2016年01月03日

来月、中国が攻めてくるらしい 2016年版 エコノミスト誌の表紙について

 

2016年01月03日 | 占い・預言

プーチンは正論でNWOを道徳的・知的に破壊し続ける [ベテランズ・トゥデイ]

世界の裏側ニュースさんのサイトより

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12113126373.html

<転載開始>

NWOを道徳的かつ知的に破壊しているウラジミール・プーチン

Vladimir Putin Is Morally and Intellectually Destroying the New World Order



12月23日【Veterans Today】http://www.veteranstoday.com/2015/10/23/vladimir-putin-is-morally-and-intellectually-destroying-the-new-world-order/ より翻訳







Jonas E. Alexis



エドマンド・パーク(イギリスの政治思想家)は、「抑制を欠いた思考の人間は自由になることができないということは物事の不変の性質として定められている」と述べ、さらに「人間はその情熱で自らの足枷を鍛造する」としていますが、それが正しいとすれば、プーチンは政治の世界に道徳的かつ実践理性を持ち込むという偉大な仕事を行っていると言えるでしょう。


ネットゲリラさんのサイトより

http://my.shadowcity.jp/2016/01/post-8527.html

<転載開始>

ペルーの牧師が予言、というんだが、来月、中国が日本を攻撃するらしいw ずいぶん慌ただしい事でw つうか、戦争始めるには「大義名分」というのが必要で、どんな戦争でもそうなんだが、「気に食わないから」とか、「領土を奪ってやる」とかでは、現代の戦争は始められませんw 中国に、日本を攻撃する大義名分はないし、そもそも日本を攻める気もないし、そんな軍備もない。6月には第三次世界大戦が勃発して、中国とロシアの連合国がアメリカを負かして戦勝国になるらしいw もっともその前に、5月には小惑星がプエルトリコに落ちて、イエローストーンが噴火して、12億人が死に、カリフォルニアが消えるらしいw 色々と楽しい年になりそうですw



●2015年末もしくは2016年前半、ヨーロッパは押し寄せる難民に対して国境を封鎖する。そしてそれに米国を含む他の国が続き、戒厳令が敷かれる。

●2016年2月、中國が日本を攻撃する。

●ロシアが小惑星の存在を発表する前に、すでに空では小惑星が毎夜大きさを増し、目に見えるまでになるだろう。

●2016年5月15日から17日のいずれかの、現地時間午前2時20分、プエルトリコ沖合に約9キロメートルの大きさの小惑星が衝突する。

これにより世界中に地震と津波が起こり、まず初めに12億人が死亡する。

●小惑星衝突のすぐ後に、米国のイエローストーンを含む世界中の火山が爆発。

 その灰は太陽を遮り、その後1年間氷河期が訪れ、カリフォルニアではかなり広い地域が消え去る。

●2016年6月16日、第三次世界大戦が勃発する。中国とロシアが、弱体化した米国を攻撃する。

●2016年10月25日、ロシアと中国が第三次世界大戦で勝利を収める。

●2017年3月、中国人民元が新しく国際的な基軸通貨となる。

●2018年末もしくは2019年初頭、ロシアがイスラエルを攻撃。

●2020年、キリスト教の敵が地球に降り立ち我々を支配する。

●2023年、キリストの再臨により救済がなされる。




第三次世界大戦というのは、ひょっとして、もう始まっているのかも知れない。つうか、第一次世界大戦が始まった時にも、みんな一週間で終わるだろうと思っていた。中東での米露の代理戦争、このままエスカレートしてイスラエルが巻き込まれる事になれば、第三次世界大戦になり得る。つうか、サウジがヤバいみたいで、このまま原油の安値が続いたら何年も保たないらしいです。ISIS団に追いやった不満分子が、それぞれの国に戻って土産にテロを蔓延させると、世界中で内戦が始

時間の感覚がますますわからなくなる中で2016年に突入しました

In Deepさんのサイトより

http://indeep.jp/2016-new-year/

<転載開始>


  2016/01/02  


2016-new-year


 


新年あけましてお(そんなことさえ略すのかよ)。


どうも、素直におめでとうございますとは言えない年頃ではあります。


なんだかんだと新年はいろいろと用などもあり、ちゃんとした記事を更新する時間がとれませんが、スペースウェザーの1月1日の記事に、とても印象的な写真が並んで掲載されていましたので、それをご紹介しておきたいと思いました。


ひとつは、大晦日のスコットランドで撮影された写真です。


 

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51977065.html

<転載開始>

以下は12月8日の記事ですが、新年にふさわしい記事だと思いましたので今年最初の記事としてご紹介させていただきます。

いつもの。。。エコノミスト誌の表紙に関してです。エコノミスト誌はロスチャイルドが所有しているそうです。

2016年版が出たようですが、表紙のデザインは2016年に何が起こるかを暗示していると言われています。

ロスチャイルドはエコノミスト誌の表紙を通して彼らの策略を世界に伝えています。

エコノミスト誌の表紙通りになるのか、それともエリートたちの思惑は実現しないのか。。。今年も世界の動向を注視していきましょう!



今年もどうぞよろしくお願いします。



http://beforeitsnews.com/alternative/2015/12/cover-art-prophecy-suggests-huge-2016-predictions-rothschild-owned-magazine-the-economist-says-it-all-3254332.html?currentSplittedPage=0【驚愕の真実】高校野球史上に残る8-0からの9回裏20分の大逆転劇
【驚愕の真実】高校野球史上に残る8-0からの9回裏20分の大逆転劇

https://www.youtube.com/watch?v=u2DMtiLOquo
 

【関連する記事】
posted by rio at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック