2017年04月17日

日韓朝を手玉に取る米国戦争勢力にとって、北朝鮮は貴重な敵役傀儡国家:対米挑発を止めない北朝鮮はなぜ、NYマンハッタンに国連代表部を持っているのかみんな疑問を持て!

81VHuY8+piL.jpg
日韓朝を手玉に取る米国戦争勢力にとって、北朝鮮は貴重な敵役傀儡国家:対米挑発を止めない北朝鮮はなぜ、NYマンハッタンに国連代表部を持っているのかみんな疑問を持て!
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/4/15(土) 午後 0:38
日米関係
その他国際情勢
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




5

.



新ベンチャー革命2017年4月15日 No.1657



タイトル:日韓朝を手玉に取る米国戦争勢力にとって、北朝鮮は貴重な敵役傀儡国家:対米挑発を止めない北朝鮮はなぜ、NYマンハッタンに国連代表部を持っているのかみんな疑問を持て!



1.北朝鮮は旧・米国戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡国家である限り、米軍の先制攻撃を受けることはないだろう



 2017年4月15日は北朝鮮建国の父とされるキムイルソンの誕生日(生誕105年)です。そこで、北は誕生記念の花火として6回目の核実験を強行するのではないかと言われています。一方、米空母・カールビンソンが朝鮮半島近海に戻っており、朝鮮半島の緊張が高まっているのは事実です。



 日本のマスコミは米軍が場合によっては北朝鮮を先制攻撃するのではないかと予想しています。一方、本ブログでは、北朝鮮は米国にとってホンモノの敵国ではなく、単に敵役傀儡国家とみなしていますから、米国が北を先制攻撃する可能性は低いと観ています。



 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米トランプ政権も、最近、旧・米国戦争屋CIAネオコンに乗っ取られたと観ています。



ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.平気で対米挑発する北朝鮮のような“ならず者国家”は世界でただ一つとなっている



 90年代の米国ブッシュ・ジュニア政権も、今のトランプ政権と同様に、旧・米戦争屋CIAネオコンに乗っ取られていましたが、彼らは自分たちにとっての敵性国家を“ならず者国家”と呼んでいました。90年代の“ならず者国家”は、イラン、イラク、および北朝鮮でした。そして、CIAネオコンはブッシュ政権を乗っ取って、2003年にイラクに先制攻撃を仕掛けて、フセイン政権を打倒しています。このようなCIAネオコンの暴挙に震え上がったイランは、その後、おとなしくなり、今は核開発も中止しています。そして、今のイランはオモテムキ、CIAネオコンを挑発することは一切、ありません。



 そして、残るは、北朝鮮ですが、イラクやイランと違って、ミサイル実験をやったり、核実験をやったりして、対米挑発をし続けていますが、これまで、CIAネオコンが米軍を動かして対・北朝鮮への先制攻撃を実行に移すことはありませんでした。



 このような事実から、北朝鮮に関する本ブログの見方では、イラクやイランはCIAネオコンにとってホンモノの敵国であったのに対し、北朝鮮はニセモノの敵役国ではないかと観ています。



 こうして、北はCIAネオコンにとって、今も“ならず者国家”ですが、なぜか、泳がされているのです。この事実こそが、本ブログの見方、すなわち、北はCIAネオコンにとってニセモノの敵役国であるという見方の根拠になっています。



3.北朝鮮は旧・米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡国家であることにみんな気付け



 北朝鮮は核武装国家を目指していますが、北がたとえ、台湾や東南アジア諸国のようにおとなしい国であっても、北を取り囲む日韓中露が、北を軍事的恫喝することはありません。にもかかわらず、北は勝手に、核武装国家になって、周辺国を挑発しています。その意味で、北はまさに、独り相撲国家なのです。



 北がならず者の悪役を演じることで、いったい誰が得をしているでしょう、ズバリ、それは日韓に駐留する米軍と、その米軍を配下にもつ旧・米戦争屋CIAネオコンです。



 もしイランやシリアが今、北のように堂々と核実験をやったら、CIAネオコンは待ってました、とばかり先制攻撃を仕掛けて、崩壊させますが、北朝鮮が核実験をやっても、口先で非難するだけで、先制攻撃を仕掛けることはないのです。北朝鮮もそれがわかっているからこそ、平気で核実験やミサイル実験を繰り返すわけです。



 そこで、本ブログでは、北朝鮮はCIAネオコンにとって、絶好のミサイル・核実験場にさせられていると観ています。



 CIAネオコンはこれまで、米国防予算を使って、先端技術兵器の開発を行ってきましたが、核爆弾、弾道ミサイル、非核大型爆弾に関しては、米国においても、イスラエルにおいても、それらの実物実験が極めて困難なのです、なぜなら、地元住民から反対されるからです。そこで、彼らのでっち上げた敵役傀儡国・北朝鮮は、彼らにとって絶好のミサイル・核実験場となっているのです。その上、北を“ならず者国家”に仕立てておくことによって、旧・米戦争屋の属国・日韓と、非・親米の中露とを分断させておく上でも、北は非常に便利な敵役傀儡国家なのです。



 ちなみに、昔の北朝鮮は旧・ソ連の属国でしたが、チェルノブイリ原発テロを仕組んだと疑われるCIAネオコンの謀略によって旧ソ連が崩壊した1991年に、北はなんと、あの国連に加盟させてもらっています。これを決めたのは、旧・米戦争屋CIAネオコンのボスであった故・デビッドRFと思われますが、デビッドRFは、北朝鮮の事実上の対米交渉事務所(国連代表部)(注1)をNYに置かせており、この事務所を通じて、旧・米戦争屋CIAネオコンのボスだったデビッドRFが、北を敵役傀儡国家として、自在にコントロールしてきたと推測されます。



 同時に、デビッドRFは、韓国生まれの統一教会をCIAネオコンの謀略工作下請け機関に仕立て、日韓朝を自在に闇コントロールしてきたのです。そして、今の自民党も、上記、統一教会と深い関係にあります。いずれにしても、日韓朝はデビッドRFが率いてきたCIAネオコンの手のひらで踊らされています(注2)。われら日本国民はみんなこの現実に気付くべきです。



注1:世界の大使館ページ“ニューヨーク市の北朝鮮国連政府代表部”

https://embassy-finder.com/ja/north-korea_in_new-york_usa



注2:本ブログNo.199『米国戦争屋の東アジア分断統治戦略を日本人は知っておくべき』2010年9月22日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/18808617.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


t02200198_0399035912980709411.png
【関連する記事】
posted by rio at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449078418

この記事へのトラックバック