2018年05月20日

薄気味悪い高齢者ネトウヨの増殖:彼らは日本を乗っ取る米国戦争勢力の東アジア分断統治戦略に基づく洗脳プロパガンダに踊らされていると気付くべき


.

新ベンチャー革命2018年5月19日 No.2027



タイトル:薄気味悪い高齢者ネトウヨの増殖:彼らは日本を乗っ取る米国戦争勢力の東アジア分断統治戦略に基づく洗脳プロパガンダに踊らされていると気付くべき



1.大日本帝国主義者・安倍一派への国民支持層を形成するネトウヨに、年金生活の高齢者が急増中?



 大日本帝国主義者・安倍一派への国民支持層を形成しているのはネトウヨであることはわかっていますが、これまで、ネトウヨのイメージは、どちらかと言えば、ネットに日々接する若者のイメージでしたが、年金生活者が増えた近年、高齢者層にもネトウヨが増えていることがわかりました(注1)。



 筆者個人の知り合いにも、同様なネトウヨ高齢者がいますので、高齢者ネトウヨが増殖しているのは確かです。



 安倍一派があれだけ、好き放題やっても、なぜか、思ったほど安倍自民支持率が下がらないのは、電通系世論調査の改ざんのみならず、実際に、高齢者ネトウヨが増殖中であることも原因のひとつであるような気がします。



2.高齢者ネトウヨも、若年層ネトウヨと同じく、反韓・反朝・反中扇動に容易に洗脳される



 高齢者ネトウヨも、安倍氏同様に、アンチ朝日新聞扇動に洗脳されているようです(注1)。彼らは、朝日新聞が親中・親韓の、いわゆる反日新聞であるとインプットされているのでしょう。このようなネトウヨ心理は、欧米人から見れば、同じ穴のムジナにみえる東アジア人の中で、優越感に浸りたい日本人の心理そのものです、まさに井の中のカワズです。



 上記の高齢者ネトウヨは、近年、ネットアクセスし始め、親米似非右翼のプロパガンダに容易に嵌った人達と思われます。定年になって、ネットに嵌った人は免疫がないので、あっさりと親米似非右翼のプロパガンダに洗脳されてしまうのでしょう。彼らが現役で働いていた時代は、ネットアクセスするヒマもなかったでしょうから、無垢の若者と同様に、洗脳されやすいと思われます。



3.学生運動が盛んだった60年代、70年代当時から、高学歴日本人を中心に体制派と反体制派に二分されていた



 上記、高齢者ネトウヨを含む団塊世代は、60年代、70年代の学生時代、体制派(右寄り)と反体制派(左寄り)に二分されていました。その構造が、今日まで、続いていると思われます。



 学生時代に反体制派だった高齢者は今、安保反対、改憲反対を叫んで、国会前でデモをしていますが、学生時代に体制派だった高齢者が、今、ネトウヨ化している可能性があります。



3.高齢者ネトウヨにはビロンガー(集団帰属主義者)が多いのではないか



 筆者個人は、昔から、日本人ビロンガー論を唱えています(注2)。ビロンガーとは、一言、集団帰属主義者であり、寄らば大樹の価値観をもつ人です。そして、米国では、ビロンガーは成人の40%を占めるのに対し、日本では60〜70%を占めると観ています。この事実から、日本人=ビロンガー民族と命名できるほどです。



 米国に比べて、日本ではベンチャーの成功事例が少ないのは、日本人の多くが、安定した大企業や官庁を目指すという行動パターンをもっている事実に起因していると筆者は観ています。



 上記、日本人ビロンガーは当然ながら、大樹に寄りかかろうとしますから、ときの権力に従順となります。そして、権力に抵抗する人を敵視し、権力に媚びようとします。



 したがって、増殖中の高齢者ネトウヨは、日本人ビロンガーそのものと言ってよいでしょう。



4.高齢者ネトウヨを含む日本人ネトウヨは、日本のみならず韓朝をも乗っ取る米国戦争屋の東アジア分断統治戦略のもたらした鬼子



 さて本ブログでは、戦後日本は、米国戦争屋に乗っ取られている対米属国と観ていますが、彼らの対日戦略を含む、対・極東戦略は、一言、日韓朝あるいは日中韓朝の分断統治戦略であると観ています(注3)。



なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



 上記、米戦争屋CIAがもっとも恐れるのは、日中韓朝という東アジア人国家が、一致団結して、米国戦争屋を含む欧米寡頭勢力に抵抗してくることです。そこで、彼らは極東において、東アジア人国家に対する分断統治戦略を適用しているのです。



 具体的には、彼らの極東工作下請け機関である韓国・統一教会が主に、日韓朝に分断工作を行っています。しかしながら、中国のみは彼らの支配下に入っていません。この点が、今の米戦争屋CIAにとってのネックになっています。



 日本における反韓・反朝運動も、韓国における反日・反朝運動も、背後から巧妙に、米戦争屋CIAの工作機関・統一教会によって操られていると観てよいでしょう。ちなみに、安倍氏も統一教会にクビ根っこを押さえられています。



 現・米トランプ政権は、米戦争屋CIAとは一線を画す、親中派のキッシンジャーにコントロールされており、極東においては、上記、米戦争屋CIA配下の統一教会の極東工作とは違った動きをしています。



 しかしながら、執拗な米戦争屋CIAは、強引に、米戦争屋CIAネオコンのボルトンをトランプ政権に潜り込ませて、北朝鮮脅威(CIAのでっち上げた偽脅威)の終結を阻止する動きをやっています。



 上記、高齢者ネトウヨは、自分たちが、狡猾で好戦的な米戦争屋CIAの極東分断統治戦略の洗脳プロパガンダに踊らされていることを気付くべきです。



 後記:都合により、今月末まで原稿アップをお休みします。



注1:阿修羅“悲喜劇、ネトウヨの正体は老人会だった!(simatyan2のブログ)”2018年5月18日

http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/735.html



注2:テックベンチャー『ベンチャー精神を妨げるビロンガー根性』1999年7月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/bironger.html



注3:本ブログNo.199『米国戦争屋の東アジア分断統治戦略を日本人は知っておくべき』2010年9月22日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/18808617.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


posted by rio at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: