2018年06月14日

東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島の旧・日本軍捕虜収容所跡地を意図的に選んで、米朝首脳会談が行われたのはなぜ:大日本帝国主義信奉者・安倍氏の率いる日本に罪の償いを求めているからか







新ベンチャー革命2018年6月13日 No.2042



タイトル:東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島の旧・日本軍捕虜収容所跡地を意図的に選んで、米朝首脳会談が行われたのはなぜ:大日本帝国主義信奉者・安倍氏の率いる日本に罪の償いを求めているからか



1.歴史的な米朝首脳会談はなぜ、シンガポール・セントーサ島で開催されたのか、われら日本人は知っておくべき



 2018年6月12日、シンガポール・セントーサ島にて、歴史に残る米朝首脳会談が行われました。



 われら日本人はみんな、今回の米朝首脳会談がなぜ、わざわざ、シンガポールのセントーサ島で開催されたのか、よく考えるべきです。



 さて、筆者個人もかつて、セントーサ島に何度か、行ったことがありますが、ここには戦争記念館があって、戦時中、日本軍がいかに悪の枢軸だったかという視点で、展示が行われていました。われら日本人にとっては非常に、不愉快な場所と言えます。



 今回の米朝首脳会談開催をあえて、この場所に選んだのは、おそらく、トランプの背後に控える米国戦争屋CIAネオコン(戦時中、日本軍と戦った米国戦争勢力の末裔)と思われます。



 トランプも、そして、トランプを操る米戦争屋CIAネオコンも、何らかの意図があって、わざわざ、ここで米朝首脳会談を行ったと思われます。



 さらに言えば、現実に会談が行われたセントーサ島のカペラホテルは何と、戦時中の日本軍の捕虜収容所の跡地に建てられたようです(注1)。



 これらの歴史的事実を計算に入れて、今回、米朝首脳会談がカペラホテルで行われたと、われら日本人は考えるべきです。



なお、上記、米国戦争屋は、今の米トランプ政権下にて、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行していると本ブログでは観ています。その新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.カペラホテルで米朝首脳会談が行われたのは、日本人に対する当てつけか



 さて、今のシンガポール国民から見れば、戦前の日本軍は、ドイツのナチスと同じく、悪の枢軸なのです。



 ところで、筆者個人は、セントーサ島戦争記念館と並んで、ポーランドのアウシュヴィッツ捕虜収容所も訪問した経験がありますが、欧米人や華僑やシンガポール人から見れば、セントーサ島はまさに、東洋のアウシュヴィッツに相当します。



 日本のマスコミは、われら日本人が、欧米人やシンガポール人を含む外人から本音ではどのように見られているか、まったく報じませんが、世界でナチスが悪者にされているのと同様、旧・日本軍も悪者であり、今の日本人は、その子孫とみなされています。



 上記、カペラホテルの開業は2009年であり、同じく、シンガポールのランドマークとなっているマリーナベイ・サンズの開業年・2010年と同時期です。



 後者のマリーナベイ・サンズのオーナー・シェルドン・アデルソンは、米トランプの資金スポンサーであると同時に、上記、米戦争屋CIAネオコンのスポンサーです(注2)。この事実から、今回の歴史的な米朝首脳会談を決行したトランプの背後に、アデルソン(米ユダヤ人勢力のボス)の影がちらつきます。



 ちなみに、アデルソンは東京にカジノをつくり、日本人や中国人からカネを巻き上げようと狙っています(注3)。アデルソン経営のカジノで得たアブク銭は、米戦争屋CIAネオコンの戦争資金に化けるのです。



 米トランプを操る米ユダヤ人勢力に脅されている安倍氏は、カジノ法案の強行採決を狙っていますが(注4)、彼らに急かされている可能性があります。



3.シェルドン・アデルソンなど米ユダヤ人勢力は、安倍一派が戦前賛美の大日本帝国主義信奉者であることを知っていて、故意に、東洋のアウシュヴィッツで、米朝首脳会談を行ったのではないか



 上記、アデルソンなど米ユダヤ人勢力は、米戦争屋CIAネオコンのスポンサーであり、米国で隠然たる権力を握っています。彼らは今、イスラエルのために、中東戦争を計画しています。そのために、米軍のパワーを中東に集中させるつもりです、そして、彼ら米戦争屋CIAネオコンは、自分たちのでっち上げている極東軍事脅威(偽脅威)を一時休止したいだけなのです(注5)。



 近未来、彼らが中東戦争を勃発させたら、彼らは、属国・日本の自衛隊を米軍やイスラエル軍の傭兵として中東に派兵させて、彼らのために戦闘行為をさせようとしています。



 彼ら米ユダヤ人勢力は、戦時中、ナチスによってひどい目に遭わされていますが、戦時中の大日本帝国・日本は、ナチスと同盟を結び、アジア太平洋地域で、ナチスを真似て、残虐行為を繰り広げたとみなしています。



 そこで、その償いとして、今度は、米国を含む世界のユダヤ人勢力のために、中東に自衛隊を派遣させようとしていると思われます。



 そして、大日本帝国主義信奉者の安倍氏を暗に、脅していると思われます。



 今年5月の連休中、安倍氏は米戦争屋CIAネオコンの指示で、イスラエルを訪問させられ、ネタニヤフ首相から、日本は今度こそ、ブーツ・オン・ザ・グラウンド(自衛隊の中東派兵)しろと暗に、脅されています(注6)。



 以上の背景から、米戦争屋CIAネオコンが、意図的に東洋のアウシュヴィッツ・セントーサ島にて、米朝首脳会談をやるようトランプに指示したのは、日本人に対して、償いをしろと教唆しているのではないかと解釈できます。



 この現実を日本のマスコミはまったく無視していますが、どこまで鈍感なのでしょうか。



 最後に一言、今回の米朝首脳会談におけるキムジョンウンはトランプのパペット(可愛いお人形さん)に見えましたが、それは、キムジョンウンが上記、米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡のひとりだからです。われら日本人はみんな、その現実に気付くべきです。



注1:逝きし世の面影“「死の島」の米韓会談、もうひとつの「南京大虐殺」”2018年6月12日

https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/c75331668ef4903a9eec5c7a42974543



注2:本ブログNo.1658『米国戦争勢力のボスだったデビッド・ロックフェラー亡き後、米国トランプ政権を乗っ取ったCIAネオコンの隠れスポンサーはカジノ王・シェルドン・アデルソンか』2017年4月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36656569.html



注3:本ブログNo.1493『豊洲新市場をラスベガス化すれば、東京が北朝鮮ミサイルのターゲットになることもなく、直下型地震が起こされる心配もなくなる』2016年9月23日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36230450.html



注4:ニフティ・ニュース“安倍晋三首相とトランプ大統領がカジノ法案巡り『密約』か 米『カジノ王』は投資公言”2018年6月12日

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-041216/



注5:本ブログNo.2040『2018年6月12日の米朝首脳会談にて、朝鮮戦争終結が決まれば、近未来、中東戦争が起こる:自衛隊は、米軍傭兵として中東で戦闘行為をさせられる』2018年6月11日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37376473.html



注6:本ブログNo.2018『畳模様の敷物に置かれた革靴のデザートを出されてヘラヘラ笑う安倍夫妻は、どこまで鈍感人間なのか:これほど日本人はバカにされている、みんな怒れ!』2018年5月9日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37324860.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ
posted by rio at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: