2017年02月27日

大手マスコミがいっせいに安倍氏へのネガキャン報道を開始:日本を乗っ取る米国の戦争勢力の中に、戦前回帰主義の安倍一派に対する警戒感が高まっているのか

517wDEbxBYL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg
大手マスコミがいっせいに安倍氏へのネガキャン報道を開始:日本を乗っ取る米国の戦争勢力の中に、戦前回帰主義の安倍一派に対する警戒感が高まっているのか
記事をクリップするクリップ追加 .
2017/2/25(土) 午後 3:30
日米関係
その他政界と政治活動
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




7

.



新ベンチャー革命2017年2月25日 No.1620



タイトル:大手マスコミがいっせいに安倍氏へのネガキャン報道を開始:日本を乗っ取る米国の戦争勢力の中に、戦前回帰主義の安倍一派に対する警戒感が高まっているのか



1.大阪の軍国小学校創設・開校問題を急に大手マスコミが取り上げ始めた



 本ブログでは今、安倍氏夫妻の関与が疑われている大阪の軍国小学校創設・開校問題を取り上げています(注1、注2、注3、注4、注5、注6)。国会でも、この問題が取り上げられていますが、焦点はこの学校用地として国有地が格安で不正売却されている事実です。



 これまで、ネット世論はこの問題を重大視してきましたが、大手マスコミは故意にスルーしていました。ところが、ここ数日、急に大手マスコミもこのニュースをかなり大きく取り上げ始めました。



 今後、安倍氏が辞任に追い込まれるかどうかがネット住民の関心事ですが、安倍氏もこの問題を甘く見ていたのか、このところ急に焦り始めています。



 今の安倍自民党は野党の自滅で、怖いものなしとなっていますが、同時に、傲慢となっています。先日の麻生氏の答弁にそのことがよく表れています(注7)。



2.安倍氏が失脚させられるかどうかは、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAジャパンハンドラーのさじ加減で決まる



 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今の日本は米戦争屋に乗っ取られていると観ています。



 そして、安倍自民党は米戦争屋の傀儡政党と観ています。そして、安倍一派は、米戦争屋の後ろ盾で今や、我が物顔で傲慢となっています。



 しかしながら、いったん米戦争屋が安倍氏を失脚させようと決めたら、かつての小沢・鳩山コンビのように、大手マスコミや東京地検特捜部(米戦争屋CIAの日本支部)に命じて、あの安倍氏ですら、瞬く間に失脚させられます。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



3.日本を乗っ取る米国戦争屋は、親米似非右翼の安倍氏を100%信用してはいない



 ところで、安倍氏はポスト小泉にて、2006年に一度目の自民総裁(=事実上の首相)になっていますが、米戦争屋は小泉氏の隷米度と安倍氏の隷米度を比較して、このときは、隠れ核武装派右翼だった安倍氏に不満を持ち、さまざまな失脚工作が実行されて、安倍氏はわずか1年で、首相をクビにされています。



 そして、2012年に安倍氏が二度目の自民総裁(=事実上の首相)にしてもらったとき、安倍氏は米戦争屋に隷米首相に徹することを誓ったはずです、そしてそのとおり、今の安倍氏は、徹底した隷米首相に成り下がっています。そして、彼は、米戦争屋の言うことをすべて受け入れることで、おのれの地位を確保しています。その意味で、安倍氏は小泉氏とならぶ、戦後最右翼の隷米首相と言えます。



 しかしながら、米戦争屋は未だに、安倍氏を完全には信用していません、なぜなら、彼は、元々、隠れ核武装派右翼だったからです。



4.大手マスコミの安倍報道に見る豹変は何を意味するのか



 本ブログでは、日本の大手マスコミも、米国の大手マスコミと同様に、米戦争屋の監視支配下にあると観ています。その大手マスコミは、ここに来て、豹変し、いっせいに、上記、安倍スキャンダルを大々的に報道し始めました。このことから、日本を乗っ取る米戦争屋は、安倍氏へのネガキャン報道を容認し始めたのではないでしょうか。



 今後、大手マスコミの安倍報道が、かつての、小沢・鳩山コンビ報道のときのように攻撃的になるかどうかは現段階では不透明です。



 今回、大阪の軍国小学校の用地不正取得疑惑問題に関して、大阪地検特捜部が動くかどうかです。彼らは米戦争屋CIAの指示があれば、すぐに動くでしょう。



 安倍氏一派を失脚させるには、悪徳ペンタゴン・マスコミと地検特捜部が同時に動かないと、実現しません。



 地検特捜部に米戦争屋CIAが、上記事件の追及を指示すれば、そのとき、安倍氏一派はアウトになります。



 しかしながら、今のところ、地検特捜部が動く気配は見えません。



 いずれにしても、米戦争屋CIAジャパンハンドラーが、安倍氏をチェンジすると決めたら、安倍氏は即、アウトですが、トランプ政権下で、米戦争屋ジャパンハンドラーの体制がどうなるのか、今のところ、不透明です。



 彼らはポスト安倍氏に誰を据えるかを決めてから、安倍氏への失脚工作をマスコミや地検特捜部に指示するはずです。



 本ブログでは、ポスト安倍は小池氏ではないかと観てきました(注8)。ただ、小池首相シナリオは、米国におけるヒラリー大統領シナリオとセットになっていましたので、ヒラリーがトランプには敗北した今、小池首相シナリオは流動的です。



 いずれにしても、悪徳ペンタゴン・大手マスコミによる安倍氏へのネガキャン報道開始は、日本を乗っ取る米戦争屋による安倍降ろしのシナリオが始動した可能性を示唆しているのは確かです。



注1:本ブログNo.1614『安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017年2月18日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36546049.html



注2:本ブログNo.1615『時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか』2017年2月19日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36548123.html



注3:本ブログNo.1616『時代錯誤の戦前回帰主義者の筆頭が日本国・首相に居座るとは絶句!:安倍氏は日本を乗っ取る米国の戦争勢力に日本人を洗脳して米軍傭兵としてタダで差し出そうとしている』2017年2月20日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36550193.html



注4:本ブログNo.1617『大阪の軍国小学校創設に関与していると疑われている安倍氏夫妻:国民はみんな、安倍氏が親米似非右翼の代表であることに早く気付くべき』2017年2月21日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36552176.html



注5:本ブログNo.1618『大阪の軍国小学校創設への安倍氏夫妻の関与疑惑:大手マスコミもこれ以上は無視できなくなった、テレビ朝日が2017年2月22日朝、遂にこの事件を報道した!』2017年2月22日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36554110.html



注6:本ブログNo.1619『安倍体制下の日本は戦後最大の危機に陥っている:国民からの受信料で成り立っているNHKは昔のNHKスペシャルを復活させて、天皇制国家主義の危険性を国民に伝えるべき』2017年2月23日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36556062.html



注7:阿修羅“<わざと?>麻生太郎が神聖なる国会答弁で「何を調子のいいこと言ってんだよ」の大暴言!森友学園事件に対するスピン発言か?”2017年2月24日

http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/286.html



注8:本ブログNo.1585『日本を乗っ取る米国某勢力に支援される小池都知事へのヒーロー化プロパガンダ開始:隠れ核武装派・石原元都知事がその餌食にされるのか』2017年1月18日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36485123.html



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


無題.png
【関連する記事】
posted by rio at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック