2018年06月09日

安倍氏は米国にて“日米は完全一致している”と強調している:日本国民の血税を米国戦争勢力のために最優先で貢ぐと言っているに等しい





新ベンチャー革命2018年6月8日 No.2037



タイトル:安倍氏は米国にて“日米は完全一致している”と強調している:日本国民の血税を米国戦争勢力のために最優先で貢ぐと言っているに等しい



1.モリカケ疑惑で窮地に追い込まれている安倍氏は、かつての小泉氏同様に、北朝鮮拉致被害者帰国劇を演出して、支持率回復を企んでいる



 もうすぐ、シンガポールで米朝首脳会談が開かれる予定となっていますが、安倍氏は早速、訪米してトランプと会談しています。そして、急に拉致被害者問題を言い始めています。



 北朝鮮にとって、日本人拉致被害者は、日本から戦争賠償金をふんだくるための人質なのです。本ブログの試算では、人質一人当たり、身代金は1000億円と観ています(注1)。



 安倍氏はかつての小泉氏と同様、拉致被害者帰国劇のヒーローにさせてもらって、支持率回復を企んでいると思われます。



 モリカケ疑惑で窮地に追い込まれている安倍氏にとって、拉致被害者帰国劇が今のところ唯一の頼みの綱なのです。



2.北朝鮮は米国にとってホンモノの敵国ではない



 本ブログでは一貫して、北朝鮮は米国および日韓朝を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとっては、極東支配に不可欠な敵役傀儡国家であるとみなしています。



 トランプ政権の背後に控える米戦争屋勢力は決して一枚岩ではなく、様々な思惑をもった人たちが水面下で蠢いているわけです。



 今回の米朝首脳会談が二転三転したのも、米戦争屋勢力内の勢力争いを反映しています。



今回、米戦争屋CIAによって演出されている北朝鮮脅威を緩和する方向に米トランプ政権が動いているのは、彼らが極東戦争より、中東戦争を重視している結果であると本ブログでは観ています。彼ら米戦争屋CIAネオコンが中東戦争勃発を最優先している間、北朝鮮脅威を軸に演出されている極東緊張を一時休止状態にしておくつもりなのです。



3.安倍氏は日本人拉致被害者を単に利用しているだけと国民は見抜くべき



 北朝鮮脅威は、米戦争屋CIAネオコンの極東支配のために、彼らによってでっち上げられたニセモノ脅威と本ブログでは観ていますが、北の核・ミサイル実験のコストも、実は日本国民の血税で賄われていると観ています。そして、ネットにも、本ブログと同様の見方をする投稿が存在します(注2)。



 この実態を知ると、安倍氏は、彼の宗主である米戦争屋CIAの手のひらで、踊らされているだけであることがわかります。



 安倍氏が米戦争屋CIAから与えられてミッションは、われら国民の血税をいかに、米戦争屋CIAの極東支配のために活用するかなのです。



 安倍氏の視野には、日本国民のための国益最優先という観念はまったく欠如しています。その代り、安倍氏は、日本国民の血税をいかに、米戦争屋CIAの私益のために貢ぐかを最優先しているのです。



 今回の安倍氏の米国での記者会見にて、同氏は“日米の完全一致”を強調していますが、その意味は、日本を乗っ取る米戦争屋CIAのために、日本国民の血税を最優先で拠出するという意味と同義であると、われら国民は解釈すべきです。



 言い換えれば、今の安倍氏は、日本の国富をすべて米戦争屋CIAに差し出すことで、おのれのクビをつないでいるということです。



注1:本ブログNo.2021『日本を軍国化したい安倍政権は、北朝鮮拉致被害者救出より、日朝関係の悪化を願っている:拉致被害者の身代金は一人当たり1000億円規模か』2018年5月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37329836.html



注2:アゴラ“今こそ「朝銀に1兆4000億円投入」の闇を解明すべき --- 山田 高明”2017年4月22日

http://agora-web.jp/archives/2025672.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: