2018年06月02日

この期に及んでも、安倍・麻生両氏はなぜ、これほど厚かましく傲慢なのか:われら国民はみんな、総選挙結果が容易に改ざんできる現実をしっかり認識すべき







新ベンチャー革命2018年5月30日 No.2029



タイトル:この期に及んでも、安倍・麻生両氏はなぜ、これほど厚かましく傲慢なのか:われら国民はみんな、総選挙結果が容易に改ざんできる現実をしっかり認識すべき



1.モリカケ疑惑にまみれて万事休すの安倍氏は、今年9月の自民総裁選までは生き延びようと躍起になっている



 モリカケ疑惑にまみれる安倍氏は国民に向かってウソをつきまくっていますが、もう国民の誰も、安倍氏を信用していないでしょう。国民からの信用を失った安倍氏が今後も日本国首相の座に居座ることはもう不可能です。



 そのことを本人もある程度、わかっていると思われますが、本人は、9月の自民総裁選まで、野党追及から逃げまくって、凌ごうとしています。



 さすがに、安倍氏の次期総裁選への出馬はないでしょうが、まともな常識すらない安倍氏に限っては、現時点では、まったく不透明です。



 いずれにしても、これほど、国民からバカにされ、嫌われる首相は前代未聞でしょう。



2.なぜ、安倍氏や麻生氏は平気で居直っているのか



 今の安倍氏や麻生氏は、いくら野党から追及されても、ヌケヌケと居直っています。



 国会での野党の追及は、安倍自民に批判的な国民の追及でもありますが、安倍・麻生の両氏ともに、国民の怒りに対する畏れの気持ちは皆無のようですが、なぜでしょうか。



 ズバリ、彼らが増長しているのは、選挙における開票集計操作権限を握ってしまっているからではないでしょうか。



 日本の総選挙の開票集計が選挙請負企業のムサシに握られているのは、自明の事実ですが、ムサシは私企業であり、安倍氏の父・安倍晋太郎はムサシの株主だったので、今の安倍氏は、ムサシの株主であると強く疑われます。



 要するに、安倍・麻生氏を筆頭に、自民が平気で、利権政治を繰り広げるのは、つまるところ、総選挙の開票集計をムサシに丸投げしている事実にあるのは明らかです。



3.日本の選挙結果が改ざんされ得るとわかったのは、2010年の民主党代表選



 本ブログが、日本の総選挙結果が改ざん可能であることを知ったのは、2010年9月に行われた民主党代表選のときでした(注1)。



 ムサシは、自民党のみならず、共産党を含む野党からも選挙請負業務を行っており、与野党問わず、政党からの依頼に基づいて、いかようにも選挙結果を改ざんできると思われます。そして、本ブログでは、安倍自民が傲慢になっている根本原因は、選挙結果の改ざんが可能であるからという指摘をすでに行っています(注2)。



 本件、野党が国会で、選挙結果の改ざん疑惑をまったく追及しないのは、野党もムサシと取引があるからです。



4.日本国民はみんな、政治の選挙結果が改ざん可能であることに気付くべき



 日本政治における選挙結果の改ざん問題追及を野党が故意にタブー視している以上、今後も、この問題がクローズアップされることはないのです。



 そこで、われら国民が取るべき行動は、まず、傲慢化した自民党には絶対に投票しないことです、たとえ、本音では自民党支持であっても、



 とにかく、野党が頼りないから、消去法で自民に投票することだけは、絶対にやってはならないのです。



 本ブログの見方では、自民党の得票がゼロに等しくなれば、さすがのムサシも、自民票を大幅に水増し操作することができなくなるはずです。



 いずれにしても、国民はみんな、まず、日本政治の選挙結果は容易に改ざんできるという事実をしっかり認識することです。



注1:本ブログNo.195『党員・サポーター投票という大ザル選挙で決まった菅総理続投』2010年9月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/18648381.html



注2:本ブログNo.1688『なぜ、安倍自民はこれほど傲慢になったのか、選挙屋・ムサシが味方してくれるとわかっているから:選挙民は投票先をできるだけ分散させるしか手立てはない』2017年5月28日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36738893.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


posted by rio at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: