6月27日

https://www.asahi.com/articles/ASL6W4GBJL6WUTFK014.html



注2:本ブログNo.2056『モリカケ疑惑の追及を受ける安倍氏は、国民が忘れてくれるのを待っているだけ:野党議員も国民も絶対に安倍氏のウソを許してはならない!』2018年6月28日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37402255.html



注3:阿修羅“総理はニヤニヤ「ルールを守らなきゃ」と捨てゼリフ。痛いところをつかれると、ニヤけごまかす習性がある 小沢一郎(事務所)”2018年6月29日

http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/124.html



注4:スポニチ“「恥知らず」と大ブーイング ロシア紙、日本代表を酷評「醜悪」「サッカーにつばを吐いた」”2018年6月29日

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/29/kiji/20180629s00002009168000c.html



注5:本ブログNo.1832『大日本帝国主義政党・安倍自民を大勝させた日本人は、広島・長崎への対日核攻撃を正当化したい米国民の反日感情を呼び覚ましたと知れ!』2017年10月28日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37009130.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

東京湾のクジラ出現と地震、山羊座満月





K10011496541_1806261810_1806261813_01_02

東京湾のクジラ 「地震の前兆か」という声に専門家は…

“2018年6月26日 18時02分
東京湾で目撃情報が相次いでいるクジラについて、クジラの生態に詳しい、国立研究開発法人「水産研究・教育機構」の村瀬弘人主任研究員は、「東京湾で目撃されたのはザトウクジラだと思う。ザトウクジラは冬の間、小笠原諸島や沖縄の南の海域で繁殖し、夏になるとアリューシャン列島に向けて回遊するため、そのルートの途中で、たまたま東京湾に入ってきたと考えられる」と指摘しています。
そして「7月、8月になると徐々に北に向かって移動していくので、そんなに長い間、東京湾にとどまるとは考えにくい。東京湾を出てこのまま北上していくのではないか」と話していました。

また「クジラを誘導するのは技術的に難しいので、クジラみずからが北上するのを待つしかない。船と衝突した場合、人的被害が出るおそれがあるため、目撃してもなるべく近づかないでほしい」と注意を呼びかけています。

一方、ツイッターなどで、「クジラが現れたのは地震が起きる前兆ではないか」などといった投稿が相次いでいることについては「東京湾でクジラが目撃されるのは珍しいことなので、なんとなく地震と結びつけたくなる心情があるのかもしれないが、科学的には実証されていない」と話していました。(転載終了)

6月18日頃から、珍しく東京湾でクジラが目撃されています。

リュウグウノツカイをはじめ、普段いないエリアにイルカやクジラが打ち上げられたり、目撃されると“地震の前兆”と考えらえることもありますが、ニュースの報道による専門家の見解では“科学的に実証されていない(根拠がない)”ということで関連性は否定されています。

ただ、過去の事例ではまったく無関係も言えず、イルカやクジラが打ち上げられた後に大きな地震が発生しているケースもあるので、一概に無視はできないものです。


“2011年02月20日 ニュージーランドで100頭以上のイルカ打ち上げ
2011年02月22日 M6.1 震度-  ニュージーランド・クライストチャーチでM6.1(カンタベリー地震)

2011年03月04日 茨城県の海岸で約50頭のイルカ打ち上げ
2011年03月11日 M9.0 震度7  東日本大震災

2015年04月10日 茨城県でイルカ100頭以上打ち上げ
2015年05月13日 M6.6 震度5強 宮城県沖
2015年05月30日 M8.5 震度5強 小笠原諸島西方沖

2016年04月04日 熊本県天草市でザトウクジラが定置網に
2016年04月08日 長崎県長崎市でザトウクジラ打ち上げ
2016年04月14日 M6.5 震度7  平成28年熊本地震
2016年04月14日 M7.3 震度7  平成28年熊本地震

2016年07月15日 アルゼンチンでクジラ
2016年07月21日 チリでクジラ70頭打ち上げ
2016年07月25日 M6.1 震度-  チリ

2016年07月25日 神奈川県横須賀市でクジラ
2016年07月27日 M5.3 震度5弱 茨城県北部

2016年09月13日 茨城県の海岸に体長8mのザトウクジラ打ち上げ
2016年09月17日 M5.0 震度3  千葉県東方沖
2016年09月23日 M6.5 震度1  関東東方沖

果たして、今回のクジラ騒動が、地震の前兆かどうかわかりませんが、人間では感じきれないほどの何か大きな変化が、海底や地底、地球で起こっているのは間違いなさそうです。

20180626170014-20180626170349-large

20180626194627-20180626194949-large

昨日にも広島と千葉で震度4の中規模地震が発生しています。

fdc6bb08-s

宇宙の動きを見ると、今日から満月の前後で地震・噴火トリガー日(▲)が3日ほど続くので、まだまだ今日も含めて地震の発生にはご注意ください。

スクリーンショット 2018-06-27 12.57.10

地震は高気圧(晴れ)の時に発生しやすく、今日は太平洋側、明日と明後日は東京を中心とした首都圏は晴れています。

スクリーンショット 2018-06-27 12.44.59

話は変わりますが、明日の13時53分に山羊座で満月を迎えます。

山羊座満月のキーワードは、

「社会的評価」「結果を出す」「責任感」「伝統的なもの」「長期的な計画」……など。

今回の山羊座満月は、土星とぴったり重なるそうで、土星はもともと山羊座の守護星ということもあり、山羊座満月のパワーがいつも以上に強まるそうです。

土星は現実的で厳しい一面もあるそうで、特に「仕事」や「社会的な責任」において、はっきりと結果が出てくるようです。

これまで頑張った人には、それに伴ったご褒美、報酬などを与えてくれたり、一方で中途半端に過ごしてきたら、厳しい現実や判断を突きつけられたりするそうです。

なお、山羊座満月は、合理性が高まるタイミングでもあるようなので、断捨離にもピッタリ。

本当に自分にとって「必要なもの」と「不必要なもの」を見極めて、手放すものは執着なく手放すことをお勧めします。

明日の満月の夜は、八ヶ岳で満月会イベントです。

ご参加お待ちしております。
posted by rio at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日のつぶやき






posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

2018年06月28日のつぶやき


posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

2018年06月27日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

2018年06月26日

2018年06月25日のつぶやき












posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

夏至の日、太陽は諏訪大社から出雲大社へ





michisirube

本日、2018年6月21日は夏至(夏至点は19時07分)。

1年で1番昼が長くなる日。

太陽が1番高くまで上がる日です。

それは太陽神「天照大神」のエネルギーが1年でもっとも強まる時。

“国生み神話”の舞台となる淡路島の伊弉諾神宮には、「陽のみちしるべ」と記された石碑があります。

ここには、太陽の1年の動きを区切る、4つの節目「春分・夏至・秋分・冬至」の時の太陽の昇る方向、通り道、沈む方向を計測すると、淡路島の伊弉諾神宮を中心に日本各地の由緒ある神社と繋がっていることが描かれています。

伊弉諾神宮を中心に東は伊勢神宮内宮、西は対馬の海神神社が同緯度に並んでおり、これは春分・秋分の日の太陽が通過する北緯34度27分23と同じ位置になっています。

つまり、春分・秋分は伊勢神宮から太陽が昇り、対馬の海神神社に沈みます。

そして、今日の夏至には、ここ八ヶ岳エリアの諏訪大社の方角から日が昇り、伊弉諾神宮を通過して出雲大社の方角に日が沈みます。

夏至の日、太陽は諏訪大社から出雲大社へ。

ca3aac13

諏訪大社のしめ縄は、出雲大社式。

その大きさは、出雲大社式の中では日本一の大きさを誇りますが、出雲大社は左巻きに対して諏訪大社は右巻き。

出雲大社は不浄なものを外に出さないような封印のしめ縄であって、諏訪大社は逆に不浄なものを外から取り入れないように右巻きの結界となっているとか・・・。

いずれにしても、諏訪と出雲は深い繋がりがあり、太陽を通して夏至の今日に繋がります。

諏訪の神と出雲の神。そして、太陽神アマテルとの関係。

来年の夏至は、もう平成ではない次の時代であり、今日が平成最後の夏至。

ca3a38_928f5e3fb26341169ea0446f6eec6e91~mv2

世界で一番正確な宇宙と同期した時間を持つといわれる先住民族の伝承によれば、およそ13,000年間続いた「分離の時代」を経て、2012年の冬至を境に太陽系は「統合の時代」に向かって舵を切ったと言われています。

2012年冬至点を中心に、前3年半を「夜明けの朝」、後3年半を「夜明けの晩」と呼ばれており、2年前の夏至に長い長い分離の時代が終焉となり、もう宇宙レベルでは夜明けの統合の時代が始まっています。

世開け、岩戸開きは済んでおり、あとは1人ひとりの中にある岩戸開きも完了させるのみ。

とはいえ、すでに鍵は外され、いつでも自分次第で扉は開けられる状態であり、誰もが本当の自分と対面できる時期に入っています。

いずれにしても、今はもう新しい時代に入っており、夏至や冬至などの節目を過ぎれば過ぎるほど、年々夜明けの光は強まっており、古い時代のエネルギーに生きる人と新しい時代のエネルギーに生きる人々の二極化も進んでいきます。

分離、個人、対立よりも、統合、全体、調和のスタンスで生きた方が、より時代の流れとしては追い風であり、古い時代の価値観は潔く手放すことも、ときには必要となります。

仕事や何かのプロジェクトなどの取り組みも、1人でやるよりも、得意分野をそれぞれが役割分担して協力し合うことが大事であり、子育て1つも1人(一世帯)でやるより、みんなでやる方がうまく循環する場合もあります。

スピリチュアル、陰謀論に没頭するよりも、地に足つけながらバランス良く生きる方が、これもまた時代の流れとマッチします。

だからといって、スピリチュアルを否定するわけでも無視するわけでもなく、スピリチュアリティを大事に生きることは、これからの時代はますます重要になってくると思います。

51gVxYOFBwL._SX338_BO1,204,203,200_

「2018年6月21日の夏至に大地震が起こるのですか?」

夏至の本日、そんなご質問をいくつか受けます。

どうやら、その発信源となっているのは、今から10年前に出版された「続・未来からの警告」という本に書かれたブラジルの預言者ジュセリーノ氏の予言のようです。


“「まず、私が夢に見ましたのは、2018年6月21日に、東海地方でマグニチュード10.6という強い地震が起き、1000人以上、もしくは100万人もの人が死亡するだろうということです」

その本の中では、未来である本日に東海地方で巨大地震が発生する夢を見たとか。

これについて、起こる起こらないは、正直何が起こるかわからない時代なので、なんとも言えませんが、昨日から今日も全国的に大雨なので、大雨の時は大地震は起こりにくいことを考えると、可能性が低いとは思います。

ちなみに東海地震や南海トラフ地震は、直近に発生した4回の時期を見ると、すべて夏至ではなく冬至近辺、12月下旬に起こっています。


“1854年12月23日(嘉永7年11月4日):安政東海地震 - M 8.4。津波。
1854年12月24日(嘉永7年11月5日):安政南海地震 - M 8.4。津波。
1944年(昭和19年)12月7日:東南海地震(昭和東南海地震) - 三重県沖、Mj 7.9(Mw 8.2)。津波。
1946年12月21日 :南海地震(昭和南海地震) - 和歌山県沖〜四国沖、Mj 8.0(Mw 8.4)。津波。

そう考えると、今年や来年の冬あたりの方が可能性としては高いのかもしれません。

とはいえ、今はいつ何が起こってもおかしくはない時。

大雨から晴天、低気圧から高気圧に切り替わった時に地震は発生しやすいので、特に大雨が降った地域は、地殻エネルギーが蓄積されている可能性が高く、この先の晴天時には地震や火山の噴火に警戒が必要です。

地震エネルギーが溜まっていると、大雨や台風を引き寄せる傾向があるようです。
posted by rio at 05:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日のつぶやき








posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

2018年06月23日のつぶやき






















posted by rio at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

安倍氏夫人の昭恵氏は、自分が世間から批判の嵐にさらされている現実をわかっているのに、図々しく総理の座にしがみついているのは亭主の方だ!






新ベンチャー革命2018年6月21日 No.2050



タイトル:安倍氏夫人の昭恵氏は、自分が世間から批判の嵐にさらされている現実をわかっているのに、図々しく総理の座にしがみついているのは亭主の方だ!



1.安倍氏夫人・昭恵氏がまたまた、物議をかもす発言:自分は変態コレクターと告白!



 安倍氏の夫人・昭恵氏がまたまた、物議をかもしています、それは、自分は変態コレクターだと自虐的に語ったという記事が週刊文春に掲載されたのです(注1)。



 これまで、昭恵夫人には、大麻疑惑が指摘されていますが(注2)、それのみならず、マルチ商法疑惑も存在しています(注3、注4)。



 どちらも立派な犯罪行為に直結します。にもかかわらず、マスコミは安倍一派からの仕返しを怖れてか、これらの疑惑追及を手加減してきました。



 そして今回、昭恵夫人は、なんと“変態コレクター騒動”を引き起こしています、ほんとに懲りない夫人です。



2.昭恵夫人は、森友事件にて、自分が世間から批判の嵐にさらされている現実をわかっている



 安倍氏は今、国民の代弁者である野党議員から国会にて、モリカケ関与疑惑を連日、追及されていますが、昭恵夫人は、安倍一派の要請にて、森友学園の名誉校長をやっていた過去があります。そのことが後に、財務省の公文書改ざん・隠ぺい事件を引き起こし、国会での官僚の虚偽答弁を誘発させています。



 だから昭恵夫人が、世間から強い批判を浴びるのは当然なのです。そして、少なくとも、夫人は、そのことを多少なりとも、自覚していることが、上記、文春記事でわかります。



3.昭恵夫人は世間から強い批判にさらされている現実を知っているのに、肝心の安倍氏は馬耳東風なのか



 昭恵夫人は、多少なりとも、世間にうしろめたさを感じているようですが、問題は安倍氏の方です。彼は、加計氏と同じく、自分を客観的に分析する能力が欠如しており、単に“お山の大将”レベルの意識しかないと思われます。



 もし安倍氏が最低、昭恵夫人レベルの人間だったら、昭恵夫人のように、安倍夫妻が世間から顰蹙(ひんしゅく)を買っているくらいは自覚できるはずなのです。



 国民のトップに立つものが、これほど、世間から批判の嵐にさらされれば、もう観念して、自ら、辞表を出すはずですが、残念ながら、まったく、そのような気配が感じられません。安倍氏の方は、信頼を失った人間が国家のトップに立つことは不可能という常識がまったく通用しないのです。



 このことから、安倍氏は、あの昭恵夫人よりもさらに、鈍感人間であることがわかります。



 総理大臣になった人物は、当局に逮捕されない限り、他に辞めさせる方法はないようです。法律的にも、こんな非常識な人物が総理大臣に選ばれることは想定されていないのでしょうが、それにしても、今の安倍氏の厚かましさは、ほんとうに信じられません。



 このように、超厚顔な安倍氏は、それを逆手にとって、いまだに、総理のポストに居座っているということです。



 国民は、この現状にもっと怒るべきです。いまだに、安倍自民を支持するなんて、とんでもないことです。



注1:伊達直人“安倍昭恵、バカ嫁につける薬なし、今度は変態コレクター譲れない!強姦魔山口敬之とは永遠の親友か!”2018年6月21日

https://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12385190963.html



注2:本ブログNo.1888『昭恵夫人に追い込まれている安倍氏、遂に万事休すか:安倍夫妻の大麻常用疑惑が再浮上』2017年12月28日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37108959.html



注3:本ブログNo.1890『安倍氏、もはや絶体絶命か:モリカケ・ヤマカケ疑惑、スパコン疑惑、リニア疑惑、夫人のインスタ・大麻疑惑に次いで、マルチ商法疑惑が噴出!官邸によるマスコミ規制の壁が決壊するのは時間の問題か!』2017年12月30日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37111965.html



注4:本ブログNo.1941『安倍昭恵夫人を広告塔に起用した詐欺会社が倒産、300億円の被害発生:天下無敵の居座り屋・安倍氏を失脚に追い込める最右翼の大物、それこそ昭恵夫人その人だった!』2018年2月21日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37202926.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする