2016年06月12日

増税詐欺 財務省財政再建完了 奴隷解放 日銀金融機関円ゴールド国債 戦争屋葛西敬之日本会議八咫烏





t02200198_0399035912980709411.png






増税詐欺 財務省財政再建完了 奴隷解放 日銀金融機関円ゴールド国債 戦争屋葛西敬之日本会議八咫烏

2016年06月12日 | 五次元農業


•光の銀河連合
http://tibi.a-thera.jp/article/4149340.html
来るべき時には突然奇跡的なイベントが始まる。フラストレーションの10年は過ぎ去った。新しい時がついにやってきた。自由にボラに参加して地球規模で何が起こっているのか観察してほしい。7月以降いつ始まっても不思議ではないということだろう。
3294dca5ffdf288837756a44423de81c-213x300.jpg

イスラエルやネオコンの意図に乗って、中国と紛争が起これば、日本は焦土になってしまうことに気付いた八咫烏 〜NAVERまとめ:あらゆる政策の影にこの人あり、JR東海名誉会長・葛西敬之氏とは〜
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=112556
名称未設定









竹下雅敏氏からの情報です。

 葛西敬之氏は日本会議の関連団体“美しい日本の憲法をつくる国民の会”の代表発起人です。葛西敬之氏に関する記事は、以前に紹介し ています。その時の記事の中で、氏の「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないことには、日本経済も立ちゆかなくなってきますなあ。さすがに日本の国土で どんぱちやられたのではたまらないから、私はインドあたりで戦争が起きてくれれば、我が国としては一番有り難い展開になると思ってますよ。」という発言 と、氏が“安保法制懇のメンバー”であることを紹介しています。

 以前から、日本を「戦争が出来る国」に誘導している連中は世界情勢が認識出来ておらず、日本の外で戦争が起こり、いわば朝鮮特需を当てにしていて、日本本土が戦場になることを想定していないと指摘しました。実は、イスラエルやネオコンは、日本を犠牲にしてアメリカの覇権を維持することを目論んでおり、彼らの意図に乗って中国と紛争が起これば、日本は焦土になってしまいます。

 ようやく、このことに八咫烏は気付いたようです。おそらく間違いなく、リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーンは日本から追い出されることでしょう。日本はこれから軌道修正を図ることになります。





(竹下雅敏)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あらゆる政策の影にこの人あり、JR東海名誉会長・葛西敬之氏とは


引用元)

NAVERまとめ 16/6/10




[Dr.苫米地、カレイドスコープ]三菱UFJ国債入札資格返上 / メガバンク「国債資格返上」で国家予算が組めなくなる!? 〜“日本の円が金(ゴールド)で裏付けられた”が事実であれば、最悪の結果にはならない〜
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=112553
名称未設定



竹下雅敏氏からの情報です。

 日銀がマイナス金利を導入したのですが、これは日銀と各金融機関での金利のことで、我々の預金の利子がマイナスになるという話ではありません。各金融機 関は日銀に口座を持っており、お金を預けています。
マイナス金利は、これから新規で預ける分について適用されるわけです。
 日銀がマイナス金利を導入した理由は、各金融機関が日銀の口座に預けていると利子を支払わなくてはならないので、“日銀にお金を預けるよりも、企業へ貸 し出して金利を得たり、他の投資に回す”ように誘導するためです。
最終的に日銀は“目標である物価上昇率2%に近づけたい”という意図なのです。
ところが 現実はどうかというと、マイナス金利を導入しても、銀行の貸し出しは一向に増えません。
このような状態でどのようにして銀行は利益を得ているのかですが、 下の動画の中で苫米地氏が説明しています。

 銀行は市場から国債を安く買って、日銀に高く売ることで利益を出しているようです。
国債を売って得た利益を日銀の口座に入れると利息を取られてしまうので、銀行はまた国債を買って日銀に買ってもらうことを繰り返し、何と月6兆円を稼いでいるとのこと。

 日銀は、これまで年80兆円ほど国債を買っていたのを、6月1日から毎月12兆円、年144兆円に増額すると発表しているそうです。
要するに、銀行の利益が月6兆円から月12兆円に増えるということのようです。

 このタイミングで、三菱東京UFJ銀行が、国債入札資格を返上すると言い出したので、皆が驚いています。
国債入札資格を持っていると、新規国債の4%を購入しなければならず、マイナス金利で損をするため、新規の国債は要らないというわけです。

 他の大手銀行も追従して、新規国債を買わないとなると、“いよいよ国債が暴落する”ことになり、長期金利が上がります。
こうなると国債の金利上昇分で予 算が組めなくなってしまうので、日銀は国債を直接買い取るより無くなってしまいます。
こうなると、“定石通りなら間違いなくインフレになる”わけで、下手 をすると本当にハイパーインフレになってしまいます。
ハイパーインフレは国家の債務を帳消しにするには非常に都合の良いものです。
並行して、預金封鎖、財 産税という形で国民から富を収奪することで国家を再建しようというのが、官僚の考えそうなことではあります。
そう考えると、今回の三菱東京UFJの“国債 離れ”は、その流れに乗ったものと言えるでしょう。

 このような結果は、国民の多大なる犠牲の上に国家を再建しようとするもので、事実上の財政破綻になった日本が、IMFからお金を借りたら最後、日本国民は永遠に国際銀行家の奴隷になるというわけです。

 こうした最悪の結果にならないために、どうやら“日本の円が金(ゴールド)で裏付けられた”ということのようなのです。
この情報が事実であることを望みます。
(竹下雅敏)

注)以下、引用文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

6/9 三菱UFJ国債入札資格返上 Dr.苫米地


配信元)

YouTube 16/6/9



復習 財務省に騙されるなw日本の財政再建は終わってるw実質債務○○兆円はすぐに返せる!
http://ameblo.jp/z777x888/entry-12168938595.html
t02200164_0626046712861109611.jpg
【関連する記事】
posted by rio at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック