2017年08月23日

2017年08月22日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民から受信料を取るNHKは毎日、振り込め詐欺ストップ番組を放送しているが、日本政府自体がマッチポンプ被害に遭っていることも国民に知らしめるべき

無題.png
国民から受信料を取るNHKは毎日、振り込め詐欺ストップ番組を放送しているが、日本政府自体がマッチポンプ被害に遭っていることも国民に知らしめるべき
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/21(月) 午前 9:27
日米関係
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




8

.



新ベンチャー革命2017年8月21日 No.1767



タイトル:国民から受信料を取るNHKは毎日、振り込め詐欺ストップ番組を放送しているが、日本政府自体がマッチポンプ被害に遭っていることも国民に知らしめるべき



1.またも米韓合同軍事演習強行!日本を乗っ取る米国戦争屋の露骨なマッチポンプ営業



 今日、2017年8月21日よりまたも米韓合同軍事演習が大掛かりに行われますが、米韓の仮想敵となっている北朝鮮は、“火に油”と非難しています。まさにその通りです。この演習をしなければ、北はミサイルを撃つ理由がなくなるのです。



 われら日本国民はみんな、北がミサイル威嚇を止めてくれることを望んでいるわけですが、米国がまたも米韓合同軍事演習を強行すれば、北はまたもミサイルを発射せざるを得なくなります。



 さて本ブログは日本のみならず、韓朝をも乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋が北を背後から操って日韓国民を脅かしている行為は、まさに、マッチポンプ詐欺そのものです。



 こんなことは、子供でも気付くでしょう、にもかかわらず、日韓政府は、米国の露骨なマッチポンプ営業(不要な兵器を日韓に押し売りすること)を批判することもなく、ミサイル避難訓練を国民にやらせたり、高額な兵器を米国から無理やり買わされています。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.日本も韓国も米国戦争屋(主に旧・米戦争屋CIAネオコン)の属国なので、彼らの振り込め詐欺的兵器の押し売りに嬉々として騙されている



 日韓の支配層は、日韓を乗っ取る旧・米戦争屋CIAネオコンに逆らうとたちまち、引き摺り降ろされるので、まったく、逆らうことなく、言われるままに、米国製の高額兵器を黙々と買わされています、ほんとうに情けないことです。



 一方、NHKを筆頭に日本のマスコミは、極東危機を煽り、北朝鮮の行動を非難しますが、日本を乗っ取る旧・米国戦争屋(背後に米軍事企業が控える)による露骨なマッチポンプ詐欺的兵器の押し売り行為を非難することはありません。



 このような腰抜けNHKは、毎日、全国放送で振り込め詐欺に騙されないようにと、国民に向かってご丁寧にも警告してくれていますが、日本全体が、旧・米国戦争屋CIAネオコンおよび米軍事企業から振り込め詐欺的被害に遭っているのに、そのことにはまったく言及しません。



 さらに、日本政府も、彼らの言いなりに、高額な兵器をわれらの血税で買わされ続けています。



 こうして、日韓と北が軍備を増強すればするほど、いったん、有事が起こると、その被害は大規模化するのです。



3.日韓国民は米国の巨大な軍事産業を支えるためのカモにされている



 周知のように、米国は世界各国の中で突出する軍事大国であり、2001年に、ブッシュ・ネオコン政権が誕生して以来、防衛予算は増え続けています。そしてオバマ政権二期目では、防衛予算のリストラが行われて若干、防衛予算は減りましたが(注1)、これは主に米軍兵士の削減で達成しています。



 ところで、旧・米戦争屋CIAネオコンのエージェント・ラムズフェルドは、前々から、巨額の米防衛予算を、米軍事企業の兵器の最先端化技術開発に振り向け、米軍兵士は削減すべきと主張していました。



 この路線に沿って、旧・米戦争屋CIAネオコンおよびペンタゴン主流派は動いています。そして、彼らの属国・日韓は、この路線に従属させられています、すなわち、日韓政府は、日韓国民の血税で、米軍事産業を支援するため、高額兵器をしこたま買わされています。一方、米軍兵士の削減を穴埋めするため、日本の自衛隊と韓国軍は、米軍傭兵化させられているのです。



 旧・米戦争屋の傀儡・安倍政権が強引に、安保法制を改悪したり、憲法改悪を狙っているのは、旧・米戦争屋による日本の自衛隊の米軍傭兵化のためなのです。



 韓国軍はすでに、米軍傭兵化されています、毎年、頻繁に行われる米韓合同軍事演習はそのためです。



 また、日本でもこのまま、安倍政権のような旧・米戦争屋の傀儡政権が続けば、近未来、今度は、日米合同軍事演習が大掛かりに毎年、頻繁に行われるようになるでしょう。



 徴兵制の敷かれた韓国を見れば、日本の未来が見えてきます。



注1:ガベージニュース“主要国の軍事費推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)”2017年5月3日

http://www.garbagenews.net/archives/2258869.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
posted by rio at 05:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

2017年08月21日のつぶやき














posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年8月21日より米韓合同軍事演習が強行されるのはなぜ?:米国戦争勢力はトランプのレームダック化に成功し、シリアで本格戦争する気か、北朝鮮は所詮、代替敵役国に過ぎないが・・・

t02200289_0457060013072139748.jpg
2017年8月21日より米韓合同軍事演習が強行されるのはなぜ?:米国戦争勢力はトランプのレームダック化に成功し、シリアで本格戦争する気か、北朝鮮は所詮、代替敵役国に過ぎないが・・・
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/20(日) 午後 1:06
日米関係
アメリカ情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




2

.



新ベンチャー革命2017年8月20日 No.1766



タイトル: 2017年8月21日より米韓合同軍事演習が強行されるのはなぜ?:米国戦争勢力はトランプのレームダック化に成功し、シリアで本格戦争する気か、北朝鮮は所詮、代替敵役国に過ぎないが・・・



1.日本を乗っ取る米国戦争屋の戦争中毒症に限界が来て、今年はいかなる手段を弄してでも、彼らは本格戦争をやらかしそう



 本ブログにて、日本を乗っ取る米国戦争屋の戦略について取り上げました(注1)。



 それによれば、米国戦争屋が世界のどこかで戦争を仕掛けるとき、必ず、優先順位を決めていると指摘しました。これは、米戦争屋が本能的にもつシナリオ戦略発想に基づくものです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



 上記、旧・米戦争屋CIAネオコンは、2016年の米大統領選において、ポスト・オバマの本命の傀儡大統領候補として当初、ジェブ・ブッシュを担いでいましたが、周知のように伏兵・トランプの登場で、ジェブは早々に撤退させられました。そこで、旧・米戦争屋CIAネオコンはジェブの代替候補として、ヒラリーを担ぎました。ところが、ヒラリーも決戦でトランプに敗れました。



 そして、旧・米戦争屋CIAネオコンにとって歓迎されないトランプがポスト・オバマの米大統領になってしまったのです。



 それでも、旧・米戦争屋CIAネオコンはあきらめずに食い下がり、米共和党内を根回しして、トランプに対し副大統領にはペンスを指名するよう強要したのです。そして、米共和党から立候補している関係で、トランプはやむを得ず、これを呑んだのです。



 そして、トランプが大統領になった後、JFK(ケネディ)のように旧・米戦争屋CIAネオコンに逆らったら、失脚させるか、暗殺して、ペンス(旧・米戦争屋CIAネオコン一派のマケインの子飼い)を、かつてのジョンソン副大統領と同様に代替大統領に昇格させるつもりだったのです。本件、本ブログでもその可能性をすでに指摘しています(注2)。



 もし、近未来、副大統領・ペンスが大統領に昇格すれば、ベトナム戦争のときのジョンソン大統領と同様に、ペンスは、すぐさま、戦争を始めるでしょう。



 そのとき、旧・米戦争屋CIAネオコンの最優先戦争シナリオはやはり、シリア戦争ではないでしょうか(注1)。



2.旧・米戦争屋CIAネオコンが戦争を始めるとき、必ず、並行して代替戦略を立てる



 本ブログですでに指摘したように(注1)、今の旧・米戦争屋CIAネオコンの本命戦争はシリア戦争でしょう。そして、代替オプションが、極東戦争ではないでしょうか。



 それではなぜ、彼らは戦争を始めるとき、代替戦略を立てるのでしょうか、それは、戦争を始めるためには、膨大な兵器や弾薬を事前に生産してストックしておく必要があるからです。



 ところが、戦争には相手があるので、何が起こるかわからないのです。たとえば、彼らがシリア戦争を計画した際、もし、アサド政権が戦争開始直前に降伏したら、戦争する必要がなくなって、事前に準備した兵器と弾薬が使用できなくなります。ところが、兵器や弾薬には有効期限があるので、シリア以外のどこかで在庫処分する必要があります。そのため、彼らはどこかで本命戦争する計画を立てたら、必ず、並行して代替戦争の火種を仕込んでおいて、とにかく、何が何でも、生産した兵器・弾薬の在庫処分をするのです。



 以上のような旧・米戦争屋CIAネオコンの本能を知ると、彼らは近々、戦争するつもりであり、すでにその準備をやっていると推測されます。



 本ブログの見方では、本命戦略がシリア戦争であり、代替戦略が極東戦争なのではないでしょうか。



3.トランプをレームダック化すれば、トランプの意思に関係なく旧・米戦争屋CIAネオコンは本命戦争、もしくは代替戦争に踏み切れる



 本ブログ前号(注3)で指摘したように、バノンの解任で、トランプはレームダック化(死に体)してしまったとみなせます。



 そして、旧・米戦争屋CIAネオコンはこのところ、俄然、息を吹き返したとみなせます。ほんとうに、彼らはしぶとい連中です。



 彼らは2003年のイラク戦争と同様に、近々、シリア戦争を始めそうですが、イラク戦争と違って、シリア戦争ではロシア軍が控えていて、ロシアがどのような動きをするのか不透明です。



 そして、ロシアの出方次第では、シリアをあきらめて、彼らは代替の極東戦争を始めます。



 もし、彼らがシリア戦争開始に失敗したら、最悪、北朝鮮脅威の除去作戦に切り替える可能性もあります。この場合、米戦争屋内のCIAネオコンにとって、ペンタゴン主流派との調整が容易なのです。



 近未来、もし、極東戦争が起こるのと、日本にも被害が及ぶ可能性が大です。



 できれば、本命のシリア戦争だけが実行される方が、われら日本国民の安全は守れますが、自衛隊はシリアに派遣されて犠牲がでそうです。



 いずれにしても、2017年8月21日から始まる米韓合同軍事演習はイレギュラーです、なぜなら、通常の米韓合同軍事演習であるフォールイーグルとキーリゾルブは今年春に終了しているからです。



 このことから想像されるのは、旧・米戦争屋CIAネオコンはシリアで本命戦争する準備を密かにやっており、そのため、北朝鮮脅威の除去作戦を代替戦略として俎上に載せたことを意味します。



 われら日本国民には、上記のような極東戦争が起きても、それを止める手段がありません、残念ながら・・・。



注1:本ブログNo.1764『北朝鮮のミサイル威嚇と並行して、スペイン・バルセロナでIS(イスラム国)のテロが発生:北朝鮮とISはともに米国戦争勢力の敵役傀儡(かいらい)テロ集団とみなすべき』2017 年8月18日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36883546.html



注2:本ブログNo.1433『トルコ・クーデターと次期米大統領選はつながっている:トランプを無力化してシリア戦争を始めたい勢力の暗躍を感じる!』2016年7月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36070621.html



注3:本ブログNo.1765『最側近だったバノンまで解任せざるを得なくなった米トランプはニクソン同様に中途辞任させられる運命か:シリアにはすでに米軍が派遣されており、いずれ自衛隊も米軍傭兵として派遣させられるかもしれない!』2017 年8月19日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36885252.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
t02200198_0399035912980709411.png
posted by rio at 05:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

2017年08月20日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

2017年08月19日のつぶやき










posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮のミサイル威嚇と並行して、スペイン・バルセロナでIS(イスラム国)のテロが発生:北朝鮮とISはともに米国戦争勢力の敵役傀儡(かいらい)テロ集団とみなすべき


北朝鮮のミサイル威嚇と並行して、スペイン・バルセロナでIS(イスラム国)のテロが発生:北朝鮮とISはともに米国戦争勢力の敵役傀儡(かいらい)テロ集団とみなすべき 81VHuY8+piL.jpg 無題.png記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/18(金) 午後 0:44
技術経営
その他国際情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




4

.



新ベンチャー革命2017年8月18日 No.1764



タイトル: 北朝鮮のミサイル威嚇と並行して、スペイン・バルセロナでIS(イスラム国)のテロが発生:北朝鮮とISはともに米国戦争勢力の敵役傀儡(かいらい)テロ集団とみなすべき



1.戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋の大きな誤算、それは、伏兵・トランプが2016年の米大統領選に勝利してしまったこと



 本ブログは戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今年3月、米戦争屋ボスを務めてきたデビッドRFの死去により、米戦争屋内部で変化が起きていると観ています。



 そして、米戦争屋(主に旧・米戦争屋CIAネオコン)にとって大きな誤算は、彼らの傀儡の米大統領候補の本命であったジェブ・ブッシュが米共和党内の選挙でトランプに敗れ、本選でも、ジェブの代替傀儡候補であったヒラリーがトランプに敗れてしまったことです。



 米戦争屋(主に旧・米戦争屋CIAネオコン)は過去8年間も、米政権からの下野を余儀なくされ、2016年の大統領選では、何が何でも、米政権を奪還して、シリア戦争、イラン戦争に突入する予定でした。



 ところが、伏兵・トランプの登場で、彼らの戦略はまたも頓挫してしまったのです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.旧・米戦争屋CIAネオコンはトランプを中途辞任させて、コントロールしやすいペンス副大統領を大統領に昇格させたいはず



 2017年初頭、トランプが政権に就いて以来、旧・米戦争屋CIAネオコンはあの手この手で、トランプの失脚を画策してきました。トランプがかつてのニクソンのように中途辞任すれば、彼らの傀儡・ペンスを大統領に昇格させることができるからです。



 トランプ自身もCIAネオコンが自分を失脚させようとしていることを知っているので、米国防予算を10%増額するなどして、最低限、自分への暗殺テロ攻撃だけは回避してきましたが、CIAネオコンによる対トランプへの失脚工作は今も続いています。



 最近、トランプ政権下の米国では、白人至上主義者と非・白人の人種対立が激化していますが、これらも自然発生ではなく、CIAネオコンが背後で画策していると疑われます。



 CIAネオコンによる対トランプへのネガキャンに嫌気が差して、トランプはそのうち、病気を理由に中途辞任する可能性もゼロではありません。



 このように、今のトランプ政権は非常に不安定です。



3.米トランプ政権に揺さぶりを掛けているCIAネオコンの戦略とは



 今の米トランプ政権に揺さぶりを掛け続けているのは、旧・米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)と本ブログでは観ていますが、彼らの戦略は常に優先順位がつけられています。



 その第一優先は、中東でまず、シリア戦争を始めて、最終的にはイラン戦争に持っていくことです。こちらは、露プーチンの動きを無視できないので、簡単ではありません。第二優先は、極東戦争ですが、北朝鮮は彼らの敵役傀儡ですから、彼らにとって、極東戦争が起きた場合のホンモノの敵はロシアと中国です。したがって、極東戦争もそう簡単ではないのです。



 そして第三の優先順位は、中国とインドの戦争、すなわち中印戦争です。ただし、こちらは、CIAネオコンにとっての利益は、インドに兵器を売るくらいですから、優先度は高くないのです。



4.スペイン・バルセロナでまたもISテロが起きたが、CIAネオコンはシリア・イラン戦争に拘泥している



 このところ、CIAネオコンの敵役傀儡テロ集団・ISがシリアやイラクで劣勢となっています、なぜなら、露プーチンと友好的なトランプ政権は中東での戦争に消極的だからです。そのため、CIAネオコンは相当、苛立っていると想像されます。



 一方、今回の北朝鮮(CIAネオコンの敵役傀儡)によるグアムに向けたミサイル実験計画発表で、CIAネオコンはトランプ政権を挑発して、苛立ち解消をやらかしたと思われます。



 ところが、こちらは、米戦争屋の中の非・好戦派(ペンタゴン主流派)に、北朝鮮脅威の除去作戦への絶好の口実を与えそうになって、CIAネオコンにとって、北朝鮮を利用する対トランプ挑発はまさにヤブヘビになりそうなのです。



 さて、今回、スペイン・バルセロナで起きたISテロ(注1)は、トランプ政権下で追い込まれたCIAネオコンの破れかぶれの偽旗テロと思われます。



 われら一般人はISの存在をおかしいと思うべきです、なぜなら、ISは、自分たちの犯罪テロを世界に向かって自慢する組織だからです。この点、ISは北朝鮮と非常によく似ています、ともにCIAネオコンのでっち上げた敵役テロ集団なのです。



 ちなみに、ISが犯行声明を出すテロでは決まって、犯人の身元がすぐに判明しますが、実に不自然でおかしいのです。この事実こそ、ISテロには黒幕がいて、テロ発生地域の警察に犯人情報を流していることがわかります。



注1:産経ニュース“【バルセロナ暴走テロ】ワゴン車が群集に突進 13人死亡 銃撃戦で犯人射殺か ISが犯行声明”2017年8月18日

http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180010-n1.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
1470367710208.jpg
posted by rio at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

2017年08月18日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

2017年08月17日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の米朝の八百長敵対関係の実態は、米国戦争勢力内の好戦派(CIAネオコン)と非・好戦派(ペンタゴン主流派)の間の呉越同舟の対立を反映している

81VHuY8+piL.jpg
今の米朝の八百長敵対関係の実態は、米国戦争勢力内の好戦派(CIAネオコン)と非・好戦派(ペンタゴン主流派)の間の呉越同舟の対立を反映している
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/16(水) 午前 11:55
技術経営
アメリカ情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




3

.



新ベンチャー革命2017年8月16日 No.1762



タイトル:今の米朝の八百長敵対関係の実態は、米国戦争勢力内の好戦派(CIAネオコン)と非・好戦派(ペンタゴン主流派)の間の呉越同舟の対立を反映している



1.北朝鮮の対・グアム米軍基地向け中距離弾道ミサイル発射実験がスタンバイ完了:実験が実行されると日本の上空を飛翔する



 北朝鮮は中距離弾道ミサイルの4基連射実験を、グアム米軍基地近海をターゲットにして行う計画を先日発表、もし実行されると、北のミサイルが西日本上空を飛翔するので西日本の国民は震撼としたはずです。本件、本ブログでは、これはすべて米朝の八百長チキンゲームの一環であると断じました(注1)。



 2017年8月15日、北朝鮮は、この計画を実行するに際し、米国の出方を見て決めると再度、発表し直しています(注2)。



 いずれにしても、われら日本国民は年がら年中、米朝の八百長対立劇につきあわされて、一時の油断もできません。このような軍事危機がないEU各国がほんとうにうらやましい限りです。



 なぜ、日本が常に危機に晒されるのかと言うと、日韓朝を乗っ取る米国戦争屋に日本国自体が常時、振り回されているからです。しかも、安倍自民を筆頭に、日本の支配層は、すべて彼らの言いなりに動く米戦争屋の傀儡に堕しているのです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.北朝鮮はなぜ、ミサイル実験計画をわざわざ発表したり、実験スタンバイをわざわざ発表したりするのか:軍事研究は本来、国家機密のはずなのに・・・



 本ブログでは、北朝鮮は、旧・米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡国家と観ていますが、北朝鮮の言動はそのまま、旧・米戦争屋CIAネオコンの言動と見てかまわないでしょう。



 要するに、北の背後に控える旧・米戦争屋CIAネオコンが、米トランプ政権に対し、グアム米軍基地を狙ってミサイル実験するぞと脅かしたということです。



 それに対し、トランプはやったら反撃すると北を傀儡化するCIAネオコンを脅かしたのです。この事実からわかるのは、米国戦争屋内が、旧・米戦争屋CIAネオコンと新・米戦争屋に分裂して、対立していると推測されることです。



 ちなみに、トランプ政権は米共和党系ですから、一応、親・米戦争屋政権ですが、それは新・米戦争屋系であって、旧・米戦争屋CIAネオコンとは一線を画していると本ブログでは観ています。



 このような事情から、旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡・北朝鮮の発表がぐらぐらしているように見えると思われます。



3.北朝鮮の言動がぐらぐらしているのは、米国戦争屋内が二分されているから



 上記のように、北朝鮮がぐらぐらし始めたのは、米戦争屋が二分されているからとみなせます。



 本ブログの見方では、上記、旧・米戦争屋の主体は好戦的で過激なCIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)と観ています、一方、新・米戦争屋の主体は、反戦的な穏健派で、米国防総省(ペンタゴン)内の主流派と観ています。



 ちなみに、CIAネオコンは戦争のためなら、そしてイスラエルのためなら手段を選ばない戦争狂の連中ですが、戦争が起きても、自分たちは戦場に行かないずるい連中です。また、彼らは3.11偽旗テロや9.11偽旗テロの仕掛け人であり、中東戦争惹起のため、ISやアルカイダといった敵役傀儡テロ集団をでっち上げたのも彼らだし、北朝鮮という敵役傀儡テロ国家をでっち上げたのも彼らです。



一方、上記、ペンタゴン主流派は、戦争を最終手段とみなし、その基本スタンスは、逆説的にも実は反戦主義者です、なぜなら、彼らは戦争のプロであり、戦争の悲惨さを熟知しているからです。



 CIAネオコンとペンタゴン主流派は戦争に関して呉越同舟の関係にあり、ときには連携し、ときには対立します。



 昨年の米大統領選にて、CIAネオコンはヒラリーを担いだのですが、伏兵・トランプが勝って、彼らのシナリオは狂っています。そしてこの影響が、彼らの傀儡テロ国家・北朝鮮にも及んでいます。



4.北朝鮮をどう料理するか、米国戦争屋内でコンセンサスが取れていない



 米オバマ政権時代、当時のヘーゲル国防長官は、上記、ペンタゴン主流派に属しており、米国防費削減を志向していました。そして、現実に、米国防費は減っています(注3)。



 そして、オバマ・ケリー・ヘーゲル勢力は米国防費削減のため、極東米軍の前線をハワイ・グアムまで後退させようとしていました。その結果、オバマ政権下のペンタゴンでは一時、北朝鮮脅威の除去作戦(北爆)が計画されたのです(注4)。



 しかし、残念ながら、CIAネオコンおよび、そのスポンサー・米軍事企業の猛反対で、ヘーゲルは交代させられました。



 その後、トランプ政権が誕生したのですが、トランプはCIAネオコンに妥協して、米国防費の10%増額を決めました(注5)。



 このおかげで、トランプはCIAネオコンから、事故死や病死に見せ掛けて暗殺される危機を免れています。ちなみに、CIAネオコンは必要とあらば、いつでも、ときの大統領を殺せます、JFK暗殺テロのように・・・。



 北を傀儡化しているCIAネオコンにとって、オバマ政権より、トランプ政権の方が、やりやすくなってはいますが、トランプは旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡では必ずしもないのです。その結果、北朝鮮の料理法を巡って、米戦争屋屋内のCIAネオコン(イスラエル含む)とペンタゴン主流派の調整がまだ、十分、ついていないのではないでしょうか。



 ちなみに、トランプ政権のティラーソン国務長官とマティス国防長官はおそらく、ペンタゴン主流派から支持される人物ではないかと推測されます。



 いずれにしても、近々、新・旧米戦争屋内での調整が行われ、ロッキードマーチン製・THAADの性能確認のため、北のミサイルのグアムに向けた実験は実行されそうです。その後、THAADは、日韓に強制的に押し売りされるでしょう。



注1:本ブログNo.1757『米朝のミサイル実験チキンレースはすべて八百長、北朝鮮は米国の敵役傀儡国家:在日米国人が避難しなければ過剰に怖がる必要はない』2017年8月11日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36871595.html



注2:時事通信“北朝鮮、米の出方うかがう=ミサイル発射態勢は維持−グアム威嚇の計画完成”2017年8月15日

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081500822&g=prk



注3:ガベージニュース“主要国の軍事費推移をグラフ化してみる(2016年)”2016年4月28日

http://www.garbagenews.net/archives/2365898.html



注4:本ブログNo.738『ヘーゲル米国防長官が北爆を断行すれば“在日米軍撤退”の端緒が切り開かれる可能性が浮上:日米安保マフィア真っ青!』2013年4月4日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31736251.html



注5:ブルームバーグ“トランプ米大統領、国防費の大幅増額求める−18年度予算教書”2017年3月16日

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-16/OMVTYA6K50YJ01



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

2017年08月16日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

2017年08月15日のつぶやき






posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017年08月14日のつぶやき










posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偽宇宙人来襲劇へ最後のヤラセ戦争?米朝開戦率99.666% 米露シアゲート 全日空版123便騒動


81VHuY8+piL.jpg


露中は,米朝軍事対立がある!という前提で待機

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa08142

金正恩,挑発合戦で勝利!

露は,高いリスクを↓奇貨とする気かなwww

リスク高し


SPUTNIK
米・北朝鮮間の紛争が戦争にエスカレートするリスクは非常に高い=ラブロフ外相
『スプートニク』 2017年08月11日 https://sptnkne.ws/fgJM

米国と北朝鮮のレトリックを考慮すると、両国の紛争のリスクは非常に高い。ロシアのラブロフ外相が11日に発表した。

•米朝の挑発合戦は激化の一途である.
•日本のマスコミは米朝の挑発合戦を,北朝鮮は「挑発」で,米国は「警告」と書いて,悪いのは北朝鮮だ!という印象操作を行っているが…,毎度のことだ.
•「朝鮮戦争時,米軍によって全土を死体と瓦礫の山にされた北朝鮮の怨念と復讐心」を知らぬまま,北朝鮮という民族国家の元首を「カリアゲデブ」などと蔑称する新井信介らネット芸者の無礼と無知こそ,軽蔑の対象だ.
•ところで,ラブロフ露外相は「米朝衝突のリスクは非常に高い」と述べたが,中国の習近平主席も(慌てたように)米中電話会談に臨み,対立姿勢を強める米国と北朝鮮の双方に自制を呼び掛けた.(記事)
•習主席は会談で,朝鮮半島の緊張を高めるような言動を慎むよう米朝双方に求め,外交の重要性を強調したというが…
•米軍の「北朝鮮の発射場への先制攻撃計画を準備完了」(記事)を受けて,トランプ米大統領は,「北朝鮮の行動に対する軍事的解決は準備万端!」(記事)と述べ…,さらに,「何か起きれば北朝鮮で大きな災難が起きる」(記事)と北朝鮮を牽制した.
•その「何か起きれば」とは,北朝鮮がグアムにミサイルを撃ち込むコトなのだが…
•只今現在,北朝鮮はミサイル「火星12」4発をグアム周辺の海上へ発射することを検討中,と.(記事)
•すなわち!只今現在,すべてのイニシアティブは,金正恩が握っている!鼠〜ワケ.
•近々,近い将来,金正恩がグアム沖に「火星12」4発を撃ち込めば,アメリカは武力攻撃をせざるを得ない!何もしなければ世界の嗤い者=恥さらしになっちゃう…
•ここまで↑34才の青年が,71歳の爺さんを(窮地,袋小路に)追い込んだのでR!
•外交の段階(戦争の前段階,前哨戦の段階)で,金正恩(34)は,トランプ(71)に勝っているのだ.
•さて! 問題は,金正恩がグアムへ向けて「火星12」を撃つのか撃たぬのか?ではなくて…,いつ撃つか?なのでR.
•すべからく勝負には(戦争にも),必勝のタイミング,すなわち「絶好の時運」を読む必要があって…
•その神の如き深読みを,金正恩はプーチン露大統領に頼り,(SNSを使って)相談をしている.
•この半月,音無しの構えのプーチン閣下は,「米国を一気に敗戦国に追い込む!」 その秘法・秘略・秘術を,葉(が落ち始める)月の末までに,金正恩(と旧瀋陽軍区)に伝えるであろう.
•「時」は満ちている.「氣」も,満ちている.

飯山 一郎 (71)

北朝鮮問題の本質は,怨念と復讐心!

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa08141



やのっち(。・ɜ・)d

https://twitter.com/_yanocchi0519

【プーチン、北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦】

プーチンは、第3次世界大戦に迅速にエスカレートさせるグローバルな衝突を開始させる目的で、北朝鮮危機が、NWOによる偽旗作戦として演出されていると警告



映画監督オリバー・ストーン、完全にプーチンに取り込まれる

http://tocana.jp/2017/08/post_14099.html

putindocumentary2.JPG



北朝鮮情勢の緊迫化、米国の現状を示す前代未聞の動き
http://benjaminfulford.jp/

≪2017/08/14 VOL426≫

最近のアメリカの動きは非常に分かりやすい。最近、アメリカ政府が「北朝鮮との全面戦争のカード」を頻繁にチラつかせているが、その理由はアメリカの年度末(決算日)が9月の末日に迫っているからだ。

近年は中国などに対してあらゆるモノを差し出し、あらゆる事を約束して何とか延命資金を調達してきた。

しかし今回、決算日に支払う必要な資金の調達先がまだ見つかっていない。

それでアメリカは、北朝鮮の情勢不安を利用して、世界に対して「核戦争勃発」という脅しを加速させている。

ところが先週11日、中国が中国共産党機関紙「環球時報」を通じて「北朝鮮が先にアメリカに向けてミサイルを発射すれば、中国は中立を保つ。

逆にアメリカと韓国が北朝鮮の体制転換と朝鮮半島の政治情勢の変更を狙って先制攻撃を仕掛けた場合は、中国が介入し、それを阻止する」との見解を明らかにした。

これでアメリカによる「核戦争勃発」という“脅し”のカードは使えなくなったも同然。

そこでトランプは、同日11日に中国の習近平国家主席と電話協議を行い、中国製品に高関税を課すなどの経済制裁を視野に「米通商法301条」に基づく調査を開始すると直接通告している。

国家倒産を避けるためには「形振りなどかまっていられない」というのが今のアメリカの実情なのだ。



【 アメリカの現状 】

現在、債券市場では、そんなアメリカの現状を示す前代未聞の動きが確認されている。というのも、「イタリアのジャンク債の利回りが、アメリカの10年国債



米政権が鉄鋼の代理人を使って中国に経済戦争を仕掛ける動きを見せているが、米も痛手を受ける

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201708130000/



太平洋戦争の原因である真珠湾攻撃作戦を立案し、実行した指揮官 源田実が、アメリカから勲章貰い、東京大空襲や原爆投下を指揮したカーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章を与えるように進言

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2017/08/13/8646072



【戦慄】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致!! ダーク・シンクロニシティ発動で霊能者「32年前の犠牲者が…」

http://tocana.jp/2017/08/post_14149.html

【戦慄】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致!! ダーク・シンクロニシティ発動で霊能者「32年前の犠牲者が…」の画像3
517wDEbxBYL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg
posted by rio at 05:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

2017年08月13日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

2017年08月12日のつぶやき


























posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年8月12日は、日航機123便の御巣鷹山墜落から32年目の命日:日本でのオスプレイ飛行実験が増えるのはなぜ?

[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
2017年8月12日は、日航機123便の御巣鷹山墜落から32年目の命日:日本でのオスプレイ飛行実験が増えるのはなぜ?
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/12(土) 午後 0:43
日米関係
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




4

.



新ベンチャー革命2017年8月12日 No.1758



タイトル:2017年8月12日は、日航機123便の御巣鷹山墜落から32年目の命日:日本でのオスプレイ飛行実験が増えるのはなぜ?



1.在日米軍は悪評高いオスプレイの対日投入を増やしているのみならず、自衛隊にも買わせて、日本はオスプレイ実験場にされている



 2017年8月11日、NHKは、今後、日本の至る所で、悪評高いオスプレイの飛行訓練・実験が行われると報道しています(注1)。



 このオスプレイは米軍用だけでなく、自衛隊も17機購入させられています。また、首都圏に近い米軍横田基地にも新たに10機配備されるようです。



 横田基地に配備されると、首都圏上空をオスプレイが飛び回ることになり、考えただけでゾッとします。



 なぜ、米軍はオスプレイを多数、日本で運用しているのでしょうか。



 ひとつ考えられるのは、この機は他の航空機と違って、安全性の観点から技術の完成度が未達なのではないでしょうか。その証拠に、オスプレイは明らかに他の航空機より事故率が高いと思われます。



 穿った見方をすれば、米軍は、日本の空を技術的完成度未達のオスプレイの飛行実験に利用しようとしているのではないでしょうか。



 さて、本ブログは、日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、彼らは、日本を属国視していますので、オスプレイの飛行実験を日本でやろうとするのことは十分、あり得るのです。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.米軍はなぜ、オスプレイの飛行実験を日本でやろうとするのか



 上記のように、米軍にとって日本は属国ですから、開発途上機・オスプレイの飛行実験場として日本は利用可能なのでしょう。一方、米国では米国民から反対されると面倒なので、できれば、米国外で飛行実験したいと思われます。



 もうひとつ、オスプレイは、日本と切っても切れない因縁があるのではないかと本ブログでは観ています。



 さて、今日、2017年8月12日は、1985年8月12日に起きた日航機123便の御巣鷹山墜落事故犠牲者の32回目の命日です。



 本ブログでは、この事故とオスプレイ開発は何らかの因縁があると観ています。



 上記、日航機墜落の原因は、ボーイング社の修理ミスによる後部圧力隔壁の破裂にあると結論付けられています。この破裂によって事故機の垂直尾翼が破壊されて操縦不能となって墜落したことになっています。そしてボーイングはこの事故の責任はボーイングにありと認めたのです。



 ちなみに、そのボーイング社は、事故のあった1985年に、米国防総省から、オスプレイの開発プロジェクト(2兆円プロジェクト)の受注に成功しています(注2)。



 本ブログでは、日航機の墜落原因は圧力隔壁の修理ミスではないと観ていますが、ボーイングはみずから、事故責任はボーイング社にありと認めています。



 このことから、ボーイング社は日航機墜落の事故責任を認める代わりに、オスプレイ開発プロジェクトを米国防総省から受注したのではないかと疑っています。



3.オスプレイという命名は、御巣鷹山をヒントにしているのではないか



 ボーイング社もしくは米国防総省は、V22と呼ばれる新型の垂直離着陸機をオスプレイと命名していますが、本ブログでは、この命名のヒントは、日航機墜落現場である御巣鷹山から来ていると観ています(注3)。



 すなわち、オスプレイはミサゴという鷹の名ですが、御巣鷹山はオスタカ山と読みます。そこで、オスタカをもじってオスプレイにしたのではないでしょうか。



 さらに言えば、御巣鷹山は米軍の厚木基地の戦闘機の演習飛行コースに位置しています。



 このように、オスプレイは日本と因縁が深い航空機とみなせます。ボーイングは今後も、オスプレイの技術的完成度を高めるため、試験飛行を繰り返す必要があります。



 一方、日本は起伏の大きい山谷の多い国であり、大規模な飛行場がなくても運用できるオスプレイの実験場としては最適なのです。



 日本国民は、このような開発途上航空機の実験に日本の上空が使用されるのは大反対でしょうが、在日米軍に言いなりの日本政府は、オスプレイの飛行実験が日本国民の安全を脅かすことを知っているのに、米軍の決定にまったく逆らえないのです。



 いずれにしても、今後、日本全国でオスプレイ墜落事故の危険が高まります。



 ほんとうに、情けないことです。



注1:JCCテレビのすべて“注目!・オスプレイ配備・今後の計画は”2017年8月11日

http://jcc.jp/news/12536749/



注2:本ブログNo.618『日航123便御巣鷹山墜落事件とオスプレイ(鷹)をつなぐ糸:1985年、濡れ衣を着たボーイングへのご褒美はおいしいオスプレイ開発受注(2兆円)だった?』2012年8月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30141716.html



注3:本ブログNo.1457『1985年8月12日に起きた日航機の御巣鷹山墜落事件の仕掛け人勢力と、今、尖閣や南シナ海で日中対立を扇動する勢力は水面下でつながっている』2016年8月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36133914.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

2017年08月11日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米朝のミサイル実験チキンレースはすべて八百長、北朝鮮は米国の敵役傀儡国家:在日米国人が避難しなければ過剰に怖がる必要はない

81VHuY8+piL.jpg
米朝のミサイル実験チキンレースはすべて八百長、北朝鮮は米国の敵役傀儡国家:在日米国人が避難しなければ過剰に怖がる必要はない
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/8/11(金) 午後 1:05
日米関係
アジア情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




7

.



新ベンチャー革命2017年8月11日 No.1757



タイトル:米朝のミサイル実験チキンレースはすべて八百長、北朝鮮は米国の敵役傀儡国家:在日米国人が避難しなければ過剰に怖がる必要はない



1.北朝鮮がグアム島をターゲットにするミサイル実験を予告:西日本上空を横切ると発表、日本国民を震撼とさせる



 2017年8月9日、北朝鮮は8月中旬までに、グアム(米軍基地あり)をターゲットに中距離弾道ミサイル4発を連射する演習計画を策定すると世界に向けて発表しました(注1)。



 毎度の北朝鮮ミサイル実験にもう慣れている日本国民も、今回のニュースには仰天したでしょう、なぜなら、このミサイルは島根、広島、愛媛、高知の各県の上空を飛翔すると予告したからです。



 上記のニュースで日本国民全員の脳裏に浮かんだのは、もし、4基のミサイルのどれかに不具合が起きたら、西日本のどこかに墜落するかもしれないという悪い予感のはずです。



 この地域に住む国民は非常に不安な気持ちに襲われるはずです。



 一方、米国ではトランプ大統領が記者会見し、もし、北がグアムにミサイルを撃ってきたら、百倍返しで反撃すると発表しています。



 この状況は、まさに米朝戦争危機が迫っていることを意味します。日本人にとって、もはや他人事ではありません。



2.北朝鮮は米トランプの恫喝に屈してミサイル実験を断念するのか



 北朝鮮のミサイルによるグアム攻撃演習計画の発表に対し、米トランプが米国の対朝反撃を匂わすのは、当然ですが、このことを北朝鮮が織り込んだ上で、今回初めて、北はグアム攻撃演習計画を発表したのは確かです。



 北がグアム攻撃演習計画を実行したら、待っていましたとばかり、米国から対北の軍事反撃(北爆)が実行されると北が事前にわかっていたら、そもそも、こんな自殺行為の発表はしないはずです。



 したがって、本ブログの見方では、本件、米朝の間で、すでに水面下で話がついていると観ています。すべてが、米朝の八百長チキンレースなのです。



 実際、北はグアム近海に向けてミサイルを撃つ可能性はあります。しかし、米国は、実際は対朝反撃をしないと思われます。なぜなら、ミサイル実験に関して米朝は水面下で連携していると疑われるからです。



3.ほんとうに米朝戦争が起きる場合、在日米国人や在韓米国人およびその家族が事前に避難するはず



 もし、米朝戦争が起きても、それは突発的には起こらず、日韓に駐留する米軍関係者や米国企業関係者が事前に避難するので、米朝戦争勃発は、完全に予知できます。



 ところで、米トランプはすでに、2017年9月1日までに北に滞在する米国人の国外退去命令を発表しています(注2)。



 このニュースもよく考えてみるとおかしいのです、なぜなら、少なくともオモテムキ、米国と敵対している北朝鮮に米国人が滞在しているはずがないからです。



 いずれにしても、米朝戦争が起こるかどうかは、日韓を含む極東に滞在する米国人の動きを見れば予知できます。



 ちなみに、2011年に3.11事件(偽旗テロ作戦の疑いあり)が起きた際、その前年の2010年10月、日本を乗っ取る米国戦争屋系の企業・エクソンモービルとAIGが日本から撤退しています。その際、本ブログでは、日本でいずれ何かが起こると予言しましたが(注3)、現実に3.11事件が起きたのです。



 今回、北はミサイルを西日本上空に向けて飛ばすと発表していますが、ほんとうに日本に墜落する危険があるならば、岩国米軍基地の米国人が事前に避難しますから、その動きから、危険があるかどうかを察知できます。



4.米トランプは、北朝鮮に米国人が滞在していることを端無くもリークした



 上記のように、今回、米トランプは、北朝鮮に米国人が滞在していることをリークしています。



 さて、本ブログの見方では、北朝鮮は、日韓を乗っ取る米国戦争屋にとって敵役傀儡国家と観ています。北朝鮮は、日韓の国民に対し、対米依存させる上に置いて不可欠な存在であり、極東米軍の駐留を米国民に正当化する上においても不可欠の存在なのです。さらに、北は、中露と極東米軍の間を隔てる緩衝国家でもあります。



 したがって、北にはCIAやネオコン(イスラエル・ネオコン含む)などの諜報員が潜んでいると本ブログでは観ています、なぜなら、2015年、米国のテレビ局・ヒストリーチャンネルに元CIAの諜報員が出演していましたが、彼は明らかに北に駐留していたとみなせるからです(注4)。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



5.北朝鮮がグアムをターゲットにミサイル攻撃演習を行うとすれば、それは、CIAネオコンのためのミサイル実験に過ぎない



さて、上記、北朝鮮のミサイルは実は、CIAネオコン(イスラエルネオコンを含む)が密かに供与していると観ています。



 彼らCIAネオコンは北朝鮮を核・ミサイルの実験場にしているのです。その証拠に、北のミサイル実験と米国のミサイル実験は完全にシンクロしています(注5)。



 ところで、北朝鮮には無数のミサイル(数百基規模)が配備されていますが(注6)、その隠された目的は以下です。



1)日本が核武装したら、ただちに日本を全滅させるため(注7)

2)米国が中露と戦争になったら北に配備したミサイルで中露を遠隔操作で攻撃する(中露からの反撃は米国ではなく北朝鮮に向けられる)

3)日韓国民に北の核・ミサイル脅威を煽って、日韓に迎撃ミサイルTHAADを大量に買わせる(グアムにもTHAADが配備されているので北のミサイルを迎撃してみせる可能性もある)



 ところで、北の対米挑発に応えて、米トランプは、戦争が起きるなら向こうでやるとポロッと漏らしまたが(注8)、米国にとって、北は単に、飼い犬国家であり、米国の敵国の本命は中露、そして核武装を狙う日本なのです。もし、米国が中露と戦争になったら、戦場を米国としないで、北朝鮮や日韓を犠牲にするのが米国の戦略なのです。



 われら日本国民はこのような米国(旧・米戦争屋CIAネオコン)の極東戦略を知っておくべきです。



注1:ニューズウィーク“北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告”2017年8月10日

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/8-13.php



注2:産経ニュース“北朝鮮渡航者に8月中の国外退去呼び掛け”2017年8月3日

http://www.sankei.com/world/news/170803/wor1708030020-n1.html



注3:本ブログNo.208『米国戦争屋系企業の日本からの撤退は何を意味するのか』2010年10月3日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/19152197.html



注4:本ブログNo.1274『米国テレビ番組にて、キムジョンウン体制の北朝鮮にはCIAが駐留している疑惑が判明:日米安保マフィアは北朝鮮脅威を口実に防衛予算増額を要求できる』2015年12月13日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35508123.html



注5:本ブログNo.1668『米国と北朝鮮のミサイル実験はシンクロしている:米露戦争が始まったら、北朝鮮国民が在日米軍と日韓国民の弾除けにされる』2017年5月4日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36691184.html



注6:日本のミサイル防衛(MD)を考える“朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が保有する弾道ミサイルの数は?”

http://www.peace-forum.com/mnforce/MD/04.htm



注7:本ブログNo.1481『北朝鮮は200基もの対日攻撃ミサイル(ノドン)を持たされ、その核弾頭の実験が成功:日本が密かに核武装したらただちに全滅できるようスタンバイされていると知れ!』2016年9月10日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36199213.html



注8:テレビ朝日“北朝鮮にトランプ氏「戦争が起きるなら向こうでやる」”2017年8月2日

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000106782.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
posted by rio at 05:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

2017年08月10日のつぶやき








posted by rio at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする