2016年12月13日

天才経済アナリスト天野統康氏、安倍さんと共著上梓!!必読!拡散希望!!

81SvS1mlxYL.jpg[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg無題.png
天才経済アナリスト天野統康氏、安倍さんと共著上梓!!必読!拡散希望!!



2016年12月13日NEW !
テーマ:ロニ読書録




皆さん、おはようございます。久々にロニ読書録を投稿します。ロニの友人の友人であり、現在はコンタクトも取り合う仲である若手辣腕経済アナリストである天野さんと以前、「すべてのお金の仕組みはロスチャイルドが作った」の本を拝読した安倍さんの共著である「嘘まみれ!世界金融の超タブー」でございます。ロニも大学時代経済系学部出身でもあって「金融経済学」を受講していましたが、信用創造の仕組みで「法定準備率」1%の場合、100万円ある預金者が民間銀行に預金をすると、1万円を日本銀行に預け、残り99万を市中で貸し出すことで、最大990万まで貸し出しができるという仕組みは分かっておりましたが、お金そのものが出来る仕組みが分かりませんでした。お金は中央銀行と民間銀行が貸し出す瞬間に無から預金として出現し、借り手がお金を返した瞬間にその預金は消えるという仕組みが分かりませんでした。安倍さんの本を数年前に拝読し、天野さんの御本を3冊拝読してようやく理解できたという感じです。それほどまでにお金の仕組みは「無意識化」され「金融マフィアの連中」が経済学理論自体も乗っ取り、産業革命以降、現代までの人類を裏から支配してきた仕組みが本当に手に取るように分かるというのが、この本の特徴であり、素晴らしいところです。またリチャードベルナ―教授の理論を更に分かり易く解説し、アベノミックス含め、なぜ物価上昇目標や景気回復が実現できないかということは、信用創造で作ったお金が金融経済に回り、実態経済に回っていかない仕組みも明らかにされています。「眼から鱗」とは、このことではないでしょうか?この本は、世界中の国に翻訳され広めるべきものですが、まずは日本人が覚醒することが大切であると思います。日本人が覚醒し、集合意識が変わっていくことで、未来は変化していくと思います。未来は、パラレルワールドではないですが実は幾通りも存在しており、我々地球人の集合意識の変化で選択・実現する未来は変わっていくと思っております。以前、ロニは丹羽さんの「政府紙幣」の本も読み、まったくそのとおりであると思っておりましたが、天野さんと安倍さんという2人の天才・巨人が現れたことで、ようやく丹羽さんの提唱も広がっていくのではないでしょうか?情報通のベンジャミンフルフォードさんが、良く言うに、日本銀行をまずは国有化してベーシックインカムのようなものを導入すると1年以内に日本人の収入は2倍にできるとの弁も、そのとおりかもしれません。詳細は本をご購入いただき、是非読んで頂きたく思っておりますが、まずはお二人の偉業に拍手を送ると共に、心からの感謝の意をお伝えしたいと思っております。この記事は是非拡散頂ければ幸甚です。ロニも自分の持っている15以上のブログやSNS、U-tube他で拡散してまいります!

(天野さんのブログ・事務所はこちらから)

http://ameblo.jp/amanomotoyasu/

http://amano-fp-jimusho.la.coocan.jp/


81SvS1mlxYL.jpg
【関連する記事】
posted by rio at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック