2016年07月11日

安倍自民党を操る勢力は選挙不正をやってでも日本を戦争国家に戻そうとしている:それでも安倍氏を支持する人は自分の子供を真っ先に戦争に行かせてください!


安倍自民党を操る勢力は選挙不正をやってでも日本を戦争国家に戻そうとしている:それでも安倍氏を支持する人は自分の子供を真っ先に戦争に行かせてください!
81VHuY8+piL.jpg

新ベンチャー革命2016年7月9日 No.1425



タイトル: 安倍自民党を操る勢力は選挙不正をやってでも日本を戦争国家に戻そうとしている:それでも安倍氏を支持する人は自分の子供を真っ先に戦争に行かせてください!



1.みんな参院選挙に行く前にチュニジアのテロで愛妻を失った人の声を聞け!



 本ブログ前号(注1)にて、日本を乗っ取っている米国戦争屋CIAネオコンによる戦争プロパガンダが今、日本人全員に対して適用されていると指摘しました。そして、安倍氏は彼らの傀儡として、その戦争プロパガンダに嬉々として協力しています。



 この安倍氏の薄っぺらく饒舌の言動に潜む闇の一端が垣間見えたのが、先日のバングラデシュでのISテロ事件です。この事件を受けて、2015年3月、チュニジアで愛妻をISテロで失った夫がまず、上記の安倍氏の正体に気付き、テレビ朝日で重大な証言をしたのです(注2)。この人の証言で強く印象に残ったのは、テロリストに撃たれて瀕死の状態だった妻を抱きかかえているとき、妻はまだ意識があって、妻がすすり泣いて、もう助からないわねとつぶやいたという証言です。このような経験をした人は、その後、感性が研ぎ澄まされて、世の中のおかしな点に人一倍、強く感付くのではないでしょうか。



 もうひとつ言えば、この人の証言にて、日本人がISテロリストのターゲットになっていることが明白となっています、本ブログ前号(注1)で指摘したとおり、日揮アルジェリア・テロ、チュニジア・テロ、そしてバングラデシュ・テロに共通するもの、それは、日本人が、アルカイダ(ISの前身)テロリストやISテロリストのターゲットにされている事実です。



 そして、上記の人は安倍氏の正体に気付いたのです。明日、参院選に行く前、みんな、この人の証言から、安倍氏の正体にしっかり気付くべきです。



 安倍氏は戦前日本の国家主義に心酔するアンチ・民主主義者です。そして、彼は一般国民が国家の犠牲になって虫けらのように殺された戦前の日本を蘇らせたい人物なのです。彼自身には子供がいないので、自分の子供が戦前のようにカミカゼ特攻隊をやらされることもないのです。



 このような安倍氏の正体を知った上で、なお、安倍自民を大勝させたら、そのような人にバチが当たって、自分の子供が将来、米国戦争屋のためにカミカゼ特攻隊をやらされるでしょう。



なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



2.日本を乗っ取っている米国戦争屋CIAネオコンはなぜ、チュニジア(旧カルタゴ)で、あえて日本人をISに狙わせたのか



 さて、2015年3月18日に日本人を狙ったテロがチュニジアで起こされましたが、そのテロを企てた黒幕はなぜ、ISに日本人を狙わせたのでしょうか。本疑問について、本ブログにてすでに分析を行っています(注3)。



 筆者の個人的推測によれば、日本を乗っ取っている米戦争屋CIAネオコン(米国の敵役傀儡・ISをでっち上げた黒幕)は、現代の米国と日本の関係をかつてのローマとカルタゴ(現・チュニジア)の関係に擬せているような気がします。



 ところで筆者は技術経営論(MOT)を専門としていますが、日米技術覇権競争の観点から、90年代初頭に一度は米国を追い抜いた過去をもつ日本は近未来、米国に滅ぼされる危険があると観てきました。そして近未来の日本はローマに滅ぼされたカルタゴの運命となると予感してきました(注4)。ちなみに、カルタゴはローマに対して極めて従順であったにもかかわらず、ローマの脅威とみなされて滅ぼされています。



 上記、チュニジアでISに妻を殺された人は、テロリストが明確に日本人を狙っていたと証言しています。そのISの背後に、米国戦争屋CIAネオコンが控えているとみられますので、彼ら米戦争屋は日本人をチュニジア(旧カルタゴ)で殺すことにより、日本人に対し、近未来の日本はカルタゴの運命であることを悟らせようとしているような気がします。



 彼ら米戦争屋CIAネオコンにとって、歴史的にも米国に戦争を挑んだ国は唯一、日本だけです。彼らが米国をローマにたとえるとき、ローマがなぜ、カルタゴを滅ぼしたのか、日本人にとことん知らしめたいのではないでしょうか。



3.安倍自民を大勝させたら、確実に憲法改悪が実行される



 日本を乗っ取っている米戦争屋は安倍氏を傀儡化して、日本を戦前同様の戦争国家に戻そうとしています。そして、自衛隊を米軍の傭兵としてタダで活用するのみならず、韓国同様に、日本にも徴兵制を復活させたいわけです。そして日本人を米兵の代わりに米軍傭兵に仕立てて、米戦争屋CIAネオコンが世界で勃発させたい戦争に自由自在に動員したいわけです、そして、そのコストはわれらの血税で負担させるつもりです。こうして日本の国力は消耗させられ、かつて世界一の競争力を誇った日本は貧乏国に転落させられつつあります。



 米戦争屋CIAネオコンは、今、米兵不足に陥っており、その穴埋めとして、アカデミ(注5)など民間傭兵サービス企業を利用していますが、この民兵の調達には莫大なコストが掛かります。一方、自衛隊を米軍傭兵に利用すれば、そのコストは日本国民に負担させられるので、彼らは自衛隊をタダで使えます。



 筆者は個人的に16年半、米国シンクタンクで働き、米国人はみんなこのような発想することがわかっています。そして安倍氏は、彼らの魂胆を知らないまま言いなりになっている可能性もあります、それが、安倍氏の口癖“日米同盟の深化”の正体なのです。われら日本人は気付きましょう、安倍氏のいう日米同盟の実態は、到底、対等の軍事同盟などではなく、単に対米従属に過ぎません。



4.次期参院選では憲法改悪を実現するため、大掛かりな選挙不正が行われるかもしれない



 日本を乗っ取っている米戦争屋CIAネオコンに従属することが日米同盟の深化と自分に言い聞かせて、米戦争屋に尻尾を振りまくる安倍氏をスムーズに憲法改悪に誘導するため、米戦争屋ジャパンハンドラーはムサシに命じて、大掛かりな選挙不正を実行させるはずです、なぜなら、米戦争屋は戦争のためには手段を選ばない連中だからです。



 したがって、日本国民の一部が覚醒して、反自民政党に投票しても、最後は選挙不正で自民が勝つようにもっていかれるでしょう。



 したがって、われら国民は、ムサシが選挙不正をやっても、カバーできないほど、意識的に反自民への大量投票をしなければ、日本の戦争国家化はさけられません。



 安倍氏のように、戦前の軍国日本にあこがれる日本国民は別として、自民支持者でも憲法改悪に反対、すなわち、日本の戦争国家化に反対の人は、よく考えて投票すべきです。



 それでもだまされて安倍自民を支持する人は、憲法が改悪された後、自分の子供を真っ先に米国戦争屋の企む戦争に積極的に参加させてください。



注1:本ブログNo.713『アルジェリアでの日揮の下請け日本人の死、チュニジアでの日本人観光客の死、そして、バングラデシュでのJICA下請け日本人の死は、安倍氏が米国国会議事堂にて日本人を米国のための生贄に捧げると誓ったためと知れ!』2016年7月8日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36049430.html



注2:阿修羅“テロ遺族が安倍首相に不信感!「安倍首相がカイロで演説をした後に日本人がISの標的に・・・」 報道ステーション 報道!”2016年7月7日

http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/133.html



注3:本ブログNo.1091『石油ガスの出ない安全パイのチュニジアでなぜ、日本人がテロの犠牲になったのか:日本のカルタゴ化のためのHack Attack(ステルス攻撃)が既に仕掛けられていると知れ!』2015年3月23日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34763279.html



注4:ベンチャー革命No.157『現実化する日本の孤立シナリオ』2005年4月10日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr157.htm



注5:Academi

https://en.wikipedia.org/wiki/Academi



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html


[詐欺]経済学-thumb-220xauto-1184.jpg
【関連する記事】
posted by rio at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック