2017年04月30日

奴隷搾取 年金横領=増税詐欺 432Hz シオニスト=トランプ閣僚 仏選挙ロス茶 米英仏露中北韓


[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpgseesaa_profile_icon

トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

mag201704-34.jpg



悪は複数の多世界をも支配し、善の神は無力かもしれない…と量子論から導き出される結末は、「常にこの世は最悪の世界を目指す」ということ?

http://indeep.jp/in-multiple-universes-ruled-by-evil-and-god-powerless/

・シュタイナーが警告した「432Hzではない基本音調の世界は悪魔を勝利に導く」 を体感してみました (2015/03/27)

などに記していますが、基本的には、


現在の社会のほぼ全体で使われている基本的な音のチューニングに用いられる 440Hz の倍数というのは、人間にとって、あまりいい音ではなく、人間は 432Hz の調律の音楽を聴いたほうが良い。

というシュタイナーなどの主張に従っているものですが、そのようにするようになり約2年半が経過していますが、結果として「間違いなく 432Hz のほうが心身の健全によろしい」と思います。

また、MP3 などの音源をパソコン(Windows / Mac)を使って、 432Hz に変換する具体的な方法に関しては、

・あらゆる音楽のピッチをテンポを変えずに 440Hz から 432Hz へと変換する方法



盗人どもめ何と、年金受給開始が70才から!!

http://ameblo.jp/zeusu69/entry-12270197552.html













 このことは、平成6年に「大蔵・日銀と闇将軍」泰流社・著者 板垣英憲に、克明に記されています。「ディープスロート」、「x」とは私のことなのです。



 政とは、国民に「安心」と、「安全」と、「豊さ」を与えなければならないのに、国民に苦役を強いて「搾取」し、老後は放置するのでは、国民は「奴隷」ではないか!!

 この国も、「夢」と「希望」を持てなくなってきましたか?



安倍晋三,英国での厳しい表情は…

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa04292

英国は反露・憎露の国

この深刻な表情は↓かつてない厳しさ

Abe2Mayメイの脅し



訪英直後の安倍晋三は,メイ首相と笑顔で握手.



しかし,ロンドン郊外の首相別荘での会談は厳しい雰囲気だった.英国の仇敵・ロシアと仲良くしてきた安倍晋三に,冷酷な性格のメイ首相は『お互い長生きする政治家になりましょう…』といった殺し文句(=文字どおりの殺人予告)を言ったのか,安倍総理は,いつになく厳しい表情だった.



プーチンに追われ,英国に逃げ込んだロシアの悪徳財閥(オリガルヒ)勢力がメイ首相のバックにいて…,「プーチンとは昵懇で親露の安倍晋三などは殺してしまえ!」 といった険悪な雰囲気の英国.



実際,英国のファロン国防相は先日,「ロシアに核の先制使用も辞さず!」 との過激発言.まさに英国は反露・憎露の国なのだ.



国士=安倍晋三を皆で守るべき理由

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa04291

命懸けで訪露した国士
笑顔が消えて…↓必死・悲壮な表情

悲壮真剣

•トランプ大統領は『米露関係は史上最悪の冷え込み』と述べた.
•それほど現在のロシアとアメリカの関係は,悪化している.
•「ロシア」 「プーチン」は,アメリカでは“タブー”に近い.
•のみならず…
•アカ狩りの時代のような“ロシア狩り”まで行われている.
•英国には 「ロシアに先制核攻撃を!」という主張もある.
•世界は,いま,冷戦時代に戻ってしまったような状況!
•そんな状況のなか,安倍晋三は,敢えてロシアに行った.
•昨年12月.安倍晋三はプーチン訪日を要請し,実現した.
•これだけでも橋本龍太郎や小渕恵三のように,「変死」だ.
•米国債売却を画策した中川昭一,狂牛病で米国産牛肉に難色を示した松岡利勝.2名とも安倍総理の盟友だが,変死.
•安倍晋三の訪露は,まさしく命懸け! だったのだ.
81SvS1mlxYL.jpg
posted by rio at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック